ピースサイン~どこかの道で

カワサキ GPZ900R プラモ完成そして最終回



f0300637_00034389.jpg





アオシマのGPZ900R(2002年)です。
衰え知らずの人気を誇る元祖Ninja。絶版となってしまいましたが、ツーリングへ出かけるといまだに必ず遭遇するのがスゴイなと思う。プラモデルでもその存在感はピカイチであります!paece!(・∀・)v パえ~す!


さて、2013年10月に始めた当ブログですが、今回で更新を終了します。
いままでお付き合いいただき、ありがとうございました。


最後にひとこと感想を述べると「インプレ記事、強し!」でしょうか。おそらく当ブログご訪問者の7割はこの類の記事目的でしょう。至らない点が多かったですが、お役に立てたかな?少しでも参考にしていただけたのならブロガー冥利につきます。

またインプレ以外の記事で定期的にご訪問くださった皆様には特に感謝いたします。更新の励みとなりました。


ブログは終了しますが、バイクには乗り続けます。出先で黒いV-strom650を見かけたら、気軽に声をかけてくださいね。ではでは~ (・∀・)V~~~





[PR]
# by birder-rider87 | 2017-07-23 18:00 | プラモデル | Comments(0)

ホンダ `88 NSR250R プラモ完成




f0300637_11563658.jpg




f0300637_11564593.jpg




f0300637_11565932.jpg





f0300637_11571167.jpg





今回はアオシマのNSR250R(88年式)、通称ハチハチのNSRを製作しました。

このキットは他のキットより細かい部品が多く、組み立て作業において神経を使いましたが、部品が噛み合わなくて困るといったことはありませんでした。難しかったのはデカール貼り。予想通りシワくちゃになって失敗しました。(;´▽`A`` グラフィックのデカールはフロントのアッパーカウルだけ使い、残りは塗装で仕上げることにしました。塗装も1回ではうまくいかず、結局3回やり直しました。塗料はクレオスのMr.カラー80番コバルトブルーを選択。デカールの色に近かったですが、明るい場所で見比べると色味がわずかにずれてるかな。ちなみにリアシートは5番ブルーです。通常1台完成させるのに3週間ほど費やしていますが、NSRは倍以上かかってしまいました。好きなバイクなのでなんとか完成まで持っていけてヨカッタ、よかった。paece!(・∀・)v










f0300637_11572963.jpg





f0300637_11581016.jpg





f0300637_11584869.jpg




`80年代後半はメーカー間でレーサーレプリカの熾烈な開発競争が繰り広げられました。年を追うごとにマシンの性能はどんどん向上していき、なかでも88年に登場したNSRは飛び抜けた存在でした。前年の`87モデル(ハチナナ)と区別すべく「ハチハチ」の愛称で親しまれました。


ハチハチで驚いたのは、CB750Fやカタナといった大型バイクに乗っていた連中までハチハチに乗り換えさせてしまったことです。何度も何度も技能試験を受け、晴れて限定解除を果たし、ようやく手にした夢の大型バイクをあっさりと手放してニーハンに乗り換えるなんて、にわかには信じがたがった。 NSRってそんなにすごいのか?!



そして自分も実際に乗ってみて吃驚する!

『これは反則や!』

当時はバイク仲間が多かったおかげでマスツーは毎回試乗会と化し、いろんなバイクに乗る機会を与えてもらいました。他人のバイクで数えきれないくらい感激させていただきましたが、ハチハチは「最も衝撃を受けたバイク」と言っても過言ではないでしょう。レースをやってる友人の口癖は「レプリカとレーサーは全くの別物だよ」でした。このセリフを聞くたびに「レーサーって、一体どれほどのものなのか?」と想像をかき立てられたものです。ある日のツーリングは88年式のNSR、RGVガンマ、KR-1などそうそうたる面子が揃いました。私の型落ちTZRでの参加が申し訳ないほど。最新モデルを乗り比べられるなんて、なんて贅沢な時間だったのだろう(*´▽`*) 。。。。。。。

スズキとカワサキに試乗し、切れ味するどい走りに惚れ惚れ。次はいよいよ本命に試乗だ。
パァァーーーーーーン、パン、 パァァァーーーーーーーーーン........................


『こ、これって、まんまレーサーやんけ!』


関西人ではないのに思わずエセ関西弁を発してしまうほどの傍若無人な加速に驚愕。またレーサーに乗ったこともないくせに直感的に「これはレーサーだ」と言い切ってしまえるほど明確なライバルとの相違に唖然。旋回性はVガンマの方が馴染みやすかったが、加速力と制動力はまるっきりの別次元で「本当に250なのか?!」と恐怖を覚えたほどだ。「羊の皮(市販車)を被った狼(競技車)」というフレーズがこれほどしっくりくるモデルは他になかろう。ずるいぞ(笑)。優等生ホンダがキレるとこうなるのか(@ ̄□ ̄@;)!!






f0300637_11582560.jpg




f0300637_11590242.jpg





あっという間にハチハチは刺激を求めるライダーのハートを虜にしていった。そして前代未聞の過激なバイクはライダーの自制心をも奪った。やがて最高出力の自主規制値が下方修正され、最新モデルは尖った速さよりも扱いやすさを追求したマイルドな味付けになっていく。さらに世の趨勢はレプリカ離れが進み、人気はネイキッドバイクへと移っていった。もうハチハチのような暴れ馬が芽を出す土壌ではなくなっていた。こんなバイクはもう二度と現れまい。


ハチハチは唯一無二の存在となり、後世へと語り継がれていく。







[PR]
# by birder-rider87 | 2017-06-25 08:08 | プラモデル | Comments(0)

高峰高原



関東地方も例年通り梅雨入りしましたが、予報では一日を通して安定した晴れ予報の日曜。
少し足を延ばして長野県小諸市の高峰高原(※61上田J6)へ行ってきました。※2017ツーリングマップル関東甲信越




f0300637_16250270.jpg


f0300637_16251469.jpg




関越道を碓氷軽井沢で降り、ツーリングマップルに出ている抜け道(※54軽井沢B3)を駆使してR18碓氷バイパスへと抜けます。R18を少し走り、次は県80浅間サンラインへ入りました。佐久平を見渡す爽快な道をしばらく流すとトンネルが現れ、手前に「高峰高原→」の小さな標識が指す側道にそれます。山を駆け上がる道はいつしかチェリーパークラインへと変わりました。かつての有料道路も無料化されて久しい感じです。木々に覆われたワインディングで上りはあまり景観は開けませんが、走って楽しい道ですね。右に左にいそがしいっす。paece!(・∀・)v

写真はほぼ上りきった辺りの駐車帯にて撮影。この日の軽井沢は16℃と肌寒いくらいでしたが、陽射しが強くなってきたおかげで▲2000の高峰高原のほうが快適でした。温度は意外や意外の12℃でしたが体感的には22℃くらい? 標高が高いと空気が澄んでててうまいですね。




f0300637_16253087.jpg



チェリーパークラインの終点は車坂峠で高峰高原ホテルとビジターセンターがあります。ビジターセンターの駐車場は砂利でした。停めてある車の数は多いのですがほぼ登山客なのか人影はまばらでまったりしてます。







f0300637_16255072.jpg


f0300637_16260378.jpg


f0300637_16262054.jpg




しばしのんびりした後、ビジターセンター裏から延びる湯の丸高峰林道へ入ります。4キロのダート区間が残っています。1.5~2車線と幅広く路面はフラットで走りやすく眺めも良好!とっても気持ちがいい道でした。バイクが汚れるのも厭わずNC殿も付き合ってくれました。
道中に ランプの宿 高峰温泉 があり、「雲上の露天風呂」の看板が気になりましたが、日帰り利用は内湯だけみたいです。※写真の建物ではありませんm(__)m







f0300637_16264029.jpg


f0300637_16265253.jpg




もっとダートが続くといいなと思い走っていましたが、道は舗装に切り替わりました。湯の丸高原 池の平湿原 へ出ました。

レンジャーにコマクサが咲いている場所を教えていただきましたが、片道30分かかるとのことで時間の都合もあり今回は諦めました。ちなみに咲き始めで見頃はこれからだとのこと。運が良ければカモシカも見られるそうですので、いつか再訪したいですね。


舗装区間の林道は県道94東御嬬恋線の地蔵峠につながって終点となります。レストハウスで遅い昼食を済ませて帰路につきました。



道路情報:R254 内山峠は現在通行止めです。






[PR]
# by birder-rider87 | 2017-06-12 20:50 | 林道ツーリング | Comments(0)