「ほっ」と。キャンペーン

ピースサイン~どこかの道で

バイクプラモ完成



前回いきなりのバイクプラモ製作報告でびっくりさせてしまったでしょうか?
まあ最初から記事にしてたら、取り返しのつかない失敗をした場合に途中断念がしずらいですから(笑)。こっそりと製作に勤しんでおりました。



塗装が終了したパーツを説明書を見ながら組み上げていきます。





f0300637_22001435.jpg




f0300637_21595894.jpg




バイクらしい形が見えてきました。私は実車をいじることがなくなりましたが、プラモで疑似体験してる気分になります。楽しいですなあ。





f0300637_22003056.jpg




エンジンが載りました。このキットは接着剤不要のはめ込み式なので気軽に組み立てられるのがGOOD!かみ合わせの精度も高く作業がテンポ良く進みます。






f0300637_22004584.jpg




ホンダのエイプ50デラックスが完成しました!


エイプ50を所有したことも乗ったこともないのですが、街ではよく見かけます。小粋なバイクでわりと好きですね。
カブやモンキーに加えてエイプをラインナップするホンダ。魅力的な小排気量バイクをつくるのがうまいメーカーだなあ。





f0300637_22010806.jpg




f0300637_22012061.jpg


プラモ製作は中学生以来。バイクプラモは初挑戦。このアオシマ文化教材社のエイプ50は初心者にやさしいですね。挫折ポイントはまったくなく作りやすいキットでした。


※このキットのエイプは2007年式のものです。デカールはノーマルの白・赤・黒に使用するものとデラックスの白赤・黄白用が用意されています。
写真のとおり、私は白赤のデラックスを選択しました。フレームを赤く塗ってみたかったんです。



はじめてにしては見られる程度にできたかなと完成の喜びに浸っているのですが、もっとキレイに仕上げたいなという箇所がいくつもあるし、メーターに貼ったデカールがいつのまにか剥がれてしまい紛失したりと課題はたくさん。失敗を次回の製作に生かしたいな。。。などとプラモ製作って奥が深そうだなと感じました。ああ、こうしてハマっていくのか(笑)。



V-stromのプラモがあれば是非とも作ってみたいのですが、いまのところ製品化されていなく今後の発売の見込みもどうだか。。。
しばらくはネイキッド車で経験を積んで、フルカウル車にステップアップしていくか。














[PR]
# by birder-rider87 | 2017-02-19 08:00 | プラモデル | Comments(0)

完成間近



ご無沙汰しております。ブログの更新が滞ってしまいました。


年が明けてからツーリングに出てませんが、週一でバイクは動かすようにしています。買い物がてら近所を2~3時間流してくるかんじですかね。バイクに費やす時間が短かくなったので それ以外の時間で何かインドアな趣味をしてみたくなり。。。





f0300637_00410304.jpg




f0300637_00405207.jpg





プラモデルなんぞ作っております。まもなく完成しそうです。








[PR]
# by birder-rider87 | 2017-02-17 08:00 | プラモデル | Comments(2)

冬ツー装備を新規導入



お久しぶりです。2017年冬も順調に寒い日が続いてますね。いうまでもなくオープンエアな乗り物のバイクにとってキビシイ季節です。バイクに乗らない人から見れば、冬場のライダーの格好はまるでエスキモーのようで滑稽にうつるのであろう。



昔読んだバイク雑誌によると「気温0℃の中を時速60キロで走行するライダーの体感温度は零下20℃に相当する」んだそうだ。
体感温度がバナナで釘が打てるほどのものなのだから、やり過ぎ感のある着ぶくれでも致し方あるまい。



しかし冬ジャケやフリース、あったか下着、オーバーパンといった定番のこれら冬物衣料が近年めざましく機能が向上しており、着る服の枚数が少なく済み、動きやすくなったのはありがたい。私もその恩恵にあずかり快適な冬ツーをこれまで楽しんできました。

(思えば1990年代前半まではだるまのような恰好で唇を紫にして全身ブルブルしながら乗ってました)


とはいえ、どうしてもガマンという要素をまだまだぬぐい切れないのも実情であります。




そこで「そろそろ文明の利器にでも頼ろうか」と考え、冬ツーの強い味方となるであろう新装備導入に至りました。paece!(・∀・)v パえ~す!







f0300637_20510207.jpg



それは技術大国日本が誇る名品「ハッキンカイロ」でござる!(´▽`)

電熱ウェアを予想されたみなさん、すみませんでした(笑)。あれはまだチトお高いです。。。(;^_^A




ところでハッキンカイロとはなんぞや?
わかりやすくいうと「使い捨てじゃないカイロ」。
私が小学生の頃はカイロといえば白金触媒式のものが一般的でこのような言い回しは違和感があるんだが。。。使い捨てカイロの歴史も40年近くになり平成の世では文句なしで主流だし。。。




もっとくわしく知りたい方はメーカーHPをごらんください。





別に使い捨てカイロでもいいのですが、背中だとうまく貼れないんですよね。
そこでハッキンカイロをいれた小袋をネックレスに通して背中側に下げればお手軽なんじゃないかと。それが動機です。首が少々窮屈な感じですが、すぐ慣れました。あとは使い捨てより暖かいのもポイントでしょうか。まあ懐古趣味で子供の頃に使ったベンジンのカイロをもう一度使ってみたくなったというのもあります。






[PR]
# by birder-rider87 | 2017-01-22 08:00 | バイクorバイク用品 | Comments(6)