ピースサイン~どこかの道で

スズキRG250Γ プラモ (アオシマ) 完成




いや~プラモデルにハマってます。作りたくてしょうがないんだな。ハイペース(?)で製作に打ち込んでます。
本物のバイクにも近場ですがちょこちょこ乗ってます。



今回はカウル付きバイクです。レーサーなどはカラーリングが複雑で塗装やデカール貼りが難しそうなので、最初は入門用として作りやすそうなアオシマのRG250Γをチョイスしました。


RG250Γは1983年に衝撃的なデビューを果たし、元祖レーサーレプリカとして語り継がれていますね。80年代から90年代初頭にかけて熾烈なレプリカモデルの開発競争が展開されましたが、ガンマはその先陣を切った歴史的なバイク。アオシマのキットはそんな初期型の翌年に発売された2型ガンマ(1984年)です。ちなみに87年の5型が最終。HB(ハーベイ)やWW(ウォルターウルフ)カラーも人気でした。

このキットの特徴として①前後サスが可動 ②シートとケーブル類がゴムパーツ ③付属のカウルはフルカウルでハーフカウルにするには自分で切断する必要あり といったところです。部品数は約100点とやや少なめ。






f0300637_23292154.jpg




f0300637_23293276.jpg





メッキパーツの割合が高く、すべてそのまま使用しました。ピカピカ系ではなくアルミっぽい仕上げ。









f0300637_23294953.jpg





最後のスクリーンの取付で接着剤の跡ベタベタにしてしまいましたが、なんとか完成しました。(;´▽`A``
付属品のレーシングスタンドがレーシーなムードを醸し出してますねー。
ところでこのスタンド、一風変わったタイプですが実在するもので純正オプションとして当時販売されていたらしい。本物は色がシルバーですね。







f0300637_23300687.jpg




f0300637_23302289.jpg





ガラガラガラガラガラ・・・・・ 壊れてるの?という独特なアイドリング音が当時の印象として残ってます。
私は初期型Vガンマには乗っていたのですが、ガンマは乗ったことないんだよな。かなりのじゃじゃ馬らしいから、きっと今乗っても 絶対におもしろいと思うんだ。










[PR]
by birder-rider87 | 2017-04-15 08:00 | プラモデル | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。