ピースサイン~どこかの道で

ホンダCB400SF プラモ完成



今回はアオシマのCB400SFです。今まで80年代のバイクばかりでしたが、ようやく90年代です。ていうかバイクプラモって いまだ7~80年代のマシンが主流のようで、新しめの市販車は数えるほどしかないんだよね。

で、このキットはさすが90年代と言ってよいのか(?)、前回の70年代レベルのVT250Fのキットより格段に進化してますね。組み立てやすかったです。ただ他のキットと手順が異なる部分があり、説明書通りの順番で組まないと付くはずの部品が付かないじゃないか(;・∀・)といったことはありました。


デカールは黒×ガンメタのツートンカラーに対応したものが同梱。ホンダのエンブレムが単独で用意されていますので他のカラーで塗ることも可能。好きな色を選べるというのはポイントが高いです。






f0300637_23565344.jpg




f0300637_23573636.jpg





イメージカラーであるパールシャイニングイエロー風の黄色で塗ってみました。


CB400SFはネイキッドブームが本格化してきた1992年に当時絶大な人気を誇ったカワサキ ゼファー400の対抗馬として登場。1989年にホンダはゼファーデビューと同時期にCBR400RRのエンジンをベースとしたネイキッドモデルのCB-1をリリースしていたが、前評判のわりには振るわなかった。新しいスタイルを提唱したCB-1よりも空冷四発丸目一灯という伝統的なスタイルを復活させたゼファーに多くの支持が集まった結果だったんだね。


何が何でも連敗だけは阻止したいホンダが満を持して投入してきたのがCB400SFだったんだと思う。
だってネーミングからしてCB400SUPER FOURだもの。「おお400。お前は風だ。」のキャッチコピーで知られる名車初代CB400FOURの流れをくむ(くませたい)マシンであることは明白。黄色はヨンフォアのカラーだしね。ホンダの本気度が十二分にうかがえるのでありました。


CB400SF(以下SF)は丸パイプのダブルクレードルフレームに二本サスと車体の構成はオーソドッグスなもので、エンジンはCB-1と同様に水冷だった。空冷ではなくとことん水冷にこだわって勝負に出たのだろう。ただしCB-1と同じ轍を踏まないよう教訓を生かしたのかどうかは定かではないが、SFのエンジンには機能的に不要な空冷風の冷却フィンが刻まれていた。一見どうでもよさそうな些細なことだがSFがゼファーに対抗しうるために絶対必要なデザイン上の戦略であったに違いない。なぜなら当時のライダーの多くがノッペラボーな水冷エンジンの外観よりも細かくフィンが刻まれた空冷エンジンのそれのほうが好きだったからにほかならない。カウルでエンジンが隠れるレプリカなら問題ないが、ネイキッドではエンジンは「顔」なのだから。もしSFがノッペラボーで登場していたら2017年現在まで続く王座はなかったかもしれない。


ちなみに後に登場したCB1000SFはノッペラボーですが現在のCB1300SFまで長生きですね。(;´▽`A``
まあCB750で空冷四発を控えめに復活させてましたから。。。



90年代前半まで市販車の歴史は戦国争乱の時代で面白かったね。あの興奮よ、ふたたび訪れむ。

WEB Mr.BIKEに歴代CB400SFをまとめた記事があるのでリンクを貼ります。











f0300637_23574975.jpg





発売と同時に瞬く間に街中に増えていったSF。黄色というカラーリングは日本人には気恥ずかしいのか他の黒系や赤に比べて台数は少なかったように思う。ただ都内では黄色い箱のバイク便が大量導入したのでよく見かけた。そのためヨンフォアのイメージよりもバイク便バイクのイメージが強烈についてしまったのである。








[PR]
# by birder-rider87 | 2017-05-25 08:00 | プラモデル | Comments(0)

ホンダ VT250F プラモ(アオシマ)完成



今回はアオシマのVT250Fです。再販品を中古で入手しました。

このキットは造りが古いですね。Fフォークやスイングアームが一体成型となっており ネジを使わずにホイールを組み付けられ、またプラグやうしろのエキパイなどの部品が省略されており、肩ひじ張らずに気軽に作る感じの雰囲気が漂っているのですが、「受け穴もないノッペリしたこの部分にエキパイを接着しろとおっしゃるんですか?」的な思わず挫折したくなるキビシイポイントもところどころで見受けられるヒジョーに昭和の香りが強いものでした。バリも羽根つき餃子級のものが付いてて、切り取っていいものかどうかしばらく悩んでしまいましたね。ダボの位置もやっぱり合ってなかったり(笑)。子供の頃のプラモはこんな感じだったなーと懐かしさを感じたけど、製作意欲が急降下 (´・ω・`)

ミラーはどうやっても、後続車ではなく空を映してしまう角度にしかならず。組み付けも地味に難易度が高く、苦労して付けたところでカッコわるそうなので装着を断念。私には正解が出せませんでした。(;´д`)トホホのホー





f0300637_21170551.jpg




とりあえず、なんとか完成させました。ミラーないと違和感あるね。。。





さて、こちらのVTは2型(1984年)と分類されるモデルです。大ヒットを飛ばした初代以上に売れたらしいです。特に白青のカラーリングは当時よく見かけました。
Mr.BIKEのサイトに歴代VTをまとめた記事がありますのでリンクを貼っておきます。






長い歴史を誇るホンダVTにも紆余曲折がありました。初代・2代目と売れまくったものの3代目を街中で目にする機会は激減。VT人気に陰りが見えてきていました。その一方で当初の打倒RZ的なコンセプトから実用性重視の路線へと変更したVT250Z→VTZ250のノンカウルモデルが高いコスパで根強い支持を増やしていたように思います。VTシリーズの中では地味な存在ですが、この時これらのノンカウルモデルが世に出ていなかったら現在のVTRまで続くVTシリーズのロングランはなかったかもしれません。

残念なことに最も息の長いVTRは2017モデルが最後と噂されています。まあABSや排ガス規制をクリヤした新VTが必ず発売されると思いますが、CBRよりも高い価格設定をなんとかしないと。と大きな世話を焼いてしまいます。








[PR]
# by birder-rider87 | 2017-05-17 08:00 | プラモデル | Comments(0)

カワサキ GPZ400R プラモ完成



f0300637_15482419.jpg




今回のお題はGPZ400Rです。これまた懐かしい1台ですね!

レーサーレプリカが盛り上がりを見せる1985年に登場した同車はライバル同様のフルカウルをまとっていたがレーサーレプリカではなかった。当時はフルカウル=レプリカと思い込んでいた(笑)ので「どうして?」と疑問だったのだが、なんてこたあない。複製の元となるレーサーがGPZには存在しないからだった。レーサーTZのレプリカがTZR250というような図式とは無関係に純粋なストリートスポーツのバイクとして誕生したのがGPZ400Rであった。

レプリカモデルでは省かれていたセンタースタンドや荷掛フックなどが標準で装備されており、ライダーの使い勝手を考えた作り込みがカワサキらしい。スピード、タコ、水温計に当時は少なかった燃料計まで装備した4連メータも豪勢。バッテリー電圧計までついて、いたれりつくせり。すごくいいバイクで友人に乗らせてもらったこともあったのだが、当時は「GPZの良さ」に気づけませんでした (;´▽`A``

400レプリカモデルたちはブームの終焉とともに後継車もなく途絶えてしまったのだが、GPZ400Rは後出のGPX400Rよりも人気を博し、そのスピリットはZZ-R400へと受け継がれ、長きに渡りライダーに支持されたのは興味深いのであります。





f0300637_15472237.jpg




f0300637_15475974.jpg



直線基調のスタイリングがカッコイイ! paece!(・∀・)v パえ~す!


フルカウル車の製作ははじめてだったのですが、カウルを装着するまえのエンジンむき出しの状態で撮影しておくのを忘れてしまいました。接着してしまい完成後にカウルを外すことはおそらくないので、迂闊でした。 (´・ω・`)


今回のタミヤのGPZ400Rは中古で手に入れました。プラモも実車と同じ1985年に発売。タイヤやネジ、チューブが入った小袋の袋止めに年代を感じます(写真一番上)。同梱のデカールは経年劣化で細かい割れが生じていて、その点では苦労したのですがSRXの時とは違い水につけてすぐに剥がれたのは幸いでした。

このキットは絶版となっていたらしく、2010年に限定数で再販されたようです、じつは3カ月前に訪問した大型模型店に再販品の新品が売ってたのですが、希少品ということを知らずにスルーしたら売り切れてしまいました。その後、たまたま中古で昔のものを見つけたので入手した次第です。

こうした教訓から「あまり見かけないプラモはなくなる前に買っておくが吉」と思って、
最新 カワサキH2Rの入手を後回しにしていたら、
先日、店頭から在庫が消えました(笑)。

たしか限定生産とかではなかったはずでは? 追加生産するのかな?
プラモの生産事情とかつかめないや~ (´;ω;`)








[PR]
# by birder-rider87 | 2017-05-10 08:00 | プラモデル | Comments(2)