ピースサイン~どこかの道で

カテゴリ:林道ツーリング( 3 )

高峰高原



関東地方も例年通り梅雨入りしましたが、予報では一日を通して安定した晴れ予報の日曜。
少し足を延ばして長野県小諸市の高峰高原(※61上田J6)へ行ってきました。※2017ツーリングマップル関東甲信越




f0300637_16250270.jpg


f0300637_16251469.jpg




関越道を碓氷軽井沢で降り、ツーリングマップルに出ている抜け道(※54軽井沢B3)を駆使してR18碓氷バイパスへと抜けます。R18を少し走り、次は県80浅間サンラインへ入りました。佐久平を見渡す爽快な道をしばらく流すとトンネルが現れ、手前に「高峰高原→」の小さな標識が指す側道にそれます。山を駆け上がる道はいつしかチェリーパークラインへと変わりました。かつての有料道路も無料化されて久しい感じです。木々に覆われたワインディングで上りはあまり景観は開けませんが、走って楽しい道ですね。右に左にいそがしいっす。paece!(・∀・)v

写真はほぼ上りきった辺りの駐車帯にて撮影。この日の軽井沢は16℃と肌寒いくらいでしたが、陽射しが強くなってきたおかげで▲2000の高峰高原のほうが快適でした。温度は意外や意外の12℃でしたが体感的には22℃くらい? 標高が高いと空気が澄んでててうまいですね。




f0300637_16253087.jpg



チェリーパークラインの終点は車坂峠で高峰高原ホテルとビジターセンターがあります。ビジターセンターの駐車場は砂利でした。停めてある車の数は多いのですがほぼ登山客なのか人影はまばらでまったりしてます。







f0300637_16255072.jpg


f0300637_16260378.jpg


f0300637_16262054.jpg




しばしのんびりした後、ビジターセンター裏から延びる湯の丸高峰林道へ入ります。4キロのダート区間が残っています。1.5~2車線と幅広く路面はフラットで走りやすく眺めも良好!とっても気持ちがいい道でした。バイクが汚れるのも厭わずNC殿も付き合ってくれました。
道中に ランプの宿 高峰温泉 があり、「雲上の露天風呂」の看板が気になりましたが、日帰り利用は内湯だけみたいです。※写真の建物ではありませんm(__)m







f0300637_16264029.jpg


f0300637_16265253.jpg




もっとダートが続くといいなと思い走っていましたが、道は舗装に切り替わりました。湯の丸高原 池の平湿原 へ出ました。

レンジャーにコマクサが咲いている場所を教えていただきましたが、片道30分かかるとのことで時間の都合もあり今回は諦めました。ちなみに咲き始めで見頃はこれからだとのこと。運が良ければカモシカも見られるそうですので、いつか再訪したいですね。


舗装区間の林道は県道94東御嬬恋線の地蔵峠につながって終点となります。レストハウスで遅い昼食を済ませて帰路につきました。



道路情報:R254 内山峠は現在通行止めです。






[PR]
by birder-rider87 | 2017-06-12 20:50 | 林道ツーリング | Comments(0)

日本百名瀑 精進ケ滝までツーリング



カレンダーをめくり11月となり、日に日に秋が深まってきました。

今年は9月が天候不順であまりツーリングに出られませんでした。季節の良い時期を逃したこともあって、気温が低く冬を先取りしてしまう山間部の紅葉ツーより温暖な地域で冬装備せずにもう少し走っておきたい気分です。とはいえ遅れていた紅葉が見頃とあって、やっぱり足はお山の方へ向いてしまうのでありました。





f0300637_17030464.jpg


今回は山梨県北杜市にある日本百名瀑のひとつ『精進ケ滝(北精進ケ滝)』へ行ってみようと思います。
paece!(・∀・)v パえ~す!


中央道 甲府南ICを降りてR358を走行中に冠雪したアルプスが眼前に飛び込み、思わず感嘆の声が出ました。

下曽根橋を渡り、県29+県12で南アルプスIC方向へルートを選択しました。
道なりに走ってたら高速道路っぽくなって少し焦りました (;''∀'') が、緑の標識だけど「無料」と表記してあったので構わず前進!
私の2012年版のマップルには出ていません。あとで調べたら『新山梨環状道路(南部区間)』という路線でした。

ワープ区間は南アルプスIC手前で終了。道なりに県12を北上。県613 甘利山公園線で甘利山へ駆け上がります。





f0300637_17054189.jpg


f0300637_17043364.jpg


甘利山の駐車場を越えると道は小字沢林道になります。





f0300637_17063930.jpg


小字沢林道は全線舗装ですが路面はカラマツ(?)の落ち葉で覆われて秋色全開です。スロットルは閉じ気味でした。(*_*;





f0300637_11082191.jpg


f0300637_17081449.jpg


今年の紅葉は期待薄かなと思ってましたが、このところの冷え込みが功を奏したのか予想以上の彩りでうれしいね。





f0300637_17084030.jpg


f0300637_17093491.jpg

林道分岐点。小武川林道を左折します。





f0300637_17100005.jpg


f0300637_17103322.jpg


f0300637_17105430.jpg

快晴のツーリングは格別。





f0300637_17111396.jpg


精進ケ滝はこの先を左なんですが、まさかのゲートクローズ (;・∀・)
「え!ココでかい!」

Uターンして迂回してる時間はナッシング。ゲートの脇にすき間なし(笑)。どぼずる?
事前の調べでは通行止めはなく全線通行可だったのに。。。





f0300637_17113307.jpg


ダメ元で「開け~ゴマ!」と唱えたら、開きました 。(´▽`)/

うそです。鍵かかってませんでした。ホッ。おどかすんじゃねえよ(笑)。





f0300637_17115984.jpg


無事ゲートを越え、御座石林道に入り少し進むとダートになりました。ダート区間は1キロ以下でしたが予想以上にボッコンボッコン (この写真の先)。ガレてなかったのが救い。V-stromの走破性にも助けられました。ダートはこの先の精進ケ滝林道にも数百メートルのフラットダートが残っていました。






f0300637_17124293.jpg


ようやく精進ケ滝の駐車場に着きました。車2~30台分のスペースで、仮設のトイレがあります。
滝までは吊り橋を渡ってハイキングコースを歩いていきます。






f0300637_17131469.jpg


吊り橋を渡ると標識があります。滝までは40分かかります。
通りすがりで寄ると間違いなく断念する所要時間でありますが、私は2回目の訪問なので織り込み済み。





f0300637_17134233.jpg



f0300637_11084005.jpg



f0300637_17141148.jpg


f0300637_17151189.jpg


f0300637_17153957.jpg


f0300637_17160212.jpg


f0300637_17164415.jpg


久しぶりのトレッキングだったので息が上がり気味でしたが、写真を撮ってるときは休憩してるようなものなので最後まで行けました。滝見台までは標識どおりで約40分でした。













f0300637_17172551.jpg


日本百名瀑 精進ケ滝

落差121mを誇る段瀑














f0300637_17181783.jpg


滝見台の様子を魚眼レンズで撮影。滝までは距離があり近くまでは行けないみたい。ここで行き止まり。
※あとで調べたら滝壺まで行けるルートがあるっぽいです。

ベンチに座り、コンビニで買ってきた菓子パンとお茶でしばし まったり。(*´ω`)







f0300637_17185549.jpg




f0300637_17192347.jpg



双眼鏡があるとさらに楽しめるでしょう。私は忘れちゃった(汗)。







f0300637_17194936.jpg


帰りは30分で駐車場まで戻ってこれました。
時刻は午後3時前。精進ケ滝林道を武川方面へ下っていきます。





f0300637_17201452.jpg


林道を出て一般道を走ってる最中に見えた山容。なんという山かな?





f0300637_17203653.jpg


道の駅はくしゅう南きよさとにらさきと巡り、3か所のスタンプを獲得。
野菜などの生鮮食品は売り切れてたが、南きよさと でおいしそうな手作りみそを発見したので土産に買っていく。

写真は 道の駅にらさき から望む富士山。







f0300637_11085372.jpg



午後5時半で真っ暗だ。だいぶ陽が短くなったな。








[PR]
by birder-rider87 | 2016-11-04 22:01 | 林道ツーリング | Comments(2)

栗原川林道

はじめまして!バーダーライダーといいます。
ブログなるものを私も始めてみようと思います。どうかよろしくお願いします。


さて、さっそくですが、関越道沼田ICを下り県道64平川沼田線を通り、赤倉林道の入口へとやってきました。


f0300637_1202195.jpg



あららっ。いきなり終点ですかい?それなら標識の向きは逆なんじゃない?


f0300637_1275789.jpg



ん!やっぱり終わってる。がっちりとゲートクローズです。びくともしませんわ。ここは諦めよう。


f0300637_1311050.jpg



次に訪れたのは吹割の滝。V字谷に落ちる水流がたまりません。別名「東洋のナイアガラ」


土産物屋で昼食をすませ、栗原川林道を目指しますが、経路が複雑なので忘れないように道順を記します。
R120を丸沼高原方面へ、吹割の滝の駐車場や土産物屋が並ぶエリアを過ぎるとスグ上り坂になり、ひとつ目の信号を右折。Uターンするように曲り、お次は「とねしん」を左折。あとは「皇海山」の行き先案内の看板を頼りに数回曲がると林道へ入れます。ちなみに「皇海山」は「すかいさん」と読むそうだ。みなさんは読めました?


f0300637_3211215.jpg




栗原川林道の舗装路からダートに切り替わる地点に来ました。オフローダーなら心躍る瞬間ではないでしょうか。


f0300637_322169.jpg



すぐに分岐が現れます。左の舗装路が本線です。


f0300637_314295.jpg



またダートに戻り、雰囲気の良い道が延びています。


f0300637_1594936.jpg



f0300637_21165.jpg



ダイナミックな岩壁の横を通り抜けて進んでいきます。


f0300637_235822.jpg



10キロほど走行すると、栗原川林道名物の素掘りのトンネルが出現します。忘れずに記念撮影しましょう!


f0300637_2135034.jpg



トンネルをくぐり抜け、反対側でもう1枚。パシャ


f0300637_2164394.jpg



ところどころで葉っぱが色づきはじめてます。季節の移ろいが感じられます。


f0300637_2202532.jpg



本日は曇り予報だったけど、雨が落ちてきました。カッパを着用。


f0300637_224450.jpg



林道のだいたい中間地点に皇海山登山口があり、広めな駐車場が整備されています。登山者の車が数台、マイクロバスが1台とまってました。って、えー、バス!
休憩したら再スタートしましょう。


f0300637_2315873.jpg



橋が沼と化していました。


f0300637_2364064.jpg



f0300637_2393490.jpg



道の傍らに湧き水。チベタっ!


f0300637_241758.jpg



f0300637_2424374.jpg



しとっりと雨に濡れて、きれいな色に包まれました。雨も少しならいいもんですな。砂埃もたたないし。


f0300637_245783.jpg



左手の谷側では渓流が清々しい音をたてています。


f0300637_2491581.jpg



少し下流に、こんなにも素敵な滝を発見!このエメラルドな青さ、驚きじゃないすか!


f0300637_2595232.jpg



関東最長約38キロのロングダートを誇る栗原川林道の出口が近づいてきました。


f0300637_33370.jpg



鹿よけの柵を開けて外に出ます。


f0300637_343812.jpg



余韻を残してダートはチョビットだけ続きます。今日どおしても走っておきたかった栗原川林道。
無事に走破できました。走行75000キロを超えたジェベルくん、よく頑張ってくれました。たくさんの思い出をありがとう。お疲れさまでした。
[PR]
by birder-rider87 | 2013-10-10 03:25 | 林道ツーリング | Comments(2)