ピースサイン~どこかの道で

カテゴリ:林道ツーリング( 4 )

日本百名瀑 精進ケ滝までツーリング



カレンダーをめくり11月となり、日に日に秋が深まってきました。

今年は9月が天候不順であまりツーリングに出られませんでした。季節の良い時期を逃したこともあって、気温が低く冬を先取りしてしまう山間部の紅葉ツーより温暖な地域で冬装備せずにもう少し走っておきたい気分です。とはいえ遅れていた紅葉が見頃とあって、やっぱり足はお山の方へ向いてしまうのでありました。





f0300637_17030464.jpg


今回は山梨県北杜市にある日本百名瀑のひとつ『精進ケ滝(北精進ケ滝)』へ行ってみようと思います。
paece!(・∀・)v パえ~す!


中央道 甲府南ICを降りてR358を走行中に冠雪したアルプスが眼前に飛び込み、思わず感嘆の声が出ました。

下曽根橋を渡り、県29+県12で南アルプスIC方向へルートを選択しました。
道なりに走ってたら高速道路っぽくなって少し焦りました (;''∀'') が、緑の標識だけど「無料」と表記してあったので構わず前進!
私の2012年版のマップルには出ていません。あとで調べたら『新山梨環状道路(南部区間)』という路線でした。

ワープ区間は南アルプスIC手前で終了。道なりに県12を北上。県613 甘利山公園線で甘利山へ駆け上がります。





f0300637_17054189.jpg


f0300637_17043364.jpg


甘利山の駐車場を越えると道は小字沢林道になります。





f0300637_17063930.jpg


小字沢林道は全線舗装ですが路面はカラマツ(?)の落ち葉で覆われて秋色全開です。スロットルは閉じ気味でした。(*_*;





f0300637_11082191.jpg


f0300637_17081449.jpg


今年の紅葉は期待薄かなと思ってましたが、このところの冷え込みが功を奏したのか予想以上の彩りでうれしいね。





f0300637_17084030.jpg


f0300637_17093491.jpg

林道分岐点。小武川林道を左折します。





f0300637_17100005.jpg


f0300637_17103322.jpg


f0300637_17105430.jpg

快晴のツーリングは格別。





f0300637_17111396.jpg


精進ケ滝はこの先を左なんですが、まさかのゲートクローズ (;・∀・)
「え!ココでかい!」

Uターンして迂回してる時間はナッシング。ゲートの脇にすき間なし(笑)。どぼずる?
事前の調べでは通行止めはなく全線通行可だったのに。。。





f0300637_17113307.jpg


ダメ元で「開け~ゴマ!」と唱えたら、開きました 。(´▽`)/

うそです。鍵かかってませんでした。ホッ。おどかすんじゃねえよ(笑)。





f0300637_17115984.jpg


無事ゲートを越え、御座石林道に入り少し進むとダートになりました。ダート区間は1キロ以下でしたが予想以上にボッコンボッコン (この写真の先)。ガレてなかったのが救い。V-stromの走破性にも助けられました。ダートはこの先の精進ケ滝林道にも数百メートルのフラットダートが残っていました。






f0300637_17124293.jpg


ようやく精進ケ滝の駐車場に着きました。車2~30台分のスペースで、仮設のトイレがあります。
滝までは吊り橋を渡ってハイキングコースを歩いていきます。






f0300637_17131469.jpg


吊り橋を渡ると標識があります。滝までは40分かかります。
通りすがりで寄ると間違いなく断念する所要時間でありますが、私は2回目の訪問なので織り込み済み。





f0300637_17134233.jpg



f0300637_11084005.jpg



f0300637_17141148.jpg


f0300637_17151189.jpg


f0300637_17153957.jpg


f0300637_17160212.jpg


f0300637_17164415.jpg


久しぶりのトレッキングだったので息が上がり気味でしたが、写真を撮ってるときは休憩してるようなものなので最後まで行けました。滝見台までは標識どおりで約40分でした。













f0300637_17172551.jpg


日本百名瀑 精進ケ滝

落差121mを誇る段瀑














f0300637_17181783.jpg


滝見台の様子を魚眼レンズで撮影。滝までは距離があり近くまでは行けないみたい。ここで行き止まり。
※あとで調べたら滝壺まで行けるルートがあるっぽいです。

ベンチに座り、コンビニで買ってきた菓子パンとお茶でしばし まったり。(*´ω`)







f0300637_17185549.jpg




f0300637_17192347.jpg



双眼鏡があるとさらに楽しめるでしょう。私は忘れちゃった(汗)。







f0300637_17194936.jpg


帰りは30分で駐車場まで戻ってこれました。
時刻は午後3時前。精進ケ滝林道を武川方面へ下っていきます。





f0300637_17201452.jpg


林道を出て一般道を走ってる最中に見えた山容。なんという山かな?





f0300637_17203653.jpg


道の駅はくしゅう南きよさとにらさきと巡り、3か所のスタンプを獲得。
野菜などの生鮮食品は売り切れてたが、南きよさと でおいしそうな手作りみそを発見したので土産に買っていく。

写真は 道の駅にらさき から望む富士山。







f0300637_11085372.jpg



午後5時半で真っ暗だ。だいぶ陽が短くなったな。








[PR]
by birder-rider87 | 2016-11-04 22:01 | 林道ツーリング | Comments(2)

白糸の滝(山梨県小菅村)

みなさんはどのようなGWを過ごされましたか?
私は流行に乗り(?)安・近・短のゴールデンウイークでした。恒例の大渋滞に一度もはまらず珍しく『らしくない』GWだったかも。



後半スタートの5/3に友人と滝を見にツーリングしてきました。
奥多摩湖畔を走り、深山橋を渡り奥多摩周遊道路の方へは行かずにR139で小菅へ向かいます。

道なりに真っ直ぐ進み、小菅村の集落を抜けると道はダートとなります。
ダートといっても、よく整備された高低差のない平坦な砂利道です。ただ道幅は狭く4輪車の通行もあるので慎重にトロトロ運転です。


3~4キロほどダートを走ると10台くらいの駐車場とトイレがあり、ここから滝まで歩いていきます。スグです。



f0300637_22430015.jpg

f0300637_21485316.jpg


「白糸の滝」

あまり期待してなかったんですが、思ってたよりも落差のある直瀑でした。白糸の命名は細い一筋の流れからきているんでしょうか。
白糸の滝という名称から富士山や軽井沢のような感じのを想像してましたが、いい意味で裏切られました(*^^)v




f0300637_21491856.jpg

落差36メートルもあるらしいですが、水音はピアニッシモ。



f0300637_22271282.jpg


f0300637_22274980.jpg
f0300637_22280872.jpg


f0300637_22400259.jpg



f0300637_22414388.jpg



f0300637_22421966.jpg




f0300637_22450053.jpg


滝を眺めていると、時間の経過を忘れてしまいます。

[PR]
by birder-rider87 | 2014-05-07 22:51 | 林道ツーリング | Comments(0)

山中湖~細野鹿留林道

このところ週末はパッとしない天気が多いですが、今回も曇っております。こんな日は気分も曇りがちですが、とりあえず出かければ何かイイ事があるかもしれません。
そんなこんなで山中湖までやってきました。そうそう、ここに来るまでに自分以外のV-strom650と初めてすれ違いました。しかも2台。ピースサインをしっかりと交わしましたよ。イイ事ありましたねー!


f0300637_09204710.jpg
f0300637_09304489.jpg

湖畔に乗り入れてみましたが、厚い雲に覆われどんより。富士山の姿はまったく見えやしません。あーやっぱり。まあしょうがないです。

小鳥が群れで飛んできて水際におりました。


f0300637_09440230.jpg

カワラヒワでした。黄色い羽がなかなかキレイですね。


f0300637_09520792.jpg

白鳥が泳いで近寄ってきました。山中湖ではお馴染みのコブハクチョウですね。ゆったりまったりと時間が流れてます。


f0300637_09591341.jpg

湖畔沿いの紅葉は散り始めてましたが、まだまだ秋色を感じながら走りを楽しめました。


f0300637_10071352.jpg

湖を左手に眺めながら走行。湖面に何やらたくさん水鳥が浮かんでいました。黒い体に白いくちばしが特徴的なオオバン。仲良くお食事中でしょうか?


f0300637_10150961.jpg
ハジロカイツブリ(冬羽)もいました。水面に浮かんでるよりも水中に潜ってる時間の方が長いです。浮かび上がってくるのを待ってパシャリ!


f0300637_10205748.jpg

長池親水公園です。公園というより駐車スペースというかんじかな。天気が良ければ眼前に富士山が望めます。


f0300637_10314132.jpg

カモがいっぱいプカプカしております。ホシハジロという種類です。

f0300637_10394194.jpg

マガモもおりました。日本に飛来するカモでは最も一般的な種類と言われております。耳に水でも入ったのかなー?


f0300637_10453474.jpg

マガモのそばでアオサギが佇んでいました。水辺の環境でよく見かける野鳥ですね。なんと今夏訪れた最北端の宗谷岬にもいました。しかも同じ姿勢で!当たり前か。



f0300637_11015633.jpg
f0300637_11033370.jpg
道路に設置されている温度計は9°Cを表示。あったかいものが恋しくなりました。

湖面屋リールカフェの 味玉醤油ラーメン

このお店、店名通り、湖に面しており、山中湖を眺めつつお食事ができます。店内は広く天井が高くお洒落なつくりでくつろげました。
店の周りが砂地なので、バイクは湖畔道路沿いの駐車場に停めたほうが無難かも。


f0300637_11175610.jpg
エネルギーを補給して、お次は二十曲峠(にじゅうまがりとうげ)へとやってきました。ここも晴れていれば見事な富士山の姿を拝めるはずなんですが…

f0300637_11231556.jpg
ここから鹿留林道(ししどめ)の始まりです。看板には終点とありますが(笑)

f0300637_11291960.jpg
f0300637_11311378.jpg
この林道は全線舗装でしたが、濡れた落ち葉が重なり路面を覆いつくしている場所が何か所かあり、ダート走行より慎重になりましたねー。しかも、よりによってコーナーにたまってたりするんですよ。

f0300637_11392264.jpg
道を進んでいくと、立派?な橋がかかっておりました。虹の木橋とあります。鹿留林道はここまでで、先の道は細野鹿留林道となります。左折します。


f0300637_11441928.jpg
道はすぐダートに変わりました。前方にあずまやがあります。

f0300637_11493659.jpg
川がこちらに向かって流れてくる場所がありました。ちょっと珍しいのではないかと。並行する渓流と林道がL字に曲がっているのが種明かし。この写真だと分かりづらいかなー。

f0300637_11595646.jpg
f0300637_12034215.jpg
心が洗われる清らかな流れであります。

f0300637_12063092.jpg
f0300637_12082868.jpg
懲りもせず、またまたVストでダート林道を走ってみました。この細野鹿留林道は1.5車線ほどの道幅があり、フラットで堅い路面とかなり走りやすい条件が揃ってます。
前回の林道より少しだけエンジンを回すことができ、ダートランを楽しめました。ここはツーリングマップルによるとダート1.8キロと短く、オフ車だとなんとも物足りなく、あっさり通過して終わりなんですが、Vストでは新鮮な気持ちで走れました。ちなみにサスの設定は標準のままです。

今回の実燃費は24.6キロでした。燃費計の値は24.3キロでほとんど一緒でした。


[PR]
by birder-rider87 | 2013-11-10 12:46 | 林道ツーリング | Comments(0)

栗原川林道

はじめまして!バーダーライダーといいます。
ブログなるものを私も始めてみようと思います。どうかよろしくお願いします。


さて、さっそくですが、関越道沼田ICを下り県道64平川沼田線を通り、赤倉林道の入口へとやってきました。


f0300637_1202195.jpg



あららっ。いきなり終点ですかい?それなら標識の向きは逆なんじゃない?


f0300637_1275789.jpg



ん!やっぱり終わってる。がっちりとゲートクローズです。びくともしませんわ。ここは諦めよう。


f0300637_1311050.jpg



次に訪れたのは吹割の滝。V字谷に落ちる水流がたまりません。別名「東洋のナイアガラ」


土産物屋で昼食をすませ、栗原川林道を目指しますが、経路が複雑なので忘れないように道順を記します。
R120を丸沼高原方面へ、吹割の滝の駐車場や土産物屋が並ぶエリアを過ぎるとスグ上り坂になり、ひとつ目の信号を右折。Uターンするように曲り、お次は「とねしん」を左折。あとは「皇海山」の行き先案内の看板を頼りに数回曲がると林道へ入れます。ちなみに「皇海山」は「すかいさん」と読むそうだ。みなさんは読めました?


f0300637_3211215.jpg




栗原川林道の舗装路からダートに切り替わる地点に来ました。オフローダーなら心躍る瞬間ではないでしょうか。


f0300637_322169.jpg



すぐに分岐が現れます。左の舗装路が本線です。


f0300637_314295.jpg



またダートに戻り、雰囲気の良い道が延びています。


f0300637_1594936.jpg



f0300637_21165.jpg



ダイナミックな岩壁の横を通り抜けて進んでいきます。


f0300637_235822.jpg



10キロほど走行すると、栗原川林道名物の素掘りのトンネルが出現します。忘れずに記念撮影しましょう!


f0300637_2135034.jpg



トンネルをくぐり抜け、反対側でもう1枚。パシャ


f0300637_2164394.jpg



ところどころで葉っぱが色づきはじめてます。季節の移ろいが感じられます。


f0300637_2202532.jpg



本日は曇り予報だったけど、雨が落ちてきました。カッパを着用。


f0300637_224450.jpg



林道のだいたい中間地点に皇海山登山口があり、広めな駐車場が整備されています。登山者の車が数台、マイクロバスが1台とまってました。って、えー、バス!
休憩したら再スタートしましょう。


f0300637_2315873.jpg



橋が沼と化していました。


f0300637_2364064.jpg



f0300637_2393490.jpg



道の傍らに湧き水。チベタっ!


f0300637_241758.jpg



f0300637_2424374.jpg



しとっりと雨に濡れて、きれいな色に包まれました。雨も少しならいいもんですな。砂埃もたたないし。


f0300637_245783.jpg



左手の谷側では渓流が清々しい音をたてています。


f0300637_2491581.jpg



少し下流に、こんなにも素敵な滝を発見!このエメラルドな青さ、驚きじゃないすか!


f0300637_2595232.jpg



関東最長約38キロのロングダートを誇る栗原川林道の出口が近づいてきました。


f0300637_33370.jpg



鹿よけの柵を開けて外に出ます。


f0300637_343812.jpg



余韻を残してダートはチョビットだけ続きます。今日どおしても走っておきたかった栗原川林道。
無事に走破できました。走行75000キロを超えたジェベルくん、よく頑張ってくれました。たくさんの思い出をありがとう。お疲れさまでした。
[PR]
by birder-rider87 | 2013-10-10 03:25 | 林道ツーリング | Comments(2)