ピースサイン~どこかの道で

カテゴリ:撮影機材( 7 )

江戸東京たてもの園(3)……オールドレンズ遊び



Dマウントのシネレンズ「シネアルコ13mm/F1.4」をペンタックスQ-S1に装着しての撮り歩きのつづきです。
アルコ写真工業(1946~1961)の8mmムービーカメラ「アルコエイト」シリーズに付属していたレンズのひとつですが、このレンズはズノー光学がOEM供給をしていたようです。



f0300637_23054442.jpg


高橋是清邸。




f0300637_23064410.jpg

f0300637_23072637.jpg


窓ガラスには明治期の「手延べの板硝子」が使われております。
ゆらゆらとした歪みが特徴的なノスタルジックなガラスです。
当時の職人による非常に手の込んだ製法にて生まれる一品で現代では製作不可能らしいです。
なので割れたら取り換えがきかないという貴重な硝子は一見の価値ありではないでしょうか。

ちなみにこの場所もジブリ映画で参考にされ、また2.26事件の現場(移築前)となったことで知られます。





f0300637_23081946.jpg


庭から眺めた是清邸。
換算60mmのレンズだとキビシイです(汗)規制ロープがじゃまくさい。






f0300637_23090262.jpg


田園調布の家(大川邸)。
モダンな造りでわりと最近の家かと思いきや大正14年(1925)に建てられたそうで。。
いやはや田園調布って、そんな昔からハイカラな土地柄だったんか?

室内にも入れますが、時間の都合で今回は省略します。





f0300637_23092185.jpg


常盤台写真場。昭和12年(1937)。




f0300637_23095209.jpg

f0300637_23101634.jpg

玄関わきの一室は撮影待ちのためのものでしょうか。




f0300637_23104403.jpg

f0300637_23110409.jpg

1階は主の居住空間となっていたようす。
そういえば昔は一番風呂に入るときは湯もみをしていましたが、いつのころからかやらなくて済むようになりましたね。




f0300637_23113189.jpg

f0300637_23115927.jpg

2階は撮影スタジオになっており、採光のため壁一面が擦りガラスです。
すんません、広角レンズでないと部屋全体の様子が撮れないです(汗)。これは落とし穴でした(笑)。




f0300637_23123546.jpg


昔のモノのデザインって、なんてあたたかみがあってお茶目なんでしょう!




f0300637_23130742.jpg

ボンネットバス。






f0300637_23135246.jpg


三井八郎右衛門邸。昭和27年(1952)建造。一部は明治30年(1897)京都で建てられたものを戦後移築。




f0300637_23142000.jpg

f0300637_23145379.jpg

f0300637_23155644.jpg

f0300637_23221707.jpg

f0300637_23323778.jpg

見どころは他にも多数。撮影禁止だったり、フラッシュ禁止だったり。。。
写真掲載しませんが個人的には襖絵に魅かれました。





f0300637_23342958.jpg

デ・ラランデ邸。明治43年(1910)の洋館。
一階が「武蔵野茶房」という当時の様子そのままの雰囲気を味わえるお洒落な喫茶店となっています。

ちなみに東ゾーンの子宝湯の近くにも「蔵」という うどん屋が入っています。





f0300637_23363591.jpg

f0300637_23385146.jpg

部屋はすべてフローリングでたてもの園唯一の土足可です。部屋には家具の類がなく賃貸物件の視察のようで撮影せず。





f0300637_23404882.jpg

八王子千人同心組頭の家(江戸時代後期)。
たてもの園には茅葺の農家の建造物も多いです。





f0300637_23431635.jpg

f0300637_23542719.jpg

f0300637_23443112.jpg

すんません。囲炉裏の部屋は別の建物のものですm(__)m
たぶん東ゾーンの天明家(江戸時代後期)。




f0300637_00043486.jpg

小出邸。大正14年(1925)。
これまた昭和50年代の建造かと思いきや、大正時代だそうで。。



f0300637_00071681.jpg

f0300637_00093861.jpg

大正にしては時代を先取りしすぎな感じがする一軒です。
文化的に貴重なんでしょうが、大正時代に一般的だった様式の建築物や暮らしも見てみたいと思いました。




f0300637_00114912.jpg

f0300637_00134246.jpg


都電7500形。製造昭和37年(1962)。
東京都心で路面電車復活の話しがあるようですが。。。

最後の1枚はF1.4の開放で撮ってみました。
周辺の流れが顕著ですね。少しわかりづらいですがいわゆる「ぐるぐるボケ」、回転速度は控えめでしょうか。






f0300637_00150605.jpg


江戸東京たてもの園には他にも貴重な建物があります。
平成27年11月21~23日は特別にライトアップ展示もされるので、興味のある方は出かけてみてはいかがでしょうか。



おわり





[PR]
by birder-rider87 | 2015-11-18 01:49 | 撮影機材 | Comments(0)

江戸東京たてもの園(2)……オールドレンズ遊び



前回につづき、ペンタックスQ-S1にDマウントシネレンズを装着して江戸東京たてもの園を撮り歩きます。
シネアルコ13mm/F1.4の絞りを主に2~5.6で設定しました。適度に絞ったほうが思いのほか鮮明に写るんですが、洗練された現在のレンズにはないオールドレンズの描写を味わってみたく、このようにしました。

レンズ情報がデーターに反映されないので写真ごとの絞り値の記録はとってませんが、周辺象の流れが顕著であれば2~2.8、流れがゆるいのは4~5.6でしょうか。




f0300637_11122674.jpg


小寺醤油店。大正期から昭和にかけて営業。味噌や酒類も取り扱っていた。




f0300637_11144861.jpg

f0300637_11225446.jpg

f0300637_11320610.jpg

f0300637_11301619.jpg

f0300637_11194987.jpg

f0300637_11205469.jpg

f0300637_11323267.jpg





f0300637_11325493.jpg

万徳旅館。江戸時代末期。建物は創建当初、室内は昭和25年ころの様子を復元しているそうです。




f0300637_11331217.jpg

f0300637_11333087.jpg

f0300637_11335076.jpg

f0300637_11362378.jpg

f0300637_11370699.jpg




f0300637_11411960.jpg


仕立屋。明治初期の町家。



f0300637_11421009.jpg

f0300637_11423690.jpg




f0300637_11431889.jpg


子宝湯。昭和初期建造の銭湯。
千と千尋の神隠しに登場する舞台のモデルとなったことで有名です。
たてもの園には他にもそのような建物があるそうです。




f0300637_11450439.jpg

f0300637_11455122.jpg

f0300637_11464006.jpg

脱衣所の仕切りは低めで現代のスーパー銭湯ではありえない造り。




f0300637_11475488.jpg

f0300637_11490433.jpg

f0300637_11493869.jpg

f0300637_11504500.jpg

f0300637_11531101.jpg

f0300637_11515722.jpg

f0300637_11543691.jpg


f0300637_11552286.jpg


f0300637_11560836.jpg

鍵屋(居酒屋)。安政3年(1856)。建物と店内は昭和45年ころを復元。
店内の様子は見物客で満席だったので今回は遠慮。





f0300637_11564200.jpg

f0300637_11572407.jpg

小寺醤油店裏の路地。低い生け垣も目にする機会が減りました。





f0300637_11584553.jpg

万世橋交番。推定明治後期。


f0300637_22143788.jpg

ザ・郵便ポスト。これを越えるデザインのポストはこの先も現れないでしょう。


今回はこのへんで。次回へつづきます。








[PR]
by birder-rider87 | 2015-11-16 22:36 | 撮影機材 | Comments(2)

江戸東京たてもの園(1)…オールドレンズ遊び



こんにちは。今回はバイク&ツーリングから離れてカメラの話題。
ツーリングで出会う美しい風景を写真に残したくなって始めたカメラ。フィルム時代は失敗の少ない「写ルンです」ばっかでしたね。

デジタルの時代になり、撮影結果がその場で確認でき撮り直しがきくようになったので、とりあえずコンデジ買ってみてパシャパシャ。
やがてカメラ任せのオート撮影に飽き足らずデジイチへとステップアップしました。

せっかくのレンズ交換式なんで、レンズをいろいろ買って撮ってみたら楽しくなってきて、以来カメラの趣味にハマってしまいました。
現在はペンタックスKマウントとQマウントを気分次第で使い分けているのですが、他社よりコンパクトなシステムのペンタとはいえ一眼レフのレンズはバイクツーリングではなかなか複数持っていく気にならず、手のひらサイズのQのレンズのほうが稼働率高めです。






f0300637_23271013.jpg



Qでもっと遊びたくなって、ついにオールドレンズの世界に片足を突っ込んでしまいました。
あまり深く沼にはまらないように気を付けたいのですが。。。

んで最初のオールドレンズはDマウントのシネレンズ「シネアルコ13mm/F1.4」にしました。
このレンズは昔の国産8mmムービーカメラに付属していたもので1950年後半のもののようです。
Qよりセンサーがひと回り大きいQ-S1でもケラレないのがポイント。
Q-S1で換算約60mm、Qで約70mmとなります。ぎりぎり標準域でしょうか。

さっそく撮影に都立小金井公園のなかにある江戸東京たてもの園へ出向きました。
このレンズの時代はモノクロが主流であっただろうということで、手始めにモノクロで撮ってみました。
たくさん撮ったので数回に分けてアップします。






f0300637_23280459.jpg

江戸東京たてもの園の出入口です。入場料は大人1名400円ですが、シニアや学生は細かく料金設定されています。小学生以下は無料。








f0300637_23291630.jpg


こちらでは多くの移築された歴史的建造物を観覧することができます。
村上精華堂。昭和初期の化粧品屋さん。

以下、写真を貼っていきます。


f0300637_23293580.jpg

f0300637_23300055.jpg

f0300637_23315916.jpg

f0300637_23311708.jpg

f0300637_23303446.jpg



f0300637_23323663.jpg


丸二商店。昭和初期の荒物屋さん。




f0300637_23351463.jpg

裏手には長屋も移築されています。



f0300637_23360482.jpg

f0300637_23375085.jpg

f0300637_23365057.jpg

f0300637_23371377.jpg

奥に写ってる布団たたきが懐かしい。よくこれでお尻をたたかれました(;´∀`)





f0300637_23380658.jpg

大和屋本店。昭和3年に建造された木造3階建ての乾物屋さん。




f0300637_23383763.jpg

f0300637_23385874.jpg

f0300637_23391275.jpg

f0300637_23392759.jpg

f0300637_01280709.jpg




f0300637_23394497.jpg


武居三省堂。明治初期創業の文具店。建物は関東大震災後に建てられたそうです。




f0300637_23403217.jpg

f0300637_23410236.jpg

f0300637_23413490.jpg



f0300637_23443168.jpg


原っぱに土管(笑)。来園した子供たちがかならず遊んでいきます。現代のちびっ子にも人気。




今回はこのへんで。つづきます。








[PR]
by birder-rider87 | 2015-11-16 01:41 | 撮影機材 | Comments(0)

超望遠デジカメ…富士フィルムFinePix S1

ここのところスマホカメラに押されぎみのデジカメ。
しかし高倍率ズーム搭載の超望遠デジカメは年々人気上昇中のようですね。

私の友人も2ヶ月前に買い替えて大変満足しているご様子。会うたびに自慢してくるんですわ。
「すごいの撮れたからさぁゼヒ見てもらいたいんだよねぇー♪ 見てコレ!見て見てぇ~ (^^♪ 」 ってな具合。うざ"(-""-)"

そのスゴさを伝えたいらしく、ブログで取り上げてくれえ と頼まれちゃいましたので ご紹介します。





f0300637_17203350.jpg


富士フィルム FinePix S1

フジノン光学式50倍ズームレンズを搭載。
広角24ミリから超望遠1200ミリまでの幅広すぎな焦点距離。 しかも被写体に1センチまで寄れるスーパーマクロ機能付き。
野球で例えると「内外野1人で守っちゃうよ!まかせときな!」という驚異的な守備範囲の広さ! イチローでも無理でしょう。

どんなシーンもレンズ交換不要。これ1台ですべて対処できるわけですからツーリングカメラとして最強といえるでしょう。
通常のコンデジと比べるとサイズはデカくなりますが、一眼レフを凌駕する超望遠域をカバーすることを考えれば驚くほどコンパクト。
バッグから取り出してすぐに1200ミリの超望遠撮影が開始できる機動性の高さは特筆もんです。

友人はこれまで他社30倍ズーム機を使ってきての買い替えでしたので FinePix S1にしてヨカッタところを聞くと…

「とにかくAFが速いんだよに~♪」

販売店であらゆる機種を念入りに撮り比べてみた結果、当機のAF性能がずば抜けていたんだとか。
実戦でも期待通り十二分にその性能を発揮してるそうです。




f0300637_17205887.jpg




作例のアカゲラ。ブログ画面で見やすいように少し拡大表示にしてあります。
私は一眼レフで野鳥撮影をしているのですが、高倍率ズーム機でこれだけ写るのを見せつけられると正直立場がないんだよねー(汗)。
「え~!そんなに写るのー!(ちっ)」っていうのが私の率直な感想です(笑ハハ)。
しかも手持ち撮影なんだと。富士は手ブレ補正も優秀なんすね~。


このジャンルのカメラを選ぶときに最も気になるポイントは「望遠端が本当に使えんのか?」だと思います。
作例を見ればその実力はあなどれません。小さな機材でこれだけ写れば御の字でしょう。
もちろん 好条件がそろったからこそ撮れた一枚だということですが、驚き桃の木、柿8年です。
さすがにトビモノ(飛翔シーン)ではAFが食いつかずにうまく撮れないそうで、そうはパン屋がおろさないみたいですが。


フィルムメーカーの富士だけあって仕上がりの発色も良いのもポイント。
発売当初より価格が下がり3万円を切るお値段でコストパフォーマンスが非常に高いですなー。

デカくて重い機材を持ち運ぶのがいやんなったら考えようかなあ。




[PR]
by birder-rider87 | 2014-12-09 23:07 | 撮影機材 | Comments(0)

カメラを買いました…PENTAX Q-S1

ツーリングに必ず持って行くモノ。
人それぞれ、いろいろあると思います。

私の友人は「お風呂セット」を常に積んでいくそうです。タオルに石鹸、シャンプー、ひげそり、あひる隊長。


ところで ツーリングでの風呂といえば、忘れられない出来事があります。
むか~し昔とあるツーリングクラブのお泊りツーに参加したときのこと。旅館で目を疑う光景に出くわしますた。
脱衣所で服を脱ぎ、扉を開け浴室に入ると…
な、なんとクラブのリーダーが ( ´ー`)y-~~ タバコをふかしながらゴシゴシと身体を洗っているではないか!!!!!


目がピンポン玉になった私は「風呂でタバコ吸うんですか?」とたずねると…
「うん、いつも。フツーじゃない。キミは吸わないの?」と聞き返され唖然(◎_◎;)

あれから15年。その前もその後も風呂場でタバコを吸うヤツなんざ あんた以外お目にかかったことねーわい!
よくタバコの火を消さずに身体を洗えるもんだよ。そこは感心した(笑)。



すんまへん脱線しますた。
ツーリングに必ず持って行くモノですよね。
カッパはライダーなら当然として、それ以外ではカメラが多いのではないでしょうか。
とくにブロガーにとってはなくてはならないモノですね。



私はフィルム時代はカメラが苦手で、どうにもこうにも うまく写真を撮ることができませんでした。
「美しい景色は脳みそに焼き付けとけば充分」、「心を動かされた風景は一生忘れない」と言い訳して、カメラはあまり持たなかったです。

ところが長年バイクに乗ってると美しい景色どころかソコに行ったことすら忘れてしまう有様。
遅まきながら へたでも思い出を記録に残すことの重要さに気付きました。

撮影結果がその場で確認でき、失敗してもやり直せるデジカメの出現にも後押しされ、私もカメラを携行するようになりました。
今ではなくてはならない相棒です。






f0300637_22251183.jpg



ペンタックスQ
世界最小のレンズ交換式一眼カメラ(発売当時)。


01スタンダードプライム(35ミリ換算で47ミリ相当の単焦点標準レンズ)を装着しています。
当ブログの野鳥を除く写真の9割はこれで撮影しました。


Qはミラーレス一眼のカテゴリーに属し、先発のオリンパスPENと比較されます。
一眼レフにも劣らない画質の良さを売りにするマイクロフォーサーズのPENシリーズ。
対してQはコンデジ並のボディは評価されたものの、センサーもコンデジと同じ1/2.3型だったために写りもコンデジ並では?と物議を醸し、賛否両論入り混じりました。
たしかにQは最小最軽量を最重要視してつくられたので、ライバルとは画質でガチンコ勝負するカメラではないです。
レンズを含めたシステムがコンパクトなので気軽に持ち出せ、気軽にレンズ交換をし、気軽に設定を変えて撮影を楽しむカメラなんだろうね。





f0300637_22260696.jpg


まだまだQで撮る気まんまんでしたが、衝動買いしてしまいました (;^ω^)
今回購入したのはペンタックスQ-S1
(写真のレンズは06テレフォトズーム)

またまたQシリーズ。オーダーカラー033ブライトシルバー×カーキグリーンです。
完全にデザインに魅かれて買ってしまいました (^o^)丿
クラシカルなミニチュアカメラといった佇まいと 今までにないシックなカラーリングにやられましたね。


Qシリーズは2年ごとに大きなモデルチェンジという流れで来ているので今年はスルーして来年に期待という思いもありましたが…
まあ そんときはそんときです。


Q+01では画角がもう少し広ければなあ と思う場面(料理とか)が結構ありました。
Q7と同じ大型化された1/1.7型センサーを搭載するQ-S1は同じ01レンズ使用で35ミリ換算39ミリ相当とやや広角に写せます。
活躍の場がこれまで以上に広がるのではと期待しています。

※一番上の白Qの写真はQ-S1+06で撮りました。











[PR]
by birder-rider87 | 2014-12-01 01:30 | 撮影機材 | Comments(0)

ペンタックスK-3のセンサークリーニング

雨降りの日曜日となりました。
リコーイメージングスクエア新宿(旧ペンタックスフォーラム)を訪ねました。




f0300637_23182459.jpg
f0300637_23185027.jpg


新宿センタービル中地下1階にあります。
アクセスは新宿駅西口から中央公園方向に延びる地下道を利用すると わかりやすいかと。



こちらでは、カメラの点検修理の受付受け渡し業務を行うサービスカウンターがあります。
そのほかに ペンタックスやリコーのカメラやレンズ等が展示されたショールームもあります。実際に手に取ってみることができます。
さらに写真展ギャラリーもあります。


今回こちらに訪問したのは、K-3のセンサーを点検してもらおうかと思いやってきました。
先々週あたりから、撮影した画像を見るとシミが出てたもんで。



f0300637_23545085.jpg


背景が空だった場合にシミが目立ち、トーシロの私でも気になります。
レタッチソフトで修正できるレベルですが、元からただしておきたいですね!



K-5で同じような症状が出たときには、センサー丸ごと交換と大がかりな事態になってしまったんですが、今回はセンサークリーニングだけで対処できるということでした。ファインダーにもゴミが混入してたので、その除去とついでにファームアップも最新のものに更新していただきました。


混雑状況によって変わるんだろうけど、仕上がりまで当日は1時間半ほどでしたよん。
きれいすっきりになって戻ってきました。


通常ですと、センサークリーニングは料金1000円プラス消費税がかかるんですが、保証期間内なら何度でも無料とのことです。依頼時には保証書をお忘れなく。
ファームアップも無料でやってくれます。こちらのスタッフの方々は適格丁寧でビギナーでも安心して対応してもらえますので、何度も足を運ぶ気になりますねー。






[PR]
by birder-rider87 | 2014-03-31 07:01 | 撮影機材 | Comments(0)

観察機材 双眼鏡

野鳥観察をするために必要なのが双眼鏡。

河川で鳥探しをしていたとしましょう。対岸になにか青いものを見つけましたが、それはカワセミでしょうか?
肉眼では なにかいる のはわかっても、なにがいるか まではわかりません。アフリカ人並の驚異的な視力を持ち合わせていないかぎり識別はまず無理です。
そこで双眼鏡の出番です。ドキドキしながら気になる青いものを覗いてみると、「なんだ、ポカリかよー! 紛らわしいなー "(-""-)"」
こういうことは ありがちなんですが、正体が判明するので気分はスッキリします(笑)。


実際はカメラに望遠レンズを付けていれば 双眼鏡がなくてもなんとかなっちゃうんですが、やっぱりあったほうが なにかと便利ではあります。
現在、私は2台の双眼鏡を使い分けています。



f0300637_22492189.jpg


ビクセンのアリーナH8×21WPというモデル。

倍率8倍の小型双眼鏡です。スポーツ観戦やコンサート用の製品ですが、野鳥観察にも充分使えます。
こいつの一番の魅力はコンパクトなサイズ。持ち運びが苦にならず、大きくかさばる望遠カメラと併用するのに負担にならないのがいいです。
実勢価格は5~6000円とお手頃。




f0300637_22475670.jpg

そして、もう1台は コーワのYF30-8 (8×30)

こちらも倍率8倍。レンズの口径が大きく対象物がよりクッキリはっきり見えます。薄暗い時間帯でも見やすいです。
そのうえ視野が広くて野鳥の動きが追いやすく、まさにバードウオッチングのために開発された双眼鏡です。
そして特筆すべきはコストパフォーマンスに優れること。

双眼鏡のお値段というのはピンキリで安いものは1000円程度のものもありますが、バードウォッチング用の本格的なモデルは数万~十数万したりします。
意外と高いんですよ ( ;∀;) 
こいつの実勢価格は1万円を切ってるんですが、店で入念に見比べてみた結果、その実力は5万円台の製品に匹敵するんじゃないかと!
※あくまで個人的見解

よく見えてとても気持ちいいんですが、いかんせん撮影機材と併用となると475gはやや重い。1日首にかけてると肩が凝ってシマウマ。
なので現在、主に撮影なしの観察のみという状況で活躍してマスオ兄さん。


f0300637_23575713.jpg

大きさの比較。ポケットに入るか入らないかの違いですねー。



ところで双眼鏡の倍率8倍というのは、カメラのズームレンズの8倍とは意味合いが異なるようです。


コンデジの光学8倍ズーム。例えば焦点距離25~200ミリだった場合、200(望遠端)÷25(広角端)=8倍。

対して双眼鏡の倍率は、「肉眼と比べてどれだけ大きく見えるか」を意味します。
10メートル先のものを肉眼で見たときの大きさと、80メートル先にある同じものを8倍の双眼鏡で見たときの大きさが一緒。
つまり80÷10=8倍。 


ちなみに8倍の双眼鏡はカメラの400ミリ望遠レンズに相当するようです。



野鳥観察以外でも双眼鏡が使える場面はありますから、ツーリングの時には必ず携帯してます。遠くの道路標識を確認したり、展望台から下界を覗いたり。いろいろ。持ってるとなにかと便利です。







[PR]
by birder-rider87 | 2014-02-19 07:03 | 撮影機材 | Comments(0)