ピースサイン~どこかの道で

<   2016年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

BATTLAX ADVENTURE A40…V-strom650のタイヤを履き替えました




前回15,000キロで交換したミシュランのパイロットロード4トレイル(以下PR4)が35,000キロで前後ともスリップサインが出たので新しいタイヤに交換しました。PR4がとても良いタイヤでしたので引き続き履きなおす選択肢もありましたが、少々お値段がはるタイヤなので今回はお財布に優しめのタイヤにしようと決めてました。
ミシュランのアナキー3が第1候補だったんですが、欠品中でHレンジ、Vレンジともに前後が揃わないんだそう。


という訳で第2候補ブリジストンのバトラックス アドベンチャー A40にしました。paece!(・∀・)v パえ~す!
A40も決して安いタイヤではないんですが。。。
メーカーHPではウェット時のグリップと摩耗ライフの向上をアピールしてます。





f0300637_22220159.jpg
フロント 110/80R19 M/C 59V TL





f0300637_22222214.jpg
リヤ 150/70R17 M/C 69V TL




最初に見た目であるタイヤパターンの印象ですが、事前に画像とかで確認した時は「なんか平凡 (´-ω-`)」という気がしました。「V-strom1000純正のバトルウイングの方がよっぽど個性的じゃん」と思ってましたが、実物見たら「これはこれでわるくないかも」とプラスの印象に変わりました。

ところで、このA40は先日海外で発表された新型V-strom650のOEMに指定されたそうです。「狙って純正っぽいフツーのパターンなのね」と妙に納得です(^▽^;)。




さてさてニュータイヤの感触を確かめに往復80キロほどのお散歩ツーリングをしてきました。
例によってファーストインプレッションというかアマリングの大きい素人ユーザーが好き勝手な感想を述べていきますよー。


走ってみて真っ先に感じたのが「けっこうクイックだな」ということ。
摩耗したタイヤから新品のタイヤになったのだから当然といえば当然なんですが、純正のトレイルウイング(以下TW)とPR4の新品時の記憶と照らし合わせてみても一番元気よく曲がるのでは?という印象でしたね。

「乗り慣れたPR4の落ち着いたハンドリングの方が好みかも」と最初は体が拒絶ぎみでしたが、乗ってるうちにだんだん慣れてきて峠道を走るのが楽しくなってきました。クイっと曲がってくれる感覚はV-strom650では初めてのもので、気持ちよく走れました。
Uターンもスパッと今までよりもキレますしね。


まあクイックとはいっても、そこはフロント19インチなので、バイクがこちらの想定以上に勝手に曲がっていくなんてことはないです。
今まで履いたタイヤと比べたら という但し書きのついたお話しということで。



他にも感じた点を。

ロードノイズが少なく、乗り心地が良いです。ですが乗り心地に関してはPR4の方がしなやかでさらに上質な感じがしました。

接地感というかグリップが良いです。コーナーリング時も安心感が高かったですし、直進時もしっかり路面をつかんでる感じで3銘柄の中では一番かも。





とりあえずのファーストインプレッションでしたが、ブログの記事を書くため普段よりアンテナ張ってるので、表現がやや大げさかもしれません。あしからずm(__)m

A40。なんのけなしに乗ってたら「バランスの取れた安心のツーリングタイヤ」という感想しか浮かばなかったかもしれませんが、TWよりはワンランク上のタイヤであることは間違いありません。PR4との比較だとクネクネ道を走るのはA40の方が楽しいかも。まったりツーリングだと乗り心地にやや勝るPR4の方が快適かな。




雨天時の感想、ライフなど他に気づいたことがあれば、この記事に追記していこうと思います。ではでは。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


☆追記
新品時の溝の深さ‥‥‥F 5ミリ、R8ミリ(いずれもセンター部)


☆追記
あのいや~な道路の縦溝(グルービング)でフラフラしませんでした。
コレにはちょっと感動しましたが、気のせい?


☆追記
短い距離ですがフラットダートを走った感じでは、通過目的の走行なら
問題はありませんでした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




前のタイヤ「パイロットロード4トレイル」の記事はこちら








[PR]
by birder-rider87 | 2016-10-30 08:00 | バイクorバイク用品 | Comments(0)

志賀草津道路を走ってきた プラス 2016紅葉



このところ『ビーナスライン』、『霧降高原道路』と定番の名道ツーリングをして、「やっぱり絶景道はいいね!」ということで今回は『志賀草津道路』へ 行ってきました!! paece!(・∀・)v パえ~~す


f0300637_13524658.jpg


関越道を渋川伊香保で降りて、インターから近い道の駅こもちで小休止。とても混雑してたが、スタンプラリーのために寄ってきました。

ここからは R353長野街道→R145長野街道→R292六合(くに)経由→志賀草津道路 というルートを予定。





f0300637_11455322.jpg


R353沿いの道の駅おのこにも寄ってきます。出店の兄ちゃんに試食をすすめられ『馬肉の燻製』を買わされる。

「酒のつまみに最高」との売り文句でうまいにはうまいんだが、おれ夏から酒飲んでないんだよねー。禁酒しようと思ってやめてるわけではなく、酷暑の日に酒飲むと余計に体が暑くなるので自然と飲まなくなり、飲む習慣が途切れ現在に至るといった流れです。ちなみにタバコは4年位前に気合と根性でやめました。





f0300637_11461030.jpg


f0300637_11462919.jpg


そのあとR145に進み、道の駅あがつま峡へ。里芋が安かったので2袋購入。

そして上記写真の道の駅八ッ場ふるさと館へ。ここも人気で混雑気味でした。スタンプラリーのクーポンを使い、パンプキンのソフトクリームをいただきました。





f0300637_13530189.jpg


道の駅六合でお昼におそば。NC殿がくちにする「道の駅にうまいモノなし」というセリフはここでは当てはまらないな。
私はここのおそば大好き。注文してから出てくるのやたら早いけどね(笑)。






f0300637_17103359.jpg


そばを食べ終えた時点で時刻は午後2時近く。この時季は陽が傾くのが早まってる。少々ペースを上げなくては(汗)。

志賀草津道路は麓の木々が色づいておりました。湯釜のある白根山の周辺は火山規制で駐停車が禁止のため、山田峠まで一気に駆け上がってきました。




f0300637_17110498.jpg


おなじみ国道最高地点からの眺め。実際はもっと雄大!
石碑は大勢の人に囲まれて空く気配がなかったのであきらめて撮りませんでした。べつにいーもん (*´з`)


私のバヤイ、ルートや時間の都合により渋峠でUターンすることが多いのですが、今回は志賀高原側に足をのばしてからUターンしてみようと思います。
万座三叉路~殺生河原間が午後4時半以降は通行できなくなるので巻かなきゃだわ (;'∀')







f0300637_11474694.jpg


f0300637_11480402.jpg


標高が下がってきたら道沿いは鮮やかな装いに。
9月の日照不足などがたたり、今年の紅葉は期待薄でありましたが、どうしてどうして、さすがは信州、鮮やかな色彩でした。






f0300637_11482392.jpg


丸池の周辺が最も燃え盛っておりました。今年でこれほどなんだから例年ならどれほど!\(◎o◎)/





f0300637_11484683.jpg


道の駅北信州やまのうちまで行きたかったがタイムアップ。
ループ橋の先でUターン。ループ橋もフレームに収めたかったがドローンを用意しておかなくてはならなかった。






f0300637_14223616.jpg


たまには愛車のアップでも。





f0300637_11492385.jpg


なんとかゲートが閉まる前に通過することができ、草津の街をぬける。
高原ルートも復旧工事で何ケ所か片側交互通行だったが、道の駅草津運動茶屋公園のあたりも片側通行で進まなかった。
午後5時に飛び込むとギリギリでスタンプを押せた。



帰りはR406草津街道で高崎へ。途中、道の駅くらぶち小栗の里へ寄ったら、なんと営業中であった。スタンプ押せた!ラッキー!!





f0300637_11493919.jpg


高崎からR17中山道。藤岡から関越道へ。

高坂SAの売店をのぞくとどこかで聞いたことのあるポテトチップが陳列されていたので購入すた。
『菊水堂のポテトチップ』、マツコの番組で紹介され火が付き通販では2か月待ちだとか。話題の品らしい。

帰宅後、『しお』を食べてみたが、とても優しい素朴なお味 (*´▽`*) 気に入った!
でも2ケ月待たされ期待値が跳ね上がってから食べたら微妙だな。。。







[PR]
by birder-rider87 | 2016-10-23 17:03 | ツーリング | Comments(5)

霧降高原道路を走ってきた



なんと10週ぶりに土日揃って晴れ予報。
これは出かけるしかあるまい(笑) paece!(・∀・)v

またまたNC殿にお誘いをかけた。今回は栃木県日光の霧降高原道路へ走りに行こうというプラン。いろは坂や中禅寺湖方面には行かず、霧降だけで充分だねという割り切りプラン。

行き先はすんなり決まったが、土曜、日曜いずれの日に行くかで話し合い。

NC殿土曜はトラック多いから、日曜がいいんじゃないかな。」

たしかに前方の視界を巨大な荷台に遮られての走行は損した気分になるし息苦しさも感じる。またトラックが何台も連なっていると追い越しもそれなりに大変。
『いかに気持ちよく走れる状況を選択するか』はベテランライダーならではのこだわりだ。

でもそれはアクセスの段階の話しで霧降にトラックは走ってねーだろ。心の叫び。


「日曜は午後から曇り予報だよ。せっかく行っても霧降まっしろだろうね。土曜は通しで晴れだから、トラックよりお天気優先じゃね。」

あっさりと土曜に決定。さすがのNC殿もツーリングにおける最重要項目はお天気なのであった。

ありあまるエネルギーを持て余していた若かりし頃は『雨の日の方が(観光地は)空いてる』といった屁理屈でお天気関係なく出かけてたこともあったが。。。





待ち合わせはNC殿のお膝元 道の駅きたかわべ。渡良瀬遊水地の谷中湖沿いに位置する。ちなみに我家からは3時間近くかかる(汗)。下道だけどね。

高速だと所要1時間半~2時間位なんだが、土曜の首都高はトラックが多くてね(笑)。ライフが減るんだわ。




出発時間の遅れやルート選択のミスで待ち合わせの時間にやや遅れてしまった。
『NC殿は器が小さい』と読者のみなさんには誤解させてしまってるかもしれないが、NC殿は多少の遅刻であーだこーだ言う男ではない。広い心の持ち主なのだ。



霧降まではNC殿に先導してもらったのだが、徹底的に渋滞を回避するジモティー・スペシャルルート炸裂でバビュンバビュン。
永年の研究の成果でつくりあげたベテランライダーならではの仕事といえよう。GPSでログを残しておきたかった(笑)。


ただしその代償として日光エリアに入っても、日光に来た感じがまったくしないんだわ。観光気分ゼロのルートです(笑)。






f0300637_00410512.jpg


f0300637_00412942.jpg


霧降高原 キスゲ平園地。レストハウスでうどん、そば、カレーなどの食事ができます。席からの眺めがいいです。ただしお値段は観光地価格。







f0300637_00414520.jpg


f0300637_00420357.jpg


f0300637_00422586.jpg


個人的には視界が開けている霧降高原は久々でした。紅葉は一部で色づき始めてましたが、今年は遅そうですね。





f0300637_00433518.jpg


牧場地帯を抜ける区間も気持ちいいですね。もちっと牛さんが出てるとさらによかったんですが、牛さんにも都合があるんでしょう。





f0300637_00424313.jpg


f0300637_00430206.jpg




やはり霧降高原へ来たら大笹牧場へ寄らないとね。
手持ちの温度計で16℃。

NC殿が「ソフトクリーム食べる?」と聞いてきた。「寒くなるからいいや」と答えたが、マイペースのNC殿がその後も珍しく何度も「ソフトクリーム食べる?」と聞いてきた。
その都度ことわってたら、「ひとりだと食べずらい」と言ってきたので、おつきあいした。おまえは彼女か!


ソフトクリーム以外では『大笹牧場といえばジンギスカン』が一般に知られてますが、私が『大笹牧場』で真っ先に連想するのは『虫屋』。虫のキーホルダーを扱うショップ。モノホンの虫を透明なアクリルに封入したグ〇いキーホルダーがたくさん。もうねキャーキャーです。写真掲載は自主規制かけます。大笹牧場へお越しの際はぜひ訪れてみてくらはい。




この時点で3時半だったんですが、陽の傾きが早い。もう夏気分じゃないね。帰りはオーバーパンツ履きました。







[PR]
by birder-rider87 | 2016-10-16 12:31 | ツーリング | Comments(0)

ツーリングがてら小幡の街並みを散策



10月に入ってもなぜかパッとしないお天気続きで、せっかくの3連休も関東では雨の心配がなかったのは最終日のみ。


道の駅あしがくぼ は走りたくて走りたくてウズウズしてる多くのバイクであふれかえっておりました。まあいつものことではあるが。。。
それを尻目にR299を流し、私はNC殿と待ち合わせした 道の駅みなの へと向かうのであった。


今回は我々が最近ご無沙汰だった峠道を走りに行こうというプラン。
その道は群馬県道46富岡神流線といい、塩沢峠を越えるルートである。
paece!(・∀・)v


かつて関東最長クラスのロングダートを誇っていた御荷鉾スーパー林道へのアクセス路のひとつで、オフ車時代は何度か通っていたような。


その頃の薄い記憶でこのルートは道幅が狭く険しめの区間があることと、下仁田側へ抜けるルートは県45下仁田上野線の湯の沢トンネルを使った方が楽チンであることが理由でオンロードになってからはご無沙汰だったというわけなんです。


道の駅みなの→県37の裏道(NC殿開拓)→県71高崎神流秩父線(土坂峠)→R462十石峠街道→県46とつないでアクセス。


乗れてるNC殿がいいペースで引っ張ってくれたのでついて行くのが精一杯。というのはお世辞入ってますが、あまりまわりの景色が見れなかった。そのため記憶があいまいですが、県46はダム湖くらいまではまあまあの快走路だった気がする。


峠付近の御荷鉾林道と交わるあたりの道幅は1.5車線のブラインド。1ケ所だけ平野部を見おろす眺望の良い区間があった。
さらに下っていくと軽自動車がギリギリ通れるぐらいの狭さになり緊張感が増し、肩に力が入ってしまうのであった。

それを知ってか知らずかNC殿は下りは私に先頭を走るように命じていたのだ。おいしいとこだけ持っていきやがって!心の叫びである(笑)。


麓まで降りるとふたたび道は広くなった。途中にものすごく怪しいお店?があったが足を踏み入れる勇気がわかなかった。






f0300637_20554456.jpg



やがて道路脇に趣のある民家の数が増え、石畳風の路面になった。
「小幡の街並み」と呼ばれるエリアに入ったようだ。


無料休憩所の駐車スペースにバイクを停め、お茶でおもてなしを受けたあと、軽く散策しました。





f0300637_20561489.jpg


小幡は鎌倉時代に栄え、その後、織田家が8代にわたって支配していた土地だそう。
武家屋敷の名残か、石垣が多く残っています。




f0300637_20562964.jpg


「喰い違い郭」という複雑な造りの石垣。防衛のため見通しを悪くしてあるらしい。また下級武士が上級武士に出会わないように隠れる場所でもあったとか。
現代では理解できない社会通念が存在していたのでしょう。





f0300637_20565858.jpg


端の部分が大きな石、中間は小さい石で組まれた石垣。




f0300637_20571948.jpg


マンホールを撮影していたら、老夫婦に「私らも旅先でマンホールをよく撮る」と話しかけられました。
デザインはキジのつがいと松と桜でしょうか。






f0300637_20573656.jpg


日本名水百選の雄川堰が流れる桜並木に建つ「信州屋」で休憩します。
喫茶メニューで飲み物とソフトクリームが用意されています。
ソフトクリームはさっぱりとした口当たりながらコクのある余韻。

無料の休憩所・観光案内所としても利用できるみたい。


ちなみに建物に面した道路は歩道に見えますが、意外や意外、車道で車が通ります。よく見ると写真の右隅に「止まれ」の標識があります。




f0300637_20575280.jpg


近辺で食事できるのは道の駅甘楽。ピザがおいしいと評判なんだとか。
混雑していたので、我々はあきらめました。




このほかにも小幡には見どころがあります。残念ながら今回はすべて見てまわることができませんでした。
桜の季節には「武者行列」というイベントが開催されるそう。







[PR]
by birder-rider87 | 2016-10-12 07:00 | ツーリング | Comments(2)

スズキが2017ニューモデルを発表



なんかドイツで「インターモト」とかいう二輪車の見本市が開かれているようで、スズキが2017海外ニューモデルを頑張って5車種も発表した模様。気合入ってんじゃん! paece!(・∀・)v


今回お披露目されたのは新型GSX-R1000、GSX-R125、GSX-S750、新型V-strom1000(XT)、新型V-strom650(XT)。来春発売予定らしいっす。海外で(泣)。


このうち私が興味を持ったGSX-S750、V-strom650(XT)、V-strom1000(XT)に抱いた感想なんぞ記してみたいと思います。


まず私は現行のVスト650に乗っているので、一番のオドロキはやはり新型V-strom650(XT)。 (@□@;)!!


なにが驚いたって、デザインを1000と統一してきたことだね!!
サイズも変わらないからパッと見で見分けがつかなくなりました。
細かく見ていけば相違点はありますが。

※画像はすべて GLOBAL SUZUKI より引用 m(__)m



f0300637_22581227.jpg
左から V-strom1000XT、V-strom1000




f0300637_22135583.jpg
左から V-strom650、V-strom650XT




f0300637_11111369.jpg
左から V-strom650、V-strom650XT





f0300637_10365815.jpg

V-strom1000XT


f0300637_22243123.jpg

V-strom650


あと何年かしたら乗り換えを検討する時期が来るはず。その時は今乗ってるモデルと違う車種にしたいという気持ちが強いのだが、Vスト650をかなり気に入っちゃってるので「またVストもありかな」なんて思ったりもします。しかし まるっきり同じものだと新鮮味に欠けるのが難点なんだよなぁ・・・


「次もVスト650に乗るなら、モデルチェンジして外見がガラッと変わったらかねえ。1000みたいになるとか。」などと行きつけのバイク屋のスタッフと話していたのが現実になってしもうた。いずれ国内販売もされるだろうし。先の楽しみが増えましたよっと(^ω^)



650で他に気になった点をあげると、新たに「トラコン」が採用されたことと「DCソケット」が標準装備になったことか。
スクリーンは1000のラチェット感覚で高さや角度を変更できるタイプのものと差別化が図られていて650は現行と同様のネジ式みたいです。


あとはシート高が830ミリと数値が若干低くなっているのが感覚的にどう変わったのか? シートの快適性は現行モデル並、それ以上だったらいいな。そうそうホイールが1000と同じ10本キャストになったのはうれしいポイント。

写真を見たかぎりではフロントサスとブレーキ、骨格部分等は従来通りのように思える。




1000は今回XTモデルが加わったことが目玉か!?
650に比べるとデザインが現行モデルのイメージを踏襲したので大きなインパクトはなかったかもしれない。

個人的には現行のカラーリングの方が完成度が高いような気がする。昔のレーサーレプリカのようにマイチェンの度におかしくなって……。



その他の変更点については下記にリンクを貼っておきますのでご参照ください。






もう1台、私が注目したのがGSX-S750です。



f0300637_22522501.jpg


f0300637_22572729.jpg


f0300637_22575520.png



これはおそらく現行のGSR750の後継モデルと考えて差し支えないでしょう。
こちらもGSX-S1000のデザインイメージに近づけてきました。


GSR750も個人的に好きなデザインでしたが、GSX-S750カッコイイじゃないですか!(≧▽≦)/
特にスイングアームのとこなんか(笑)
色は赤がいいかな (*´▽`*)


問題は価格だよね。メーカーHPによると2016.10.6現在の車両価格はGSR750は969,840円で、GSX-S1000は1,115,640円。
差額は145,800円。


GSX-S1000が元々バーゲンプライスというのもあるが、今よりも1000と750の価格差が詰まると750の立ち位置が微妙になるかもしれない。
言わずもがな1000の方がパワーあるし、車重も軽いしね。



スズキ以外にも各社ニューモデルをこれでもか!と投入してくれてワクワクしている。
2000年以降長らくつづいた「乗りたいバイクがない (T_T)」時代のトンネルを抜けだしたかな?


でもそれは大型クラスの話しで普通二輪はまだまださびしいよね。
250はまだましだが400は斜陽。
400まで車検をなくすとか規制緩和はどうかな。はじめてバイクに乗る人だけでなくベテランライダーにも魅力的だと思うんだが。。。



最後に話しが脱線しましたがスズキはこのあとのミラノショーでもニューモデルを用意してるみたいなのでそれも楽しみだ。



それではおやすみなさい。Zzz...






[PR]
by birder-rider87 | 2016-10-06 23:52 | バイクorバイク用品 | Comments(0)

秋のビーナスラインを走ってきた



猛暑の夏が早く終わらんかなーと思ってましたが、10月になっても関東の平野部はけっこう暑かったりしますね。

まだまだ夏気分が抜け切らないのですが、標高1000メートルオーバーの高原は一足早く秋めいていました。


みんな大好きビーナスライン!今季も走ってきました。
paece!(・∀・)v パエース!




f0300637_09355785.jpg

中央道の小淵沢ICで降り、県17茅野北杜韮崎線で原村方面へ走ります。
県17はエコーラインと比べると生活圏の道路といった風情ですね。

居住地を抜けたところでバイクを停め撮影しました。のどかです。





f0300637_09433625.jpg

f0300637_10260603.jpg

f0300637_10265527.jpg

県197払沢茅野線でR20甲州街道へ向かう道すがら、黄金色の輝きに胸が躍りました。




f0300637_10273971.jpg


久々のマンホール掲載。原村で発見したマンホールのふた。
デザインは亜高山帯に生息するミヤマシロチョウを描いたものだそう。

バイクに乗りながら真下のマンホールを探すのはやはり危ないよね。
というわけで最近はご無沙汰となっておりました。以前もたいした枚数をUPしてないけど(汗)。。。


ほどなく道はR20と交わり、諏訪方面へと進んでいきます。






f0300637_10304316.jpg

f0300637_10300129.jpg


f0300637_14563080.jpg


甲州街道や諏訪の市街地を流していると、カラフルなビニール紐の房で道の両側が飾られていまして、ちょっと気になったんですよね。
諏訪は混雑するイメージなので、とんとご無沙汰だったんですが、過去の来訪時にこのような景観の記憶がなかったものでして。

当初は素通りするつもりでしたが、あまりに街の至るところで見かけるので写真に収めました。

撮影中に地元の方にお話しを伺うと、「御柱祭り用で飾りのある場所を御柱が通った」とのこと。

あれ?でも祭りはもう終わったんじゃないですか?という疑問をぶつけてみたら、「祭りは一年を通して行われる」のだそうだ。
そうなんですか! TVのニュースだとあの勇ましいシーンしか放送しないからね。

なにはともあれ、このビニール紐の飾りつけも七年に一度しか見られないのか。不思議と安っぽい感じはしませんでした。








f0300637_10323284.jpg

ビーナスラインへとつながる県40諏訪白樺湖小諸線。
途中にある諏訪立石公園は諏訪湖全体が見渡せるビュースポット。




f0300637_10333785.jpg



f0300637_14564160.jpg


展望台の日時計。針はほぼ正確な時間を指していました。





f0300637_10523291.jpg

お待たせしました。ビーナスラインです。
霧の駅を通り越して、車山肩まで来ました。季節は確実に秋。





f0300637_10521394.jpg

富士見台の売店でおそばを食べました。思ってたよりもおいしかった。座席からの眺めもGOOD!

リラックスしすぎて、「ごちそうさまでした」とお代もせずに立ち去ろうとしてしまい赤面。いや~恥ずかった。(;´▽`A``




f0300637_10395860.jpg

霧の駅まで戻り、美ヶ原方面へ走り抜けます。
台風のつめ跡。何ケ所か片側通行でした。




f0300637_10502565.jpg

高原美術館の駐車場は曇っていて展望がイマイチでしたね。
以前あった1Fの食堂がなくなり、屋外のテラス席エリアが広がっていました。

おみやげはクーポンを使ってのレアチーズケーキと幸せの黄色いてるぼうのマグネット。

てるぼうをバイクのタンクにつけたかったんだが、磁力が非力で心もとない。磁力を回復させようとほかの磁石とくっつけておいたら、すべてのパワーを磁石に奪われ逆効果に。冷蔵庫にもくっつかなくなり、ストンと床に落ちるありさま(笑)



それではまた。paece!(・∀・)v



[PR]
by birder-rider87 | 2016-10-05 20:26 | ツーリング | Comments(0)

ツーリングお役立ち情報リンク集



ツーリングお役立ち情報のリンク集を作成しました。
paece! (・∀・)v

どちらかと言えば、「今度のツーはどこへ行こうか?」という行き先を決めるための情報よりも、すでに行き先の目ぼしがついたあとの下調べや現地で必要となりそうな情報の収集に役立ちそうなサイトを主に集めました。まあ基本的に自分用ってとこです。(^^;) 実際のところ、普段あんまり下調べしないんですけどね(笑)。。。
よろしければ、ご活用ください。追加削除変更ありやす。

m(__)m ※スマホからご利用の方は「★」のついた小見出しのテキストリンクをタップしてください。新機能のリッチリンクだとうまく表示されません。(2016.10.1現在)→改善された模様(2016.10.5現在)



●天気予報●

 



●道路情報●

 
 
 
 

 

秩父市道大滝幹線17号線(旧中津川林道)通行止め情報 ※大滝総合支所地域振興課のコンテンツ一覧からアクセス




●高速道路情報●

 


●ETC●

 



●休憩/駐車場●

 

 


●食事クチコミ●

 

 

 



●B級グルメ●

 

 


 
●開花情報●

 

 



●温泉●

 



●宿泊●

 



●キャンプ場クチコミ●

 

 

 

 



●ガソリンスタンド●

 


●買い出し●

 


 


●コインランドリー●

 


●フェリー●

 

 

 

 

 ※カーフェリーではありません。
 

 

 

 

 



 

●バイク空輸●

 


●海外ツーリング●

 







[PR]
by birder-rider87 | 2016-10-01 20:41 | リンク集 | Comments(0)