ピースサイン~どこかの道で

カワサキ ZEPYHR400 プラモ完成



今回はアオシマのゼファー400です。問題となる部分は特になく組み立てやすいキットでした。paece!(・∀・)v パえ~す!
一点要注意ポイントをあげるなら「キャブの塗装指示」かな。指示ではシルバー単色塗装なんですが、黒のインシュレーター(エンジンとキャブをつなぐ管)もひっくるめてシルバーになっているように受け取れます。組み上げ接着後に眺めていて「あれっ?」と気付いた次第です。時すでに遅し。黒に塗り直しはせず、そのまま完成させました。

どうせ色なんて車体色ふくめ全部 なんちゃって雰囲気重視 だし。。。。(;´▽`A`` 
エンジンだってかなりテケトー。。。あきらめも肝心ですよっと。






f0300637_23095111.jpg


f0300637_23100653.jpg




f0300637_23104056.jpg



f0300637_23102384.jpg


さて、一世を風靡し、「ゼファーシンドローム」という単語まで生まれ、ネイキッドブームの先駆車となったゼファー400ですが、どのような経緯で登場したのでしょうか?くわしい記事がWEB Mr.BIKEで紹介されていますので、いつものようにリンクを貼らせていただきます。






1980年代はバイクの黄金期でオンオフ問わず数多くのモデルが存在したのですが、なかでも中型クラス(250cc・400cc)のレーサーレプリカは花形でした。誰もがサーキットから飛び出してきたようなレーシングマシン然としたスタイルに憧れたものです。あまりにも人気が高くレプリカはもはや当たり前と言っても差し支えないような状況となり、メーカーのラインナップもレプリカ一辺倒の様相を呈してきました。

レプリカはそのスタイルだけでなく、エンジンも刺激的でした。当時250ccは45ps、400ccは59psという馬力上限の自主規制値がありましたが、実際のところ70psくらい出ちゃってるんじゃないの?」などと峠でよく囁かれていました。また最近の400は速いだろ。追いかけんのが大変だよ。」と当時の白バイ隊員はよく愚痴っていました。レプリカはとにかく速かったんだね。メーカー間の開発競争が激しく進化のスピードもこれまた早く、年々マシンは過激になっていくのであります。その沸騰点が1988年。特に2ストモデルが熱かった。前モデルから大幅に進化した88NSR250R、RGV250Γが登場。レプリカには消極的だったカワサキからもKR-1が発売。4ストではファン待望のホンダ直4レプリカCBR400RRがリリース、カワサキはZX-4で新規参戦。それまでTZR、FZRシリーズでブームの中核だったヤマハはなぜかこの年は元気がなくマイナーチェンジ(と受け取られる内容)にとどまった。




峠も街中もレプリカ一色(オフ車も陰でブームだったが)で誰もが高性能に酔いしれていたのです。しかし本来サーキットを走るためのバイクを公道で乗るデメリットも多かった。

10分でお尻が痛くなるペラペラシート。
手首・肩・腰・膝など若者でも全身に負担がかかる前傾ポジション。

「もっと回せ、もっと速く走れよ!」と主張してくるエンジン。
そんで速く走るとスグに捕まり免停。

ギャップや不意の急ブレーキで股間を強打してくるタンク。
男性にしかわからない痛みにもん絶。


小回りが苦手でUターンが激ムズ。Uターンに失敗して
立ちゴケですぐ割れるカウル。
交換しようとパーツ注文して初めて知るお値段に冷や汗。(; ・`д・´)
ただのプラスチックではないのか?などなど不満をあげれば枚挙にいとまがなかった。


今風のSNS疲れヨロシク「レプリカ疲れ」といったものが確実に存在したのである。




レプリカからの卒業を考えた時、まず目を向けるのがネイキッド車ではないだろうか。それまでもVFR400Zなどレプリカからカウルを剥いだだけの文字通りネイキッドの語源となったモデル、当時はマニアックな存在だったSRやSRXなどの単気筒、BROSのようなニューコンセプトのネイキッドがあったが注目度はあまり高くはなかった。当時は王道のインライン4を好むライダーが多かったからだろう。


そろそろ普通のバイクで気楽に走りたい。もう目を三角にして走るのは疲れたよ。。。
内心そう思ってたライダーは多かったのかもしれない。しかしその欲求を満たしてくれるバイクは当時のラインナップになかった。。。



レプリカブームの過熱がまだ冷めやらぬ1989年にゼファー400がデビューする。
ホンダからCBR400RRのエンジンをベースにしたCB-1が、スズキからはGSX-R400Rのユニットを搭載したBANDIT400が同時デビュー。待望のインライン4エンジンを積んだ新世代ネイキッドで順当なニューモデルだった。衝撃だったのはゼファー400だ。ライバルが軒並みレプリカの高性能エンジンを採用したのに対してゼファーは時代をさかのぼって空冷DOHC2バルブ4気筒で勝負。最高出力は非力な46psなのだ。当時の46psって250並のスペックだぜい。毎年のように進化を繰り返したレプリカモデルに慣れた身には技術の後退にも感じた。カワサキはずいぶん思い切った手を打ってきたものだ。


ところがふたを開けてみればゼファー400の圧勝!NSRの牙城まで崩したそうだ。勝因はゼファーが昔から見慣れたオートバイらしい普通のルックスだったかららしい。さらにZ系の匂いが感じられたことが拍車をかけた。各社のラインナップから「スタンダード(普通)」と呼べるモデルが欠落していたのをカワサキはずっと前から気づいていて、発売のタイミングを虎視眈々と狙っていたのかな。ゼファー750、1100と続く攻勢でレプリカブームで後塵を拝したカワサキが見事な逆襲でネイキッドブームの主役となった。相変わらずエンジンからオイルは漏れ続けていたが。。。(笑)



2017年現在、国産では排ガス規制による生産終了の嵐が吹き荒れ、空冷エンジンは風前の灯であるが現行CB1100シリーズが頑張っているので復活の可能性は十分に残されているものと信じたい。





[PR]
# by birder-rider87 | 2017-06-04 08:00 | プラモデル | Comments(0)

リニア見学センター



五月だというのに各地で夏日を記録。救いは湿度が低くカラッとしていることでしょうか。
山梨県20番目の道の駅が今年オープンしたとのことで、様子見ツーリングに出かけてきました。





f0300637_22144321.jpg



道の駅 つる(ツーリングマップル関東甲信越2017・24大月L4)

マップルの表記だとR139富士みち沿いに見えますが、実際は国道から脇道に入った所にあります。案内標識がわかりやすいので迷うことはないでしょう。
農産物直売・おみやげ・食堂など最近の道の駅では必須項目と言えるものは ひと通り揃ってます。バイク専用Pが用意されているのでツーリングの立ち寄りスポットとして利用しやすいなと思いました。







f0300637_22181565.jpg




道の駅の案内標識の下に「リニア見学センター」の標識が掲げられており、興味がわきました。

あれがリニアの実験線かな。道の駅から近いこともあり、せっかくなので寄ってみることにします。
バイクで移動しようとして メットをかぶるのに触ったら結構熱くてビックリ。なので見学センターのPでは木陰に停めました。






f0300637_22190327.jpg


リニア見学センター どきどきリニア館






詳しくは上記のリンクでHPを参照いただきたいのですが、月曜が休館、日曜は基本的にリニアの実験走行は行われないそうなので、リニアの走行を見学したい場合は他の曜日に訪れたほうがいいですね。入館料は大人420円です。






f0300637_22193244.jpg




入館してまず目に入るのがリニアの実物大模型。記念撮影ポイントとなっております。







f0300637_22202159.jpg


f0300637_22203750.jpg



奥に進むとショーケースに歴代リニアの模型が並べてあります。リニアの実験は昭和中期から行われており、かれこれ50年以上になるのでは?
ようやく実用化の目途がたったようです。東京→大阪を67分。「狭い日本そんなに急いでどこへ行く?」、「狭い日本急いで行けば早く着く」。あなたはどちら派?






f0300637_22205267.jpg



こちらは現行のリニア実験車両。東海道新幹線のようなカラーリングです。







f0300637_22212552.jpg


f0300637_22215275.jpg




2Fはリニアの仕組みを紹介する展示物が設置されています。
こちらの装置は手前のハンドルをグルグル回すと磁力が発生してリニアの模型を浮かすことができます。
しかし、大人がハーハー言うほど本気で回さないと浮きません(笑)。速度の目安は時速145キロ以上出さないとダメ。145キロまで出せれば、あとはあっという間に500キロに到達。なんかテケトーな感じっつーの? 小さい子供だと浮かない場合も。。。






f0300637_22221199.jpg



ミニリニアに乗車して浮遊体験走行ができるということですが、乗車してからフワンと浮くのではなく最初から3センチ浮いてるそうなので乗ってみても浮いてるかどうかよくわかりませんでした。ケチつけてすみませんm(__)m





f0300637_22223144.jpg



なにやらジェットコースターのような展示物が作成中でした。







f0300637_22225185.jpg


f0300637_22230828.jpg





3Fは巨大ジオラマ鉄道模型とミニシアターがあります。
ジオラマは山梨の名所などが事細かく作り込まれており 見ごたえあります。双眼鏡で覗くと様々な発見がありそう!リニアの他に特急あずさ も走行。

ミニシアターは撮影禁止でした。リニアの走行画像が映し出され疑似体験乗車といった趣向ですが、ほぼトンネル内の映像でした。実際の中央リニア新幹線も9割方トンネルになると以前のニュースで見たような気が。。。




ちなみに本物のリニアの体験乗車応募券を入館に際していただきました。開館3周年特別企画でペア40組80名様無料ご招待とのこと。興味のある方は来館されて応募(6/18まで)してみてはいかが?







[PR]
# by birder-rider87 | 2017-05-29 08:00 | ツーリング | Comments(0)

ホンダCB400SF プラモ完成



今回はアオシマのCB400SFです。今まで80年代のバイクばかりでしたが、ようやく90年代です。ていうかバイクプラモって いまだ7~80年代のマシンが主流のようで、新しめの市販車は数えるほどしかないんだよね。

で、このキットはさすが90年代と言ってよいのか(?)、前回の70年代レベルのVT250Fのキットより格段に進化してますね。組み立てやすかったです。ただ他のキットと手順が異なる部分があり、説明書通りの順番で組まないと付くはずの部品が付かないじゃないか(;・∀・)といったことはありました。


デカールは黒×ガンメタのツートンカラーに対応したものが同梱。ホンダのエンブレムが単独で用意されていますので他のカラーで塗ることも可能。好きな色を選べるというのはポイントが高いです。






f0300637_23565344.jpg




f0300637_23573636.jpg





イメージカラーであるパールシャイニングイエロー風の黄色で塗ってみました。


CB400SFはネイキッドブームが本格化してきた1992年に当時絶大な人気を誇ったカワサキ ゼファー400の対抗馬として登場。1989年にホンダはゼファーデビューと同時期にCBR400RRのエンジンをベースとしたネイキッドモデルのCB-1をリリースしていたが、前評判のわりには振るわなかった。新しいスタイルを提唱したCB-1よりも空冷四発丸目一灯という伝統的なスタイルを復活させたゼファーに多くの支持が集まった結果だったんだね。


何が何でも連敗だけは阻止したいホンダが満を持して投入してきたのがCB400SFだったんだと思う。
だってネーミングからしてCB400SUPER FOURだもの。「おお400。お前は風だ。」のキャッチコピーで知られる名車初代CB400FOURの流れをくむ(くませたい)マシンであることは明白。黄色はヨンフォアのカラーだしね。ホンダの本気度が十二分にうかがえるのでありました。


CB400SF(以下SF)は丸パイプのダブルクレードルフレームに二本サスと車体の構成はオーソドッグスなもので、エンジンはCB-1と同様に水冷だった。空冷ではなくとことん水冷にこだわって勝負に出たのだろう。ただしCB-1と同じ轍を踏まないよう教訓を生かしたのかどうかは定かではないが、SFのエンジンには機能的に不要な空冷風の冷却フィンが刻まれていた。一見どうでもよさそうな些細なことだがSFがゼファーに対抗しうるために絶対必要なデザイン上の戦略であったに違いない。なぜなら当時のライダーの多くがノッペラボーな水冷エンジンの外観よりも細かくフィンが刻まれた空冷エンジンのそれのほうが好きだったからにほかならない。カウルでエンジンが隠れるレプリカなら問題ないが、ネイキッドではエンジンは「顔」なのだから。もしSFがノッペラボーで登場していたら2017年現在まで続く王座はなかったかもしれない。


ちなみに後に登場したCB1000SFはノッペラボーですが現在のCB1300SFまで長生きですね。(;´▽`A``
まあCB750で空冷四発を控えめに復活させてましたから。。。



90年代前半まで市販車の歴史は戦国争乱の時代で面白かったね。あの興奮よ、ふたたび訪れむ。

WEB Mr.BIKEに歴代CB400SFをまとめた記事があるのでリンクを貼ります。











f0300637_23574975.jpg





発売と同時に瞬く間に街中に増えていったSF。黄色というカラーリングは日本人には気恥ずかしいのか他の黒系や赤に比べて台数は少なかったように思う。ただ都内では黄色い箱のバイク便が大量導入したのでよく見かけた。そのためヨンフォアのイメージよりもバイク便バイクのイメージが強烈についてしまったのである。








[PR]
# by birder-rider87 | 2017-05-25 08:00 | プラモデル | Comments(0)