ピースサイン~どこかの道で

スズキGSX1100S カタナ 1/12プラモ完成



f0300637_23354322.jpg




f0300637_23355948.jpg




f0300637_23361704.jpg




今回はスズキを代表する名車カタナをNC殿にプレゼントするために製作しました。キットはタミヤの1/12です。









f0300637_23364313.jpg




部品をランナーから切り取り、まずは仮組みをしました。組み立て手順の確認や完成のイメージ把握のほか、部品の合いがよくない部分の確認&修正などこの段階でしておくと後であたふたすることが減るかと思いまして。






f0300637_23365764.jpg




なんかもうすでにカタナだね。このままNC殿に渡してしまおうか… と悪魔のささやきが(笑)
気を取り直して、もう一回バラバラにして頑張って作りますかの~  paece!(・∀・)v







f0300637_23371074.jpg




色をつけて、じっくりと組み上げていきます。本チャンは仮組みと違い、接着剤を使い乾燥させながらの作業となるので結構時間がかかってしまうのね。


これまではじれったいので瞬着を多用してたのですが、転倒すると部品がもげてやり直しということも多々あり、今回から強度が稼げるタミヤセメントで できるだけくっつけていこうと思いました。ちなみに倒すとウィンカーやステップ、ハンドルなど実車と同じ部分がダメージを受けます(笑)









f0300637_23380816.jpg




f0300637_23381849.jpg




f0300637_23391057.jpg




f0300637_23383804.jpg




f0300637_23385808.jpg




f0300637_23384932.jpg




f0300637_23392460.jpg




f0300637_23393639.jpg




デカールの数は少なく、貼る場所も平面ばかりなんだけど貼り付け作業は緊張するね。うまく貼れるとうれしさのあまり、思わず「ヨシッ!」と声が出てしまいます。ロゴが乗っかるとグッとリアルになるというか、模型に命が吹き込まれるような気がします。


ということで無事完成しました。NC殿は喜んでくれるかの?






ところで2000年のファイナルエディションを最後に絶版となって久しいカタナですが、新型カタナの噂をちらほら耳にします。真相はどうなんでしょう?
正式に発表されれば大変な話題になることは間違いなく、ぜひ実現してほしいと願っております。

















[PR]
# by birder-rider87 | 2017-04-28 08:00 | プラモデル | Comments(0)

ツーリングマップル関東甲信越2017を買いました


f0300637_22492399.jpg



先日本屋のバイク雑誌コーナーに寄ってみると、2017年のツーリングマップルが棚に並んでいました。
今年のマップルはどんなもんだべ?と手に取りペラペラめくってみると、2015年版でNC殿がダメ出しをした部分がことごとく改善されておりました。もすかして小市民の声が製作担当者の耳に届いた?感激だわ~。


さっそくNC殿に買い替えを勧めておきました。私も改善要望のような記事を書いてしまった手前、地図の買い替えの予定はなかったのですが、せっかく改善されたので2017年版を急遽購入することとしました。ちなみに今までは2012年版です。



2015年版でNC殿ががっかりした部分を軽くおさらいしておきますと

①表紙が好みでない
②収録エリアが減った
③高速道路料金表がなくなった

といった感じでした。


①の表紙の件は意見としてはアリだと思うけど、まあ勘弁してやってくれ。
やっこさんは表紙の車種が気になるようで、「今年は赤のトレーサー」と伝えると「アドベンチャーは流行りだからねえ」とこれまたやや不満ぎみのご様子? もしかして自分が乗ってるNCの表紙がいいんじゃね?と勘ぐってしまうのでありました ( ̄▽ ̄;)
私は車種よりも場所の方が気になるかな。今年はみずがき林道ですね。


②は2015年版では福島の猪苗代湖や浜名湖、乗鞍といったあたりが削られてしまいました。新規ユーザーならさして問題はなかったのかもしれません。しかし従来のユーザーの多くが残念に感じたのではないでしょうか。2017年版では2014年版以前のエリアに戻りました。コレは大きな改善点だと思います。


③昔と違い、高速料金はETCの普及で多用化したので少ないページですべてを網羅するのは無理があるでしょう。
しかし基準となる現金の料金表はやはり必要かと思います。こちらも復活をとげました。文字は以前のものより大きくなり見やすくなりました。



こうして確認してみると、ほとんど元に戻っただけなのですが、収録エリアの減少のダメージがかなり大きく私も購買意欲を削がれましたので今回の改善は喜ばしいことだと思います。よくぞ元に戻してくださいました。
価格も戻していただけるとさらに喜ばしいのですが。。実は前回NC殿はがっかりポイントで指摘していたのですが記事に書くのを遠慮しました。



紙媒体の地図は需要が減ってきてるのかもしれませんが、今後もより良いツーリングマップルを発行し続けてもらいたいものです。

上記以外の個人的な要望としては地図内の交差点名等の文字をもう少し読みやすくしてもらえたら、ルーペや老眼鏡を使う頻度が減るかと。
地図の縮尺がもう少し細かいといいなと思う場面は多々ありますが、この縮尺の距離感が身についてしまってるので変更されると混乱が生じてしまうかも。現在のツーマプに変更を加えるより、あらたに「ツーリングマップル山梨」とか「ツーリングマップル房総」とか特定エリアに特化したツーリングGO!GO!的なバージョンが発売されたら買い足してしまうかもしれません。





f0300637_22500719.jpg



で、新しく購入したツーリングマップルで私がまずやることは360°に折り返すことです。ツーマプはタンクバックに入れやすいように折り返してもページが解けない製本技術を採用してますが、最初にこれを行うのには違う理由があります。





f0300637_22505570.jpg


新品の状態だと谷間になった真ん中の部分が見ずらいのです。
特に12伊東のページはここに主要国道が走っているため、なんとかしたいところ。





f0300637_22524983.jpg



折り返して、なじませると谷間が平坦ぎみになり見やすくなるというわけです。



もう一点、最初にすることはブックカバーをかけることです。
ツーリングのお供で地図を使っていると表紙が傷んできてしまいます。カバーをかけておくと傷みにくくなります。
私は百均の透明なカバーをかけています。サイズはA5がピッタリ。




それでは また。





[PR]
# by birder-rider87 | 2017-03-16 08:00 | バイクorバイク用品 | Comments(2)

南房総が恋しい季節



11月の後半は東京都心で観測史上初の積雪があったりと冬の寒さでしたが、12月最初の週末は平年並みに戻りましたね。平年並みといっても初冬ですから山間部へのツーリングはそろそろ辛くなってきました。


というわけで温暖な気候の房総半島が恋しい季節となり、今回は南房総エリアを時計回りで走ってきました。
paece!(・∀・)v パえ~す!


アクアラインを渡ってサクッと(死語?)上陸!




f0300637_01510878.jpg



f0300637_01513055.jpg



先日のブロ友さんとのツーリングで房総スカイラインが無料化されていたことを遅ればせながら知り、今回も使ってみようという魂胆。


と、その前に一ケ所寄り道してきますよ。マイナーな紅葉スポットの三島湖へ。今年は紅葉の当たり年っぽく房総路も例年より秋めいており、せっかくの機会なんで。


とは言ったものの、三島湖は紅葉客より釣り客で賑わってました。撮影した場所以外の紅葉もさほどでもなく。。。






f0300637_01514149.jpg



パシャパシャと撮影してると、マイナースポットのわりにバイクが次から次へとやってくるのです。で、オンロードは普通そんなとこ(未舗装)に停めないだろ…ってとこにみなバイクを停め、歩いて素掘りのトンネルの中へ消えていくわけ。あやしい(笑)


私もトンネルに入り、10人位で来てたツーリングクラブの人たちに「ここ有名なの?」と聞いてみたら、見事にはぐらかされましたよ (ーー;)


あまり時間をかけたくなかったので深入りせず退散。おおかたネットで広まった隠れ珍スポットの類であろうことは察しがついたので、帰宅後に検索したらすぐ答えが見つかりました。なるほろ、コレを見に来てたのね。興味のある方はご自身で調べてみてね!っていうかすでにご存知の方が多いかな。あしからず。









f0300637_01515799.jpg



f0300637_01521281.jpg




房総スカイラインで県24へ出て 道の駅ふれあいパーク・きみつ へ。







f0300637_01531798.jpg



そして鴨川有料道路(自二150円)を通って鴨川市街へ出ます。房スカを無料にしたのならコチラもぜひとも無料にしていただきたいものである。









f0300637_01534615.jpg



鴨川のとある展望台へ行くプランだったけど、曇ってきたので予定を変更し太海(ふとみ)フラワー磯釣りセンターに寄ってみました。






f0300637_01541524.jpg



f0300637_14025665.jpg



なかなかの眺めです。







f0300637_01544758.jpg



昼食をとりたかったのですが食堂の営業が終了してました。このメニューみたら無性に海鮮丼が食べたくなった。。。







f0300637_01551649.jpg

おみやげやに しょうゆサイダー なるものが並んでおり一度目は素通りしたんですが二度目になぜか手に持ってしまってた。会計時に「チャレンジャーですね」と言われてしまう(!)


「しょっぱいですか?」と聞いてみると、「みたらし団子のたれのような味です」とのこと。


外のベンチに腰かけ、キャップを開け、おそるおそる口にしてみる。
「うん、まずい!」


もちのろん、予想してたのでオドロキはなかった。まずいんだけど、どことなく飲んだことのある味がする。目をつむって飲んでみた。ドクターペッパーの系統とでもいうんだろうか?ドクターペッパーを薄くして隠し味に醤油をたらしたみたいな??


ゴミ箱がないので空瓶をレジへ返しに持っていくと「完飲ですか!すごいですね。」とお褒めの言葉をいただいてしまう(!!)。


全部飲めずに残すお客が大半だという(笑)  自分の味覚に自信をなくした。。。





f0300637_01561393.jpg


後味も残る。。。 (*´Д`)
しょうゆサイダーはここだけでなくあちこちのお店で見かけた。たぶんもう飲むことはないだろう。。。










f0300637_01580920.jpg





そのあとR128外房黒潮ラインなど海沿いの道に点在する道の駅のスタンプを集めながら南下。
ちくら潮風王国にある はな房 でおそい昼食となりました。15時すぎでしたので超行列店もすんなり入店できました。この時間帯はやってない店も多いので助かります。





f0300637_09535738.jpg



最近のソロツーでは昼抜きが多かったので久々に奮発しましたよ。
おらが流 海鮮丼1850円(税抜) 評判に違わずとってもおいしゅうございます。しょうゆサイダーの悪夢が吹っ飛んでくれました(笑)









f0300637_14200908.jpg



きれいな夕日は房総ツーリングの楽しみの一つであります。曇ってたので、あきらめムードが漂ってましたが運よく拝めました。






f0300637_01583492.jpg



道の駅 南房パラダイス にて。暗くなるのが早いねえ。






f0300637_01590689.jpg



f0300637_01585414.jpg



帰りは海ほたるへ寄っていきました。もういいやと思いつつ、毎度同じ写真を撮ってしまいます (;^_^A。







[PR]
# by birder-rider87 | 2016-12-04 13:46 | ツーリング | Comments(4)