ピースサイン~どこかの道で

スバル360(ハセガワ)



f0300637_00252096.jpg




f0300637_00253163.jpg




まだ寒い日もありますが、日に日に春めいてきたこの頃。
現在CB750Fを製作中なのですが、うっかりデカールを破いてしまうという ありがちなミスをやらかしました(泣)
他の部分の細かいミスと違い、外装の目立つ部分なのでメーカーからデカールを取り寄せ、やり直すことに。デカールが届いたら作業を再開しようかと思います。



というわけで空いた時間で ハセガワのスバル360デラックスを作ってみました。
嚙み合わせがハテナ(・・?な部分があったりもしましたが、部品点数が少なく組み立ては簡単な部類かと。


1968年のデラックス仕様のキットですが、カラーリングは本物に似せての再現にこだわらず、自分の勝手なイメージで仕上げました。
この車を手に入れたらこんな風にしてみたいかなっていうような。欲を言えば、屋根を白くしたかったんだけどね。ノスタルジックな白色が作れなかったので黒くしました。 paece!(・∀・)v



f0300637_00254689.jpg




実際にスバル360などの旧車を乗るのは大変だと思うのです。
まず中古の玉数が少ない上にプレミアがついている。プレミアがついてるけどきっと程度は良くない。手に入れた後も地道なレストアが必要。仮に程度が良くても、この時代の車は乗ってれば必ずエンコするだろうし。相当な熱意がなければオーナーやれないのは想像に難くないところ。だから実際に乗ってる方は本当エライ!



まあそう考えるとプラモデルなら、キットが用意されていれば好きなバイクや車が簡単に手に入れられてハッピーですね。






3月になり世間では2017ツーリングシーズン開幕といった様相ですが、諸事情により今年はあまりツーリングに出かけられないかもしれません。ブログの更新も少なくなりそうですが、読者のみなさんは気になさらずにドンドン出かけて楽しんでください!







[PR]
# by birder-rider87 | 2017-03-10 08:00 | プラモデル | Comments(2)

鋭意製作中




f0300637_00245190.jpg




コツコツとバイクプラモの製作を進めております。
今回はタミヤのCB750Fです。ご存知の通り、1980年代のホンダを語る上で外すことのできない名車です。


プラモは作るだけでなく、完成後に飾ってニンマリしたいのであります。
自分が乗ってる、乗ってた車種がニンマリには最もふさわしいのですが、なぜか私が乗ってた車種のプラモはあまりリリースされていないようで (;´▽`A``


そうなると次の選択肢は憧れの名車となるのは当然の成り行きでしょうか。

ちなみに憧れの名車には限定解除の練習所で乗ったことがあります。。。ホンダらしさの象徴「優等生なバイク」っていうんですか。。。



f0300637_00251427.jpg




完成が楽しみ♡











[PR]
# by birder-rider87 | 2017-03-01 08:00 | プラモデル | Comments(0)

バイクプラモ(ホンダ エイプ50)完成



前回いきなりのバイクプラモ製作報告でびっくりさせてしまったでしょうか?
まあ最初から記事にしてたら、取り返しのつかない失敗をした場合に途中断念がしずらいですから(笑)。こっそりと製作に勤しんでおりました。



塗装が終了したパーツを説明書を見ながら組み上げていきます。





f0300637_22001435.jpg




f0300637_21595894.jpg




バイクらしい形が見えてきました。私は実車をいじることがなくなりましたが、プラモで疑似体験してる気分になります。楽しいですなあ。





f0300637_22003056.jpg




エンジンが載りました。このキットは接着剤不要のはめ込み式なので気軽に組み立てられるのがGOOD!かみ合わせの精度も高く作業がテンポ良く進みます。






f0300637_22004584.jpg




ホンダのエイプ50デラックスが完成しました!


エイプ50を所有したことも乗ったこともないのですが、街ではよく見かけます。小粋なバイクでわりと好きですね。
カブやモンキーに加えてエイプをラインナップするホンダ。魅力的な小排気量バイクをつくるのがうまいメーカーだなあ。





f0300637_22010806.jpg




f0300637_22012061.jpg


プラモ製作は中学生以来。バイクプラモは初挑戦。このアオシマ文化教材社のエイプ50は初心者にやさしいですね。挫折ポイントはまったくなく作りやすいキットでした。


※このキットのエイプは2007年式のものです。デカールはノーマルの白・赤・黒に使用するものとデラックスの白赤・黄白用が用意されています。
写真のとおり、私は白赤のデラックスを選択しました。フレームを赤く塗ってみたかったんです。



はじめてにしては見られる程度にできたかなと完成の喜びに浸っているのですが、もっとキレイに仕上げたいなという箇所がいくつもあるし、メーターに貼ったデカールがいつのまにか剥がれてしまい紛失したりと課題はたくさん。失敗を次回の製作に生かしたいな。。。などとプラモ製作って奥が深そうだなと感じました。ああ、こうしてハマっていくのか(笑)。



V-stromのプラモがあれば是非とも作ってみたいのですが、いまのところ製品化されていなく今後の発売の見込みもどうだか。。。
しばらくはネイキッド車で経験を積んで、フルカウル車にステップアップしていくか。














[PR]
# by birder-rider87 | 2017-02-19 08:00 | プラモデル | Comments(0)