ピースサイン~どこかの道で

森の中の水族館



今年の9月はどうしちゃったんだろう?関東は毎日のように曇/雨でござんした。ふとんも干せず、洗濯物も乾かず。
ようやく晴れ間がのぞいたので久々にバイクで出かけてきました。





f0300637_23150275.jpg


f0300637_23145180.jpg


おなじみのR413道志みちを走って、まずは 道の駅どうし へ。バイクの駐車スペースが広がってましたよ。おかげで停めやすくなりました。

春に立ち寄ったときに工事をしていた場所は芝生張りのヘリポートとなってましたが、四輪の臨時駐車場として使ってるぽかった。







f0300637_23163140.jpg


f0300637_23164588.jpg


山中湖を抜け、なんとなく河口湖に向かってたのですが、曇ってきてしまい走りのテンションがダウン↓。
ちょうどそこで富士湧水の里水族館の看板を見つけたのでぷらりと寄っていくことにしました。ここは淡水魚専門の水族館だそうですよ。


建物の脇に湧水が流れており、多くの魚が泳いでます。ニジマスに混ざってデカイ魚がいるんですけど、よく見たらチョウザメな感じでした。キャビア産むんかの?


それでは中に入ってみますか。入館料は大人420円 小・中学生200円です。





f0300637_23170023.jpg



まず目にとまったのが「マミズクラゲ」! え、淡水にもクラゲっているんすか? 
どれどれ、(._.)水槽をのぞいたけど なんもおらんやないかい。

目ん玉のズームレンジを上げて探したら5ミリぐらいのクラゲがふぉわんふぉわんしておった(;''∀'') 野生で見つけるのムリだわ!





f0300637_23171489.jpg

f0300637_23172602.jpg

タナゴ コーナー。いろんな種類が展示されてました。写真はゼニタナゴ。






f0300637_23173528.jpg




f0300637_23182427.jpg

f0300637_23184520.jpg



ニジマスやら、ヤマメやら、イワナやら。。。
回遊水槽には幻のイトウ様がいらっしゃいました。






f0300637_23185862.jpg


f0300637_23191654.jpg


地味美しい淡水魚ワールド。





f0300637_23194105.jpg



アマゾン展やってて、こんなんもおりました。発電するとこ見たいぞ! ((☆□☆)))

。。。てな感じでけっこう楽しめました。








f0300637_23195870.jpg


水族館を出たら、日が射してきたので ふたたび足をのばしてみようという気に。
お次は 道の駅なるさわ へ。すこし富士山が顔を出しました。





f0300637_23213093.jpg

f0300637_23214352.jpg

スタンプを押したあと、富士山博物館とやらに入ってみた。入館は無料。




f0300637_23220513.jpg

ティラノサウルスがお出迎え。動きます。なかなかの迫力でございまする。





f0300637_23222032.jpg


いろんな鉱石が飾られているほか、富士山のマグマの様子がボタン押すと見れます。こんなに溜まってるの?ヤバくね?






f0300637_23223980.jpg

f0300637_23225149.jpg



その次は河口湖北岸から若宮トンネル経由で芦川村の直売所まで来ました。道の駅より空いてるのがいいね。
ひさしぶりにバイク乗れてよかった一日でした。来月以降はスッキリと晴れる日が多くなりますように!






[PR]
# by birder-rider87 | 2016-09-26 08:00 | ツーリング | Comments(2)

2016行田の田んぼアートを見てきました




ご無沙汰しております。9月に入っても暑さがやわらぐ気配ないですね。残暑がキビシイざんしょ ( ̄▽ ̄;)...


さて今回はNC殿と秩父ツーの予定でした。待ち合わせ場所に到着してコンビニアイスコーヒーを飲んでいたら電話がなりましたん。
NC殿からでした。「バッテリーあがっちゃてさー、エンジンかかんないからバイク出せないんだわー。代替案として蓮の里でもう一回待ち合わせってどお?車で行くから。」とのこと。

蓮の里っていうのは埼玉県行田市にある『古代蓮の里』のことで最近は『田んぼアート』で有名なスポットであります。
実は今回も当初、私から『田んぼアート』見に行こうと提案していたのですが、NC殿から「興味ないねー」と却下されてましたん。


怨念(-"-)テレパシー送った甲斐があったわい!
( ̄▽ ̄)

ウソです。はやく直るといいね。



f0300637_22145797.jpg


古代蓮の里に到着しました。高い塔が建っています。高さ50メートルの展望台から田んぼアートの全容が鑑賞できます。







f0300637_22151781.jpg

f0300637_22153009.jpg

ちなみに蓮の花はほぼ終わっていました。昼前だったため、わずかに残った花も閉じてしまいました。





f0300637_22155094.jpg

f0300637_22160203.jpg


展望台へ向かおうとした時、NC殿からの提案。

「有料の展望台にのぼんなくても、下から見えたりするかもしんないからチェックしてみよーか?」 


なにかが描かれているのはわかるが、なんなんだかよくわからない。やはり のぼらざるをえなりかずき。そんなに世の中甘くねーよ (;´∀`)
おとなしく大人400円の入館料を支払いエレベーターで展望台へのぼる。






f0300637_22162512.jpg

f0300637_22165082.jpg


360°のパノラマビュー! 良い見晴らしですなー。

それではお待ちかねの田んぼアートをどうぞ!







f0300637_22174678.jpg



f0300637_22180249.jpg



今年の作品は30周年を迎えた名作RPGのドラゴンクエストとのコラボ。
これだけの絵柄を稲で描いてるなんてスゴイよね!感動したわ。作り上げたみなさん、ありがとう m(__)m







f0300637_22183540.jpg


展望室はガラス張りなので普通に撮影するとガラスの映り込みが避けられないのだが、『忍者レフ』なる映り込みを防止するレフ板が数枚 手すりに設置されていました。この心遣いはとてもうれしかった。おかげさまでキレイに撮れました。(さすがに魚眼レンズだと周辺まで効果が及ばなかったが満足だす)







f0300637_22185227.jpg


f0300637_22190596.jpg




壁に設計図が貼ってありました。色は9種類もの品種を用いて出してるんだね。








f0300637_22192734.jpg

f0300637_22194693.jpg



f0300637_22200934.jpg


会館の1階は様々な展示コーナーがあります。







f0300637_22202425.jpg



f0300637_22204056.jpg



f0300637_22205586.jpg




園内の売店で行田名物のB級グルメ『ゼリーフライ』をいただきます。
衣のないコロッケといったかんじですな。ソースにくぐらせてありますので味付いてます。おいしーよ。


なんのかんのでNC殿も楽しんでくれた。見頃をやや過ぎてたから空いてたしな。
田んぼアートの色づきが良い見頃はだいたい7月末~8月中旬で、そのときの週末の人出は2000人になるとか。
2000人という数はいまいちピンと来ないが展望台に上がるエレベーターの待ちが数時間というから大変 ( ゚Д゚)!!


新聞の記事によると田んぼアートの絵柄自体は10月中旬まで見れるそうです。

それでは また ('ω')ノ





[PR]
# by birder-rider87 | 2016-09-11 08:00 | ツーリング | Comments(3)

猛暑日のツーリングは高原へ




8月に入り日本列島は猛暑、猛暑、猛暑。
平地なんか いられんですよ。 (;´Д`)


というわけで比較的涼しいと思われる高原へ逃げてきました。今回は一度行ってみたかった開田高原方面へ。
目的地が遠方なので いつもより早い時間に出発。猛暑日予報であっても朝方はそこまで気温が上がらないので快適に走れますね。


首都圏からのアクセスだと開田高原は中央道をとばして伊那IC利用が一般的なんでしょうが、高速道路走行に飽きて小淵沢ICで降りてしまいました。


小淵沢からは R20甲州街道 → R152杖突街道 → R361権兵衛街道 → R19中山道 → R361木曽街道 (開田高原) という下道ルートです。







f0300637_10284534.jpg

高遠からR361をまっすぐ突き進むのですが、迷ってしまった場所が一か所ありました。
それはJR飯田線の踏切付近です。写真は迷ってルート確認をしているところ。






f0300637_10285895.jpg

ここが問題の場所。高遠から走って来てR153を通過して、天竜川にかかる橋を渡ると飯田線の踏切があり、それを渡ったところ。

---------------------------------------
手抜きで写真を撮ってませんが、この場所の手前の案内標識(青看板)には「R361」の記載が消え、直進路の行き先地名の記載がなく、右左折のいずれかを促すような表記。直進?それとも右、左どっちなの? 帰りに逆からたどってわかったのですが、答えはどのルートでもOKでした。しかし右左折するとR361に戻るのにどこかでまた曲がらなくてなりません。道なりで行けるルートは直進。写真をよく見るとR361の🍙標識もしっかり立ってますね。道幅が狭いようですがバイクなら問題ないでしょう。
---------------------------------------






f0300637_10291341.jpg


途中経過をだいぶ省略。国道重複区間のR19からR361木曽街道へ入ってしばらく走った地点にて。ツーリングのバイクが多いです。







f0300637_10292155.jpg


開田高原のエリアに入りましたが、予想に反して国道沿いはあまり観光地観光地してない場所でした。もっと賑わってるかと思ってた。
広い駐車場の蕎麦屋が一軒とアイスクリーム工房をうっかり通り過ぎてしまったら観光施設が見当たらず。。。
国道から それないといけなかったのかも。いや~下調べしてこなかったからな~。


バイクのツーリングなので 走って気持ち良ければすべて良し。観光は二の次ですよ。


ちなみにこの日の高原は涼しいというほどではなかったものの暑くもなく。。。下界は熱中症厳重注意の猛暑ですので。




f0300637_10293488.jpg

しばらく走ったところに お蕎麦屋さんがあったのでお昼にすることに。
あんまり おすすめできないかな? というわけで店名は伏せておきます (-。-)y-゜゜゜


バイクのツーリングなので 走って気持ち良ければすべて良し。グルメは二の次ですよ。





f0300637_10295125.jpg

f0300637_10300648.jpg


九蔵峠に来ました。小さな展望台があり、ここから御岳山がよく見えます。
2014年噴火の献花台が設けられていたので、お祈りをしました。






f0300637_10301611.jpg

九蔵峠から先のR361は道幅が狭くなったり、広くなったり。長峰峠を越えると岐阜県。







f0300637_10302885.jpg


高根湖にかかる橋を渡り、県39野麦街道へ。







f0300637_10304041.jpg


上の写真を撮った場所に廃トンネルがありました。







f0300637_10305347.jpg


野麦峠へ向かって駆け上がります。







f0300637_10322417.jpg

f0300637_10324637.jpg

公民館?の隣に木造校舎とおぼしき建築物が残っていました。






f0300637_10331327.jpg



野麦街道はほとんどの区間が狭くてペースが上がらず、峠まで少々時間がかかりました。
峠には広い駐車場と食事処、トイレ、資料館などがありました。





f0300637_10333013.jpg

f0300637_10334404.jpg

お助け小屋でアイスをいただきました。奥にテーブル席も用意されています。
壁には映画「あゝ野麦峠」のパネルが飾ってあります。






f0300637_10340178.jpg



峠を境に長野県に戻ります。道幅は岐阜側より若干広め。ここから帰りルート。







f0300637_10341546.jpg



県26奈川木祖線、R19中山道を経由して行きルートと同じR361権兵衛街道へ。
写真は長いトンネルの直前にある神谷ループ橋。なぜかループ橋を見かけると無性に撮影したくなります。

この先の長~い権兵衛トンネルはひんやりと涼しくて気持ちがいい。






f0300637_10343017.jpg


権兵衛トンネルを抜けてしばらくすると伊那の市街地が広がります。見渡す限りの直線区間はちょっぴり北海道気分に浸れます。





f0300637_10344278.jpg



上の写真を撮った場所の近くにあったパン屋さんでアイスコーヒーを買って、しばしの休憩。








f0300637_10350646.jpg

R152杖突街道のバス停兼農産物直売所にて。







f0300637_10352037.jpg

杖突峠の駐車場。ライダーの休憩スポットとしてわりかし有名なようです。






f0300637_10353364.jpg


訪問時は写真の展望台は閉鎖されていました。







f0300637_10354560.jpg

600キロ近い走行距離になりそうなので、温泉につかり疲れをいやしました。道の駅信州蔦木宿にある「つたの湯」。
体力復活したので帰りは高速つかわず ひたすら下道。さすがに尻が痛くなったけど、日が暮れるとだいぶ涼しくなりますね。真夏のツーリングは早朝出発、夜間帰宅に限る?!







[PR]
# by birder-rider87 | 2016-08-08 20:00 | ツーリング | Comments(2)