ピースサイン~どこかの道で

タグ:てるぼう&仲間 ( 5 ) タグの人気記事

秋のビーナスラインを走ってきた



猛暑の夏が早く終わらんかなーと思ってましたが、10月になっても関東の平野部はけっこう暑かったりしますね。

まだまだ夏気分が抜け切らないのですが、標高1000メートルオーバーの高原は一足早く秋めいていました。


みんな大好きビーナスライン!今季も走ってきました。
paece!(・∀・)v パエース!




f0300637_09355785.jpg

中央道の小淵沢ICで降り、県17茅野北杜韮崎線で原村方面へ走ります。
県17はエコーラインと比べると生活圏の道路といった風情ですね。

居住地を抜けたところでバイクを停め撮影しました。のどかです。





f0300637_09433625.jpg

f0300637_10260603.jpg

f0300637_10265527.jpg

県197払沢茅野線でR20甲州街道へ向かう道すがら、黄金色の輝きに胸が躍りました。




f0300637_10273971.jpg


久々のマンホール掲載。原村で発見したマンホールのふた。
デザインは亜高山帯に生息するミヤマシロチョウを描いたものだそう。

バイクに乗りながら真下のマンホールを探すのはやはり危ないよね。
というわけで最近はご無沙汰となっておりました。以前もたいした枚数をUPしてないけど(汗)。。。


ほどなく道はR20と交わり、諏訪方面へと進んでいきます。






f0300637_10304316.jpg

f0300637_10300129.jpg


f0300637_14563080.jpg


甲州街道や諏訪の市街地を流していると、カラフルなビニール紐の房で道の両側が飾られていまして、ちょっと気になったんですよね。
諏訪は混雑するイメージなので、とんとご無沙汰だったんですが、過去の来訪時にこのような景観の記憶がなかったものでして。

当初は素通りするつもりでしたが、あまりに街の至るところで見かけるので写真に収めました。

撮影中に地元の方にお話しを伺うと、「御柱祭り用で飾りのある場所を御柱が通った」とのこと。

あれ?でも祭りはもう終わったんじゃないですか?という疑問をぶつけてみたら、「祭りは一年を通して行われる」のだそうだ。
そうなんですか! TVのニュースだとあの勇ましいシーンしか放送しないからね。

なにはともあれ、このビニール紐の飾りつけも七年に一度しか見られないのか。不思議と安っぽい感じはしませんでした。








f0300637_10323284.jpg

ビーナスラインへとつながる県40諏訪白樺湖小諸線。
途中にある諏訪立石公園は諏訪湖全体が見渡せるビュースポット。




f0300637_10333785.jpg



f0300637_14564160.jpg


展望台の日時計。針はほぼ正確な時間を指していました。





f0300637_10523291.jpg

お待たせしました。ビーナスラインです。
霧の駅を通り越して、車山肩まで来ました。季節は確実に秋。





f0300637_10521394.jpg

富士見台の売店でおそばを食べました。思ってたよりもおいしかった。座席からの眺めもGOOD!

リラックスしすぎて、「ごちそうさまでした」とお代もせずに立ち去ろうとしてしまい赤面。いや~恥ずかった。(;´▽`A``




f0300637_10395860.jpg

霧の駅まで戻り、美ヶ原方面へ走り抜けます。
台風のつめ跡。何ケ所か片側通行でした。




f0300637_10502565.jpg

高原美術館の駐車場は曇っていて展望がイマイチでしたね。
以前あった1Fの食堂がなくなり、屋外のテラス席エリアが広がっていました。

おみやげはクーポンを使ってのレアチーズケーキと幸せの黄色いてるぼうのマグネット。

てるぼうをバイクのタンクにつけたかったんだが、磁力が非力で心もとない。磁力を回復させようとほかの磁石とくっつけておいたら、すべてのパワーを磁石に奪われ逆効果に。冷蔵庫にもくっつかなくなり、ストンと床に落ちるありさま(笑)



それではまた。paece!(・∀・)v



[PR]
by birder-rider87 | 2016-10-05 20:26 | ツーリング | Comments(0)

SW東北ツー(5)…龍泉洞・浄土ヶ浜



さて樹海ラインを下りると道は県23に切りかわります。
そのまま道なりに走り、県道199でつなぎ好摩(こうま)でR4に出ました。

私の住む地域ではR4は東京の上野バイク街を通る昭和通り、郊外に出ると日光街道と呼ばれていてなじみがあるのですが、こんなにも遠い岩手も通っているとは(゜o゜) 地図見たら青森までつながってるんだね。これって最長国道なのでは。



R4を少し走り、県169→県16でR455小本街道へ。しばらくはこの道が続きます。







f0300637_23381235.jpg



岩洞湖レストハウスでピットイン。
ここライダーだと特典があるみたいですよ。





f0300637_23382492.jpg




レストランのメニューがうれしい1割引き。
注文時に「ライダーです」と申告するよう注意書きが貼ってありましたが、バイクの格好なら何も言わなくてもOKでした。
なかなかライダー優遇サービスって世の中にありませんから、ちょっとした優越感にひたれます(笑)
写真は冷やしとろろそば。





f0300637_23383747.jpg



あとライダー限定というわけではないでしょうが、芝生広場でキャンプしてもいいそうです。しかも無料。
昼間の時間帯ということもあり、テントを張ってる人はいなかったです。





f0300637_23384815.jpg
f0300637_23390052.jpg



湖は樹間から見えるかんじで意外やビューポイントは限られていました。





f0300637_23391935.jpg


ソフトクリームが濃厚でした。
最近よく食べるようになりますた。はまってしまったかの?








f0300637_23394430.jpg



しばらく山間のR455を気持ちよく流すと、岩洞湖からほどよい距離に龍泉洞がありました。
鍾乳洞はどちらかといえば好きなほうなんで当然寄っていきましょうかね。
日本三大鍾乳洞だし、やっぱおさえとかないとね。

それにしても観光客であふれてる。今回のSWで最も多くの人を見ますた。




f0300637_23395520.jpg



入洞料は1000円。洞内を流れる地下水脈の色が美しすぎだわ!いいねー!
通路はさながらテーマパークのアトラクションのような雰囲気です。天井からは水滴がぴたぴた落ちてきます。






f0300637_23435627.jpg
f0300637_23440744.jpg



ライトアップにより幻想的なムードを演出。ここはディスコ(昭和用語)か?






f0300637_23441952.jpg




これまた美しい洞内地底湖。水中はどんな光景が広がっているのだろか?



と、ここで龍泉洞は出口でおわりなんですが、思ってたより短かかったなあ。
しかも洞窟がなんかさ直線的なんだよ。鍾乳洞ってもっとぐねぐねしてるもんかと。。。
とはいえ他所ではなかなかお目にかかれない神秘的な地下水脈に感動!とりあえず来てよかったわい。とりあえずかい…






f0300637_23444124.jpg


f0300637_23445519.jpg



お次も有名観光地に出向きます。
R455を東に進路をとり、R45で三陸海岸を南下して宮古の浄土ヶ浜へやってきました。
ここもすごい人出で近辺は激しい渋滞でした。




f0300637_23451169.jpg
f0300637_23452446.jpg

おみやげを物色。






f0300637_19021605.jpg



戦利品。うみねこちゃんポーチ、東北限定カッパてるぼう。まだ残ってたか
そして本州最東端訪問証明書。まあ魹ヶ崎(とどがさき)へは足を運んでいませんが。。。




ここらで本日のキャンプ場を決めておきたいんですが、このあたりの海沿いのキャンプ場は震災の影響で営業再開しておりません。
宮城県まで行けばあるんですが、時間的に移動がムリ。
そこでツーマップルで山側のめぼしいキャンプ場を探しますた。

タイマグラキャンプ場というところに電話をかけると利用OKとのこと。
管理人が17時で帰ってしまうので料金は明朝払ってくれればいいと融通を利かせてくれました。




f0300637_23454576.jpg



宮古で給油をして、R106で盛岡方面へ行くのですが車が動かないほど混んでいました。
コンビニで酒とつまみと翌朝のパンを買います。

キャンプ場到着が遅くなるので、晩飯は店ですますことにしました。だんだん手抜きに…
道中まったく店がないので最初に見つけた店に入りますた。



f0300637_23455947.jpg
f0300637_23461104.jpg


おそば屋さんでしたが、昼がそばだったのでカツ丼にしますた。
「たからや」というお店だったかな。椀物がそばつゆでした。







f0300637_23462459.jpg



そのあと分岐をR340、県25紫波川井線でタイマグラへ。
ところがこの県道が舗装林道クラスの真っ暗けでペースあがらず、なっかなかキャンプ場に近づけず心細かったなり。
サイトの灯りが見えたときにはホッとしますたわ。



またまた暗闇での設営。テントだけ張って、イスもテーブルも出さずパッとU字溝で晩酌。
ここゴミ持ち帰りのキャンプ場だったんで、メシは外で食べてきて正解だったわ。



キャンプ場の様子は次回。




つづく





[PR]
by birder-rider87 | 2015-09-29 07:00 | ツーリング | Comments(0)

銀山温泉から鳴子峡へ……宮城山形キャンツー(2)


熱燗を飲み干し、焚き火が落ちたところでテントへ入り就寝です。
夜中はそれなりに冷え込んだけど、冬用のジャケット着たままシュラフにもぐりこんだため、さほど寒くなかった。
それより蔵王エコーラインは走り処なんでしょうな。爆音の時間帯がありました(泣)。



f0300637_10552197.jpg
f0300637_10555359.jpg



あたたかな朝日に照らされ坊平キャンプ場はさわやかな秋の空気に包まれました。
熱いコーヒーで至福のひととき。

朝食を済ませたら、さっそく撤収作業に入ります。
テントには結露がまったくついてなかったので楽ちんイーグルスでした。






f0300637_10564001.jpg



8時頃にキャンプ場を出発。とりあえず蔵王温泉街のコンビニへ移動。
レジ横にあった名物の玉こんにゃくを買って、ちょっとした旅気分を味わう。


店外へ出るとトライアンフに乗る地元ライダーの方がおり、少しお話ししました。
「これから鳴子方面に行くんですよ」と伝えると、「それなら銀山温泉にもぜひ行ってみてくれ」とすすめられました。


はて?銀山温泉?という顔をしてたら、外国人女将で一時期テレビに取り上げられ有名になった場所だと教えてくれました。
はいはいピーンと来たよ!あの温泉はこの近くでしたかー。俄然興味が沸いてきました。
しかし女将は帰国してしまったらしく現在はいらっしゃらないとのこと。


そういえば『日本人以上に日本の心を持った山形弁の外国人』も むかしテレビによく出てました。
最近お見受けしませんが、あのお方は日本で元気に過ごされているのでしょうか?







f0300637_10572246.jpg



そしてR13→R347→県道を通り、やってきました銀山温泉。
日帰り利用の客は手前の駐車場に停めて温泉街まで数分歩きます。



風格ある木造三階建ての館が並び、まるでタイムスリップしたかのような錯覚に。
古き良き日本の街並みがここには残ってますた。



f0300637_10575675.jpg
f0300637_10581133.jpg



通りには足湯も用意され、ゆったりのんびりできます。






f0300637_10585148.jpg




ひときわ立派なこの建造物はテレビで見覚えがありますね。
能登屋旅館だそうです。記念撮影のスポットとなっていますた。






f0300637_10594055.jpg



帰りがけにおみやげをみます。





f0300637_11000263.jpg
f0300637_11001529.jpg



銀山まんじゅうと くぢら餅を買いました。
どちらも試食があり もっちりした食感でした。




f0300637_11002909.jpg



買わなかったけどこんな変わり種も。スイカサイダー。味の想像がつきませんなあ。





f0300637_11005352.jpg



袴姿で歩いている人が結構いて、古めかしい街並みと似合ってて洒落てんなあと思ったら、こちらで衣装を貸りられるんですね。






f0300637_11011846.jpg



駐車場に戻る道すがらのマンホール。
スイカが特産品なんだね。だからスイカのサイダー売ってたのか。
真ん中の図柄は花笠なんですか。毒キノコに見えました (*´▽`*)


銀山温泉いいところでした。いつかまたお泊りでゆっくり過ごしたいですね。







f0300637_11023124.jpg



マップル東北版おすすめルートの『芭蕉ゆかりの「奥の細道」街道!』を走り抜け→R47でお次にやってきたのは…
東日本の駅貼りポスターなどでおなじみの鳴子峡。観光客でにぎわっています。





f0300637_11035504.jpg



良く見るポスターと同じ構図の風景です。
展望スペースはもっと狭いのかなと勝手に想像してましたが意外と広かった。
でも最盛期はこれでも観光客でぎゅうぎゅうになっちゃうんだろうな。





f0300637_11042460.jpg


紅葉本番はもっと先ですね。
一度来てみたい場所だったので、これはこれで満足です。






f0300637_11024895.jpg


レストハウス内のおみやげ売り場を覗くと…
ご当地てるぼう発見! その名も「てるてる伊達政宗」!?

おやー (ーー;) こりはー…

カワイイし、おもしろいんだけど、幸せの黄色いてるぼうとは別種(類似品)ですなあ。惜しい。
ていうか本家もっとガンバレ!





f0300637_11052040.jpg
f0300637_11054493.jpg


鳴子といえば こけし。こけしオブジェを探して鳴子温泉駅に来てみたものの、やや不発でした。





f0300637_11061528.jpg



わずかにガードレールの支柱が こけし でした。ほかには見当たらなかった。
(R47沿いに巨大こけしがあったけど停まれんかった)





f0300637_11070463.jpg



こけしさがしに深入りせずに、R108入ってまもなくの鳴子ダムに来ました。







f0300637_11072904.jpg
f0300637_11074358.jpg




マップルによると日本初のアーチ式ダムとあります。






f0300637_11080094.jpg



ダム上の荒雄湖の眺め。


次回はR108をもう少し先まで進みます。





にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
[PR]
by birder-rider87 | 2014-10-16 07:00 | ツーリング | Comments(0)

ご当地富士山 幸せの黄色いてるぼう

(本日2回目の更新)

先日の富士山ツーリングであらたな ご当地てるぼうを発見!
幸せの黄色いてるぼう 富士山限定





f0300637_15540136.jpg


スカート部で富士山を見事に表現!
Mt.FUJI 3776Mの文字が誇らしく日本一をアピール。


まあ毎度のことながら、ご当地シリーズは「黄色くねえじゃん」と東京人の私でも突っ込みいれたくなります(笑)。
富士山てるぼうと比べたら千葉のびわてるぼうは黄色のはんちゅうだったね (^^;)





[PR]
by birder-rider87 | 2014-05-14 07:05 | バイクorバイク用品 | Comments(0)

銚子で海鳥ウォッチングツー(後編)

さてさて、銚子の海の幸を これでもか!というくらいに満喫したあとは お待ちかねの海鳥ウォッチング午後の部です。


f0300637_21311111.jpg
f0300637_21314250.jpg
f0300637_21315576.jpg


前回訪れた時よりも、だいぶカモメ類の数は少なくなりました。とはいっても世界有数のカモメポイントである銚子港。ほかの港などよりは まだ多い印象。



f0300637_21321563.jpg

んで、今回のお目当てはハジロカイツブリです。
今季は各地でその姿を目撃しており、海ではない湖でも見ましたが、すべて冬羽でした。冬羽の記事はこちら
ぜひとも大変身をとげた夏羽の出で立ちを見てみたかった。

ブラック&ゴールドな色使いがゴージャスで、なんか お金持ってるように見えますよ (^ω^)
ものすごい変わりようだな。最近ワイドショーで話題のミポ○ンの旦那も「時代は中性ですよ」とかいい出汁でてますね… 突然言いだし変貌してしまったとか?


f0300637_21323476.jpg

冬場は単独~数羽で行動してましたが、春は団体行動です。



f0300637_21325535.jpg

1羽が潜ると、ほかのみんなも一斉に潜ります。浮かび上がるときも一斉に出てきます。息ぴったし。抜群のチームワーク。




f0300637_21331500.jpg
f0300637_21333247.jpg
f0300637_21334630.jpg
f0300637_21340328.jpg
f0300637_21343458.jpg

連続写真で水中へ飛び込むシーンをどうぞ。1羽だけマイペースくん。




f0300637_21352071.jpg

帰りの時間もかかるということで解散して友人とわかれて、ここから別行動。
一応ツーリングなので、観光地へも寄っとかないと。初日の出でおなじみ犬吠埼へ。



f0300637_21353833.jpg

白亜の灯台。岬へ来た実感。 まーしかし、みんな先っぽ好きだよねー。人がいっぱいだわ。



f0300637_21355164.jpg

門の横に なんと白亜の郵便ポスト(アルビノ?)。 
4月からの消費増税による郵便料金改定のお知らせが貼ってあることから、お飾りではなく現役で活躍中のご様子。



f0300637_21361188.jpg


すこし離れた場所からの犬吠埼灯台。




f0300637_21363893.jpg

しばらく走って、適当なところで また海鳥探し。
遠目にアビ?オオハム?と見え、シャッターを切りまくる。画像を確認すると鵜。な~んだと思ったけど、ここは海。そっかウミウか。
いつも見ているのはカワウで、意外とウミウって見落としがちかも。



f0300637_21365742.jpg

繁殖羽のウミウも遠くで浮かんでました。



f0300637_21371609.jpg

ここにもアカエリカイツブリがいました。ほかにはクロガモ、スズガモ、ヒメウ、カモメ類。




f0300637_21373468.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎていきます…




f0300637_21375775.jpg

名洗港海浜公園にて。屏風ヶ浦へと沈みゆく夕日。




f0300637_21381345.jpg

そういえば、ツーレポなのにバイクの写真なかったので遅まきながら撮影。
全国のセブンイレブンで「当店だけ」というPOP広告に惹かれてTシャツを衝動買い。
当店は九十九里小関店。たぶん近隣の土産物屋では売ってそうだけどね。



f0300637_21382506.jpg

サーファー向けみたいだけど、「波に乗ってます」というフレーズはいろんなことに当てはまるからいいかと!
鳥運、波に乗ってます (^o^)/ みたいな。



f0300637_21384066.jpg

こちらは銚子で購入したおみやげ。定番の「ぬれ煎餅」に「幸せの黄色いてるぼう ご当地限定千葉のびわ」って黄色くねーじゃん( ;∀;)
そして「房総(暴走)!いわし男のいわし~る」




f0300637_21385500.jpg

東京湾アクアライン 海ほたるからの夜景。みんなは どこ行ってきた帰りなのかな?






[PR]
by birder-rider87 | 2014-04-02 07:02 | ツーリング | Comments(0)