ピースサイン~どこかの道で

タグ:マンホールのふた ( 5 ) タグの人気記事

ツーリングがてら小幡の街並みを散策



10月に入ってもなぜかパッとしないお天気続きで、せっかくの3連休も関東では雨の心配がなかったのは最終日のみ。


道の駅あしがくぼ は走りたくて走りたくてウズウズしてる多くのバイクであふれかえっておりました。まあいつものことではあるが。。。
それを尻目にR299を流し、私はNC殿と待ち合わせした 道の駅みなの へと向かうのであった。


今回は我々が最近ご無沙汰だった峠道を走りに行こうというプラン。
その道は群馬県道46富岡神流線といい、塩沢峠を越えるルートである。
paece!(・∀・)v


かつて関東最長クラスのロングダートを誇っていた御荷鉾スーパー林道へのアクセス路のひとつで、オフ車時代は何度か通っていたような。


その頃の薄い記憶でこのルートは道幅が狭く険しめの区間があることと、下仁田側へ抜けるルートは県45下仁田上野線の湯の沢トンネルを使った方が楽チンであることが理由でオンロードになってからはご無沙汰だったというわけなんです。


道の駅みなの→県37の裏道(NC殿開拓)→県71高崎神流秩父線(土坂峠)→R462十石峠街道→県46とつないでアクセス。


乗れてるNC殿がいいペースで引っ張ってくれたのでついて行くのが精一杯。というのはお世辞入ってますが、あまりまわりの景色が見れなかった。そのため記憶があいまいですが、県46はダム湖くらいまではまあまあの快走路だった気がする。


峠付近の御荷鉾林道と交わるあたりの道幅は1.5車線のブラインド。1ケ所だけ平野部を見おろす眺望の良い区間があった。
さらに下っていくと軽自動車がギリギリ通れるぐらいの狭さになり緊張感が増し、肩に力が入ってしまうのであった。

それを知ってか知らずかNC殿は下りは私に先頭を走るように命じていたのだ。おいしいとこだけ持っていきやがって!心の叫びである(笑)。


麓まで降りるとふたたび道は広くなった。途中にものすごく怪しいお店?があったが足を踏み入れる勇気がわかなかった。






f0300637_20554456.jpg



やがて道路脇に趣のある民家の数が増え、石畳風の路面になった。
「小幡の街並み」と呼ばれるエリアに入ったようだ。


無料休憩所の駐車スペースにバイクを停め、お茶でおもてなしを受けたあと、軽く散策しました。





f0300637_20561489.jpg


小幡は鎌倉時代に栄え、その後、織田家が8代にわたって支配していた土地だそう。
武家屋敷の名残か、石垣が多く残っています。




f0300637_20562964.jpg


「喰い違い郭」という複雑な造りの石垣。防衛のため見通しを悪くしてあるらしい。また下級武士が上級武士に出会わないように隠れる場所でもあったとか。
現代では理解できない社会通念が存在していたのでしょう。





f0300637_20565858.jpg


端の部分が大きな石、中間は小さい石で組まれた石垣。




f0300637_20571948.jpg


マンホールを撮影していたら、老夫婦に「私らも旅先でマンホールをよく撮る」と話しかけられました。
デザインはキジのつがいと松と桜でしょうか。






f0300637_20573656.jpg


日本名水百選の雄川堰が流れる桜並木に建つ「信州屋」で休憩します。
喫茶メニューで飲み物とソフトクリームが用意されています。
ソフトクリームはさっぱりとした口当たりながらコクのある余韻。

無料の休憩所・観光案内所としても利用できるみたい。


ちなみに建物に面した道路は歩道に見えますが、意外や意外、車道で車が通ります。よく見ると写真の右隅に「止まれ」の標識があります。




f0300637_20575280.jpg


近辺で食事できるのは道の駅甘楽。ピザがおいしいと評判なんだとか。
混雑していたので、我々はあきらめました。




このほかにも小幡には見どころがあります。残念ながら今回はすべて見てまわることができませんでした。
桜の季節には「武者行列」というイベントが開催されるそう。







[PR]
by birder-rider87 | 2016-10-12 07:00 | ツーリング | Comments(2)

秋のビーナスラインを走ってきた



猛暑の夏が早く終わらんかなーと思ってましたが、10月になっても関東の平野部はけっこう暑かったりしますね。

まだまだ夏気分が抜け切らないのですが、標高1000メートルオーバーの高原は一足早く秋めいていました。


みんな大好きビーナスライン!今季も走ってきました。
paece!(・∀・)v パエース!




f0300637_09355785.jpg

中央道の小淵沢ICで降り、県17茅野北杜韮崎線で原村方面へ走ります。
県17はエコーラインと比べると生活圏の道路といった風情ですね。

居住地を抜けたところでバイクを停め撮影しました。のどかです。





f0300637_09433625.jpg

f0300637_10260603.jpg

f0300637_10265527.jpg

県197払沢茅野線でR20甲州街道へ向かう道すがら、黄金色の輝きに胸が躍りました。




f0300637_10273971.jpg


久々のマンホール掲載。原村で発見したマンホールのふた。
デザインは亜高山帯に生息するミヤマシロチョウを描いたものだそう。

バイクに乗りながら真下のマンホールを探すのはやはり危ないよね。
というわけで最近はご無沙汰となっておりました。以前もたいした枚数をUPしてないけど(汗)。。。


ほどなく道はR20と交わり、諏訪方面へと進んでいきます。






f0300637_10304316.jpg

f0300637_10300129.jpg


f0300637_14563080.jpg


甲州街道や諏訪の市街地を流していると、カラフルなビニール紐の房で道の両側が飾られていまして、ちょっと気になったんですよね。
諏訪は混雑するイメージなので、とんとご無沙汰だったんですが、過去の来訪時にこのような景観の記憶がなかったものでして。

当初は素通りするつもりでしたが、あまりに街の至るところで見かけるので写真に収めました。

撮影中に地元の方にお話しを伺うと、「御柱祭り用で飾りのある場所を御柱が通った」とのこと。

あれ?でも祭りはもう終わったんじゃないですか?という疑問をぶつけてみたら、「祭りは一年を通して行われる」のだそうだ。
そうなんですか! TVのニュースだとあの勇ましいシーンしか放送しないからね。

なにはともあれ、このビニール紐の飾りつけも七年に一度しか見られないのか。不思議と安っぽい感じはしませんでした。








f0300637_10323284.jpg

ビーナスラインへとつながる県40諏訪白樺湖小諸線。
途中にある諏訪立石公園は諏訪湖全体が見渡せるビュースポット。




f0300637_10333785.jpg



f0300637_14564160.jpg


展望台の日時計。針はほぼ正確な時間を指していました。





f0300637_10523291.jpg

お待たせしました。ビーナスラインです。
霧の駅を通り越して、車山肩まで来ました。季節は確実に秋。





f0300637_10521394.jpg

富士見台の売店でおそばを食べました。思ってたよりもおいしかった。座席からの眺めもGOOD!

リラックスしすぎて、「ごちそうさまでした」とお代もせずに立ち去ろうとしてしまい赤面。いや~恥ずかった。(;´▽`A``




f0300637_10395860.jpg

霧の駅まで戻り、美ヶ原方面へ走り抜けます。
台風のつめ跡。何ケ所か片側通行でした。




f0300637_10502565.jpg

高原美術館の駐車場は曇っていて展望がイマイチでしたね。
以前あった1Fの食堂がなくなり、屋外のテラス席エリアが広がっていました。

おみやげはクーポンを使ってのレアチーズケーキと幸せの黄色いてるぼうのマグネット。

てるぼうをバイクのタンクにつけたかったんだが、磁力が非力で心もとない。磁力を回復させようとほかの磁石とくっつけておいたら、すべてのパワーを磁石に奪われ逆効果に。冷蔵庫にもくっつかなくなり、ストンと床に落ちるありさま(笑)



それではまた。paece!(・∀・)v



[PR]
by birder-rider87 | 2016-10-05 20:26 | ツーリング | Comments(0)

銀山温泉から鳴子峡へ……宮城山形キャンツー(2)


熱燗を飲み干し、焚き火が落ちたところでテントへ入り就寝です。
夜中はそれなりに冷え込んだけど、冬用のジャケット着たままシュラフにもぐりこんだため、さほど寒くなかった。
それより蔵王エコーラインは走り処なんでしょうな。爆音の時間帯がありました(泣)。



f0300637_10552197.jpg
f0300637_10555359.jpg



あたたかな朝日に照らされ坊平キャンプ場はさわやかな秋の空気に包まれました。
熱いコーヒーで至福のひととき。

朝食を済ませたら、さっそく撤収作業に入ります。
テントには結露がまったくついてなかったので楽ちんイーグルスでした。






f0300637_10564001.jpg



8時頃にキャンプ場を出発。とりあえず蔵王温泉街のコンビニへ移動。
レジ横にあった名物の玉こんにゃくを買って、ちょっとした旅気分を味わう。


店外へ出るとトライアンフに乗る地元ライダーの方がおり、少しお話ししました。
「これから鳴子方面に行くんですよ」と伝えると、「それなら銀山温泉にもぜひ行ってみてくれ」とすすめられました。


はて?銀山温泉?という顔をしてたら、外国人女将で一時期テレビに取り上げられ有名になった場所だと教えてくれました。
はいはいピーンと来たよ!あの温泉はこの近くでしたかー。俄然興味が沸いてきました。
しかし女将は帰国してしまったらしく現在はいらっしゃらないとのこと。


そういえば『日本人以上に日本の心を持った山形弁の外国人』も むかしテレビによく出てました。
最近お見受けしませんが、あのお方は日本で元気に過ごされているのでしょうか?







f0300637_10572246.jpg



そしてR13→R347→県道を通り、やってきました銀山温泉。
日帰り利用の客は手前の駐車場に停めて温泉街まで数分歩きます。



風格ある木造三階建ての館が並び、まるでタイムスリップしたかのような錯覚に。
古き良き日本の街並みがここには残ってますた。



f0300637_10575675.jpg
f0300637_10581133.jpg



通りには足湯も用意され、ゆったりのんびりできます。






f0300637_10585148.jpg




ひときわ立派なこの建造物はテレビで見覚えがありますね。
能登屋旅館だそうです。記念撮影のスポットとなっていますた。






f0300637_10594055.jpg



帰りがけにおみやげをみます。





f0300637_11000263.jpg
f0300637_11001529.jpg



銀山まんじゅうと くぢら餅を買いました。
どちらも試食があり もっちりした食感でした。




f0300637_11002909.jpg



買わなかったけどこんな変わり種も。スイカサイダー。味の想像がつきませんなあ。





f0300637_11005352.jpg



袴姿で歩いている人が結構いて、古めかしい街並みと似合ってて洒落てんなあと思ったら、こちらで衣装を貸りられるんですね。






f0300637_11011846.jpg



駐車場に戻る道すがらのマンホール。
スイカが特産品なんだね。だからスイカのサイダー売ってたのか。
真ん中の図柄は花笠なんですか。毒キノコに見えました (*´▽`*)


銀山温泉いいところでした。いつかまたお泊りでゆっくり過ごしたいですね。







f0300637_11023124.jpg



マップル東北版おすすめルートの『芭蕉ゆかりの「奥の細道」街道!』を走り抜け→R47でお次にやってきたのは…
東日本の駅貼りポスターなどでおなじみの鳴子峡。観光客でにぎわっています。





f0300637_11035504.jpg



良く見るポスターと同じ構図の風景です。
展望スペースはもっと狭いのかなと勝手に想像してましたが意外と広かった。
でも最盛期はこれでも観光客でぎゅうぎゅうになっちゃうんだろうな。





f0300637_11042460.jpg


紅葉本番はもっと先ですね。
一度来てみたい場所だったので、これはこれで満足です。






f0300637_11024895.jpg


レストハウス内のおみやげ売り場を覗くと…
ご当地てるぼう発見! その名も「てるてる伊達政宗」!?

おやー (ーー;) こりはー…

カワイイし、おもしろいんだけど、幸せの黄色いてるぼうとは別種(類似品)ですなあ。惜しい。
ていうか本家もっとガンバレ!





f0300637_11052040.jpg
f0300637_11054493.jpg


鳴子といえば こけし。こけしオブジェを探して鳴子温泉駅に来てみたものの、やや不発でした。





f0300637_11061528.jpg



わずかにガードレールの支柱が こけし でした。ほかには見当たらなかった。
(R47沿いに巨大こけしがあったけど停まれんかった)





f0300637_11070463.jpg



こけしさがしに深入りせずに、R108入ってまもなくの鳴子ダムに来ました。







f0300637_11072904.jpg
f0300637_11074358.jpg




マップルによると日本初のアーチ式ダムとあります。






f0300637_11080094.jpg



ダム上の荒雄湖の眺め。


次回はR108をもう少し先まで進みます。





にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
[PR]
by birder-rider87 | 2014-10-16 07:00 | ツーリング | Comments(0)

群馬下仁田方面行き当たりばったりツー

友人よりツーリングお誘いの連絡。
「どこか行きたいところはありまつか?」

「野反湖どお?」と返事。

「野反湖って草津の先の?かなり遠い感じだけど大丈夫かな?」

「じゃ霧降高原は?」

「霧降好きだから賛成だけど、一つ候補があって、下仁田の先に神津牧場てのがあって何か良さそうな気がした~(マップル54)」


………行き先決まってんじゃねーかよ( ゚Д゚)とメールの画面にツッコミ。
とはいえ、ワガハイもだいぶ以前から気にはなってたものの未踏の地なので、ソコで欽ドン賞決定!




f0300637_21070412.jpg


そんで翌日の待ち合わせ場所の 道の駅ららん藤岡。
遠~い!、遠いよっ!! 高速使ってもミニストップはろはろ2時間半。合流する前にひとツーリング終えたかんじだよ。
なんで藤岡で集合かというとワガハイが東京西部在住で友人が茨城県在住だもんで。
彼も2時間かかったとか。水分補給して出発しまつ。





f0300637_21215563.jpg


基本R254をひた走り。途中、青看に「富岡」の地名が出現。
さきごろ、めでたく世界遺産登録で一躍有名となったあの場所への寄り道を提案。
混雑してないようだったらとの条件つきで行ってみることに。

心配していたほどの混み具合ではなく、富岡製糸場に無事到着。
門の前で記念撮影だけちゃちゃっと済ませ、先を急ぎます。




f0300637_21332029.jpg



先を急ぐNC700Xの足を止めるマンホール撮影m(__)m
フジの花とモミジ、レンガ模様ですが、探し物はコレじゃないんだな。(だったら停まるなよ)
走行中に別デザインのフタを確認していたのでソレを探します。





f0300637_21333667.jpg


あった、あった!これ、これ。
上から製糸場の建物、まゆとサクラ、レンガ。こうでなくっちゃという富岡を象徴する見事なデザインです。
あースッキリした(笑)。NCには本日、もうマンホールで足止めしないことを約束して再出発します。


道は空いており、順調に進みます。





f0300637_21504517.jpg


下仁田の市街地を過ぎ山岳ルートに入ったところで昼食タイム。
マップルに記載のある おかた茶屋へ。





f0300637_21513423.jpg


下仁田と言えばベテランバラドル井森美幸の出身地。下仁田ねぎやコンニャクでも有名ですね。
ということでお約束のコンニャクを注文。冷えててうまかった。





f0300637_21511302.jpg


上州豚にひかれまして、メインは とんかつ定食にしました。たしか900円だったかな。

店内の観光案内のポスターに世界遺産 荒船風穴の文字。
なにやら涼しそうではないか。
ところが風穴まではキツイ下り(帰りはキツイ上り)の注意書き………。また今度にするか(汗)




f0300637_22035448.jpg


さらにR254を進むと、異彩を放つ山容が現れました。
おそらく荒船山の「とも岩」でしょうか。
お魚の背びれのようです。





f0300637_22031302.jpg


国道から分岐する細い道をくねくね登っていくと、やがて神津牧場に。
マップルの緑に塗られたエリアが広いので、広大な牧草地を想像してましたが、実際見渡せる範囲は限られていました。
しかも牛が1頭もいない。どこにいるの?





f0300637_22042367.jpg

駐車場にバイクを停め、レストハウスへ。
そこそこ標高が高い場所ですが、汗ばむほどの暑さなのでソフトクリームをいただきます。
さすがは牧場のソフト。濃厚でした。




f0300637_22044544.jpg



家族連れが乳しぼり体験を楽しんでます。

写真は牛舎の小牛ちゃん。ペロッとだした舌がカワイイので「ペコちゃん」と命名。
ほかにはヤギやウサギさんなどもいました。




f0300637_22290000.jpg

駐車場に戻り、NC700Xの新作カスタムのご紹介。
オーナーは防風効果をアップさせるべく特性スクリーンを追加。
製作費は200円か?(100均の下敷きとマジックテープで)とたずねたところ今回は1000円くらいかかったとの答え。
えーそんなにかかったのーなどとビンボーくさい会話で盛り上がるw

ちなみにこのスクリーン、マジックテープの貼り合わせの位置を変えることで高さの調整が可能というスグレモノ!
V-stromにもどう?と勧められましたが、丁重にお断りしました(笑)。





f0300637_22390142.jpg

神津牧場をあとにして、近くの内山牧場のあたりをウロウロ。
R254に戻り、とりあえず佐久方面へ。

そういえば、このあたりにも気にはなってたが未訪問のスポットがあったっけ。



f0300637_22435076.jpg
f0300637_22535068.jpg

それは龍岡城五稜郭。やっと来れました(^o^)/
五稜郭というのは日本でふたつだけ。ひとつは言わずと知れた函館五稜郭。

龍岡城跡は小学校として利用されており、なんとなく勝手に入りづらい印象。
しかも地面レベルだと五角形の形がまったく認識できないんだね (-。-) あんれま~


もすかしてヘリコプターとかで上空からでねえと見えねえか?
なんとも不完全燃焼。




f0300637_22584058.jpg

せっかくなので であいの館とやらで休憩タイム。





f0300637_22595259.jpg

ジオラマが展示されてました。
なるほど、こうなっているのか。
この形を実物で見てみたかったなあ。ってスタッフのじいさまの耳寄り情報では裏山を登れば展望台があるそうじゃないですか!
徒歩20分だとか。こりゃあ行くっきゃない……と思って友人の顔を覗くと、また今度にしようよ と顔に書いてあった。わかりやすっ。
まあ宿題だな。紅葉とか桜の季節とか。

館ではじいさまとばあさまから麦茶とキュウリの漬物を提供していただいたおかげで、熱中症予防ができました。





f0300637_23085438.jpg


県道93 下仁田臼田線で戻りルート。
途中、青緑の美しすぎる湖。雨川ダムの貯水湖でしょうか。
思いがけない発見に興奮。





f0300637_23270209.jpg

湖畔へ行く道の分岐にこんな看板が!

日本で海から一番遠い地点

え?だからなんなの?富良野とかの方が海から遠いんじゃないの?とか看板にツッコミ。
左の幹のクマ出没注意の貼り紙にもツッコミ。
これヒグマじゃ~ん。この辺はツキノワだろーって。
すんませんm(__)mクマが危険なことに代わりはありませんね。

※湖畔への道はダートだったので今回はパスしました。


f0300637_23362797.jpg

看板の矢印が指す方を見るとゲートダウン。
ちょっぴり興味はありましたが、徒歩でのアクセスなので今回は見送りました。
見送ってばっかだなー。

※帰宅後、過去のツーリングGOGO信州・北陸を見たらここから徒歩片道1時間だったよ。ひょえー。次回ありません(笑)。





f0300637_23422554.jpg
f0300637_23423844.jpg


その後は県道をひた走り、蝉の渓谷の駐車場で停車。
その名の通りヒグラシなどの蝉の声が聞こえてきました。


「次どこ行く~?と」行き先をその場その場で決めるノープランツーリング。
だからこそ前から気になっていた場所や初めて知るスポットをめぐることができたのかな。
ま、いつも基本行き当たりばったりなんだけどね(^ω^)


[PR]
by birder-rider87 | 2014-07-29 07:01 | ツーリング | Comments(2)

行方バーガーとマンホール

相変わらず寒い日が続いており、オートバイで朝から出かけるには少々気合いが必要です。気合いを入れたものの、明確な目的もなく、なんとな~く霞ヶ浦を目指しました。
いつもは南側を走ることが多いんですが、今回は常磐道土浦北ICから対岸へアプローチ。R354で広大な蓮田の中を突っ切って走り抜けました。国道からそれて湖岸へ出ると、そこにも蓮田が広がってました。このあたりは日本有数(日本一?)のレンコン産地なんでしょうね。



f0300637_21141262.jpg

農作業に精を出しておられました。おいしいレンコンをつくるためには地道な仕事が必要なんですね。
デジカメ内臓のエフェクトを使って撮影してみました。ドラマチックアート。カメラはペンタックスQでレンズは01スタンダードプライムです。


f0300637_21144601.jpg

ハードモノクロームで撮ってみました。馬子にも衣裳、駄作にエフェクト。それなりに雰囲気のある写真が撮れますね。



f0300637_21475157.jpg

蓮田と愛車の撮影でアングルを探して道路を行ったり来たりしてたら、すてきな絵柄のマンホールのふたを見つけました。帆引き船にアジサイ、霞ヶ浦に筑波山かな。わずかなスペースに盛り込んでます。



f0300637_21543414.jpg

土手をのぼってみると、果てなくどこまでもつづく湖面。思わず笑っちゃうよ。 うわっ、広すぎ!



湖岸に沿って延びる県道を進むと、R354に戻ります。



f0300637_22013977.jpg


霞ヶ浦大橋。橋の向こうに見えるのは「バビルの塔」。…うそです、「虹の塔」。1970年代は子供向けアニメや特撮の名作が数多く生まれましたね。



f0300637_22173590.jpg
f0300637_22192526.jpg

道の駅たまつくり 観光物産館こいこい で休憩&昼食にします。雑誌等でご存知の方も多いかと思いますが、こちらの道の駅の名物といえば…



f0300637_22244105.jpg

ドドーン! はい 行方バーガー(なめがたバーガー)です。
なまず、こい、かも、ぶたの4種類あります。どれにしようか?ひじょうに悩みます(汗)
普通なら、ぶたパックンを注文したいところですが、それでは面白味に欠けます。
なまずは先週食べたし、ここは清水の舞台から飛び降りるつもりで「こいパックン」いきやしょう!男だね~。
子供の頃に食べた鯉がとてつもなく泥臭くて、正直いうと それ以来苦手になってしまったんだけど。食わず嫌い克服のためチャレンジ。


食券を買ってお店の美人スタッフに渡しました。


外のデッキで食事できそうですが、寒いので霞ヶ浦を見渡せる店内のカウンターで待ちます。



f0300637_22401300.jpg

「は~い、こいパックン、おまちどおさま!」
あ~、来ちゃったよー(笑)。 包み紙には こいパックン出没!! のシールが。。。 出没しちゃったかあ。。。 なんかこちらの心の内を見透かされてるような。。。
苦い粉薬を飲まされる幼児の気分だなあ。軽い緊張をともない、覚悟を決めて…… ガブリっ!!

ありゃ、甘い。そっかタレが甘いのか。心配してた泥臭さはまったく感じられず、何事もなく無事に完食。ホっとしたよ。安堵~。
野菜多めでタレの甘さが際立ってました。こいのフライはやや小さめで、こいを食べたという実感はあまりなかったかな。まー、これは販売者の親心と受け止めておきましょう。
食後は心なしか生命力が増したような気がした。



f0300637_22553868.jpg

元気回復したところで、また走り出しました。R355へ進路をとります。空いてる道を快走してると、上空に飛行物体発見。ノスリでした。


f0300637_23063337.jpg


このR355、走行中に路面をチラリとすると、いろいろな絵柄のマンホールがありました。
ここで突然ですが、2014霞ヶ浦マンホール・コレクション。



f0300637_23120222.jpg

やっぱり鯉ねー。ハンバーガーにしちゃうぐらいだもんねー。


f0300637_23165990.jpg
あやめ。そういえば、これも有名ですね。


 
f0300637_23204213.jpg

んー、これは? 渡し船と富士山でしょうか?  潮来の伊太郎~♪  カップのみそラーメン♪  懐かCMソング。



f0300637_23265985.jpg

こちらのはR355ではありません。菊と桜と… やべっ(;'∀') 野鳥の写真撮ってるのにワカラナイ。 えーとウグイス?




f0300637_23304526.jpg

マンホールの鳥はわかりませんでしたが、豪快な飛翔を見せてくれたのはミサゴ。捕まえた魚を縦につかんで飛び回ってました。食べちゃう前にせめて空の世界を体験させてるんかな?



f0300637_23361482.jpg

霞ヶ浦周辺は田んぼで囲まれており、そこではタゲリの姿が見られます。ヘアスタイルがバッチリ決まってます。不用意に近づくと、ミューーとか鳴いて飛んでっちゃいます。ねこに似たカワイイ声を出します。


f0300637_23411241.jpg
越冬中のエリマキシギ。夏羽はトランプの絵札みたいな容姿に変身するようですが、その頃は海外の繁殖地へ行ってしまいます。残念ながら、日本ではその姿は見られないようです。


f0300637_23450522.jpg
近くでタカブシギも採食中でした。シギの仲間は似たような模様ばかりで撮った写真と図鑑を照らし合わせても、よくわからないことが多いです。
越冬シギ、今いる可能性の高いシギということで判断しました。



f0300637_23524475.jpg

霞ヶ浦って、夕陽がきれいなんですね。そろそろ家路につこうか。





f0300637_23551173.jpg


言問橋からの東京スカイツリー
高速道路が渋滞のようでしたから、主にR6を使い、下道でのんびり帰ってきました。









[PR]
by birder-rider87 | 2014-01-21 00:26 | ツーリング | Comments(2)