ピースサイン~どこかの道で

タグ:ラーメン ( 13 ) タグの人気記事

峠のラーメンとお気にの道(相模湖)



暖冬なんだか、そうじゃないんだか、よくわからんかった今年の冬ですが、気づいたら2月も終わろうとしています。
ここのところ週末の天気はあまり恵まれず、土日ともに晴れは関東では7週間ぶりだとか。
ひさびさのツーリング日和ということでバイクでおでかけしてきました。





f0300637_22043742.jpg



東京近郊の自然レジャースポットとして不動の人気を誇る高尾山。その麓を通るR20甲州街道の大垂水峠をのんびりと流します。







f0300637_22045519.jpg

f0300637_22485064.jpg

f0300637_22051201.jpg


峠まで上りきると湧水ラーメンののぼりが目に入りピットイン。
たびたびメディアに登場し、わりと有名な大垂水峠の富士屋さん。
この場所は富士山の眺めが良いことでも知られていますが、この日は空気が霞んでおり雄姿は拝めませんでした。朝方は見えていたそうです。



席に着くと瓶に入ったお水が提供されます。一瞬お酒を出されたように錯覚しましたがお水です。すっきりした湧き水です。
チャーシューメンをオーダー。上品でお肌のきれいなお母さんがつくるラーメンはやさしいお味。
おいしい水にこだわったという鶏ガラスープはまろみがあり、どこかほっとします。

食後にコーヒーをサービスしていただきました。いやあ嬉しいですねえ。こちらも湧水で淹れたものですっきりまろやかな感じがしました。


ラーメンをすすりながらお母さんとお話ししたところ、峠のこの冬は4回積雪があり、そのうち1回は50センチだったそう。
距離的に近い八王子の市街地ではそんなに積もんないから、ちょっとした標高の差での違いに驚きです。





f0300637_22054259.jpg



おなかと心が満たされ、峠を下ると相模湖に出ます。
ここに私のお気にの道があります。湖岸をなぞるR412の嵐山洞門と相模湖大橋のコンボです。






f0300637_22060584.jpg



F1モナコGPのコースにちょっと似てると思いませんか?
海ではないんだけど雰囲気はいい線いってるでしょ(笑)





f0300637_22062070.jpg



洞門を抜けると直角コーナーの先に橋。橋を渡るとまた直角コーナー。この流れがいいんだわ。
別に飛ばすわけじゃないんだけど気分が高揚する造りのコースレイアウト(笑)


地元ショートツーリングでのささやかな楽しみのご紹介でした。ではまたー (-ω-)/



※R20からアクセスすると相模湖大橋→嵐山洞門となります。写真は逆方向から撮影しました m(__)m
※下3枚はペンタックスQ-S1/03FISH-EYE/デジタルフィルター・ハイコントラスト












[PR]
by birder-rider87 | 2016-02-28 23:44 | ツーリング | Comments(4)

年末房総ツーは勝浦へ (イルミもあるよ)



今年のB1グランプリは勝浦タンタンメンが優勝をかっさらいました。
個人的にはあんまり勝タンには心をひかれてなかったんだ。ラー油どっさりかけただけじゃんみたいな印象だし、最初に食したカップ麺がイマイチだったし。。。

B1優勝の影響か東京多摩地区の我家の近所の大勝軒が勝タンを始めたもんで、試しに食べてみたんですよ。
そしたら、べらぼうに美味いじゃん! しかもクセになる!これは本場にも足を運ばねば。

ということで勝浦目指して走ってきました房総半島。








f0300637_22165445.jpg



世間は大掃除で忙しいのか道は空き気味でした。快調にアクアラインを抜け、R409→R410久留里街道も順調順調!
と思いきや、途中で道はバリケードでふさがれ狭い道へ迂回させられました。

住宅街を通る離合のキビシイ道。ところがどっこい道路脇におむすびが立ってるじゃありませんか。
ここ国道みたいですよ。というより酷道?!




f0300637_22170795.jpg



迂回路あつかいで国道のプライドはズタズタだな(泣)







f0300637_22172392.jpg

f0300637_22173689.jpg


道は広くなるどころかさらに狭くなりプラレールのような道……。
いつになったら脱出できんの?と不安になりかけたけどトンネル抜けたら元の広い国道へ無事戻れました。やれやれ。







f0300637_22180861.jpg

f0300637_22182682.jpg


R410→R465へとスイッチし亀山湖で缶コーヒータイム。
ここのダムは私が今まで見たダムの中で一番落差が低い気がした。







f0300637_22184885.jpg



県81養老渓谷ラインへルートをとったがコノ道も大部分が狭め。後半ようやく片側一車線となったところで海が見えました!ヨッシャ!









f0300637_22192825.jpg

R128で外房の海岸線をクルーズ。
安房小湊で小休止。ウオポートで干物物色。冷凍モノしかなかったが、家買ったら帰ったらどのみち冷凍保存するので問題ナス。





f0300637_22194913.jpg

堤防は釣り糸を垂らす人々で満席。









f0300637_22203925.jpg

f0300637_22210425.jpg

f0300637_22213785.jpg

f0300637_22215506.jpg



今回のツーの目的地は勝浦。マップルを眺めるとブロ友さんが先日訪れた「おせんころがし」が近かったので寄ってみたあるよ。











f0300637_22221788.jpg




ここスゲー海と近い!
現国道は地図上では海岸線をなぞっているが実際は海からは少々離れておりダイレクトに海を感じられないが、ここは海が近いよ!
道が狭くて、落石注意の標識がいっぱい立ってるけど眺めが良くて気持ちいい。
法面がコンクリで固められてるので落石の危険性は現状では低い気がするけどね。






f0300637_22224337.jpg



f0300637_22231131.jpg



f0300637_22233472.jpg




車が通れる「おせんころがし」の区間は短いが内容が濃い道だね。







f0300637_22235423.jpg


車が通れない「おせんころがし」が遠くに確認できます。私は行きませんm(__)m









f0300637_22251979.jpg



現国道のR128に戻り勝浦方面を走ると勝浦タンタンメンのノボリ発見。
『えびね』でタンタンメン。店内には名車オートバイの模型が何点か飾られております。
店主はバイク大好きで自身もビッグバイクライダーとのこと。店が空いていればソロツーライダーの話し相手となってくれることでしょう(笑)


もちろん勝タンも期待どおりでござるよ! 辛さのなかでタマネギの甘さがいい仕事してるかなと。










f0300637_22263219.jpg

f0300637_22264586.jpg

f0300637_22265774.jpg



冬だというのに真っ赤なラーメンで汗だくになった後に訪れたのは「勝浦海中公園」なり。
こちらでは海中展望塔から天然の海水魚が観察できるでござるよ。


料金は大人960円であるが、ホームページにアクセスしてWEB割引券を提示すると10%OFFになります。






f0300637_22272391.jpg



らせん階段を降りて目が回ったころに海中展望室に到達。








f0300637_22275257.jpg




気分は潜水艦。We all live in a yellow submarine Yellow submarine♪





f0300637_22285953.jpg

f0300637_22300058.jpg




通常の水族館と違い、天然相手なので水中透明度や時期により見られる魚介類に当たりハズレがあるそう。
この日の透明度は7mでそこそことのこと。根気よく観察してたチビッ子はイカやタコ、ウツボなんかも見れたと満足気でした。







f0300637_22302111.jpg



地上に戻ると、空がうっすら紅く染まる時間になってました。



帰りルートは県178小田代勝浦線で北上。この道も狭かったような記憶。









f0300637_22310535.jpg




道は県81となり流していたら、きらびやかなイルミネーションが視界に入ってきました。
小湊鉄道の養老渓谷駅です。どうやら上総牛久駅までの10駅がイルミネーションでライトアップされてる模様。








f0300637_22312524.jpg

f0300637_22314504.jpg

f0300637_22320552.jpg

f0300637_22322476.jpg

f0300637_22324267.jpg


駅舎だけでなくホームも飾られています。

一度に全部回るのは大変なので、帰りルート沿いにある駅を巡ってみようかと。








f0300637_22331693.jpg


f0300637_22333286.jpg

f0300637_22340904.jpg

f0300637_22342807.jpg


お次に訪れたのは里見駅。もったいないと思いつつ県道からはずれた途中3駅をとばしてしまいました。
里見駅は県道沿いに面しているので直ぐわかりました。






f0300637_22353718.jpg



さらに県道を北上したら駅入り口に気づかず。またまた3駅すっとばしてしまいました。
県道からはずれ上総川間駅を探します。畑の真ん中にある無人駅かな?
小さな駅だけど、ぬくもりを感じる明かりで彩られていました。








f0300637_22350761.jpg



最後の上総牛久駅。こちらは街中の駅でした。他の駅に比べイルミは控えめ!?

昼間の暖冬日和から一転、日が暮れて気温が降下。R409でアクアラインへ向かいます。










f0300637_22361017.jpg


f0300637_22362748.jpg


f0300637_22364788.jpg


「海ほたる」で何故か佐世保バーガー。あごがはずれるっつーの。








f0300637_22373179.jpg



f0300637_22382187.jpg




房総ツーリングの帰りアクア、神奈川県川崎側の浮島で下道へ降りる途中に一瞬だけ京浜工業地帯の工場夜景が視界に入るのです。
いつもキレイだなあと思ってたのですが時間が遅く素通りでした。今回は時間に余裕があったので工場萌えしました。




夜景にはうっとりなのですが、排煙の化学的なにおいはやはり工業地帯特有のものでござる。











[PR]
by birder-rider87 | 2015-12-28 01:57 | ツーリング | Comments(4)

快晴の瑞牆山ツー



日本100名山に数えられる山梨県北杜市の瑞牆山(みずがきやま)へ今年も紅葉ツーに行ってきました。
って言っても登山ではなく、みずがき山自然公園で山の写真を撮ってきただけなんですけどね。。。


ここしばらくは高速道路を使ってのツーリングが続いていたので、久しぶりに下道オンリーで走ってきました。




f0300637_23033135.jpg


高尾山からR20甲州街道ひた走り。勝沼バイパスをすぎても、抜け道とかを使わず正攻法で甲府バイパスを突き進む。
まあでもこの区間は混むね。韮崎市内で七里岩トンネルをくぐり県23増冨ラジウムラインを目指します。
道中で岸壁を見つけたので愛車とともにパチリ。さながらミニ七里岩といったところだろうか。






f0300637_23035035.jpg


県23増冨ラジウムラインにて。雲ひとつない見事なまでのドピーカンです。
少しくらい秋らしい雲があってもよさそうな気もするが贅沢いっちゃいかん。走っていて、とても気持ちがよかった。
バイクツーリングではやはり天気は大事なのだ。





f0300637_23041801.jpg
f0300637_23043289.jpg


みずがき湖ビジターセンターで小休止。
ここから見える橋を撮ると いつも感じるのは「水平づれてる?」
撮った写真を見ると なんか違和感があるんだけど、橋自体に勾配がついてるんで致し方ない。





f0300637_23044642.jpg


その橋の袂に来ました。眺めが良く気分高揚となったのも束の間、路面に刻まれた縦溝にトーンダウン (-_-)
気を取り直して、お昼を食べに とあるお店へ向かいます。






f0300637_23050875.jpg


そのお店は「森のラーメン高須」。とんでもないロケーションにあります。
乗用車がすれ違えないような舗装林道を登って行った山の中に現れます。

100歩譲ってソバ屋ならあってもおかしくはない感じですが、なんでこんな場所でラーメン?っていうのが率直な感想。
あやしさ満点なんですが、ブロ友さんが訪問してリサーチ済なので安心して入店できました。




f0300637_23052213.jpg


屋外席に座ります。石のテーブルに丸太の椅子。野趣あふれるといった表現があてはまるでしょう。ラーメン屋なのに(笑)
山菜塩ラーメンと山菜餃子を注文。餃子はこの状態で盛られてきます。このアバウトさがいい味出してます。
余談ですが、お店では甲斐犬を飼っていました。うちの方では目にする機会がないので見れてよかったな。






f0300637_23053876.jpg



ちなみに森のラーメンまでの道中はこんなとこを通っていく。(写真は帰り道)
こまめに案内看板が設置されてるので、このまま進んでいいの?といった不安感はやわらぎます。
最後の「もうちょい」の看板を見たときには安堵の到達感が芽生えました(笑)





f0300637_23072349.jpg


県道からみずがき山自然公園へ向かう林道にはいると山容が見えました。




f0300637_23091217.jpg


マンホールの左に描かれてるのも瑞牆山かな?






f0300637_23095343.jpg


f0300637_23101160.jpg


f0300637_23085679.jpg



みずがき山自然公園に到着しました。何度来ても素晴らしい眺めです。幸せな時間。





f0300637_23092641.jpg


例年林道沿いの撮影ポイントによってましたが、この日はカメラマンが多かったのでスルー。





f0300637_22232848.jpg



帰りはクリスタルラインを通って塩山まで抜けるルート。
全体的に紅葉は先日の木枯らしの影響か、この時期にしてはだいぶ散ってしまったようです。





f0300637_23103608.jpg
f0300637_23104921.jpg


クリスタルラインの荒川林道では展望の開けた区間が続きます。





f0300637_23111857.jpg
f0300637_23112936.jpg



鼓川温泉でツーリングの疲れを癒していきます。
このあとはR411大菩薩ラインで奥多摩湖経由で帰りました。柳沢峠付近では気温一桁で空気が冷たかったな。




[PR]
by birder-rider87 | 2015-10-27 22:46 | ツーリング | Comments(2)

らーめん専門店小川 厚木店

ぷらりツーリングの帰り道。日が暮れて気温急下降でさぶさぶ。
で 立ち寄ったのは やっぱりラーメン屋さん。

わりと最近オープンしたのかな? 神奈川県道63号線の小野橋付近にて「らーめん専門店小川」を発見。
町田街道沿いに本店、京王線高幡不動駅そばにも支店があります。
同店は前々から気になってたのですが、食事時のタイミングと合わず今まで入れずにいました。
今回ようやく入店しました。






f0300637_11005545.jpg



小川らーめん 六五〇円 (油すくなめ・麺のかたさ他ふつう)

博多らーめんを関東風にアレンジした一杯といったところでしょうか。麺は極細ストレートだが博多よりは気持ち太め。
濃厚豚骨かつおだしのスープは臭みがなく上品でありながらクリーミーな味わい。
かつおが主張しすぎることなく 主役の豚骨を引き立てるほどよい風味。
れんげですくってはすすり、すくってはすすりと ついつい繰り返してしまいます。
おっとと替え玉するまではペースダウンだ。


チャーシューはバラかロースかを選べます。今回はロースを選択。
人気はバラみたいですが、ロースもスープとの相性が良く なかなか肉厚でよかった。


替え玉(一〇〇円)を追加しました。替え玉の麺の量は最初のより多かった気がする。
もっと食べたいから替え玉をお願いするので、これはとてもうれしいですよ。
まあ 裏を返せば最初の量が少ない といえなくもない…


最近の傾向なのか デフォより替え玉の方が多い店って結構ありますが、何らかのねらいが店舗側にあるのでしょうか?
ちょっとした素朴な疑問です。




f0300637_11010709.jpg


店内はカウンター、テーブル、お座敷とらーめん屋さんにしては変化に富んでいて面白いと思った。
バイク客の私はブーツの脱ぎ履きが面倒なんで迷わず椅子席チョリソですが。

駐車場は11台。営業は土日祝11:30~24:00、平日は11:30~15:00 18:00~24:00。無休。



[PR]
by birder-rider87 | 2014-12-22 21:59 | Comments(0)

城峯公園の冬桜と鬼石ラーメン

今週も秋が深まり朝晩のライディングでは鼻水がツツーと垂れてくるほど冷え込みようになりました。
もう冬ジャケ&オーバーパンでの出撃となります。
日中は穏やかな陽気で下は脱いじゃいますけど、履いてかないと帰りの峠道が相当ツライのさ。
季節の変わり目は寒さに免疫がないので体に堪えますね~。



そんなふうに どんどん冷え込みがきびしくなるというのに見頃をむかえている花があるそうだ。
しかもそれは日本人がもっとも愛する桜だという。なんとも季節はずれな。
晩秋に咲く桜を愛でるちょっと珍しい花見へと出かけてきました。






f0300637_19404045.jpg





冬桜の咲く城峯公園(じょうみねこうえん)は群馬県との県境にある埼玉県神川町にあります。※ツーリングマップル関東甲信越 47B1


埼玉県道44 秩父児玉線でひとまず神流湖(かんなこ)方面をめざします。
道中の荒川にかかる青い橋。







f0300637_19411037.jpg





道の駅あしがくぼから秩父市街はいつにも増して渋滞でしたが、このあたりまでくると交通量は少なくなります。
順調に神流湖までスイ~とやってきました。






f0300637_19414370.jpg






下久保ダムそばの駐車場から。秋晴れです。








f0300637_19420394.jpg
f0300637_19421417.jpg





下久保ダムの堤体。







f0300637_19423426.jpg
f0300637_19425282.jpg




ダムの上をバイクや自動車で走り、湖の対岸へ渡れます。
たま~にこのタイプのダムに出くわすんですが、吾輩は好きですね! なんか妙にワクワクしませんか?







f0300637_19433623.jpg
f0300637_19434998.jpg




公園へむかう道を登り、高台から今来たダム道を振り返ってみる。
カクッと曲がってる部分が特徴的です。








f0300637_19431333.jpg





トレーラーは物理的にムリだろうな。カクッの所が曲がれないよ(;´∀`)






f0300637_21383932.jpg




大型バスは道幅一杯ピンポイントテクを駆使して曲がってた。バスの運ちゃんはすげーな。







f0300637_19442990.jpg







道を登り切ったところに公園がありました。








f0300637_19445285.jpg





駐車場は無料ですが入園の際に協力金をお願いされます。高校生以上1人200円 小中学生1人100円だそうです。
缶バッジがおまけでもらえます。



それでは園内へ。






f0300637_19450921.jpg




あっ!さっそく咲いてますね (^o^)丿
紅葉狩りの季節に桜はやっぱり不思議な感じがします。








f0300637_19454022.jpg
f0300637_19482768.jpg
f0300637_19493148.jpg




もちろん園内のモミジなどの木々は色づいておりまする。







f0300637_19455937.jpg



ということは…
紅葉と桜の摩訶不思議なコラボレーションが実現するわけで。


桜は春に咲くもの。長い冬を耐えたのち、開花が暖かい春の到来を告げる。
年度初め、新生活スタートの季節とも相まって 満開の桜は期待に満ちあふれる門出を祝う。


冬桜はソメイヨシノなどの春の桜とは あきらかに違う趣き。
次の春が来るまで長くきびしい冬を乗りきらねばならぬ。すごしやすい季節を名残惜しむかのような桜なのだろうか。






f0300637_22283636.jpg
f0300637_19503847.jpg
f0300637_19515797.jpg



冬桜は満開にはならないという。






f0300637_19583429.jpg






f0300637_19512263.jpg
f0300637_19514706.jpg
f0300637_19511285.jpg
f0300637_19521464.jpg




満開になってパーッと散る春の桜と異なり、少しづつ開花していくようだ。
そのため見頃は12月上旬までわりと長い期間つづくのだとか。







このあと、近隣にある冬桜の名所「桜山公園」にも行く予定であったが時間の都合でまたの機会にすることに。










f0300637_19531363.jpg




今回のもうひとつのお楽しみのため 道の駅上州おにし へ移動しました。
名物の旧譲原小学校の校舎。
平屋建ての校舎にはまったくなじみがないのに なぜか懐かしいw







f0300637_19534031.jpg
f0300637_19532998.jpg




校舎のとなりにある怪しげな建物の鉄扉を開けると そこには石器時代の住居遺跡。残念長良川演歌、ここでの焚き火厳禁よ (*´з`)








f0300637_19534930.jpg



惜しむらくは この建物。
竪穴式住居っぽく造ってくれれば もっと入ってみたい気になっただろうに…

この建物は入ったら最後で閉じ込められそうな雰囲気がただよってるよ (・_・;)




おっと! お楽しみはコレじゃない。








f0300637_19541128.jpg



お楽しみはコチラ。
またまたラーメン。だって好きなんだもん。
吾輩は3食麺類はもちろん、3食ラーメンでも へっちゃら。3食カレーもいける。
ただし2食うどん、2食焼きそば、2食スパゲティーはどういうわけか受け付けないのだ。理由はワカラナイ。
そばは2食までOK… ってどうでもいいね、そんなこたあ。







f0300637_19543075.jpg




注文すると まずトッピングの奥多野産からみ大根が出てきます。
すりすりしてラーメンの登場を待ちます。

ちなみに奥多産ではなく奥多産。
群馬県でナゼ(・・? 奥多摩?と思いきや。。
それなら奥多野ってドコ?という疑問は残りますね (;´∀`)









f0300637_19552983.jpg



鬼石ぎょうざ(三百五十円)が先に登場。
皮から手作りの道の駅らしからぬ?本格派。もちろん おいぴー。






f0300637_19554124.jpg



ほどなく鬼石ラーメン(八百円)お待ちどうさま。(^o^)丿
※あとから気づいたがラーメンは五百六十円ですね。違いは大根あるなし?(謎)






f0300637_19555571.jpg



大根おろしをのっけて いただきマンモス!(昭和アイドル用語)


鬼石ラーメン。はじめて食したときには 淡いスープ、柔らかい麺が現代感覚とはマッチしてないなーと感じた。
※ラーメンとは関係ないが マッチで~す!という昭和アイドル用語もかつてあった。


しかし何回か訪れ、食すうちにこの古き良きやさしき味わいに魅了されることに。
1年に1回は食べないと落ち着かなくなった。


独特の平打ち麺が吾輩には「ふやけたカップヌードル」のように思えてナイスなんす (*´ω`*)
ところでカップヌードルの麺って変わりましたよね?
以前のは平たかったような。。最近のは丸細麺だよねぇ?。。
個人的にはスナックっぽい昔のままがいいんだが。。




ちなみに からみ大根はさほど辛くなく、ラーメンにトッピングしても大きく味を変えるような感じではなく…
元々のラーメンの味をそこなわないので個人的には◎。









f0300637_19560819.jpg
f0300637_19561728.jpg




館内には メッサーシュミット KR200が展示されていました。












[PR]
by birder-rider87 | 2014-11-17 00:21 | ツーリング | Comments(2)

甲州街道の銀杏並木と八王子ラーメン

11月の暦が何枚かめくられた今日この頃、紅葉も徐々に標高を下げてきましたね。
今回は天気下り坂のどん曇り肌寒むで、雨こそ降らないまでも なんとなくバイクで出かける気分になら漬け電車でGOでした m(__)m





f0300637_17075911.jpg
f0300637_17110706.jpg




ピーカン(昭和用語)ならバイクでGOしたいコノ時期限定の絶景ロード「甲州街道」!
国鉄(昭和用語) 西八王子駅~高尾駅付近のの4.2キロにわたって続く銀杏ロードなのだ。

甲州街道は他の区間でも長い銀杏並木があるのだが、この高尾区間が一番の見どころではないかと。







f0300637_17114501.jpg





まっ黄々の絶頂期は来週のいちょう祭りあたりか?
西八王子駅付近はまだ青かったです。







f0300637_17120632.jpg
f0300637_17123452.jpg





🍒さくらんぼのような、うめぼしのような銀杏の実。








f0300637_17131058.jpg
f0300637_17133245.jpg





高尾に来たら何はともあれ名物の「とろろ蕎麦」といきたいところですが、この日はラーメン屋の暖簾をくぐります。


香味屋の ネギらぁめん 八〇〇円 + 一〇〇円(大盛)
通常の らぁめん は五〇〇円とお値ごろ。



八王子ラーメンといえば きざみ玉ねぎのトッピング。ねぎラーメンのねぎは一般的な白髪ねぎ。ややこしい。
玉ねぎは辛味なく甘い味が出るように工夫されているのが特色ですね。
コクのある醤油スープに細麺との相性が絶妙の一杯。

大盛は麺2玉な感じでボリューム満点満足。スープ量とのバランスでベストな状態の麺を味わいたいなら普通盛り選択か。

高尾駅から片側1車線になったR20甲州街道沿いで駐車場があるのでツーリングのさいにも安心して寄れます。





[PR]
by birder-rider87 | 2014-11-08 23:12 | Comments(0)

BAKUTEN

ん~~。なかなか梅雨明けしませんなー。遠出したいな。最近してないなー。
でもさ「午後からは各地で雷雨… 」なんて気象予報士のセリフを聞いてしまったら、ビビリまくりんぐ(◎_◎;)ですよ。
最近の鬼豪雨がこわくてこわくて遠出ツーリングなんか出かけられたもんじゃあ~りません。
※この次の日、梅雨明けらしい。



というわけで近場をバイクでお散歩。
お気に入りのラーメン屋を増やすべく新規開拓なのだ。


んで今回発見したお店は「BAKUTEN」。
宙返りか?と思いきや、のれんに「麦天」の漢字。




f0300637_17180433.jpg




店内客席はL字カウンター10席と4人掛けテーブル席が2セットあります。
注文は口頭で店員さんに伝える方式。



この日は気温が30度を越えたので、熱いラーメンでさらに汗だくになるのは鮭鯛… 避けたいのでつけ麺にします。






f0300637_17235462.jpg


味玉つけ麺 小・並・中 750円



中を選択しました。いや~、多いっす(;^ω^)
麺は極太ストレートやや縮れ。しっかりシマってます。

付け合わせの野菜も量が選べます。なし・少なめ・普通・増し・増し増し
普通を選びました。野菜は炒めて提供されます。つけ汁でお召し上がれ。

味玉は半熟トロっ です。白身にしっかりと味が染みております。


基本的に私はラーメン党で、つけ麺は普段あんまり食べないんだよねー。
なぜかって?
それは熱々でフーフーしながら食べられるのが最初の一口だけで、残りはぬるくなってウマサ半減するからす。カァー!…するからです。
あつもりでも中盤以降はやっぱりぬるぬる。そんなわけで つけ麺が売りの店でもラーメンを注文することが多かったのだ。



ところが最近はブームの域を越え、もはや定着した感のある つけ麺。
これほどまでの支持を得た秘密はなんだろか?
たくさんの麺を腹いっぱい食べられるコストパフォーマンスが魅力!
しかし量が多くてもおいしくなけりゃなあ(*´з`)

「お弁当理論」
これこそが つけ麺が台頭したカギだったのではなかろうか。
つまり、冷めてもおいしい。
そう!ぬるくなってもおいしければOっKぇなのだ!



BAKUTENのつけ麺はまさにコレ!
しっかりした骨格をもった つけ汁は冷めてもウマサがまったく変わらない。どろみがあって麺によく絡む。
きっと最初からぬるめで実力を発揮できるよう計算されているんだろう。

ゆっくり時間をかけて食べたが、麺も最後まで気合が抜けることなくシマってました。



つけ麺とラーメンって違う次元の食べ物だったんですね!



そうだ店舗情報だ。

福生駅から徒歩3分でありながら駐車場4台分あり
営業時間は11:30~15:00、17:00~25:00(LO24:00)
定休日なっしんぐ


[PR]
by birder-rider87 | 2014-07-21 20:22 | Comments(0)

煮干しらーめん 青樹

立川の人気ラーメン店「煮干しらーめん 青樹」が4月に昭島市で支店をオープンさせたらしい。
新奥多摩街道上り車線沿いにあるので、奥多摩方面のツーリング帰りに寄るのにとっても都合がいいのだ。
雑誌のラーメン特集でよく目にする同店。一度食べに行ってみたかったのよん。




f0300637_23450528.jpg




あっさり煮干しらーめん 味玉入り  ¥850



うわっ!うまそー!!
丼が運ばれてくると、煮干しの出汁が効いたスープの香りが食欲をそそります。
一口スープをすすると濃厚で深い味わいですがスッキリした後味で飲みやすいですね。

麺はやや太いストレートで、すするとスムーズにお口の中へ入ってきます。
きもち柔らかめではあるが適度なコシがあって噛みごたえもいいんじゃない!
普通盛りだけど量に不満はありません。
スープ、麺ともに適度なアツさで違和感なし。


写真ではチャーシューが他の具に隠れてしまってますが、けっこう大きいですよ。
気前がいいよね!素直にうれしいじゃん。


味玉は半熟とろっ。好みなんですわ。



f0300637_00144847.jpg



テーブルの上にはスタンプカードが置いてあった。
麺類1点につき1スタンプ。5スタンプで100円トッピングサービス、15スタンプでラーメン1杯サービス。
雨の日はスタンプ2倍だそうです。


店内には荷物を入れておけるカゴが用意されており、こういうサービスって助かるんだよね。


駐車場もあることだし、混んでなければ今後もリピートでちょくちょく寄りたいなと思いました。




営業時間 11:00~23:00 定休日なし
駐車場  店頭に2台、店舗裏に8台    店舗HPより



追記:2015年9月に残念ながら閉店してしまいました。






[PR]
by birder-rider87 | 2014-07-10 07:01 | Comments(0)

もちもちの木

「もちもちの木」…その存在を知ったのはやっぱりカップ麺でした。
セブンイレブンの地域の名店シリーズのひとつです。たかがカップ麺とあなどるなかれ。これが下手な店で食べるラーメンよりもよっぽど美味かったりするのだ。
そんなハイレベルな同シリーズの中で一番好きな銘柄が「もちもちの木」。いつかはホントの店に行って食べなければと思ってましたん。



埼玉を中心に関東6店舗、福島に1店舗、仙台に2店舗あるんだね。
埼玉の白岡店が本店とのことで、どうせ行くなら本店へ行きたいところだ。
しかし私の住んでる場所からだと、このあたりってツーリングで訪れるエリアではないし、かと言ってどこかへ行って帰ってくるついでに通るエリアでもないし。ラーメンを食べるためだけにバイクを走らせるには中途半端に遠いしなー。


関東も梅雨入りして連日の雨模様。週末も雨。バイクもお鳥さまもお休み。
ということで電車に乗ってラーメンを食べに。うちからアクセスのよい新宿店をチョイスしました。
新宿というよりはおとなりのJR総武線大久保駅から徒歩数分。場所柄駐車場はなし。新宿以外の店舗は広い駐車場があるようです。



f0300637_16134835.jpg


ビルの地下1Fに店を構えてます。オサレ~でラーメン屋というよりバーのようなたたずまい。
焼き餃子のメニュー写真に違和感を覚えるほど(笑)。




f0300637_16183857.jpg


店内もこ洒落た感じでなおかつ清潔なのだ。座席数も多く広々しており、照明が落としてあるのでゆったりと食事ができそうですね。





f0300637_16324456.jpg



中華そば 中(2玉) 820円  トッピング穂先メンマ 180円




これまたオサレ~で大きなどんぶりに盛られてきました。中盛りですがかなり量がありますよ。
カウンターテーブルの水平が出てないのか?器のふちの高さが不均等なのか?スープの液面が傾いてますがご愛嬌。
味には関係ないので気にしないことに。




さっそくお箸を手に取りいただきます。まずは麺をスルスル~。いやーこりはかなりアチチだね。
スープをレンゲですくいフーフーしながらすすりますと…これまたアツツ!
風呂で例えると30秒とつかってられないくらいでしょうか。別名あちあちの木とも呼ばれるこのラーメンの洗礼を受けました。
前回、ラーメンは熱めが好みと書きましたがコレは手ごわい。


麺はストレートの細麺で適度なコシがあって食感がよくツルシコです。
スーピは…スープは醤油味がけっこう濃く、カツオの出汁が強烈に効いててパンチがあります。
これは食べごたえ充分。はふはふ。


それに比べてトッピングはさびしかった (*´з`) 写真で見た通りです。
楽しみにしていた穂先メンマは柔らかく美味しかったのですが、量が…。追加トッピングで180円で…。せめて小皿の底が見えないくらいに盛ってほしかった。

それとチャーシュー。透き通ってる?というくらい薄っ!!
そろそろチャーシューいくか!という頃には、バラバラになってどこかへ消えてしまってた(笑)。チャーシューを食べた記憶が残っておりませんべい。


とはいえ熱々でハンカチ片手に額の汗を拭きながら食べるラーメンは「食ったー」という満足感が残りますし、麺の量が多かったのでお腹がはちきれんばかり。1.5玉であれば丁度よかったかも。ここのラーメンは純粋に麺とスープの味を堪能し、その美味さを引き立てる熱さを満喫するのがよろしいかと。スープは最後までアツツをキープ。予算に余裕があればたっぷりトッピングするのが吉。


食べ終わったあとの感想は、「初めての店なんだけど、コレコレこの味!」と慣れ親しんだラーメンの味だったのだ。
つまり、もちもちの木のカップ麺の完成度があまりにも高すぎるんだに。再現といっても差し支えないくらい。
これを読んでるあなたも是非食べ比べてみてね。


余談ですが、テーブルには唐辛子と酢しかなくて、なぜかコショウが置いてなかった。
店側がコショウ抜きで味わってもらいたいというコダワリがあるのかと思い、会計時に尋ねてみたら「そんなことありません」とのお答え。
だったらさあ、コショウ置いといてくれよー!と内心思ったけど口には出せず。「あっ、へぇ~、あ、そうなんだ~」と言うしかなかったに(^^;)
必要な場合はスタッフに言えば出してくれるとのことですので遠慮なく。



[PR]
by birder-rider87 | 2014-06-09 07:00 | Comments(2)

中華蕎麦 とみ田

「中華蕎麦 とみ田」…私がその存在を知ったのはカップ麺でした(笑)。
セブンイレブンで売ってる地域の名店シリーズのひとつです。いつも店頭に並んでいるわけではないので、商品棚に陳列されてるときにはたいがい購入してしまいます。
最近のカップ麺の進化は目を見張るべきものがあり、下手な店のラーメンよりよっぽど美味かったりするんだよねー。

インスタントでこんだけ美味いんだから、本物はいったいどれほどなんだろう?といつも気にしてました。
フタの裏に店舗の地図が印刷されており、とみ田が松戸にあることがわかります。いつか行ってみたい…


念願かなって、ようやく来店できました。
休日には2時間待ちも当たり前の超行列店とのことで覚悟しての訪問でしたが、平日の夕方ということもあり10人程度の待ち人数。
しきりに店員さんが行列の様子をうかがいに来て、荷物をあずかりましょうか?などと声をかけてくださいました。

客の大半は「つけそば」の注文だったようで、「中華そば」を注文した私は調理時間の関係で先に席へ案内してもらえました。おかげで20分程度の待ちですみました。


f0300637_20353411.jpg


席につくと、店主の丁寧な仕事ぶりが目に入ります。一杯一杯に心をこめてつくっているのが伝わってきます。一杯入魂。
超人気店のおごりなど微塵も感じられません。


そして待ちに待った中華そば着丼。
中華そば(並) 700円




どろっとした濃厚な魚介系のWスープが中太のストレート麺にからみイケてます。
無心で麺をすすり続けます。絶妙な歯ごたえと麺自体にも繊細な味わいが感じられます。
チャーシューが2種類のってましたが、赤身の三元豚ローストポークが絶品!
むにゅむにゅっとした食感がラーメンの具材の域を越えちゃってますな ( ゚Д゚)

すべてに隙がなく超一流。それでいてごく一般的な価格。


スープの温度がもう少し熱々だったら、個人的好みでは完璧でした。
食べ終わったあとに口の中の皮がむけそうな位で「あー、食ったー!」という満足感が得られるんだよね。


このお店に限らず、最近評判の有名店はスープの温度が低めなことが多いです。最近の潮流なのかもしれません。
20代の後輩に言わせると、熱いスープは苦手だという。すこしぬるめのほうがスープの味が堪能できるというご意見。
そう言われるとそうかもしれない。スープだけでなく麺の味なんかも熱すぎるとたしかにわからない。

また猫舌の女性客への配慮があるのかもしれない。




f0300637_20355483.jpg


なんのかんので結局スープ完飲。どんぶりの絵柄がとっても粋!
最後の最後まで楽しませてくれます。ごちそうさまでした。このあたりにも店主のこだわりが感じられます。
退店時のあいさつも さりげなくあたたかみがあってヨカッタ。はなまるの名店だね。

いや~しかし、濃厚なスープの余韻は帰宅してもノドの奥に残っております。
2時間待つ覚悟ができたら、次回はつけそばにチャレンジしたいですね。



※当ブログで紹介する飲食店はツーリング時に立ち寄ることが前提で基本的に駐車場完備ですが、今回のお店は駐車場なしです。
近くに4輪用コインパーキングはあります。









[PR]
by birder-rider87 | 2014-05-21 07:01 | Comments(2)