ピースサイン~どこかの道で

タグ:千葉ツー ( 6 ) タグの人気記事

南房総が恋しい季節



11月の後半は東京都心で観測史上初の積雪があったりと冬の寒さでしたが、12月最初の週末は平年並みに戻りましたね。平年並みといっても初冬ですから山間部へのツーリングはそろそろ辛くなってきました。


というわけで温暖な気候の房総半島が恋しい季節となり、今回は南房総エリアを時計回りで走ってきました。
paece!(・∀・)v パえ~す!


アクアラインを渡ってサクッと(死語?)上陸!




f0300637_01510878.jpg



f0300637_01513055.jpg



先日のブロ友さんとのツーリングで房総スカイラインが無料化されていたことを遅ればせながら知り、今回も使ってみようという魂胆。


と、その前に一ケ所寄り道してきますよ。マイナーな紅葉スポットの三島湖へ。今年は紅葉の当たり年っぽく房総路も例年より秋めいており、せっかくの機会なんで。


とは言ったものの、三島湖は紅葉客より釣り客で賑わってました。撮影した場所以外の紅葉もさほどでもなく。。。






f0300637_01514149.jpg



パシャパシャと撮影してると、マイナースポットのわりにバイクが次から次へとやってくるのです。で、オンロードは普通そんなとこ(未舗装)に停めないだろ…ってとこにみなバイクを停め、歩いて素掘りのトンネルの中へ消えていくわけ。あやしい(笑)


私もトンネルに入り、10人位で来てたツーリングクラブの人たちに「ここ有名なの?」と聞いてみたら、見事にはぐらかされましたよ (ーー;)


あまり時間をかけたくなかったので深入りせず退散。おおかたネットで広まった隠れ珍スポットの類であろうことは察しがついたので、帰宅後に検索したらすぐ答えが見つかりました。なるほろ、コレを見に来てたのね。興味のある方はご自身で調べてみてね!っていうかすでにご存知の方が多いかな。あしからず。









f0300637_01515799.jpg



f0300637_01521281.jpg




房総スカイラインで県24へ出て 道の駅ふれあいパーク・きみつ へ。







f0300637_01531798.jpg



そして鴨川有料道路(自二150円)を通って鴨川市街へ出ます。房スカを無料にしたのならコチラもぜひとも無料にしていただきたいものである。









f0300637_01534615.jpg



鴨川のとある展望台へ行くプランだったけど、曇ってきたので予定を変更し太海(ふとみ)フラワー磯釣りセンターに寄ってみました。






f0300637_01541524.jpg



f0300637_14025665.jpg



なかなかの眺めです。







f0300637_01544758.jpg



昼食をとりたかったのですが食堂の営業が終了してました。このメニューみたら無性に海鮮丼が食べたくなった。。。







f0300637_01551649.jpg

おみやげやに しょうゆサイダー なるものが並んでおり一度目は素通りしたんですが二度目になぜか手に持ってしまってた。会計時に「チャレンジャーですね」と言われてしまう(!)


「しょっぱいですか?」と聞いてみると、「みたらし団子のたれのような味です」とのこと。


外のベンチに腰かけ、キャップを開け、おそるおそる口にしてみる。
「うん、まずい!」


もちのろん、予想してたのでオドロキはなかった。まずいんだけど、どことなく飲んだことのある味がする。目をつむって飲んでみた。ドクターペッパーの系統とでもいうんだろうか?ドクターペッパーを薄くして隠し味に醤油をたらしたみたいな??


ゴミ箱がないので空瓶をレジへ返しに持っていくと「完飲ですか!すごいですね。」とお褒めの言葉をいただいてしまう(!!)。


全部飲めずに残すお客が大半だという(笑)  自分の味覚に自信をなくした。。。





f0300637_01561393.jpg


後味も残る。。。 (*´Д`)
しょうゆサイダーはここだけでなくあちこちのお店で見かけた。たぶんもう飲むことはないだろう。。。










f0300637_01580920.jpg





そのあとR128外房黒潮ラインなど海沿いの道に点在する道の駅のスタンプを集めながら南下。
ちくら潮風王国にある はな房 でおそい昼食となりました。15時すぎでしたので超行列店もすんなり入店できました。この時間帯はやってない店も多いので助かります。





f0300637_09535738.jpg



最近のソロツーでは昼抜きが多かったので久々に奮発しましたよ。
おらが流 海鮮丼1850円(税抜) 評判に違わずとってもおいしゅうございます。しょうゆサイダーの悪夢が吹っ飛んでくれました(笑)









f0300637_14200908.jpg



きれいな夕日は房総ツーリングの楽しみの一つであります。曇ってたので、あきらめムードが漂ってましたが運よく拝めました。






f0300637_01583492.jpg



道の駅 南房パラダイス にて。暗くなるのが早いねえ。






f0300637_01590689.jpg



f0300637_01585414.jpg



帰りは海ほたるへ寄っていきました。もういいやと思いつつ、毎度同じ写真を撮ってしまいます (;^_^A。







[PR]
by birder-rider87 | 2016-12-04 13:46 | ツーリング | Comments(4)

年末房総ツーは勝浦へ (イルミもあるよ)



今年のB1グランプリは勝浦タンタンメンが優勝をかっさらいました。
個人的にはあんまり勝タンには心をひかれてなかったんだ。ラー油どっさりかけただけじゃんみたいな印象だし、最初に食したカップ麺がイマイチだったし。。。

B1優勝の影響か我家の近所の大勝軒が勝タンを始めたもんで、試しに食べてみたんですよ。
そしたら、べらぼうに美味いじゃん! しかもクセになる!これは本場にも足を運ばねば。

ということで勝浦目指して走ってきました房総半島。








f0300637_22165445.jpg



世間は大掃除で忙しいのか道は空き気味でした。快調にアクアラインを抜け、R409→R410久留里街道も順調順調!
と思いきや、途中で道はバリケードでふさがれ狭い道へ迂回させられました。

住宅街を通る離合のキビシイ道。ところがどっこい道路脇におむすびが立ってるじゃありませんか。
ここ国道みたいですよ。というより酷道?!




f0300637_22170795.jpg



迂回路あつかいで国道のプライドはズタズタだな(泣)







f0300637_22172392.jpg

f0300637_22173689.jpg


道は広くなるどころかさらに狭くなりプラレールのような道……。
いつになったら脱出できんの?と不安になりかけたけどトンネル抜けたら元の広い国道へ無事戻れました。やれやれ。







f0300637_22180861.jpg

f0300637_22182682.jpg


R410→R465へとスイッチし亀山湖で缶コーヒータイム。
ここのダムは私が今まで見たダムの中で一番落差が低い気がした。







f0300637_22184885.jpg



県81養老渓谷ラインへルートをとったがコノ道も大部分が狭め。後半ようやく片側一車線となったところで海が見えました!ヨッシャ!









f0300637_22192825.jpg

R128で外房の海岸線をクルーズ。
安房小湊で小休止。ウオポートで干物物色。冷凍モノしかなかったが、家買ったら帰ったらどのみち冷凍保存するので問題ナス。





f0300637_22194913.jpg

堤防は釣り糸を垂らす人々で満席。









f0300637_22203925.jpg

f0300637_22210425.jpg

f0300637_22213785.jpg

f0300637_22215506.jpg



今回のツーの目的地は勝浦。マップルを眺めるとブロ友さんが先日訪れた「おせんころがし」が近かったので寄ってみたあるよ。











f0300637_22221788.jpg




ここスゲー海と近い!
現国道は地図上では海岸線をなぞっているが実際は海からは少々離れておりダイレクトに海を感じられないが、ここは海が近いよ!
道が狭くて、落石注意の標識がいっぱい立ってるけど眺めが良くて気持ちいい。
法面がコンクリで固められてるので落石の危険性は現状では低い気がするけどね。






f0300637_22224337.jpg



f0300637_22231131.jpg



f0300637_22233472.jpg




車が通れる「おせんころがし」の区間は短いが内容が濃い道だね。







f0300637_22235423.jpg


車が通れない「おせんころがし」が遠くに確認できます。私は行きませんm(__)m









f0300637_22251979.jpg



現国道のR128に戻り勝浦方面を走ると勝浦タンタンメンのノボリ発見。
『えびね』でタンタンメン。店内には名車オートバイの模型が何点か飾られております。
店主はバイク大好きで自身もビッグバイクライダーとのこと。店が空いていればソロツーライダーの話し相手となってくれることでしょう(笑)


もちろん勝タンも期待どおりでござるよ! 辛さのなかでタマネギの甘さがいい仕事してるかなと。










f0300637_22263219.jpg

f0300637_22264586.jpg

f0300637_22265774.jpg



冬だというのに真っ赤なラーメンで汗だくになった後に訪れたのは「勝浦海中公園」なり。
こちらでは海中展望塔から天然の海水魚が観察できるでござるよ。


料金は大人960円であるが、ホームページにアクセスしてWEB割引券を提示すると10%OFFになります。






f0300637_22272391.jpg



らせん階段を降りて目が回ったころに海中展望室に到達。








f0300637_22275257.jpg




気分は潜水艦。We all live in a yellow submarine Yellow submarine♪





f0300637_22285953.jpg

f0300637_22300058.jpg




通常の水族館と違い、天然相手なので水中透明度や時期により見られる魚介類に当たりハズレがあるそう。
この日の透明度は7mでそこそことのこと。根気よく観察してたチビッ子はイカやタコ、ウツボなんかも見れたと満足気でした。







f0300637_22302111.jpg



地上に戻ると、空がうっすら紅く染まる時間になってました。



帰りルートは県178小田代勝浦線で北上。この道も狭かったような記憶。









f0300637_22310535.jpg




道は県81となり流していたら、きらびやかなイルミネーションが視界に入ってきました。
小湊鉄道の養老渓谷駅です。どうやら上総牛久駅までの10駅がイルミネーションでライトアップされてる模様。








f0300637_22312524.jpg

f0300637_22314504.jpg

f0300637_22320552.jpg

f0300637_22322476.jpg

f0300637_22324267.jpg


駅舎だけでなくホームも飾られています。

一度に全部回るのは大変なので、帰りルート沿いにある駅を巡ってみようかと。








f0300637_22331693.jpg


f0300637_22333286.jpg

f0300637_22340904.jpg

f0300637_22342807.jpg


お次に訪れたのは里見駅。もったいないと思いつつ県道からはずれた途中3駅をとばしてしまいました。
里見駅は県道沿いに面しているので直ぐわかりました。






f0300637_22353718.jpg



さらに県道を北上したら駅入り口に気づかず。またまた3駅すっとばしてしまいました。
県道からはずれ上総川間駅を探します。畑の真ん中にある無人駅かな?
小さな駅だけど、ぬくもりを感じる明かりで彩られていました。








f0300637_22350761.jpg



最後の上総牛久駅。こちらは街中の駅でした。他の駅に比べイルミは控えめ!?

昼間の暖冬日和から一転、日が暮れて気温が降下。R409でアクアラインへ向かいます。










f0300637_22361017.jpg


f0300637_22362748.jpg


f0300637_22364788.jpg


「海ほたる」で何故か佐世保バーガー。あごがはずれるっつーの。








f0300637_22373179.jpg



f0300637_22382187.jpg




房総ツーリングの帰りアクア、神奈川県川崎側の浮島で下道へ降りる途中に一瞬だけ京浜工業地帯の工場夜景が視界に入るのです。
いつもキレイだなあと思ってたのですが時間が遅く素通りでした。今回は時間に余裕があったので工場萌えしました。




夜景にはうっとりなのですが、排煙の化学的なにおいはやはり工業地帯特有のものでござる。











[PR]
by birder-rider87 | 2015-12-28 01:57 | ツーリング | Comments(4)

東京湾フェリーで南房総へ



「今度のツーリング、どっこ行こうかな?」
何年かバイクに乗ってると日帰りで行けるツースポットはだいたい行きつくして、行き先選びに迷うのはありがちなことですね。
そんなときに力になってくれるのは他人様のツーブログであります。ブロガーさんが行ってきたスポット、自分も行きたくなるのは自然の摂理というものです(笑)。
というわけで今回のツーはお気に入りブロガーさんの記事を参考(まね)にして東京湾フェリーを組み込んでプランを練りました。


以前は東京湾を横断するフェリーといえば、昭和トレンディドラマ「男女7人夏物語」でさんまさんが通勤に使っていた川崎~木更津航路のフェリーもありましたが、ご存知のようにアクアライン開通により惜しまれながらその姿を消してしまいました。
残る久里浜~金谷航路はうれしいことに現在も運航されていますので これに乗船します。



過去に利用したときは高速代をケチって下道で久里浜港まで行ったもんですが、当日の出発時刻が遅かったのでリッチにシュパーーンと上で行くことにします。
第三京浜・京浜川崎IC~(160円)→横浜新道(160円)→横浜横須賀道路・~衣笠IC(980円)で合計1300円也。※現金利用
昔から横横は高額道路として有名だったが、料金所で通行料を提示されたときには思わず「うへえ~」と声が出てしまったあるよ。
それに新道も昔は全線走っても50円だった記憶があるが、この短い区間で160円とはずいぶん値上がりしたもんよのう。





f0300637_09260493.jpg
f0300637_09305862.jpg


なんのかんのいいながら久里浜フェリーターミナルに到着。
なにやら人がいっぱい歩いている。

おやおや、11時台の便は貸切のようで一般ピープルは乗船できない模様。次の12:15の便まで1時間ほど待つらしい。
おわびのしるしなのか係員さんからドリンク無料券を手渡された。





f0300637_12251387.jpg




観光バスを何台も載せたフェリーが港を離れていった。さよなら~。







f0300637_12253100.jpg



そもそも最初から出航時間など調べてこなかったので乗船待ちは想定の範囲なのだ。ドリンク得したってかんじだな。
乗船券を買いに窓口へ。二輪車は排気量750ccを境に料金が変わるようだ。
運転者1名の運賃込みで片道750cc以上が2310円で750cc未満が1940円。
ちなみに往復はそれぞれ4340円と3630円となる。


賢明な読者はお気づきだろうがアクアラインで渡るよりコストは高くついた(;´∀`)
しかし今回はコストよりもワクワクを重視!旅情に浸るのだ。





f0300637_12255585.jpg



乗船まで時間があるので近辺をぷらぷらすると、威厳ただよう大型帆船が停泊中。
なんと日本丸(二代目)だった。この日は船内が一般公開されていました。人がやたら多かったのはこのためだったのか。納得。







f0300637_19083447.jpg


f0300637_12271538.jpg




午前の部の公開は終了していた。事前に知っていたら早く来ていたんだが。。。








f0300637_12273981.jpg



フェリーターミナルのトイレ内に貼ってあったあるよ。









f0300637_12275727.jpg



出航まで1時間あると余裕をかましていたら30分前にバイク客は乗船準備をするよう放送でうながされた。
長距離フェリーと同じで乗船はバイクが最初で下船は最後です。






f0300637_12281455.jpg



そして船内に乗り込むの図。たかだか40分ほどの船旅ではあるが、アクアライン利用にはないワクワク感。








f0300637_12283271.jpg
f0300637_12284774.jpg


フロアの様子。装備品は年季が入ってるかと思いきやわりと新しめであった。







f0300637_12291141.jpg



久里浜港を出港!







f0300637_12293358.jpg



甲板の様子。潮風を肌で感じて東京湾クルーズを楽しみたい人が多数。








f0300637_12300375.jpg



午後の部の公開を待つ人々。




f0300637_12310127.jpg
f0300637_12304735.jpg


カモメ(ウミネコ)にかっぱえびせん。おなじみの光景。

私はバーダーのはしくれでもあるので、海上に双眼鏡を向けて他に野鳥がいないかウォッチング。
そしたらミズナギドリの仲間の群れが何組か入っていました。写真はありません。あしからず。





f0300637_12335411.jpg



船が房総半島に近づいてきました。






f0300637_12341361.jpg



金谷港に接岸。
下船直後の国道へ出る道は一時的に渋滞するので、それらをやり過ごしてから出発しますた。






f0300637_12344679.jpg


R127内房なぎさラインを南下。岩井の手前で県89→県88富津館山線とつないで走ってく。









f0300637_12350629.jpg
f0300637_12363997.jpg




道の駅 三芳村 鄙の里(ひなのさと)までやってきました~~~。
ここでお昼にします。お目当てはビンゴバーガー。※営業11:00~16:00パティがなくなるまで。木曜定休(祭日は営業)。
かなり以前、週刊バイクTVで紹介されていて、いつか来てやろうと目論んでいたんですがやっとこさ来れますた(;´∀`)/
国産ビーフ和牛100%の本格的かつビッグなハンバーガーが味わえるとのことです。





f0300637_12352552.jpg



7~8人並んでましたが、このために走ってきたので臆せず列に加わります。っていうか、思ったほど並んでなくてホッとした。
女子力高めなアボガドバーガー950円とドリンク150円を注文。しかしサイズは女子にはきつめなビッグサイズ。
一見お値段高めですが、アゴがはずれそうなくらいのでかさ。ファーストフードのハンバーガーの2~3倍はあろうかと。。。
この写真だとわかりづらいので…






f0300637_12353778.jpg




見よ!このどでかいパティを!でかいだけではなく牛肉の旨みが凝縮!あーごめんなさい。でかさが伝わらないわ。。。
これはリピート決定。また食べたいよ。メニューも豊富だし、南房総ツーの定番スポットにしたいくらい。





f0300637_12355989.jpg


食後におみやげを物色。定番のサバカレー、いわしチリトマト。
ちーばくんのもなか。





f0300637_12361541.jpg


デザートは別腹でさらに女子力アップ。もなかがさやの形で芸が細かくグッド。ほんのりピーナッツのお味。
心もおなかも満たされたところでお次の目的地へ出発。







f0300637_12370480.jpg



館山の駅に近いとあるお店へ。なんとこちらは珍しいバナナの専門店。佐藤バナナ問屋本店。
バナナの専門店は日本に3軒しかないという噂。館山、前橋、熊本。
何か月か前にTVのニュースで紹介されていて、館山に行ったら寄ろうと楽しみにしていますた。




f0300637_12371732.jpg
f0300637_12372889.jpg


店内に入るとバナナの芳醇な香りにびっくりです。専門店ならではのこだわりは熟成なんだとか。
家族のおみやげに甘熟王を二房買っていきました。食べ頃が楽しみです。








f0300637_19081510.jpg


ハンバーガーとバナナで今回のツーの目的を果たし、あとは野島崎のあたりの海岸線をちょろっと流して、安房グリーンラインを通って帰ろかな。
てな感じで走ってたら気になるお店発見。ピーナッツソフトの看板が目に入る。
ピーナッツもなかを食べたばかりなので迷いましたが、館山に次いつ来るかわからないので寄ってくことに。またまた女子力アップ(笑)







f0300637_12381446.jpg


木村ピーナッツ直売店ピネキのピーナッツソフト(400円)。
予想よりお値段高めでびびりましたが、お味は こ、濃いぃ~~~~~!
目隠しして食べてもピーナッツ味とわかるくらい。


駐車場にひっきりなしに他県ナンバーの車が入ってきます。なにやら有名っぽい。
ここもおそらくTVで紹介されたことがあるのかも。






f0300637_12384304.jpg
f0300637_12453358.jpg


その後は県86で南下。道の駅 白浜野島崎の看板が出てたので寄ってみたが、道の駅らしからぬ なんだかとっても寂しい雰囲気。
間がもたないので駅を出て海岸線へ移動しますた。






f0300637_12460243.jpg
f0300637_12463398.jpg



f0300637_12470521.jpg



いや~おまっとさんでした。ようやく房総らしい海岸風景です。






f0300637_12493786.jpg



海へ出たのも束の間。すぐさまグリーンラインで内陸に入ります。
グリーンラインは国道から中に入ったところから始まるので、ややわかりづらいですかね。
「海底地すべり地層」が気になりますね。








f0300637_12495641.jpg



m(__)m 地すべり地層のことは完璧に忘れてしまい、いつのまにかスルーしてました(笑)
グリーンライン自体はとても走りやすいショートカットの道という印象かな。。。





f0300637_12523556.jpg



県88をひたすら北上。途中狭路の山道区間があり、真っ暗になる前に抜けられてよかった。







f0300637_12531413.jpg



行きはフェリーでしたが帰りはアクアライン。
道が混雑してることだし、せっかくなので海ほたるへ寄っていきますた。








f0300637_12534833.jpg


サバカレーせんべい なるものを発見。うわーコレいつから売ってるんだろ? 迷わず購入。





f0300637_12555313.jpg


いすみ鉄道カレーと… って、またカレー(笑)どんだけ好きなんだ。
そういやカレーパンで軽く食中毒を起こした日に「晩ご飯は何がいいか?」と聞かれ、「カレー」と答えたことがあったっけ (;・∀・)

いやいや、それよりも隣のあやしいラーメン見ておくんなまし。

トウキョウ 都会用ラーメン

都会のクールなイメージとは程遠い昭和レトロな田舎っぽいパッケージがシュールでそそります…
が買ってみたら袋めんにしては248円とかなり都会的なお値段でした(笑)







[PR]
by birder-rider87 | 2015-10-19 23:21 | ツーリング | Comments(2)

銚子で海鳥ウォッチングツー(後編)

さてさて、銚子の海の幸を これでもか!というくらいに満喫したあとは お待ちかねの海鳥ウォッチング午後の部です。


f0300637_21311111.jpg
f0300637_21314250.jpg
f0300637_21315576.jpg


前回訪れた時よりも、だいぶカモメ類の数は少なくなりました。とはいっても世界有数のカモメポイントである銚子港。ほかの港などよりは まだ多い印象。



f0300637_21321563.jpg

んで、今回のお目当てはハジロカイツブリです。
今季は各地でその姿を目撃しており、海ではない湖でも見ましたが、すべて冬羽でした。冬羽の記事はこちら
ぜひとも大変身をとげた夏羽の出で立ちを見てみたかった。

ブラック&ゴールドな色使いがゴージャスで、なんか お金持ってるように見えますよ (^ω^)
ものすごい変わりようだな。最近ワイドショーで話題のミポ○ンの旦那も「時代は中性ですよ」とかいい出汁でてますね… 突然言いだし変貌してしまったとか?


f0300637_21323476.jpg

冬場は単独~数羽で行動してましたが、春は団体行動です。



f0300637_21325535.jpg

1羽が潜ると、ほかのみんなも一斉に潜ります。浮かび上がるときも一斉に出てきます。息ぴったし。抜群のチームワーク。




f0300637_21331500.jpg
f0300637_21333247.jpg
f0300637_21334630.jpg
f0300637_21340328.jpg
f0300637_21343458.jpg

連続写真で水中へ飛び込むシーンをどうぞ。1羽だけマイペースくん。




f0300637_21352071.jpg

帰りの時間もかかるということで解散して友人とわかれて、ここから別行動。
一応ツーリングなので、観光地へも寄っとかないと。初日の出でおなじみ犬吠埼へ。



f0300637_21353833.jpg

白亜の灯台。岬へ来た実感。 まーしかし、みんな先っぽ好きだよねー。人がいっぱいだわ。



f0300637_21355164.jpg

門の横に なんと白亜の郵便ポスト(アルビノ?)。 
4月からの消費増税による郵便料金改定のお知らせが貼ってあることから、お飾りではなく現役で活躍中のご様子。



f0300637_21361188.jpg


すこし離れた場所からの犬吠埼灯台。




f0300637_21363893.jpg

しばらく走って、適当なところで また海鳥探し。
遠目にアビ?オオハム?と見え、シャッターを切りまくる。画像を確認すると鵜。な~んだと思ったけど、ここは海。そっかウミウか。
いつも見ているのはカワウで、意外とウミウって見落としがちかも。



f0300637_21365742.jpg

繁殖羽のウミウも遠くで浮かんでました。



f0300637_21371609.jpg

ここにもアカエリカイツブリがいました。ほかにはクロガモ、スズガモ、ヒメウ、カモメ類。




f0300637_21373468.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎていきます…




f0300637_21375775.jpg

名洗港海浜公園にて。屏風ヶ浦へと沈みゆく夕日。




f0300637_21381345.jpg

そういえば、ツーレポなのにバイクの写真なかったので遅まきながら撮影。
全国のセブンイレブンで「当店だけ」というPOP広告に惹かれてTシャツを衝動買い。
当店は九十九里小関店。たぶん近隣の土産物屋では売ってそうだけどね。



f0300637_21382506.jpg

サーファー向けみたいだけど、「波に乗ってます」というフレーズはいろんなことに当てはまるからいいかと!
鳥運、波に乗ってます (^o^)/ みたいな。



f0300637_21384066.jpg

こちらは銚子で購入したおみやげ。定番の「ぬれ煎餅」に「幸せの黄色いてるぼう ご当地限定千葉のびわ」って黄色くねーじゃん( ;∀;)
そして「房総(暴走)!いわし男のいわし~る」




f0300637_21385500.jpg

東京湾アクアライン 海ほたるからの夜景。みんなは どこ行ってきた帰りなのかな?






[PR]
by birder-rider87 | 2014-04-02 07:02 | ツーリング | Comments(0)

銚子で海鳥ウォッチングツー(前編)

いやぁ、随分とあたたかくなりました。私の住んでる地域では桜が開花したかと思いきや、速攻で満開ですよ!
3月最後の週末はがんばって銚子へ行ってきました。今回はバイクです。




f0300637_21310987.jpg


九十九里有料道路。バイクは通行料200円な~り。
通称「波乗り道路」と称され延々と続く砂浜沿いを快適にクルージングとの期待が高いですが、海岸を眺めながら走れる区間は意外と短かった。
たしか白里あたりから片貝までが海がよく見えた。ちょっと、うろ覚えですんません。




f0300637_21313041.jpg


片貝で海岸散策。見渡す限りの大海原。そして砂浜。気持ちが洗われます。




f0300637_21315256.jpg


いろんな貝殻がたっくさん打ち上げられてました。ほとんどが二枚貝でした。




f0300637_21321561.jpg


いい波がたってましたが、海に入っていたサーファーは数人。俺だけの波。




f0300637_21324805.jpg


春の九十九里浜。のんびりと過ごすには最高の時期かもしれません。




f0300637_21331600.jpg


片貝海岸をあとにして、県道30 九十九里ビーチラインをひたすら走ります。
ビーチラインと銘打っておりますが、道中で砂浜が見える区間はほとんどなかったような…
山武市では住宅が並ぶ脇を通る区間が長いのですが、生け垣のお宅が多いのが印象的でした。
旭市に入ると海が見えますが、震災後の復旧工事が今も進行中でした。



そんなこんなで駆け足で飯岡刑部岬(ぎょうぶみさき)へとやってきました。
展望台があったので登ってみましょうか。


f0300637_21333018.jpg

うおお~~~ (@_@)! すんばらし~~!!
あまり期待してなかったんですが、ここは近くまで来たら必ず立ち寄ることをおススメします。
展望台のそばに こじゃれたレストランもあり気持ちよく過ごせる感じです。カップル向きなので私は遠慮しましたが…



f0300637_21343760.jpg

そうそう。ここまで来る間に寄り道して、海鳥を撮影。アカエリカイツブリがいました。
名前の通りのアカエリ、夏羽の赤い首になってるのを期待しましたが、まだ冬羽でした。
残念ではありますが、いつか鮮やかな夏羽を見たいという課題ができました。これは鳥見を長く続けていこうという気持ちになれるので、こういった課題は歓迎ですよ。
思い通りにスグ見れたら、私の性格だとスグ飽きちゃいますから。




f0300637_21351029.jpg


わりと近い距離でヒメウが撮れました。写真を確認して気がかりなことが…
体にオイルが付着しているように見えます。もしかして先日の浦賀水道における船舶事故で流出した重油の被害だろうか?

※1月撮影のヒメウの背中も似たような感じでした。鵜の羽って、あまり水をはじかないみたいだから単に濡れてるだけなのかな?
※ブログ用に縮小する前の原画像を見たら、オイルではなく水でした。m(__)m

f0300637_21354402.jpg
衣替えしたカンムリカイツブリもいました。



f0300637_21360403.jpg

イソヒヨドリ(♀)が飛び、停泊している船舶にとまります。海から離れたうちの近所でもまれに見かけることがあるんですが、やはり海が似合う野鳥です。




f0300637_21362581.jpg
f0300637_21364367.jpg

やや遠くに大きめな鳥が浮かんでました。シロエリオオハムでしょうか。
冬羽は地味なんですが、図鑑をパラパラすると「ハム」という生きものらしからぬ名前にページをめくる指が止まります。
まさかサンドウィッチにはさむあの食材ではないんだろうけど(笑)。魚食む(ウオハム)が由来だとか?! 魚肉ソーセージのことではないと思います。



…実は今回、急に友人と銚子で現地集合のツーリングと相成りまして、先に到着した云々メールが届き、待ち合わせ場所?のウオッセ21へ急いで移動!



無事合流して、お楽しみの昼食タイム (^o^)丿
昨年行き当たりばったりで発見したバーダーライダーおすすめの店へ歩いて移動。


f0300637_21373292.jpg

嘉平屋 海鮮お食事処 (嘉平屋おみやげセンター併設) 

銚子海鮮丼 1780円 

つみれ汁はおかわり自由。というか注文すると料理より先にまず一杯出てくる。そして料理と一緒にもう一杯。
お刺身の盛りは気前がいい。2~3枚食しても、下のご飯が見えないんだよねー♪ すごい重ね盛りに万歳 !(^^)!
量だけでなく、鮮度も抜群。店のおばちゃん曰く「せっかく銚子まで来たんだから、おいしいものたくさん食べていって!」
あっざーーす (^o^)/



f0300637_21374779.jpg

友人は 鉄火丼 1500円
彼もノンストップ下道4時間かけて銚子に入ったそうだが、来た甲斐があったと申しておりました。



f0300637_21380131.jpg

奮発して、裏メニュー?の天ぷら盛り合わせ 1500円~から応相談。 
写真は1500円の盛り合わせです。遠路はるばるの銚子なんで、たらふく食いまっせ! エビでかっ!! ヒラメ厚っ!

※消費税増税で価格改定の可能性あり



会計後にクッキーもいただきました。至れり尽くせりやわー。



まったり食後は、ふたたび海鳥ウォッチへ。後編へとつづく。





[PR]
by birder-rider87 | 2014-04-01 07:06 | ツーリング | Comments(2)

秋の南房総シーサイドツーリング

11月も残り少なくなり、もうすぐ冬到来ですね。寒風吹きすさぶ前に静かな海沿いを走りたくなり房総半島へとやってきました。
f0300637_18340980.jpg
海のむこうに雄大な富士山がくっきり。
f0300637_18344091.jpg
カモの仲間でホシハジロ。前にもお会いしましたね。
f0300637_18350563.jpg
オオバン。葉っぱくわえてます。あーた男岩鬼か!や~まだっ!
この間、山中湖で見かけたのと同じ野鳥ですが、ここは千葉県の海です。その証拠に…

f0300637_18360274.jpg
東京湾アクアライン。木更津金田ICのそばです。
ところで、ぼくのVストはETCを搭載しておりません。なのでアクアラインは現金ニコニコ払い2400円な~りで通行です。お人好しです。なんですか?ETC利用だとバイクは640円ですか!ちょっと格差ありすぎ社会じゃないスか。(そのかわり気のせいか、料金所の方がものすごく丁寧で「VIP待遇?」みたいな)

そういや数年前に実施された1000円高速も蚊帳の外でした。その時は、しゃくだから現金で1000円の区間だけ走って、1000円高速の気分だけ味わってみたり…。ん~、涙ぐましい(笑)

まあETCつければいい話なんですよね。ところがVスト納車の際に搭載をバイク屋に打診したところ、ETC割引制度が来年3月で終了しそうだから、今からつけてもあまりメリットないよとのお返事。えっ、そうなの?もう終わり?が~ん(+o+)

というわけで、いまどきETC未搭載続行中です。

f0300637_18352547.jpg
ユリカモメが羽を休めておりました。真っ赤なクチバシとアンヨがおしゃれ。
f0300637_18354200.jpg
セグロカモメも街灯で休憩中。ユリカモメとはクチバシの色とかの相違点があるんですが、一番違うのは体の大きさですね。
ユリカモメがVTR250だとすると、セグロカモメはCB1300SFぐらい!? 一目瞭然です。

f0300637_19493436.jpg
木更津から房総半島を南下します。海原を見下ろし快走!

f0300637_19553867.jpg
道の駅とみうら にて小腹を満たすため軽食。イカメンチバーガー 釜新×中村屋×枇杷倶楽部のコラボ商品だとか。
R127内房なぎさライン富浦駅近くを通ったとき、イカメンチののぼりを立てたお肉屋さんがあった。とても気になったんだけど通過。ラッキーにも道の駅にありました。紙コップの中身はびわの葉茶です。

f0300637_19555817.jpg
ガブリとやって中身。粗く刻まれたゲソがぎっしり。ミンチやすり身を想像してましたが、こっちの方がイカを食べてる感じがしてグッド!
満足したら再出発。

f0300637_20213542.jpg
f0300637_20220189.jpg
R127館山バイパス 館富トンネルを抜けると南国でした。

f0300637_20284023.jpg
f0300637_20285836.jpg
f0300637_20293468.jpg
R410 房総フラワーライン 根本海水浴場の近辺です。誰もいない海。
この後、野島崎まですぐなんですが、いったん通り越して、食事処を目指すことにします。
f0300637_20461952.jpg
花のえん の 地魚お刺身盛り合わせ定食。
房総来たら、やっぱ新鮮な魚介食べたいよね!
f0300637_20464774.jpg
こちらのお店は道の駅ちくら潮風王国から歩いていける場所にあります。お店までの道はかなり狭くS字になってます。乗用車だと大変かも。外観は店舗というよりそのまんま民家ですね。建物内も民家の造りですが、座席はテーブルと椅子が用意されています。

食後に、道の駅をのぞいてみましょう。

f0300637_21045772.jpg
f0300637_21070972.jpg
落ち着いた雰囲気の海が広がってます。秋の海っていいねー。

f0300637_21054099.jpg
土産物屋には生け簀がありました。奥になにやらあやしい機械が…
f0300637_21060780.jpg
えっ、なになに、マリンキャッチャー?看板はエビの絵ですが、獲物はサザエ。ちょっと、やってみましょうか。
f0300637_21064386.jpg
お~~い動かぬこと岩のごとし(^^;) これさー、ぜってー持ち上がんないよ(笑)。ザルに水、豆腐にかすがい。歯が立たないとはこのこと。
あえなく撃沈したあとは先ほどとばした野島崎へ向かいます。

f0300637_21270524.jpg
灯台の周辺。巨岩がゴロゴロ。
f0300637_21274162.jpg
道路より内側にも超巨岩!天板がくり抜かれてて豪快露天風呂だったりはしないよね。

このあと養老渓谷の紅葉具合を見に行きがてら、フラット林道を走りたかったけど、この時期は日暮れが早く、林道つく頃は真っ暗になりそう。だもんで往路でカットした洲崎をまわって帰路につくことにします。

f0300637_21342667.jpg
手つかずの海。

f0300637_21350979.jpg
北条海岸でサンセット。
f0300637_21354230.jpg
うっすらと朱に染まる富士。
(富士五湖行くと雲隠れすんのになー)

f0300637_21552462.jpg
金谷港のザ・フィッシュにてお土産購入。
バイク仲間に「来週のツーリングさあ、暴走半島ね」とかメールする人って結構いると思う。ていうかワタクシ。このTシャツは「房総族」か。なるへそ。ところで、あじょ?って?

今回のV-strom650ABSの実燃費は26.9キロでした。燃費計の表示も同じくらいでした。

[PR]
by birder-rider87 | 2013-11-25 22:44 | ツーリング | Comments(2)