ピースサイン~どこかの道で

タグ:山梨ツー ( 11 ) タグの人気記事

リニア見学センター



五月だというのに各地で夏日を記録。救いは湿度が低くカラッとしていることでしょうか。
山梨県20番目の道の駅が今年オープンしたとのことで、様子見ツーリングに出かけてきました。





f0300637_22144321.jpg



道の駅 つる(ツーリングマップル関東甲信越2017・24大月L4)

マップルの表記だとR139富士みち沿いに見えますが、実際は国道から脇道に入った所にあります。案内標識がわかりやすいので迷うことはないでしょう。
農産物直売・おみやげ・食堂など最近の道の駅では必須項目と言えるものは ひと通り揃ってます。バイク専用Pが用意されているのでツーリングの立ち寄りスポットとして利用しやすいなと思いました。







f0300637_22181565.jpg




道の駅の案内標識の下に「リニア見学センター」の標識が掲げられており、興味がわきました。

あれがリニアの実験線かな。道の駅から近いこともあり、せっかくなので寄ってみることにします。
バイクで移動しようとして メットをかぶるのに触ったら結構熱くてビックリ。なので見学センターのPでは木陰に停めました。






f0300637_22190327.jpg


リニア見学センター どきどきリニア館






詳しくは上記のリンクでHPを参照いただきたいのですが、月曜が休館、日曜は基本的にリニアの実験走行は行われないそうなので、リニアの走行を見学したい場合は他の曜日に訪れたほうがいいですね。入館料は大人420円です。






f0300637_22193244.jpg




入館してまず目に入るのがリニアの実物大模型。記念撮影ポイントとなっております。







f0300637_22202159.jpg


f0300637_22203750.jpg



奥に進むとショーケースに歴代リニアの模型が並べてあります。リニアの実験は昭和中期から行われており、かれこれ50年以上になるのでは?
ようやく実用化の目途がたったようです。東京→大阪を67分。「狭い日本そんなに急いでどこへ行く?」、「狭い日本急いで行けば早く着く」。あなたはどちら派?






f0300637_22205267.jpg



こちらは現行のリニア実験車両。東海道新幹線のようなカラーリングです。







f0300637_22212552.jpg


f0300637_22215275.jpg




2Fはリニアの仕組みを紹介する展示物が設置されています。
こちらの装置は手前のハンドルをグルグル回すと磁力が発生してリニアの模型を浮かすことができます。
しかし、大人がハーハー言うほど本気で回さないと浮きません(笑)。速度の目安は時速145キロ以上出さないとダメ。145キロまで出せれば、あとはあっという間に500キロに到達。なんかテケトーな感じっつーの? 小さい子供だと浮かない場合も。。。






f0300637_22221199.jpg



ミニリニアに乗車して浮遊体験走行ができるということですが、乗車してからフワンと浮くのではなく最初から3センチ浮いてるそうなので乗ってみても浮いてるかどうかよくわかりませんでした。ケチつけてすみませんm(__)m





f0300637_22223144.jpg



なにやらジェットコースターのような展示物が作成中でした。







f0300637_22225185.jpg


f0300637_22230828.jpg





3Fは巨大ジオラマ鉄道模型とミニシアターがあります。
ジオラマは山梨の名所などが事細かく作り込まれており 見ごたえあります。双眼鏡で覗くと様々な発見がありそう!リニアの他に特急あずさ も走行。

ミニシアターは撮影禁止でした。リニアの走行画像が映し出され疑似体験乗車といった趣向ですが、ほぼトンネル内の映像でした。実際の中央リニア新幹線も9割方トンネルになると以前のニュースで見たような気が。。。




ちなみに本物のリニアの体験乗車応募券を入館に際していただきました。開館3周年特別企画でペア40組80名様無料ご招待とのこと。興味のある方は来館されて応募(6/18まで)してみてはいかが?







[PR]
by birder-rider87 | 2017-05-29 08:00 | ツーリング | Comments(0)

日本百名瀑 精進ケ滝までツーリング



カレンダーをめくり11月となり、日に日に秋が深まってきました。

今年は9月が天候不順であまりツーリングに出られませんでした。季節の良い時期を逃したこともあって、気温が低く冬を先取りしてしまう山間部の紅葉ツーより温暖な地域で冬装備せずにもう少し走っておきたい気分です。とはいえ遅れていた紅葉が見頃とあって、やっぱり足はお山の方へ向いてしまうのでありました。





f0300637_17030464.jpg


今回は山梨県北杜市にある日本百名瀑のひとつ『精進ケ滝(北精進ケ滝)』へ行ってみようと思います。
paece!(・∀・)v パえ~す!


中央道 甲府南ICを降りてR358を走行中に冠雪したアルプスが眼前に飛び込み、思わず感嘆の声が出ました。

下曽根橋を渡り、県29+県12で南アルプスIC方向へルートを選択しました。
道なりに走ってたら高速道路っぽくなって少し焦りました (;''∀'') が、緑の標識だけど「無料」と表記してあったので構わず前進!
私の2012年版のマップルには出ていません。あとで調べたら『新山梨環状道路(南部区間)』という路線でした。

ワープ区間は南アルプスIC手前で終了。道なりに県12を北上。県613 甘利山公園線で甘利山へ駆け上がります。





f0300637_17054189.jpg


f0300637_17043364.jpg


甘利山の駐車場を越えると道は小字沢林道になります。





f0300637_17063930.jpg


小字沢林道は全線舗装ですが路面はカラマツ(?)の落ち葉で覆われて秋色全開です。スロットルは閉じ気味でした。(*_*;





f0300637_11082191.jpg


f0300637_17081449.jpg


今年の紅葉は期待薄かなと思ってましたが、このところの冷え込みが功を奏したのか予想以上の彩りでうれしいね。





f0300637_17084030.jpg


f0300637_17093491.jpg

林道分岐点。小武川林道を左折します。





f0300637_17100005.jpg


f0300637_17103322.jpg


f0300637_17105430.jpg

快晴のツーリングは格別。





f0300637_17111396.jpg


精進ケ滝はこの先を左なんですが、まさかのゲートクローズ (;・∀・)
「え!ココでかい!」

Uターンして迂回してる時間はナッシング。ゲートの脇にすき間なし(笑)。どぼずる?
事前の調べでは通行止めはなく全線通行可だったのに。。。





f0300637_17113307.jpg


ダメ元で「開け~ゴマ!」と唱えたら、開きました 。(´▽`)/

うそです。鍵かかってませんでした。ホッ。おどかすんじゃねえよ(笑)。





f0300637_17115984.jpg


無事ゲートを越え、御座石林道に入り少し進むとダートになりました。ダート区間は1キロ以下でしたが予想以上にボッコンボッコン (この写真の先)。ガレてなかったのが救い。V-stromの走破性にも助けられました。ダートはこの先の精進ケ滝林道にも数百メートルのフラットダートが残っていました。






f0300637_17124293.jpg


ようやく精進ケ滝の駐車場に着きました。車2~30台分のスペースで、仮設のトイレがあります。
滝までは吊り橋を渡ってハイキングコースを歩いていきます。






f0300637_17131469.jpg


吊り橋を渡ると標識があります。滝までは40分かかります。
通りすがりで寄ると間違いなく断念する所要時間でありますが、私は2回目の訪問なので織り込み済み。





f0300637_17134233.jpg



f0300637_11084005.jpg



f0300637_17141148.jpg


f0300637_17151189.jpg


f0300637_17153957.jpg


f0300637_17160212.jpg


f0300637_17164415.jpg


久しぶりのトレッキングだったので息が上がり気味でしたが、写真を撮ってるときは休憩してるようなものなので最後まで行けました。滝見台までは標識どおりで約40分でした。













f0300637_17172551.jpg


日本百名瀑 精進ケ滝

落差121mを誇る段瀑














f0300637_17181783.jpg


滝見台の様子を魚眼レンズで撮影。滝までは距離があり近くまでは行けないみたい。ここで行き止まり。
※あとで調べたら滝壺まで行けるルートがあるっぽいです。

ベンチに座り、コンビニで買ってきた菓子パンとお茶でしばし まったり。(*´ω`)







f0300637_17185549.jpg




f0300637_17192347.jpg



双眼鏡があるとさらに楽しめるでしょう。私は忘れちゃった(汗)。







f0300637_17194936.jpg


帰りは30分で駐車場まで戻ってこれました。
時刻は午後3時前。精進ケ滝林道を武川方面へ下っていきます。





f0300637_17201452.jpg


林道を出て一般道を走ってる最中に見えた山容。なんという山かな?





f0300637_17203653.jpg


道の駅はくしゅう南きよさとにらさきと巡り、3か所のスタンプを獲得。
野菜などの生鮮食品は売り切れてたが、南きよさと でおいしそうな手作りみそを発見したので土産に買っていく。

写真は 道の駅にらさき から望む富士山。







f0300637_11085372.jpg



午後5時半で真っ暗だ。だいぶ陽が短くなったな。








[PR]
by birder-rider87 | 2016-11-04 22:01 | 林道ツーリング | Comments(2)

森の中の水族館



今年の9月はどうしちゃったんだろう?関東は毎日のように曇/雨でござんした。ふとんも干せず、洗濯物も乾かず。
ようやく晴れ間がのぞいたので久々にバイクで出かけてきました。





f0300637_23150275.jpg


f0300637_23145180.jpg


おなじみのR413道志みちを走って、まずは 道の駅どうし へ。バイクの駐車スペースが広がってましたよ。おかげで停めやすくなりました。

春に立ち寄ったときに工事をしていた場所は芝生張りのヘリポートとなってましたが、四輪の臨時駐車場として使ってるぽかった。







f0300637_23163140.jpg


f0300637_23164588.jpg


山中湖を抜け、なんとなく河口湖に向かってたのですが、曇ってきてしまい走りのテンションがダウン↓。
ちょうどそこで富士湧水の里水族館の看板を見つけたのでぷらりと寄っていくことにしました。ここは淡水魚専門の水族館だそうですよ。


建物の脇に湧水が流れており、多くの魚が泳いでます。ニジマスに混ざってデカイ魚がいるんですけど、よく見たらチョウザメな感じでした。キャビア産むんかの?


それでは中に入ってみますか。入館料は大人420円 小・中学生200円です。





f0300637_23170023.jpg



まず目にとまったのが「マミズクラゲ」! え、淡水にもクラゲっているんすか? 
どれどれ、(._.)水槽をのぞいたけど なんもおらんやないかい。

目ん玉のズームレンジを上げて探したら5ミリぐらいのクラゲがふぉわんふぉわんしておった(;''∀'') 野生で見つけるのムリだわ!





f0300637_23171489.jpg

f0300637_23172602.jpg

タナゴ コーナー。いろんな種類が展示されてました。写真はゼニタナゴ。






f0300637_23173528.jpg




f0300637_23182427.jpg

f0300637_23184520.jpg



ニジマスやら、ヤマメやら、イワナやら。。。
回遊水槽には幻のイトウ様がいらっしゃいました。






f0300637_23185862.jpg


f0300637_23191654.jpg


地味美しい淡水魚ワールド。





f0300637_23194105.jpg



アマゾン展やってて、こんなんもおりました。発電するとこ見たいぞ! ((☆□☆)))

。。。てな感じでけっこう楽しめました。








f0300637_23195870.jpg


水族館を出たら、日が射してきたので ふたたび足をのばしてみようという気に。
お次は 道の駅なるさわ へ。すこし富士山が顔を出しました。





f0300637_23213093.jpg

f0300637_23214352.jpg

スタンプを押したあと、富士山博物館とやらに入ってみた。入館は無料。




f0300637_23220513.jpg

ティラノサウルスがお出迎え。動きます。なかなかの迫力でございまする。





f0300637_23222032.jpg


いろんな鉱石が飾られているほか、富士山のマグマの様子がボタン押すと見れます。こんなに溜まってるの?ヤバくね?






f0300637_23223980.jpg

f0300637_23225149.jpg



その次は河口湖北岸から若宮トンネル経由で芦川村の直売所まで来ました。道の駅より空いてるのがいいね。
ひさしぶりにバイク乗れてよかった一日でした。来月以降はスッキリと晴れる日が多くなりますように!






[PR]
by birder-rider87 | 2016-09-26 08:00 | ツーリング | Comments(2)

R52富士川沿いの道の駅をたどるツー




ひょんなことから道の駅スタンプラリーをやってみようという流れになったんですが、「どのエリアに行って、何ケ所まわれるだろうか?」と地図を広げてプランを練るのが結構楽しかったです。前回の記事で南房総ボーナスステージを発見しましたが、それだけではスタンプ30個には届かないので別のエリアも検討しなくてはなりませぬ。プラン設定条件としてスタンプ10個位を余裕を持ってまわれるように道の駅の密度が高めなエリアを選びました。それに加え、普段自分があんまり足を運ばない道の駅に行ってみようかと。



今回は富士川と並行して延びるR52周辺に点在する道の駅をたどっていきます。






f0300637_23411786.jpg


f0300637_23413295.jpg






というわけでまずは山梨県南アルプス市の道の駅しらねにやってきました。
スタンプラリーは早い時間にスタートしたほうが時間的な余裕ができるので高速で現地入り。中央道甲府昭和から県5→県39でアクセス。

余談ですが中央道高井戸~八王子区間の現金料金がこの春より820円に値上がりしていてショックでした。いよいよETC導入かと迫られてる感がありますが、まだまだ料金所のおじさんとのやりとりにどこかホッとする自分がいます。








f0300637_22260412.jpg



今回のスタンプラリーはスズキの企画で30個集めるんですが、そんなにまわるんなら本家のスタンプラリーも同時進行でやるべと思いスタンプ帳を買いました。
こちらは関東全165駅と難易度がべらぼうに高い。とても期間内にまわれる代物ではありまへん。ツーリングの思い出として気長に集めていこうと思います。
スタンプ帳と大型マップがセットで400円ですが、クーポンがたくさんあり元手はすぐにとれそう。







f0300637_23415276.jpg


f0300637_23421086.jpg





道の駅しらねの次は甲西バイパス→県12などで道の駅とよとみへ。

その次はR140で道の駅富士川へ訪れました(写真は富士川)。新しめで規模もそこそこ大きく開放感にあふれる駅ですね。とても気に入りました。スタンプを押し、クーポンを使い小麦まんじゅうを購入。


ところでスタンプラリーをしているライダーって結構多いんですね。
同じことをしているのでとても話しかけやすい。普段のソロツーだとなかなか他のライダーと話せなかったりします。






f0300637_23424326.jpg

f0300637_23430506.jpg

f0300637_23431662.jpg

f0300637_23432868.jpg


f0300637_23433841.jpg






道の駅富士川のあとはR52富士川街道→県9→R300本栖みちを通り、道の駅しもべへ。

そしてR300を身延方面へ。道の駅みのぶ富士川観光センターに来ました(写真はすべて みのぶ)。
こちらの駅はとても広く切り絵の美術館など興味をひかれる施設がありました。時間の都合で入れませんでしたが次回は見てみたい。


この日、道路に設置された温度計は32℃を表示。
いや~暑いっす (;´∀`)
なのでここでもスタンプ帳のクーポンを使い、桃のソフトクリームをいただきましょう。

「ばくおん!!」で恩沙ちゃんが言ってましたな。

『バイクの3大要素は「走る」「曲がる」「ソフトクリーム」ってな』と。






f0300637_23435746.jpg



R52では左手に壮大な富士川の流れを見つつ快適クルーズ。南下します。








f0300637_23441070.jpg


f0300637_23442354.jpg




道の駅とみざわにて。タケノコのモニュメント!なかにベンチ。
出店で獲れたてのトウモロコシがたくさん売ってたので家のおみやげに買ってく。
昼時でお腹が空いてたが食堂が混雑していたため、ガマン。








f0300637_23444035.jpg




R52から県190→県10を流す。だいぶ下ってきたようだ。








f0300637_23445822.jpg

f0300637_23451614.jpg

f0300637_23453248.jpg





道の駅富士川楽座。この駅は東名富士川SAとドッキングした造り。
道の駅の建物は普通は平屋建てが多いがここはビルディング。二階の展望テラスから富士山の雄姿が拝めるはずでしたが、この日は隠れてました。
みやげ売場はかなりの充実度。うなぎボーンを買ってく。酒のつまみ、おやつに最高なり!

ちなみに静岡県は関東道の駅スタンプラリーではエリア外なんですが、スズキのラリーではOKです。








f0300637_00020122.jpg






今回のプランでは当初、R52エリア以外に八ヶ岳山麓周辺の駅をまわるか、富士市の駅をまわるか少し悩みました。
八ヶ岳周辺はもう何度も行ってるし、個人的に富士市はこれまで訪問が少なくスタンプラリーの機会を生かして行ってみたくなったのと、上の地図を見ると『3か所』の道の駅同士の距離が近くてまわりやすいんじゃないかと判断しましたが。。。


当日はスマホを忘れてきたうえに手持ちのツーリングマップルが古いので新しい道の駅が掲載されておらず、さきほど訪れた「富士川楽座」と「富士」の『2か所』しか載っていません。情報はスタンプ帳についてきた地図だけが頼り。関東版なので中部エリアの静岡の駅には名前が印刷されていません。


適当に走っていればそのうち案内看板が出てくるだろうと高をくくっていたのですが、
3つめの駅の看板は見当たらなかった。

富士市の市街地は渋滞しており、少々迷いながらも先に道の駅富士に到着しました。





f0300637_23455104.jpg

f0300637_23460800.jpg


昔の街道沿いのパーキングがそのまま道の駅になったかんじです。 ※有料道路時代の料金所跡だそうです。
こちらは天下の国道1号下り新富士川橋のたもとに位置するのですが、メインの施設は上り側のようでスタンプもそちらに設置されているとのこと。






f0300637_23462713.jpg




国道は中央分離帯で分断され近くに横断歩道はなく、あちら側へは地下歩道を通って渡るしかない。
スタンプを押したあと、スタッフに「近くにあるもう1ケ所の道の駅はどこか?」と尋ねてみたが、首をかしげるばかりで情報は得られなかった。


もしかして地図のミスプリ?とも思えてきたが、下りのバイクを停めてる場所に戻ると地元ライダーがやってきたので再度尋ねてみたが答えは同じで、『このあたりに「富士」と「富士川楽座」以外に道の駅はない』とのこと。



ここでようやく気付いたよ!
国道1号をまたぐ2か所の道の駅マークはどちらも道の駅富士なんだと。


つまりご丁寧に上り下りをそれぞれ表示していたんだな。ヤラレタ~~~~ (*ノωノ)
もちのろんでスタンプは1個なり。ク~~~~~。。。






予定がくずれ少々ショックでしたが気を取り直し、もう何ケ所かまわってスタンプを獲得することにしよう。
さきほどの地元ライダーに聞いてみた。


私「ところで、Uターンはどこですればいいですか?」

地元「…残念ながらUターンはできません。」

私「 (・□・;)!!! 」

地元「この先、橋を渡ってえんえん何キロも走らないと信号がないんですよ。知らないで来ると、みんなここで泣きを見ます(笑)」

私「 (T_T) 」

地元「信号じゃないけど、側道があるところを降りればなんとか上りに行けますよ。それでもだいぶ先。」

私「 m(__)m 」




向こう端がまったく見えない新富士川橋を渡り、教えてもらったポイントでUターン。もう1回、端の見えない橋を疾走。ぶおーーーーーん!
混雑する市街路をぬけ富士ICから東名にのり、御殿場ICまでワープする (昭和用語?)。





f0300637_23464695.jpg



R246の道の駅ふじおやま、R138の道の駅すばしりとやっつけ仕事でスタンプゲット。
疲れたので足湯につかろうと思ったが、チビッ子に占領されアリの入るすき間もなく断念。








f0300637_23471188.jpg

f0300637_23473168.jpg


今回のプランにはなかったが、道の駅富士吉田は19時まで営業していたので頑張って寄ってきます。







f0300637_23475146.jpg


気象衛星ひまわりの出現で役目を終えた富士山レーダードームが移設されています。







f0300637_23480952.jpg


ここの吉田のうどんはなかなかうまいと思う。道の駅あなどるべからず。ただこちらは17時で終了。
メニューに「レーダードームカレー」というのがあり、ちょっと気になりますな。







f0300637_23482651.jpg



備忘録。ここの二輪専用駐車場は混んでると利用しずらそうだ。金網の奥の方は出すときに四苦八苦決定。








f0300637_00120027.jpg






本日の戦利品。スタンプ11個。先日の秩父ツー5個と合わせて表面完了! のこり14個。まだまだこれから。










f0300637_23483841.jpg




帰り道なので道の駅どうしにも寄ってみたが営業終了でした。
あずまやがあった場所が工事中のご様子。なにかできるんでしょうか?それとも駐車スペースの拡大か?







[PR]
by birder-rider87 | 2016-06-19 14:30 | ツーリング | Comments(2)

春の山梨お花見ツーリング



関東各地は桜満開となり、本格的なツーリングシーズンの幕開けです。
桜の季節はあっという間でどこへ花見ツーに行くか楽しく悩みまして。。。
あれこれ検討した結果、桜だけでなく 桃の花も同時に楽しめる山梨の勝沼方面を目指すことに。



f0300637_11274642.jpg



R20甲州街道で大垂水峠越え。峠で今回は富士山の姿が見えました。こりゃ期待度が高まりますな。
上野原市街を抜けたあたりで分岐する旧甲州街道へ舵をきりました。ここも咲いてんねえ。やっほー!という感じです。





f0300637_11281843.jpg


旧道区間の中間地点にさしかかると なんとも豪勢な彩りとなりました。百花繚乱。まるで襖絵の世界ですよ。





f0300637_11285991.jpg


f0300637_11422463.jpg


f0300637_12415465.jpg


f0300637_12422138.jpg



ここは天国か?! などと錯覚しそうなほど華やかな景観が広がっています。地元の方が毎年きれいに咲かせてくれてるようです。
眼下に見えるは中央道談合坂SA。あちらからの眺めもよろしいのでは。




f0300637_12423917.jpg



てっぺんだけですが富士と桜の絵も拝めます。




f0300637_12430422.jpg



しばし堪能し、再出発。この時季はどこを走っても花、花、花で日本最高っす!






f0300637_12432536.jpg



ふたたびR20に戻り、大月でバイパスではなく市街地ルートを曲がりコンビニで休憩タイム。
駐車場から台形が特徴的な岩山が見えました。これから向かう岩殿山です。この日はやたら飛行機雲が目にとまります。






f0300637_12444572.jpg



岩殿山はR139に入ってすぐなんですが、駐車場からややきつい坂を歩いて登らねばなりません。
冬ジャケだったので暑いこと、暑いこと。ハイカーの人たちは頂上を目指しますが私は中腹の丸山公園まで。







f0300637_12435456.jpg



日本人の心、富士山と桜でございます。少し雲がかかってましたが贅沢はいいませぬ。上出来の眺めでしょう。
汗だくでゼーハー言いながら登ってきた甲斐がありました。






f0300637_12441383.jpg


別の角度からは中央道が順調に流れてる様子が見えます。







f0300637_12450140.jpg



R20をさらに西に進み笹子トンネルを抜け、勝沼で県道38に入りぶどうの丘へ向かって走ります。
途中で満開の桜スポットがあったので寄り道します。JR中央本線の勝沼ぶどう郷駅でした。






f0300637_12471920.jpg


f0300637_12452784.jpg


f0300637_12555615.jpg



まさに春爛漫です。






f0300637_12563585.jpg



f0300637_12570826.jpg



そして ぶどうの丘へ到着。ここからの眺めは普段でも圧倒されるんですが、この日は一面桃色でひときわ感動的でした。
雪かぶるアルプスの山脈も素晴らしいじゃないか。盆地が霞んでしまってますが、それも春らしい風景と言えましょう。
多くを望みすぎては幸せになれないとムヒカ元大統領が諭してくださいましたし。







f0300637_13002284.jpg



盆地へ降りて、彩りの市街地をゆったりと走り回ります。






f0300637_12585956.jpg


f0300637_12595167.jpg


f0300637_12592853.jpg


f0300637_13004785.jpg



カメラを下げて散策してたら、桃農家の方が「あそこの木がいいよ」と教えてくれました。
花が満開になると より良い実をつけさせるために花を間引く作業をするのだそう。なので写真を撮るなら間引いてない木を撮るのが良いだろうということでした。

また「ゆっくり撮っていってください」とも付け加えていただき、ありがたく思いました。なにかとギスギスしたことが多い世の中ですので心が洗われました。自分も日頃の行いを反省し、この方のように赤の他人にも親切に振る舞えるようになりたいものです。







f0300637_13014412.jpg


f0300637_13020487.jpg


f0300637_13022486.jpg

f0300637_13024562.jpg


県34の勝沼~一宮御坂間に場所を移動して花見ツーリングを満喫します。こちらは斜面に植えられているので また違った景観ですね。


おなかいっぱいになったので県36鳥坂峠越えの若宮トンネル抜けで河口湖へ向かうとしよう。




f0300637_13030425.jpg


大石公園へ来ました。手前のおだんごはコキアでしょうか?真っ赤に染まったらきれいでしょうね。
コキアはだいぶ先の話しですが、ここ大石公園の桜は3分咲きで見頃はもう少しといったところでした。
富士山と桜の写真が撮れるスポットとして有名ですが、来てみてびっくり。富士山とからめられる桜の木は見たとこ3本だけっぽい。
いや~みなさん苦労して撮られていたんですねえ ^^;

桜自体は湖畔にたくさんあるようなので咲いたらまた来てみたいですが、いかんせん渋滞がすごそうなので。。。


それでは今回はこのへんで。最後までおつきあい ありがとうございました。






[PR]
by birder-rider87 | 2016-04-11 22:11 | ツーリング | Comments(4)

快晴の瑞牆山ツー



日本100名山に数えられる山梨県北杜市の瑞牆山(みずがきやま)へ今年も紅葉ツーに行ってきました。
って言っても登山ではなく、みずがき山自然公園で山の写真を撮ってきただけなんですけどね。。。


ここしばらくは高速道路を使ってのツーリングが続いていたので、久しぶりに下道オンリーで走ってきました。




f0300637_23033135.jpg


高尾山からR20甲州街道ひた走り。勝沼バイパスをすぎても、抜け道とかを使わず正攻法で甲府バイパスを突き進む。
まあでもこの区間は混むね。韮崎市内で七里岩トンネルをくぐり県23増冨ラジウムラインを目指します。
道中で岸壁を見つけたので愛車とともにパチリ。さながらミニ七里岩といったところだろうか。






f0300637_23035035.jpg


県23増冨ラジウムラインにて。雲ひとつない見事なまでのドピーカンです。
少しくらい秋らしい雲があってもよさそうな気もするが贅沢いっちゃいかん。走っていて、とても気持ちがよかった。
バイクツーリングではやはり天気は大事なのだ。





f0300637_23041801.jpg
f0300637_23043289.jpg


みずがき湖ビジターセンターで小休止。
ここから見える橋を撮ると いつも感じるのは「水平づれてる?」
撮った写真を見ると なんか違和感があるんだけど、橋自体に勾配がついてるんで致し方ない。





f0300637_23044642.jpg


その橋の袂に来ました。眺めが良く気分高揚となったのも束の間、路面に刻まれた縦溝にトーンダウン (-_-)
気を取り直して、お昼を食べに とあるお店へ向かいます。






f0300637_23050875.jpg


そのお店は「森のラーメン高須」。とんでもないロケーションにあります。
乗用車がすれ違えないような舗装林道を登って行った山の中に現れます。

100歩譲ってソバ屋ならあってもおかしくはない感じですが、なんでこんな場所でラーメン?っていうのが率直な感想。
あやしさ満点なんですが、ブロ友さんが訪問してリサーチ済なので安心して入店できました。




f0300637_23052213.jpg


屋外席に座ります。石のテーブルに丸太の椅子。野趣あふれるといった表現があてはまるでしょう。ラーメン屋なのに(笑)
山菜塩ラーメンと山菜餃子を注文。餃子はこの状態で盛られてきます。このアバウトさがいい味出してます。
余談ですが、お店では甲斐犬を飼っていました。うちの方では目にする機会がないので見れてよかったな。






f0300637_23053876.jpg



ちなみに森のラーメンまでの道中はこんなとこを通っていく。(写真は帰り道)
こまめに案内看板が設置されてるので、このまま進んでいいの?といった不安感はやわらぎます。
最後の「もうちょい」の看板を見たときには安堵の到達感が芽生えました(笑)





f0300637_23072349.jpg


県道からみずがき山自然公園へ向かう林道にはいると山容が見えました。




f0300637_23091217.jpg


マンホールの左に描かれてるのも瑞牆山かな?






f0300637_23095343.jpg


f0300637_23101160.jpg


f0300637_23085679.jpg



みずがき山自然公園に到着しました。何度来ても素晴らしい眺めです。幸せな時間。





f0300637_23092641.jpg


例年林道沿いの撮影ポイントによってましたが、この日はカメラマンが多かったのでスルー。





f0300637_22232848.jpg



帰りはクリスタルラインを通って塩山まで抜けるルート。
全体的に紅葉は先日の木枯らしの影響か、この時期にしてはだいぶ散ってしまったようです。





f0300637_23103608.jpg
f0300637_23104921.jpg


クリスタルラインの荒川林道では展望の開けた区間が続きます。





f0300637_23111857.jpg
f0300637_23112936.jpg



鼓川温泉でツーリングの疲れを癒していきます。
このあとはR411大菩薩ラインで奥多摩湖経由で帰りました。柳沢峠付近では気温一桁で空気が冷たかったな。




[PR]
by birder-rider87 | 2015-10-27 22:46 | ツーリング | Comments(2)

宿題かたづけに山梨へツーリング


5月も下旬で日中の気温が25℃まで上がる予報。
メッシュジャケットで走るライダーをちらほら見かけるようになりましたが、軟弱野郎な私はタイツ(防寒用)をはいてツーリングに出かけました。この時期は着るものの選択に悩みます。

バイクで走るには朝夕は涼しいですし、ちょっと標高が上がれば肌寒い可能性もありますから。
そうは言いつつ基礎代謝が下がってる感じで、もう若くはねえな というのが正直なところです。


で今回、タイツをはいてどこへ行くのか?
ツーマップルの大月と甲府のページをうろうろします。
最終的な目的地は夜叉神峠に設定。標高1770メートル。


ツーマップルには独自?の地図記号「好展望地」があり、これを参考にコースを決めることも多いのです。
たいていは道路沿いのポイントでアクセスが容易な場合がほとんどです。

夜叉神峠にもこの記号がついています。
ところがどっこい展望地までは駐車場から徒歩1時間の山歩きを強いられます (;´∀`)
このことが足かせとなり、行きたい場所上位でしたが今まで未訪問でした。

まあ行きたい場所上位なので今回宿題をかたづけるべく訪問を決意。
前置きが長くなりましたが、そうと決まればレッツラゴー!




f0300637_10533275.jpg



R20甲州街道をひた走りで笹子トンネルまで来ました。
撮影して看板に気づいたのですが、このトンネルは人・自転車の通行可だったんでしょうか?
気が遠くなるほど長く暗く、車道ギリギリで歩道などないこのトンネルが (; ・`д・´)


トンネルを抜けると道の駅甲斐大和があり小休憩。
気温上昇で汗ばむできたので上着の防寒インナーを脱ぎました。
タイツは脱ぎません(笑)。




f0300637_10541811.jpg


R20で勝沼まで来たら、県34笛吹ラインへ。
道幅は広くないですが、観光ぶどう園が密集するあたりは甲府盆地の眺めが爽快です。




f0300637_10544475.jpg


???????
鳥居の形をした焼きあとが山の斜面に浮かび上がっています。
ちょこっと調べてみると「笈形焼(おいがたやき)」という笛吹市の春の風物詩らしい。






f0300637_10550965.jpg


県道を道なりに走ると自動的にR140に。
道の駅とよとみ に寄っていきます。






f0300637_10563293.jpg


ツーマップルに「シルクソフトを味わってみよう」とありましたが今回は却下。
ごめんね~。





f0300637_10554595.jpg


ここの道の駅は夢の全国制覇をなしとげたそうで。





f0300637_11014416.jpg


赤いノボリが気になりますた。
「青春のトマト焼きそば」とな。
ゆるキャラはトウガラシではなくトマトなのね。




f0300637_11052162.jpg


レストランの券売機のわきに見本。
こちらに浮気心がめばえましたが、未知なるトマト焼きそばが僅差で勝ちました。






f0300637_11072389.jpg



トマト焼きそばは意外と時間がかかるっぽい。。。




f0300637_08284411.jpg


と思いきや空いてたので早い提供でした。
レストラン シルク 青春のトマト焼きそば 八〇〇円


具にトマトがゴロゴロとか、ケチャップであえてあるようなものを想像してましたが、意表をつかれました。
ソース焼きそばにミートソースが乗っかっています。
この青春のトマト焼きそばは、40年ほど前の山梨県内に存在したミート焼きそばが元となっており、山梨中高年の青春の味ということです。


気になるお味は?実食。。。。。
「ん~っ♪ 焼きそばにミートソースかけた感じ」って、そのまんまやん(笑)

ミートソースは中央市特産のトマトと挽肉はフジザクラポークが使用されウマイっす。
個人的にはキャベツなど焼きそばの具をのぞいちゃって、麺だけにミートソースがたっぷりかかっていればマーボー焼きそばに双璧する存在になりうる可能性を感じました。
それだと懐かしの味にはならないんだけどね。




f0300637_08290236.jpg


道の駅とよとみを出発し、県12を流していると左の視界にループ橋が飛び込んできました。
寄り道、寄り道。
小規模ながら立派なとぐろを巻いております。
進行方向ではありませんが、せっかくなので走行してみました。





f0300637_08291684.jpg


上りきったところにちょっとした広場とあずまや。
盆地と富士山の眺めが秀逸。




f0300637_08292901.jpg


特筆すべきは下り道での車窓風景。これはまさしく穴場絶景!
このループ橋、橋の間からのぞく視界も開けており、走行中に流れる盆地の眺めが他所ではお目にかかれないシロモノでした。
気持ち良かったので3往復しました(笑)!





f0300637_08295721.jpg


そして道は県12から県20南アルプス街道→南アルプス林道へ。





f0300637_08301014.jpg



法面で補強された山肌。
いやーこの工事、大変だったろうねー (;'∀')




f0300637_08302270.jpg


狭い山道をくねくね上っていきます。
おサルたちが道へ出てましたが、バイクが通る前に崖下に身を隠してしまいます。






f0300637_08303863.jpg


林道は夜叉神ゲートから先は通年通行止め。






f0300637_08305489.jpg



ゲートの手前に食事処と無料駐車場があります。
行き止まり地点からの眺望を期待してましたが視界が開けないなあ。

ということはやはり1時間歩かねばならないようで。。。






f0300637_08311016.jpg


登山口から夜叉神峠へGO!GO!





f0300637_08312791.jpg


登山道のわきに可憐なお花がつつましやかに咲いていました。





f0300637_08314531.jpg


道は丁寧に整備されており、非常に歩きやすかったです。






f0300637_08320509.jpg


しかし峠までの道のりは遠く、息はぜーぜーでTシャツはびちょびちょ。
なのになぜかタイツはさらさら。
夜叉神峠あと30分。やっとこ半分かあ。





f0300637_08321716.jpg


カウントダウンです(笑)。
なにげに あと何分の標識には励まされます。ガンバローっと。
案内がなにもないと引き返したくなりそうですから。






f0300637_08323370.jpg


おおーっ!あと3分!キター!






f0300637_08324758.jpg



この最後の上り坂、乳酸が溜まった足腰にビミョウに堪える (*_*;






f0300637_08331056.jpg


坂を上ると山小屋がありました。
そしてここまでガンバったご褒美がコレだ~~~!






f0300637_08332320.jpg



いや~いい眺めだす!
疲れが一気に吹き飛びました。
白根三山に雲がかかってなくてヨカッタ。
ひとつ宿題がすんでほんとヨカッタ。再訪はキツイですから (^^;)





f0300637_08333986.jpg



帰りは基本行きと同じルートで戻りました。
はじめて走った道が多かったので、覚えてしまうためです。


んで行きにも寄った道の駅甲斐大和へ。
まだ売店が開いていたので、行きに買うかどうか迷ったブツを購入。






f0300637_08335988.jpg



なんとカセットコンロで使える大きさの溶岩プレートが2000円なり。
仕上げが粗いのだが、他所だと8000~10000円する商品。お買い得やろ?

重さが鉄アレーほどありバイクに積んで走るにはいささか邪魔なので行きは断念しました。
たいがい道の駅の売店って夕方早く閉まっちゃうけど開いててよかった。


えごま油は、友人が「TVでイイって紹介されたから値段高いのに近所のスーパーで売り切れ。日本人ってねー」と言ってたのを思い出し、日本人の私は用がなかったけど購入(笑)。
おみやげなんで喜んでもらえればいいんです。




追記:後日訪問時には溶岩プレートの販売はしていませんでした。









[PR]
by birder-rider87 | 2015-05-25 19:14 | ツーリング | Comments(2)

西湖にて~秋の雲とこうもり穴

今年の文化の日は関東の週間予報では傘マークがついてました。
この祝日は毎年必ず晴れるもんだと信じてたけど雨もあるんだなと想定外の予報にかる~く驚き、なんの木、気になる木。
ばっと、フタを開けてみればなんてことはなく快晴も快晴のドピーカン。


※ところでこの「ピーカン」、最近会話では使うのもはずかしくなり、めっきり耳にしなくなった。もはや死語?と気になる木で調べてみると…
もともとは映画撮影からきた業界用語で語源は諸説あり明らかではないらしい。ハッキリしてるのは「昭和用語」だということ(笑)。
平成世代には通じない危険性大(;^ω^)いまどき晴天のことはナンて言うんだろか?




f0300637_16421680.jpg




ここんとこ贅沢をして高速利用がつづいたので今回はオール下道。
道志みちの紅葉が例年以上に色付きがよかったのですが、時間の都合上撮影停車を我慢。
河口湖畔の 道の駅かつやま までやってきました。





f0300637_16435273.jpg


広い芝生が気持ちいいですね。老若男女問わず人気のスポット。ちびっ子は特に大喜び 。






f0300637_16441148.jpg



こんなすばらしい景観のなかで過せば誰でもハッピー心まで晴れますね。







f0300637_16503875.jpg





河口湖畔から西湖へ向かう道の途中、駆け上がった坂を振り返りパシャリ。








f0300637_16511255.jpg




西湖南岸のルートをたどります。








f0300637_16514838.jpg




眺めのよい場所でバイクを停め撮影。
モニターで画像を確認して、んー(ーー)コレはちがうなあと何枚も撮り直してたら、上空の雲が大変なことになってました(@ ̄□ ̄@;)!!
これぞ一期一会のツーリングシーンではないかに!偶然の産物(^o^)丿







f0300637_16521561.jpg



洗濯板?例えが古いなあ。レジャーシート?いやちがうな。和紙のほうが近いかなあ。
みなさんはなにをイメージされるだろうか?
ちなみに分類上は波状雲と味気ない呼び名っぽい。






f0300637_16525626.jpg



道路工事現場でよく見かける微笑ましいキミたち。
初見のレア物?が並んでたのでキミらも思い出に。








f0300637_16531320.jpg




去年おととしより今年の紅葉は彩度が高いですね。






f0300637_16534149.jpg





西湖の湖畔ロードを堪能したあと こうもり穴へ行きました。







f0300637_16563440.jpg




駐車場近辺の紅葉もいい感じです。







f0300637_16571010.jpg




西湖こうもり穴 入洞料 大人300円 小人150円
入口でヘルメットを借り、チケットをゲートにピッとして入場します。
しばらくは原生林のなかをトレッキング。





f0300637_16573213.jpg





ほどなく こうもり穴の入口です。







f0300637_16574309.jpg



鍾乳洞みたいなもんですかね。厳密にいえば溶岩洞窟であって鍾乳洞とはその生い立ちが異なるようですが。








f0300637_16580070.jpg
f0300637_16581232.jpg





ここさあ、他の洞窟とちがって天井が低い。しゃがまないとだめ。
立ったまま進める迂回ルートもあるので腰痛持ちもひとまず安心です。





f0300637_16582514.jpg




天井はさらに低く、ナント地面に手すりが備え付けられております。
ただ延々とこの状態がつづくわけではなく、チョビッとこらえれば穴を抜けることができました。ちょっとした達成感が味わえてよかっただす。
ほどほどの探検気分がナイスだね。この洞窟、公開部分はたいして長くないんだけど楽しい度はけっこう高いかも。







f0300637_16584028.jpg






天井低い穴を抜け出たところ。一方通行なんすね。
左手に洞窟はつづいてますが木製の格子で遮られて進めません。
この奥はコウモリの保護区域のようです。あっ、コウモリ本当にいるんですね。
コウモリ絶滅の恐れがあり長らく入洞が制限されていたようで入口の鉄格子はそのためのもののようです。

今でも12月から3月はここで越冬するコウモリ保護のため閉鎖されるとのこと。







f0300637_16585354.jpg




このあたりの床は縄状溶岩と呼ばれる独特の景観。






f0300637_16590783.jpg




こうもりのマークがついたヘルメット。
最初は、えーコレかぶんの?面倒くさと思ったけど、洞窟内で頭ブツけること10数回。メットにぷち感謝。
メットかぶってるから全然イタクないのにブツけるたんびになぜか「イテっ!」と声が出るのは我ながらナニいってんだコイツだった。





f0300637_16595449.jpg
f0300637_17000482.jpg




戻り順路の途中で溶岩で形成されたブツ。







f0300637_16593579.jpg




こうもり穴から精進湖へ。R129富士パノラマライン。









f0300637_17020380.jpg



精進湖まで来て、この日はじめて富士山が顔を出してくれました。







f0300637_17010515.jpg





R358精進ブルーラインから県36芦川渓谷の道を流し、わりと長い若彦トンネルを抜けて河口湖へ戻ります。









f0300637_17012887.jpg




湖北ビューラインからの富士山。


大石公園付近の紅葉は七分といったところでしょうか。
多くの観光客でにぎわっていました。







f0300637_17023017.jpg




帰りがけの道志みちで夕食。
道志を走ったことのある人には見覚えのある看板ではないかと。







f0300637_17031086.jpg




道志のどこか懐かしいのどかな里山風景に突如あらわれる なんともお洒落な洋風レストラン。
男性同士ではなんだか入りづらい雰囲気の店だし、道志みちを走る時間帯がメシ時でないこともあり素通りのライダーが多いのではないかと。
店内もセンスある雑貨で飾られてますがヘンな緊張感は皆無で雰囲気はゆるめなんで、肩の力を抜いて入店できます。








f0300637_17024312.jpg


HoRo HoRoの コロッケ定食 一〇八〇円



数年前にはじめて来店したときにマスターにおすすめを聞いたら意表を突かれ「コロッケ定食」とのことだった。
吾輩にとってコロッケとは売店などで小腹がすいたときに食べるものであって夕飯のおかずではなかったんだが…。
しかしかなり自信ありげだったので、乗っかてみてコロッケ定食を注文。






f0300637_17025392.jpg




コロッケとしては大ぶりなものが出てきました。
大きいのはもちろんうれしいのですが、このコロッケの真髄は大きさではなかった。
一口でかじって食べるにはやや大きいので箸で割って口に運んでみた。

外側サクッには別段の驚きはないが…
なんだろ!この中身のタネのなめらかな食感は!
クリームのようでクリームでない、これまでに体験したことのない食感。
そのうえ牛肉のお味も染みわたっていて味わい深いのだ。
付け合わせのソースもオリジナルとのことでこのコロッケとの相性抜群。

この瞬間、吾輩のなかでコロッケのステイタスが急上昇したのはいうまでもなかった。


今回、久しぶりに来店したけど心なしかマスターが若干元気なさげだったのが気がかり。たまたま疲れてたのかな。
コロッケは相変わらずの絶品で安心したけど。






食の好みは人それぞれだし、ほめすぎるとそれだけ期待値があがってしまい、それほどでもないじゃんというのはありがち。
自分がおいしいと思ってすすめても他人にはたいしたことないよと言われてしまうと凹むわな。これは誰にでもある経験だろう。
なので本音は絶賛しないでサラッと紹介したいんだけどね。逆に評判になって混んじゃうのもイヤだけど場所柄それはないかと。




コロッケ以外もおおむね評判はよいので道志を訪れたさいに気が向いたらどうぞ。





[PR]
by birder-rider87 | 2014-11-05 00:15 | ツーリング | Comments(2)

紅葉の八ヶ岳高原ラインと瑞牆山

天高く馬肥ゆる秋
にくらしいほどに晴れ渡った平日。ぬけのがけして紅葉狩りm(__)m




目指すは八ヶ岳エリアなり~!




中央道で小淵沢ICまでワープ。元来下道派であったが1年前にVストに乗り換えてから高速利用が増えつつある…
サッと行ってしゃきーん!(2014.10現在オンエア中CMの少しくるしいパクリ)






f0300637_21443234.jpg





インター下りて右折すると道はそのまま八ヶ岳高原ラインへ。








f0300637_21432596.jpg




紅葉の季節は大渋滞必至なので、長らく敬遠していたこのエリア。平日だから来てみた。
平日でも交通量は多いかなと予想してたけどスイスイでした。思う存分走りを堪能できる状況だったけど撮影重視のため結果的にトロトロ走行。







f0300637_21422202.jpg
f0300637_21410398.jpg
f0300637_21391995.jpg




色彩豊かな八ヶ岳高原ライン。この時期限定。
いや~気持ちいいっすわ♪ さいこーだね。







f0300637_21324855.jpg



道を駆け上がると広い駐車場があったのでよってみた。
まきば公園だそうだ。







f0300637_21313537.jpg



高原牧場のながめ。








f0300637_21304129.jpg




遠方に富士山の姿も。








f0300637_21315363.jpg



レストランとおみやげ売り場。けっこうなにぎわい。







f0300637_20391160.jpg



店内をのぞいてみる。
すると発見! んが,またしても(汗)
こりは鳴子峡で見つけた「てるてる伊達政宗」と同じルイージと思われ…
みやげものやの片隅で人知れず展開される仁義なき戦いが垣間見られ…


上段左から「信州てるてる わさびちゃん」、「…ももちゃん」、「…ブルーベリーちゃん」
下段左から「…あんずちゃん」、「…かりんちゃん」、「…りんごちゃん」、……絶句(^▽^;)






f0300637_21290776.jpg




まきば公園を出て高原ラインを進むと橋を渡ったあとに またまた展望駐車場があったので立ちより。
あらー、ここは雑誌の紅葉特集とかでよく紹介される東沢大橋ではー。


写真だと壮大な橋に見えたけど実物はソコソコ?


観光バスが停まっていたのでツアー客の老婦人たちに「ココがアノ有名な場所?」とたずねると…
「写真がうますぎるのよ。あーはははっ」とのお答え(;^ω^)
えっ、もすかして がっかりんこスポット? ハズした?





f0300637_21274697.jpg




いやいやさすがの名所だけあって展望台から見る角度は すんばらしい眺めでした。







f0300637_20372483.jpg



マップルめくって次どこ行くべや~。
美しの森の先の「行き止まり」が気になったから行ってみる。絶景だったりして(^o^)丿やっほーい






f0300637_20370819.jpg



到着。。。(。´・ω・)?
なんじゃこりゃ!
終点にはストーンサークル。
ていうか簡易ロータリー。ここで転回して おかえりください(笑)



まいったなあ。ココそういや前にも来たよ(≧◇≦)
足を運んでから記憶がよみがえるの巻。しかも1回ではなく複数回w







f0300637_20364278.jpg




おいしいもの食べて気を取り直そうか。
やってきたのは、言わずと知れた甲州ほうとうの「小作」。

ずーーーーーーーーっと「おざく」だと勝手に思ってたがフツーに「こさく」だった。
中学の後輩で小作と書いて おざくくん がいたから… 青梅線の小作駅も おざくえき だし…





f0300637_20362179.jpg




茸(キノコ)ほうとう 一四〇〇円






f0300637_20354704.jpg


具のキノコと麺はこんな感じ。
普段あまりお目にかからないキノコがいろいろ。
写真では見えない汁のなかにもキノコいっぱい盛りだくさん。かぼちゃもデカイ。







f0300637_20324416.jpg




おなかを満たしたところでお次は瑞牆山(みずがきやま)へ向かいます。







f0300637_20351142.jpg



道すがら 滝の標柱が目に止まり緊急停車。車6台ほどの駐車場あり。
急な階段を下ります。







f0300637_20180515.jpg



階段の途中から段瀑が見えますが本命はもう少し下るようです。






f0300637_20173512.jpg





階段を最後まで下りると大滝が姿を見せてくれました。
ここまで徒歩4~5分でしょうか。
落差はそれほどでもありませんが、岩壁を直落下する流れが力強くて見応えありますなー。







f0300637_20122136.jpg
f0300637_20112233.jpg
f0300637_20050404.jpg





山間の田園地帯を走りぬけます。なぜか対向車で大型ダンプが来てギリギリすれ違ったり。







f0300637_19585609.jpg



クリスタルラインの高須林道(全舗装)へ突入。
ここは なにげにマップルおすすめルートになってますね。





f0300637_19580004.jpg
f0300637_19511622.jpg
f0300637_19470843.jpg




林道なので道幅は狭いですが紅葉はきれいな所で気持ちいいルートでした。
こんなマイナーな道をよく調べるわ。マップルえらいね。






f0300637_19390662.jpg



高須林道をぬけ県道を左折北上して本谷釜瀬林道(全舗装)→みずがき林道で瑞牆山方面へ。





f0300637_19170435.jpg
f0300637_19264376.jpg



水墨画に描かれそうな山容が出現。





f0300637_19013252.jpg



終点の駐車場にて。
いつ来ても すげーなあと思える場所です。






f0300637_19061905.jpg
f0300637_18511991.jpg



昨年よりも色付きが進んでいたし、夕日があたって美しさが際立ってました。
今年は別の場所にしようかと思ったけど、やっぱココにきてよかった。期待を裏切りません。






f0300637_18480450.jpg




日が暮れる前にクリスタルラインを抜けたかったので帰りは塩山まで一気走り。
R411に入ったとこの大菩薩の湯でツーリングの疲れを癒しました。












































[PR]
by birder-rider87 | 2014-11-02 00:44 | ツーリング | Comments(0)

富士山1周白糸の滝ツー

GW翌週末というのはツーリングの穴場時期!?
行楽客の車が少なめで渋滞がなく道路は走りやすい状況でした。
それを知ってるライダーが多いのか、これはチャンスとばかりにバイクはたくさん走ってましたね。



f0300637_10332065.jpg



「道の駅どうし」の駐輪スペースはいつものように混雑しておりました。





f0300637_10344427.jpg


道の駅内にある休憩スペース。漫画家富永一朗先生のイラストが飾られてます。
ここは意外と知られてないのか、利用者がほとんどいません。喧騒をよそにゆったりと過ごせる場所です。
ご存知でない方は訪れたさいに探してみてください。灯台下暗しなところに入口がありますよん。






f0300637_11070162.jpg



道志みちをぬけ山中湖にでて、パノラマ台へ立ち寄りました。
Vストの前に停まっているNCは友人のものではありません。いや~しかしNCの人気スゴイわ。
この日すれ違ったバイクのNC率の高いこと! 30台以上は走ってたんぢゃないカ?





f0300637_11153704.jpg


パノラマ台は省略して行かないことが多かったけど、これからもお天気なら面倒くさがらずに足をのばそうかと!





f0300637_11315958.jpg


時計回りで富士山をぐるっと走り回ります。富士山スカイラインを爽快に流し、太郎坊まで登りました。
高山系の野鳥でもいないかと探してみたけどホオジロと普通のモズを確認したにとどまる。っていうか、こんな高いところにもいるんだ。

しばし眼下の景色を眺め,コンビニで仕入れたパンを頬張り休憩タイム。




f0300637_11432650.jpg


富士山スカイラインの水ケ塚パーキング。富士山をバックに愛車と。




f0300637_11480415.jpg


食事処と併設されたレストハウスでおみやげを物色。
なんと迷彩柄のパウンドケーキ。富士山すそ野には自衛隊の演習場があるので、その関連のみやげものも多数あり。
迷彩服に身を包むバーダーのみなさん、野鳥撮影中のおやつにいかが?


ここで在庫わずか?となった「ご当地てるぼう」を発見!
次回、別枠でアップいたします。




f0300637_11564967.jpg



富士山は360°どこから見ても同じというわけではなく、見る方向により出で立ちが変わるんですね。






f0300637_12033281.jpg

スカイラインを走りぬけ、お次は白糸の滝へとやってきました。
富士山が世界遺産に登録された効果もあってか、多くの観光客で賑わってました。
駐車料金はバイク200円。乗用車は500円。



f0300637_12044800.jpg


白糸の滝までの道中でもう1本「音止めの滝」があります。
上から見下ろす展望。うすい虹がかかってました。




f0300637_12055704.jpg
f0300637_12062926.jpg


すこし下ると、全容が見えました。滝の見本のようなシンプルな直瀑です。




f0300637_12191127.jpg



みやげもの屋が軒を連ねる先へさらに進んでいくと、歩道は100段ほどの階段になります。
下っていくので行きはよいよいです。




f0300637_12574841.jpg
f0300637_12581885.jpg
f0300637_12583950.jpg


幅100メートル以上にわたる岩壁から湧き出る水。縄暖簾のように流れ落ちる様が優美です。
あまりにもきれいな滝壺の水にも注目。どおしてこんなにも深く透き通った色になるのら!奇跡ずら!






f0300637_12590468.jpg


滝周辺の施設は以前よりキレイに整備されましたね。それでいて観瀑や撮影の邪魔にならないつくりの柵がナイスです。





f0300637_13381616.jpg



やきそばのノボリにひかれ、駐車場の目の前にあったお店へイン。

つかさ 富士宮やきそば 650円







f0300637_14045452.jpg



ここまで来たら、来た道を戻るより1周したほうが近い。
県道71富士宮鳴沢線で本栖湖をショートカット。近道ではあるが樹海区間あり、広々とした高原区間ありの最高に気持ちいい快適ルート。


撮影向きのスポットがあったので寄ってみると、そこは過去のツーリングGO!GO!で旧Aコープ駐車場と紹介されてた場所でした。





f0300637_14384030.jpg


R139富士パノラマラインでこの日はじめて渋滞にはまりましたが、なんとかやりすごし河口湖・山中湖をぬけ帰りの道志みちへ。
日が傾くと鳴沢で気温10°となり、道の駅どうしで15°でした。風邪ひくまえに温泉へゴー。


道志川温泉 紅椿の湯
営業時間 AM10:00~PM9:00
定休日  なし
料 金  大人1000円 小人500円 ※PM7:00以降は大人500円、小人300円


お気に入りで何回か利用してるんですが、最近まで紅梅の湯(こうばいのゆ)だと思ってたのは内緒…




f0300637_14483833.jpg


販売タオル 200円。 レンタルタオルセット200円もあります。





f0300637_14591273.jpg


風呂上がりの定番といえばビン牛乳でしょう!
残り2本でした。あぶなかったぜ~ ( ゚Д゚)


フィルムをむいて紙キャップをはがし、腰に手をあててグビグビっと一気に飲み干すのが正しい作法です。




f0300637_15052404.jpg


ペットボトル飲料と違い、飲み終わった空きビンは専用ラックに戻します。
このとき無意識のうちに順番通りキッチリ並べてしまうあたり「つくづく日本人なんだなあ」と実感(笑)。



ひさびさにV-strom650ABSの燃費報告。今回は良かったです。
実燃費28.7キロ 燃費計の表示は27.5キロでした。







[PR]
by birder-rider87 | 2014-05-14 07:00 | ツーリング | Comments(0)