ピースサイン~どこかの道で

タグ:東京ツー ( 7 ) タグの人気記事

マイナーなプチ絶景道 (よみうりVロード)



3月にはいり、各地から花の便りが届くようになりました。
一足早く春の訪れを感じたく、南房総を(*´ω`)まったりとツーしたかったんですが、微妙な天気予報に行く気がそがれる (-ω-;)ウーン。
ということで気持ちを切り替え、近場をプラプラお散歩ツーすることに。。。




f0300637_15245828.jpg





f0300637_15242330.jpg




どうです?なかなかの見晴らしでしょー!
まー、バイクで走ってると一瞬しか拝めないんだけどね(汗)



ツーリングマップル関東甲信越でいうと「26東京南部(2012版)」のページなんですが、このエリアにはクチコミがほとんどありましぇん。
つまりは市街地で基本ツーリングで行くとこじゃないよってことです。そんなエリアですが、なんのけなしに走ってるとたま~~に見晴らしの良い道を偶然発見したりなんかもするわけで。。。





f0300637_15251967.jpg


f0300637_15254196.jpg



今回ご紹介する道はそんな道のひとつで「よみうりVロード」といいます。ん?あ、V通りか。。。
京王線 京王よみうりランド駅からジャイアンツ球場へとつながる坂道でわりかし最近の開通。プチ絶景を堪能するには下りがおすすめ。

ちなみにジャイアンツ球場っていうのは2軍のイースタンリーグの試合が行われる球場で東京ドームとは別もん。






f0300637_15271598.jpg

f0300637_15273474.jpg


歩道には選手、首脳陣の手形のレリーフが埋め込まれています。





f0300637_15264744.jpg




f0300637_15262115.jpg



あら!夜間は二輪通行禁止ですな。ここ夜景もキレイなんだけどね。












[PR]
by birder-rider87 | 2016-03-06 17:09 | ツーリング | Comments(0)

スズキ試乗会INお台場

夏の3連休初日、東京は お台場で開催されたスズキファンライドフェスタ2015へ行ってきました。
いきつけのバイク屋さんで「新型車のGSX-S1000はすごく楽しいバイクなので試乗会で乗ってみて」とすすめられたのです。

受付開始9:30にあわせて自宅を出発。
まあ土曜の朝なので都心への道は空いてるだろうと思いきや、所々結構つまってたりして。。。
それでも混雑も新宿を過ぎれば解消され、あとはスラスラすいすいすい~~でした♪



f0300637_20155731.jpg



試乗会場は ゆりかもめの青海駅そばです。
予定通り9:30に到着。すでに駐車場は多くのバイクで埋まっていました。
来場者はスズキ車が圧倒的に多いんだろうなと予測してたが、実際は他メーカー車のほうがはるかに多かったですね。
スズキにしてみればこれは喜ばしいことなんだろうなあ。


ところで こうした試乗イベントに私は初参加なので慣れてません。
ヘルメットをバイクにロックして受付に出向きました。アホだね。
これから試乗すんのにメット置いてきてどうすんだよ!動揺 (~o~)






f0300637_20160962.jpg



受付を済ませると試乗券3枚が手渡されます。
試乗車種は今回の目玉GSX-S1000とGSX-S1000Fが潤沢にスタンバイ。
他にハヤブサ、GSX-R1000、R750、R600、GSR750、GSR250、Vスト1000、650XT、バンディット1250、グラ400などなど。






f0300637_20162178.jpg



GSX-S1000。今月あたまに発売されたものの販売店によると現在納車2か月待ちらしい。たいへんな人気だとか。
第一印象はとてもカッコイイー! というかフツーにカッコイイー!

じつは私、最近の若者がよく使う「フツーに○○」というセリフに戸惑いをおぼえています。
知り合いから聞いた話だが、そいつの会社に都立公園の売店に出入りしている営業のK氏という男がいるそうな。
ある日、売店のおばちゃんが開発中の新メニュー試作品である「じゃこ天うどん」を昼食がわりにごちそうしたそうだ。
ズルズル~と一気にかきこんだK氏におばちゃんが聞いてみた。

おばちゃん「どうだった~?感想聞かせて~♪」

K氏「フツーにおいしいです」


フツーにおいしい ってどゆこと?ほめてるつもりなのか?「たいしたことありません」って言ってるようなもんじゃんか。
それとも本音はマズかったとか?彼の真意は我々の世代の人間からするとナゾなのである。



すんません。横道にそれましたが、この新登場のGSX-S1000のデザインは非常にカッコイイのである。
そこにはデザインで乗り手をふるいにかけるスズキらしさは微塵も感じられない。
カワサキのZ1000や他メーカーのストファイと比較しても遜色のない万人受けするカッコよさ。
つまりスズキにしてはフツーのデザイン。でもやっぱりカッコイイから「フツーにカッコイイー!」なんか文句あっか?






f0300637_20163177.jpg




そしてフルカウル付きのGSX-S1000F。
こちらもなかなかにカッコイイと思うのだが、ハンドルミラーというのが意見が分かれるところかもしれない。
ヘッドライトの造形が独特でスズキらしさがすこしだけ見てとれます。
怒り顔のバイクや車が多すぎだという一部ユーザーの声を反映して出したスズキの答えが「つぎは泣き顔(T_T)」なんでしょうか?










f0300637_20164429.jpg
f0300637_20165543.jpg


予定の10:00より若干早く試乗が始まりました。


20分ほど待って、いよいよ私の番になりました。最初はGSX-S1000に乗車です。
スタート位置でバイクにまたがって待機してたら、昔の一発試験を思い出してドキドキしてきたよ。
ところで こうした試乗イベントに私は初参加なので慣れてません。
発進時にエンストこきました。 (/ω\) しかしまわりの人は皆おとななので見て見ぬふり。何事もなかったように再スタート。



試乗はパイロンで区切られた周回コースを2周します。長いストレートがないのであまり速度は出せません。
私はこうした試乗イベントに初参加なので慣れてません。
何の気なしに前のバイクについていったら3速ホールドのアイドリングに毛の生えた極低回転域キープで1回目が終了しました。
はっきりいって、これでは試乗した意味がありましぇん(T_T)

慣れてる人は先行車と車間距離をとり低いギヤでスロットルの開け閉めにメリハリつけて乗ってるようでした。





2回目はハヤブサ、3回目はGSX-S1000Fに乗車しました。

普段Vストに乗ってる身にはハヤブサでもポジションの前傾がきつかった。まあ慣れで解決するレベル。
最高出力197PSのモンスターなのに ちんたら走りにも対応でき、自分が乗っても大丈夫な気がした。

GSX-S1000Fはフルカウルなんだが、乗車姿勢で視界に入るスクリーンの面積がホンダのNC700X程度だったのは意外でした。
このバイク、音がいいですね。アイドリングからスロットル捻ると低音の効いた硬派な音がします。意味もなくブォン、ブォンとやりたくなります。
それと走りの楽しさを追及したというだけあって、フロントがくねくね良く曲がる感じでした。
ポジションは適度な弱前傾でツーリングでも肩こらなさそう。ひざもさほど窮屈ではなかった。問題は荷物が積めそうもないリヤシート。



私はまだまだVスト乗り続けますが、このような試乗会はいろんなバイクに触れて乗ることで経験値が上がるのがいいですね。それに単純に楽しい。
もちろん次期乗り換えのさいの判断基準として有用だと思いました。機会があれば他メーカーの試乗会へも行ってみたくなりました。




追記:後日、ショップにてGSX-S1000を一般道にて試乗しました。やばいっすコレ。おもしろ過ぎ!
   とにかくノーマルなのに排気音がエキサイティングでついついその気になってしまう。ブォンブォン!
   やっぱ、スズキのバイクは乗ってみるとおもしろい!見た目だけではホントの魅力は伝わらないのだ。
   普通リッタークラスは市街地ではせいぜい3速までしかいれられず持て余してしまうのだが、こいつはクロス気味のギヤレシオなの    
   か、5速まで入れられ街乗りでもシフトアップの醍醐味が味わえる。ハンドリングは400クラス並に意のままに振りまわせる感覚で
   自分の腕が上がったかと錯覚してしまう。かといって自分の思ってる以上にフロントが切れ込むこともなく安心して乗れる感じ。
   個人的に次期候補はVスト1000よりこっちのほうが急上昇だけど、リアシートにもう少し荷物が積めそうなスペースがあれば。
   スポーツを意識したモデルなんで致し方ないのかな。。。








f0300637_20171165.jpg







午後から雨予報だったので、早めに帰宅モード。
ついでにプチ名所めぐり。レインボーブリッジです。写真は合成パノラマなんでちょっと不自然ですが、雰囲気は伝わるかと。







f0300637_20173487.jpg



R1桜田通り 赤羽橋交差点からの東京タワー。








f0300637_20174494.jpg


二階建てオープンデッキが気持ち良さそうです。ステキな はとバス。オー・ソラ・ミオ!






f0300637_20175728.jpg




東京人あるある。じつは東京タワーに登ったことない。
私はスカイツリーまだです











[PR]
by birder-rider87 | 2015-07-19 01:31 | バイクorバイク用品 | Comments(2)

昭和レトロ青梅ツー (後編)



前回のつづきです。

昭和ギャグ漫画の巨匠 赤塚不二夫ワールドを堪能したあとは、おとなりの昭和レトロ商品博物館へまいりましょう。




f0300637_22405884.jpg



扉を開けると正面に駄菓子屋のおやじさんが店番しているのでチケットを手渡します。
館内は懐かしい昭和の商品であふれています。




f0300637_11422892.jpg


サクラカラーの欽ちゃん、なつかしー!...って写真切れてるし(;'∀')
「4枚おトク。どっちがトクか?よ~~く考えてみよう!」...だったっけ?






f0300637_11431149.jpg



あーーこれこれ!
象が踏んでもこわれないヤツ!
といいつつ、クラスのみんなに踏まれまくって割れてしまったという(爆)!

アーム筆入れっていう名前だったんだ。なんか進化版が現在でも売ってるらしい。
メーカーのサンスター文具のHPで昭和なCM動画見れます。コチラ


右隣の赤い筆箱もなつかしいねえ。
マグネット式で両面開きのつくりが当時は斬新でした。
お祝いでもらって、ワタクシも使っていました。あ、色は黒でしたよ。





f0300637_11440462.jpg


銭湯の黄色い風呂桶でおなじみのケロリン。知名度抜群ですね。
ところがワタクシやまだかつて服用したことがありません。
っていうか、こういうパッケージだったんですか!
だって近所の薬局に置いてないんだもの。





f0300637_11445450.jpg


ライオン歯磨。紙袋に入ってるってことは、歯磨粉が本当に粉だった時代でしょうか。






f0300637_11453677.jpg



コカ・コーラのコレクションがびっしり!

スーパーヨーヨー、これも流行りましたね。
犬の散歩、できるまで苦労しました。はじめてできたときのよろこび、いまでも忘れません。
ひもをユルクしておくって、はやく教えろっつうの (T_T)





f0300637_11462615.jpg


牛乳瓶のフタ集め。
ん~~、ワリワリの頃は日本酒の栓を集めてました。剣菱の赤いのとか黒いのとか、その他もろもろ。
親父が飲み干すのを待っていたら、なかなか集まらないのよ。
そこで酒屋に捨ててあるのをもらいにいったりしてたな。コレクションが一気に増える増える(嬉)♪

コカ・コーラの王冠も集めてました。たしか王冠の裏のビニールをめくるとスーパーカーの絵が出てきたような。





f0300637_11475043.jpg


クイズダービー、毎週見てたなあ。最後の問題は「倍率ドン!さらに倍!!」篠沢教授の倍率が一番高いのがお約束(笑)。
こんなゲームがあったのは知らんかった。

となりのダイヤモンドゲーム(ゲームナイン)と沈没ゲームはウチにも現存してるぞ。
ゲームウォッチ、授業中机の下でみんなやってましたなあ。
軍人将棋もあったねえ。こんなに駒、多かったっけ?
キン消しは下の世代で流行ってたなあ。

よく探せばまだまだお宝ありそうだなココ。また来るか。





f0300637_11565400.jpg


館内の奥には映画看板と看板絵師 久保板観さんの紹介パネル。


2階は雪女に関する展示があります。なんと雪女の舞台は青梅だったのだ。






f0300637_11580495.jpg



そして最後に訪れたのは昭和幻燈館。
中に入ると昭和映画スターのブロマイドが販売されています。

チケットを渡して展示エリアへ入りましょう。




f0300637_11590678.jpg
f0300637_12000356.jpg
f0300637_12005363.jpg



街の明かりがあったかくて ほっこりする昭和夜景のジオラマがよくできてるわ!





f0300637_12013314.jpg



その他に今年から猫作家さんの作品を展示するようになったそうです。これ以外にも多数ありますよ。
青梅は猫の町でもあるんですね。

バイクで通り過ぎるだけでは見えなかった青梅の街の表情を少しだけ知ることができたのがよかった。
おもしろい1日でした。




f0300637_12021714.jpg
f0300637_12053986.jpg



昭和レトロ青梅散策のあと、おまけといってはなんですが もう1件寄り道しました。
吹上しょうぶ園。青梅からバイクで10分かからないと思います。
見頃のピークは過ぎていましたが、花が完全に終わる前に間に合ってよかったです。









[PR]
by birder-rider87 | 2015-06-22 00:47 | ツーリング | Comments(2)

昭和レトロ青梅ツー (前編)



梅雨の中休み。晴れ間がのぞいたのでチャンスとばかりバイクでおでかけしてきました。
バビューンと遠出といきたいところですが、午後は大気が不安定との予報でござる。
最近の天気の豹変ぶりは脅威だからねえ。雨だけならまだしも竜巻クラスの突風はまじやばい。


だもんで近場のホームコース奥多摩エリアを流しましょうか。




f0300637_23001448.jpg



中央道八王子IC付近からR411滝山街道をススムくん。
サマーランド手前の丘陵で一気に視界が開ける区間がほんの少しあります。
圏央道あきる野ICを一望! この道を通るときのささやかなお楽しみなんですぅー♪





f0300637_23010155.jpg



そして五日市経由で檜原街道からぁ~の奥多摩周遊道路。
月夜見第二駐車場にて。そのむかし「見物コーナー」と呼ばれていたような。。。
普段よりバイクの数は少なく、走ってるライダーもツーリング系の方が多かったです。






f0300637_23050770.jpg



奥多摩湖の小河内ダム。






f0300637_23170252.jpg


青梅方面へ下ります。
道は空いてたんだけど、前を走る車の後ろ姿に見飽きたので数馬峡橋で離脱。





f0300637_23120285.jpg


ついでに おみやげ げっと。






f0300637_23183049.jpg



お昼は青梅街道の御岳と沢井のあいだにある「喫茶・手打蕎麦 笑(えみ)」へ。
ワタクシのたいへんお気に入りのお店なんですが、いつも食事の時間と合わずに、なかなか来店できなかったのです。

写真は 天ざるそば 一三〇〇円。

ひさしぶりにいただいたのですが、以前とまったく変わらないのがうれしかった!
また眼下に渓流を眺められるロケーションもいいのよぉ~。
駐車場は乗用車3台分あり。





f0300637_23201294.jpg



青梅市街まで下ると通り沿いに古い映画看板が多く掲げられています。
好きなルートで、奥多摩ツーではバイパスを使わず必ず旧道のこちらを通るようにしてます。
ただ道がせまくバイクを停めるのがはばかれるので、いつも素通り。
そのうち じっくり散策したいなと思っていました。

今回は時間があるので有料の民間駐車場(30分100円)を利用してブラブラすることに。
駐車場は乗用車用でしたが、受付のおじさんに聞いたらバイクもOKでした。






f0300637_23310973.jpg
f0300637_23323085.jpg
f0300637_23333692.jpg




歩いてまわると思ってたよりも看板の数が多い!
でも誰もが題名を知ってる映画の看板があまり見当たらない。以前はもっとあったような気がする。。。
屋外展示で傷みやすいから、もしかしたら修復のために一時撤去されてたりとか???






f0300637_23342103.jpg
f0300637_11304679.jpg
f0300637_23591307.jpg



おやおや~!!
なぜか猫がらみのパロ看板もいっぱいありますなぁ~。






f0300637_23404796.jpg
f0300637_23373789.jpg
f0300637_00051955.jpg
f0300637_11323799.jpg


ニャジラ・・・・・ツボ(笑)






f0300637_11332357.jpg


他にも街中をくまなく探したいところですが、またの機会にしましょう。
お次は青梅赤塚不二夫会館へおじゃまします。




f0300637_11340127.jpg
f0300637_11342751.jpg


それでは入館します。
チケットは近隣の施設とセットの3館共通券を購入。800円だったかな?






f0300637_11350368.jpg



最初にイヤミがお出迎えしてくれました。
イヤミのりれき書によると三才で前歯が生えそろったそうです。






f0300637_11354942.jpg


おそ松くんの顔出しパネル。
のどちんこの描き方に時代を感じる(笑)






f0300637_11370936.jpg



伝説の漫画家の館「トキワ荘」。
ここで数多の傑作が生まれたんですねー。




f0300637_11383963.jpg



ショーケースに赤塚キャラの猫人形がズラリ!
あとで気づいたのだがコレって売り物れすか?(@_@;)






f0300637_11381177.jpg



2階にあがるとトキワ荘の再現部屋が出現なのだ。
バカボンのパパな~のだ!41才の春なのだ!

この先は一番の見どころの原画が展示されているのだが残念ながら撮影禁止な~のだ。
代表作以外にもさまざまな作品があるのだ。
「スリラー教授」の古典的ギャグがツボなのだ。

えっ?しつこいって? これでいいのだ。





f0300637_11391738.jpg
f0300637_11395225.jpg

1階にもどり、おみや物色。





f0300637_11414159.jpg


な、なんと! 
バカ田大学の赤本っ!
見本をパラ見すると実は超難関。ふつうの脳ミソでは まず合格できないでしょう。

こっそり買って帰ったのは内緒(笑)。。。






次回につづく













[PR]
by birder-rider87 | 2015-06-21 17:43 | ツーリング | Comments(0)

ぷらっと奥多摩湖へ

秋分の日。季節は秋へと移ろいゆくこの頃。
朝寝坊で遠出はあきらめホームグランドの奥多摩へ。





f0300637_13041843.jpg



だいぶ以前に訪問して、かなり美味しかった記憶が残るお蕎麦屋さんを目指しました。
店名は忘れてしまったが(というより最初から覚えていなかったかも)、同店は奥多摩体験の森までの道のりにあった。



写真は栃寄森の家。たしかここのそばにお蕎麦屋さんがあったはずだが…
施設の方にお話をうかがうと昨年の3月に閉店したとのこと。
一時は休日に行列ができるほどの人気だったらしいが、狭く急峻な舗装林道を登るアクセス不便な土地柄なのか平日はお客が入らなかったのが原因らしい。
うーん残念だ。場所を変えてどこかで営業していてくれたらなー。





f0300637_13250127.jpg
f0300637_13252707.jpg




奥多摩湖・小河内ダム周辺。








f0300637_13291745.jpg
f0300637_13293007.jpg


奥多摩周遊道路入口のそばにある「陣屋」へ来ました。そば定食 一四五〇円。
そばはもちろん、その他の山の幸もおいしかった。ご飯にのっかてるのは「しそひじき」。見た目がひじきのような しそ でした。


店内でちょっとした出会いがありました。
混んでいたため同席だったんですが、お相手の方が運よくライダーさん。
千葉県よりお越しだそうで、黒赤のカラーリングが素敵なVTRにお乗りです。
千葉からだと都内横断が大変だったと思います。ようこそ奥多摩までおいでくださいました(^o^)丿

おそばが出てくるまでわりと時間がかかったんですが、お話し相手になっていただき退屈しませんでした。ありがとうございました。


食後に一旦お別れしたけど、周遊道路ですぐ再会。そりゃそうか(笑)
そのあと周遊道路を抜けるまで一緒に走りました。





f0300637_13470606.jpg
f0300637_13471844.jpg


わたしは数馬の湯へ。
VTRさんは秋川渓谷の瀬音の湯へ向かって走り去りました。

ツルツル美肌の湯に満足だったそうです。いつかまた奥多摩エリアへ来てくらはい。
そうそう。チャンスがあれば どうしみちも走ってみてくださいね。





[PR]
by birder-rider87 | 2014-09-24 20:11 | ツーリング | Comments(2)

えっ!なにこのコンビニ?

先週末も東京湾岸へ出かけてきました。




f0300637_00095727.jpg
f0300637_23011125.jpg
f0300637_23013460.jpg



すっかりお気に入りロードとなった東京ゲートブリッジ。
橋が視界にはいるとワクワク感が上昇! 橋を駆け上がり目の前にブワーっと広がる東京のパノラマ絶景に圧倒!!
若洲海浜公園から撮影してみましたが、ゲートブリッジ走行中に見える景色のほうががはるかに興奮します。
この走ってる時の景色をぜひ撮ってみたいのですが…





f0300637_00090886.jpg



開放感あふれる魅力的な湾岸エリア。ですが店舗がほとんどありません。たま~にコンビニがある程度です。






f0300637_23020157.jpg


若洲にあったコンビニに寄ってみました。
サンクスかと思いきや…



f0300637_23022996.jpg
f0300637_00230420.jpg


ポ、ポートストアぁ?
なんすかね? このなじみのない店名は?

ちょっとあやし気ですが、まわりに店ないから気にしないことに。
店内はいたって普通のコンビニ。
コンビニにしては広いイートインスペースがありーの、テレビもありーの、ファミレスのないこの地域で休憩場所の役割をはたしてます。ありがたい存在でありました。




f0300637_23031957.jpg


帰りがけに寄り道して、やってきたのはローソン。と思いきや…



f0300637_23035214.jpg


またしてもポートストア?!入口左手はなんと床屋です。




f0300637_23040504.jpg

看板とか、まんまローソンなんですけど…



[PR]
by birder-rider87 | 2014-04-21 07:00 | ツーリング | Comments(2)

奥多摩方面様子見ツーリング

3月も下旬となりようやく気温上昇。ちらほらバイクの姿を見かけるようになりました。

今回は奥多摩方面へ道路状況の様子を見に行ってきました。
例年なら問題なく走れる時期ですが、今年は先月降った大雪が気がかりであります。



f0300637_21335268.jpg
f0300637_21342501.jpg



いきなり めしです。朝ぬきだったもんで早いお昼です。
JR御岳駅をすぎた青梅街道沿いで気になる看板が目に入り、寄ってみました。


音威子府そば (おといねっぷ)

昨年の北海道ツーリングで音威子府を通ったときに あちこちに「音威子府そば」のノボリがあったんですよ。
ちょうどお腹もすいてたので どんなものか食べてみたかったんですが、立ち寄った道の駅では食堂が閉まってて そばはいただけず。
その時は仕方なく売店で真空パックのトウキビを買って、お腹を満たしました。


あとから思い出したんですが、音威子府のそばといえば 黒そばで知られ、音威子府駅の常盤軒は雑誌やTV等で取り上げられる有名スポットだったんだなあ。



次回の北海道ツーリングの宿題となった音威子府そば。
とはいえ今度いつ行けるか わからない。 遠い存在の黒そばが御岳で味わえる。こりゃあ、寄るっきゃないっしょ!



f0300637_21350600.jpg

ここは「ぎん鈴」という旅館で、昼間は泊り客以外にも 黒そばをふるまっているようです。

とろろそばを注文。 運ばれてきた おそばは やっぱり黒かった。
黒いという特徴のほかに四角く太め。食感はコシがあり、そばとしては風変わりな感じ?!

部屋にはタレントの色紙が飾ってあり、体操のお兄さんと気さくな女将との記念写真があった。





f0300637_06234865.jpg
f0300637_06240292.jpg

腹ごしらえのあとは青梅街道を軽快にクルージング。数馬峡橋から眺める白丸湖。




f0300637_06241332.jpg

3連休中のわりには交通量が少なく、すんなりと奥多摩湖へ。



f0300637_06242487.jpg

雲一つない快晴。まさにツーリング日和。しかしバイクの数はまだ少なめ。




f0300637_06243661.jpg
f0300637_06244855.jpg


峰谷橋(みねだにはし)までやってきました。渡るだけでツーリング気分が盛り上がる紅い橋。



f0300637_06250579.jpg

奥多摩周遊道路にはまだ雪が残っているようです。




f0300637_06251784.jpg

山のふるさと村から先は通行止めでゲートでふさがれてました。
開通はまだ先のようですね。それとここに来るまでに損傷した落石防護柵の修復工事が数か所あり、片側通行が多かった。



f0300637_06252925.jpg

川野駐車場に残っていた雪。なんちゃって「雪の回廊」!
このあとはR411青梅街道・大菩薩ラインへ行ってみました。



f0300637_06254176.jpg

さすがに国道だけあり、通行に支障をきたす箇所はなかったけど、路肩から道路にはみ出して積雪が残る部分も。
そして途中、路面張り替え工事でアスファルトが剥がされフラットダートとなっていた区間がありました。
オンロードバイクだと「げっ!」という感じのいきなり出現ダート。アドベンチャーモデルのVストだと、まったくもって余裕で走行。
鼻歌まじりですわ。お魚くわえたどら猫~♪



f0300637_06255307.jpg

尾崎行雄水源踏査記念碑の付近にて。橋の先は泉水谷林道。




f0300637_06274896.jpg


柳沢峠手前の道。この辺りは凍結防止剤が散布されてます。


f0300637_06263687.jpg
f0300637_06265151.jpg
f0300637_06270296.jpg
f0300637_06271346.jpg

柳沢峠の茶屋  麦とろご飯

また、とろろ? いいんです名物なんですから (;^ω^)
なぜか ごはん通常より盛っといったよ とサービスしてくれました (^o^)丿



f0300637_06280236.jpg

柳沢峠からは来た道を戻りました。 雪の重みで折れてしまったのかな? 




f0300637_06281307.jpg

R411大菩薩ライン一ノ瀬林道入口の名物コーナー?!
あらたにトンネルが開通したため2連ヘアピンではなくなってしまいました。








[PR]
by birder-rider87 | 2014-03-23 23:14 | ツーリング | Comments(2)