ピースサイン~どこかの道で

タグ:栃木ツー ( 2 ) タグの人気記事

日光は混んでそうだから足尾へ行ってみた



文化の日にNC殿とツーリング。ここ数年は紅葉の中津川林道や中津峡へ行くのが恒例となっていますた。
今年もその予定だったんですが、お互いに「ちょっと飽きたよねえ」とめずらしく意見が一致してしもうた。
で、問題は「中津峡以外ならどこへ行く?」。

素直な気持ちは日光方面で霧降高原道路を軸にルートをとりたいんだけど…。いろは坂も行けたら……。
どのチャンネルのTV番組でも、日光の紅葉が本番!と放送してるから地獄の激混み必至(>_<)で相当な覚悟が必要とされよう。
むろん言うまでもなく、わたしもNC殿もそんな覚悟はサラサラない。

………熟考の結果、NC殿が足尾はどお?と提案してきた。
個人的に日光方面ツーでは必ずと言っていいほど草木湖まわりのR122を使用してるので、足尾のそばは何度も通り抜けてきた。
通り抜けてきたが、きちんと訪れたことはなかったんだね。ということで行き先決定!

当日はNC殿有利の 道の駅きたかわべ で待ち合わせ。下道で行ったら、3時間もかかってしまったわい(汗)。
そこからNC殿は足尾まで一気に走るとヤル気まんまん!走り出したら止まらないぜ♪ おまえはトレイントレインか(笑)。






f0300637_20362042.jpg



きたかわべ→県9→県11栃木藤岡線→県309→県32栃木粕尾線→(栃木IC)→県15鹿沼足尾線で粕尾峠越えのルート。

粕尾峠の道だが、山の神ドライブインから先は険道の部類で舗装路ながらもひび割れだらけでコンディションは良くない。
おまけに濡れ落ち葉で余計に神経を使う。しかし紅葉はなかなかで古峰神社へも抜けられるため、当日の交通量はこの道にしては多めだった。
峠を越え、ようやく道幅が広くなった地点で先行車のNC殿が停車。写真がその場所です。


この日は前回の富士五湖方面の時よりは気温あったかめでしたが、山に行くので一応オーバーパンツを着用してますた。

わたし「この間さあ、気温6℃でまいっちゃったよ」

NC殿 「勝った!オレ4℃、赤城で」


なに小学生みたいなことを言ってるんだと思いつつ、大人の対応で会話を進めると、どうやら赤城山の頂上は日中の気温で4℃だったらしい…。
完敗 m(__)m 負けを認めます(笑)。






f0300637_20405936.jpg


引き続きNC殿の先導で走り、R122に出てスグ足尾エリアの道へ。
明治期に竣工と この種の鉄橋では国内最古の古河橋でトイレ休憩でバイクからおりますた。残念ながら古河橋(トラス橋)は通行できませんでした。

橋の奥に見える建物は本山精練所というらしい。
壁の一部が剥がれ落ちており廃墟にしか見えないが、人の気配も感じられ現役で稼働してるっぽい?
興味をそそられ中に入ってみたい気にもなったが、構内撮影禁止の看板やALSOKのステッカーが入門口に貼ってあったのでやめときました。






f0300637_20460047.jpg
f0300637_21011184.jpg


お次は砂防の足尾ダムがある銅親水公園へ来ました。
一般車両はここで行き止まりとなります。この先、日本のグランドキャニオンと言われる松木渓谷へは歩きなら行けるみたいです。

グランドキャニオンと言えば聞こえがいいが、ここは過去の公害で草木が生えなくなってしまった。長いこと森林復活に向けての活動が進められている。
ちなみにNC殿は職場の植樹ボランティア活動でゲートの先に行ったことがあるそうだ。
以前は荒涼とした風景が広がっていたが、だいぶ緑が増えてきたとのこと。


この後は来た道で気になったスポットへ寄りつつ戻ります。





f0300637_20443610.jpg



先ほどの本山精練所の敷地内にある大煙突を対岸からパシャリ。
以前は煙突のまわりに骨組みだけ残った建物がたくさんあったようだが、ほとんどが取り壊された様子。







f0300637_20425710.jpg



道路脇に線路の名残。この後に巡るわたらせ渓谷鐡道終点の間藤駅から延びていた貨物線の線路跡です。





f0300637_20424023.jpg


間藤駅先の踏切跡。貨物線は足尾銅山の閉山後もしばらくは運用され昭和62年の国鉄民営化とともに廃止されたらしい。





f0300637_20480441.jpg



反対側の線路跡。レールは片方だけでした。(立ち入り禁止の看板あり)






f0300637_20433222.jpg


反対側の遮断機。廃の美とでも言うんだろうか。。。





f0300637_20413414.jpg
f0300637_20415440.jpg


終点の間藤駅。行がけに列車が停まっていたときには観光客の姿がホームに多く見られましたが、列車が行ってしまうとひっそりの無人駅。



この後は、古河橋に戻り銀山平へ。NC殿が是非連れていきたいとおススメする温泉に入ります。
国民宿舎かじか荘で日帰り入浴です。入浴料は610円だったかな。ヌルヌルつるつるのお湯です。





f0300637_20483019.jpg

f0300637_22235489.jpg

f0300637_20490812.jpg


かじか荘からR122へ下りる道は紅葉が綺麗でした。
小滝坑口跡と旧小滝橋でバイクを停めます。坑口は橋の奥にあります。
橋の反対側は岩盤の根元が削られたようなかんじで、丸い穴も開いています。




足尾はこうした遺構や廃墟が多くて見処が多いですね。
今回は事前情報なしでやってきたのですが、下調べしてくるともっとおもしろくなる気がします。
そうそう銅山跡の坑道をトロッコに乗って見学できるんですが時間切れで訪問できませんでした。いつか再訪したいですね。







f0300637_20502642.jpg



R122は昔は抜け道としてすばらしい機能を果たしてたんですが、ここ数年は草木湖~大間々が渋滞するようになりました。
なので帰りも粕尾峠ルート(苦笑)。とにかく日があるうちに越えようぜ。

といいつつ、夕陽があたった紅葉が綺麗だったので撮影停車。まあなんとかギリで日暮れ前に難所越えられました。ほっ(●´ω`●)
午後5時で真っ暗闇。日中の活動時間が短くなりましたね。







[PR]
by birder-rider87 | 2015-11-05 01:52 | ツーリング | Comments(2)

9月の3連休は福島ツーリング(3)…帰り道

小さなテーブルを囲んで飲み、食べ、語り合った楽しい一夜が明けた。
仲間の一人は昼から仕事だそうで朝7時前には千葉県まで帰っていった。おいおい間に合うのかい (;'∀') 直行?
残りの者で軽く朝食をすませ、熱いお湯をわかしていれたコーヒーでしばしくつろぐ。


2014ライダーキャンプの集合記念写真を撮ったあとは撤収モード。


キャンプは設営するときはルンルンで早く完了するんだが、撤収はなんかいつもめんどくさくエライ時間がかかる。


また一人撤収をすませシルクバレーをあとにする。
「また会おう!」
手を振って、見送る。気をつけてな。ふにゃらキロ出して釣り竿とばさないようにな(笑)…うちわネタm(__)m



帰る以外の予定を立てていなかった自分は段取りもわるく昼前にようやくお片付け終了。
みなに別れをつげて出発。セローのライダーさんと途中まで一緒に。

途中までといっても自分はキャンプ場から1キロほどの岩風呂に入るため、あっという間にお別れ。
いつかまた会ったら、そんときはもっと走ろう!すまん。


渓流を眺めながらお湯につかれる岩風呂。
ひっきりなしに入浴客がくるし湯あたりしても困るので10分ほどで切り上げた。





f0300637_20302340.jpg
f0300637_20301148.jpg


R352には田園風景が広がる。南会津は実りの秋。






f0300637_20295625.jpg



R121分岐の変則T字路。会津鉄道の橋の下をくぐり抜ける。
なんとなくなんだけどココ面白いんだよな。ちょっと得した気分。






f0300637_20294033.jpg


おにぎり3個パック国道沿いで踊るように咲くコスモス。





f0300637_20292407.jpg



道は順調で五十里湖(いかりこ)まで快走。
おなかが減ってきた。人間のほうを給油しなけりゃか。





f0300637_20283933.jpg
f0300637_20285217.jpg
f0300637_20290548.jpg


湖畔亭 ほそい 山菜そば 七五〇円


実はコレ、おかわりで2杯目なのだ。
1杯目は やまかけそば をいただいたのだが、思いがけず美味いおそばだった。
これは備忘録として記録に残しておかなくてはと思い2杯目を注文してバイクへカメラを取りに戻った。


なんだろ?けっして強いインパクトがあるわけではないんだ。素朴だけど繊細な主張があるおそば。
おつゆはハッキリいってうすいんだけど、それはそばの風味を損なわないようになんだろう。
主役はおそばなのだ。


3杯目にざるそばを注文したかったが、さすがに満タン。次回の宿題とすんべや。また来よう。


店内は囲炉裏などもありなかなか雰囲気もよかった。





f0300637_20281594.jpg



湖畔を見渡せる駐車場のベンチにはどういうわけかバカ殿。不思議発見(笑)。



このあとは濃霧で真っ白けな霧降高原を抜け、日光を抜け、群馬県埼玉県を通過して結局下道だけで帰還。
この3連休は高速に車が集中してたのか、下道は想定外の渋滞なっしんぐ。
なにがうれしいって、道路がすいてるほどウレシイことはないよ ヽ(^o^)丿



[PR]
by birder-rider87 | 2014-09-19 07:00 | ツーリング | Comments(0)