ピースサイン~どこかの道で

タグ:紅葉 ( 17 ) タグの人気記事

紅葉の妙義山



秋晴れの週末、群馬県の妙義山へ紅葉ツーリングに行ってきました。paece!(・∀・)v パえ~す!
このところ寒い日が続きましたが、ツー当日の気温は20℃近くまで上がり冬装備では日中汗ばむほどでやんした。





f0300637_21503254.jpg


R254姫街道(信州街道)を下仁田から佐久方面に走り、県51松井田下仁田線→県196上小阪四ツ塚妙義線とつなぎます。目の前に岩肌のゴツゴツした妙義山らしき山容が視界に入ってきました。ヒャッホー!






f0300637_21582023.jpg


群馬県なのに(?)リンゴの直売所が道端に何件かあったので、そのうちのひとつへ寄っていきました。大玉が7~8個入って1袋1000円。安~い (*´▽`*)

店の前のモミジがいい感じでした。









f0300637_21563746.jpg


そのあとクネクネが続くのですが、楽しい道ですな~!
上まであがると突然ドーンと妙義山が姿を見せました!!けっこうな迫力です。









f0300637_22012640.jpg




f0300637_22033016.jpg




f0300637_21595609.jpg


中之岳駐車場からはさらに山が近いです。









f0300637_22065953.jpg


あんなところに人の姿が! すー、スゴい~~~ \(◎〇◎)/!!











f0300637_22125622.jpg





f0300637_22095294.jpg





f0300637_22104112.jpg





f0300637_22120097.jpg




f0300637_22145381.jpg


景色ヨシ!走ってヨシ!のツーリングに最適の道だな~♪ 駐車場も広くて遠望の眺めいいし最高♪♪









f0300637_22160751.jpg





f0300637_22181538.jpg





f0300637_22185170.jpg


奇岩・巨岩の宝庫 (^ω^)










f0300637_00021654.jpg


紅葉だけでなく冬桜も咲いていました。








f0300637_22223169.jpg


近々(2016.11.14)超スーパームーンですね。スーパーに超が付いてます。またはウルトラスーパームーンと呼ばれる。68年ぶりの巨大満月だとか。今回の機会を逃すと次回は18年後と報道されてますが煽るよね~。










f0300637_22231477.jpg


下仁田リンゴ。下仁田ベスト3はコンニャク・下仁田ネギ・井森(笑)。リンゴも作っていたとは(゜o゜) へ~
そういや道の駅で売ってる下仁田納豆も最近のお気になのだ(´▽`) 








[PR]
by birder-rider87 | 2016-11-14 08:00 | ツーリング | Comments(4)

日本百名瀑 精進ケ滝までツーリング



カレンダーをめくり11月となり、日に日に秋が深まってきました。

今年は9月が天候不順であまりツーリングに出られませんでした。季節の良い時期を逃したこともあって、気温が低く冬を先取りしてしまう山間部の紅葉ツーより温暖な地域で冬装備せずにもう少し走っておきたい気分です。とはいえ遅れていた紅葉が見頃とあって、やっぱり足はお山の方へ向いてしまうのでありました。





f0300637_17030464.jpg


今回は山梨県北杜市にある日本百名瀑のひとつ『精進ケ滝(北精進ケ滝)』へ行ってみようと思います。
paece!(・∀・)v パえ~す!


中央道 甲府南ICを降りてR358を走行中に冠雪したアルプスが眼前に飛び込み、思わず感嘆の声が出ました。

下曽根橋を渡り、県29+県12で南アルプスIC方向へルートを選択しました。
道なりに走ってたら高速道路っぽくなって少し焦りました (;''∀'') が、緑の標識だけど「無料」と表記してあったので構わず前進!
私の2012年版のマップルには出ていません。あとで調べたら『新山梨環状道路(南部区間)』という路線でした。

ワープ区間は南アルプスIC手前で終了。道なりに県12を北上。県613 甘利山公園線で甘利山へ駆け上がります。





f0300637_17054189.jpg


f0300637_17043364.jpg


甘利山の駐車場を越えると道は小字沢林道になります。





f0300637_17063930.jpg


小字沢林道は全線舗装ですが路面はカラマツ(?)の落ち葉で覆われて秋色全開です。スロットルは閉じ気味でした。(*_*;





f0300637_11082191.jpg


f0300637_17081449.jpg


今年の紅葉は期待薄かなと思ってましたが、このところの冷え込みが功を奏したのか予想以上の彩りでうれしいね。





f0300637_17084030.jpg


f0300637_17093491.jpg

林道分岐点。小武川林道を左折します。





f0300637_17100005.jpg


f0300637_17103322.jpg


f0300637_17105430.jpg

快晴のツーリングは格別。





f0300637_17111396.jpg


精進ケ滝はこの先を左なんですが、まさかのゲートクローズ (;・∀・)
「え!ココでかい!」

Uターンして迂回してる時間はナッシング。ゲートの脇にすき間なし(笑)。どぼずる?
事前の調べでは通行止めはなく全線通行可だったのに。。。





f0300637_17113307.jpg


ダメ元で「開け~ゴマ!」と唱えたら、開きました 。(´▽`)/

うそです。鍵かかってませんでした。ホッ。おどかすんじゃねえよ(笑)。





f0300637_17115984.jpg


無事ゲートを越え、御座石林道に入り少し進むとダートになりました。ダート区間は1キロ以下でしたが予想以上にボッコンボッコン (この写真の先)。ガレてなかったのが救い。V-stromの走破性にも助けられました。ダートはこの先の精進ケ滝林道にも数百メートルのフラットダートが残っていました。






f0300637_17124293.jpg


ようやく精進ケ滝の駐車場に着きました。車2~30台分のスペースで、仮設のトイレがあります。
滝までは吊り橋を渡ってハイキングコースを歩いていきます。






f0300637_17131469.jpg


吊り橋を渡ると標識があります。滝までは40分かかります。
通りすがりで寄ると間違いなく断念する所要時間でありますが、私は2回目の訪問なので織り込み済み。





f0300637_17134233.jpg



f0300637_11084005.jpg



f0300637_17141148.jpg


f0300637_17151189.jpg


f0300637_17153957.jpg


f0300637_17160212.jpg


f0300637_17164415.jpg


久しぶりのトレッキングだったので息が上がり気味でしたが、写真を撮ってるときは休憩してるようなものなので最後まで行けました。滝見台までは標識どおりで約40分でした。













f0300637_17172551.jpg


日本百名瀑 精進ケ滝

落差121mを誇る段瀑














f0300637_17181783.jpg


滝見台の様子を魚眼レンズで撮影。滝までは距離があり近くまでは行けないみたい。ここで行き止まり。
※あとで調べたら滝壺まで行けるルートがあるっぽいです。

ベンチに座り、コンビニで買ってきた菓子パンとお茶でしばし まったり。(*´ω`)







f0300637_17185549.jpg




f0300637_17192347.jpg



双眼鏡があるとさらに楽しめるでしょう。私は忘れちゃった(汗)。







f0300637_17194936.jpg


帰りは30分で駐車場まで戻ってこれました。
時刻は午後3時前。精進ケ滝林道を武川方面へ下っていきます。





f0300637_17201452.jpg


林道を出て一般道を走ってる最中に見えた山容。なんという山かな?





f0300637_17203653.jpg


道の駅はくしゅう南きよさとにらさきと巡り、3か所のスタンプを獲得。
野菜などの生鮮食品は売り切れてたが、南きよさと でおいしそうな手作りみそを発見したので土産に買っていく。

写真は 道の駅にらさき から望む富士山。







f0300637_11085372.jpg



午後5時半で真っ暗だ。だいぶ陽が短くなったな。








[PR]
by birder-rider87 | 2016-11-04 22:01 | 林道ツーリング | Comments(2)

志賀草津道路を走ってきた プラス 2016紅葉



このところ『ビーナスライン』、『霧降高原道路』と定番の名道ツーリングをして、「やっぱり絶景道はいいね!」ということで今回は『志賀草津道路』へ 行ってきました!! paece!(・∀・)v パえ~~す


f0300637_13524658.jpg


関越道を渋川伊香保で降りて、インターから近い道の駅こもちで小休止。とても混雑してたが、スタンプラリーのために寄ってきました。

ここからは R353長野街道→R145長野街道→R292六合(くに)経由→志賀草津道路 というルートを予定。





f0300637_11455322.jpg


R353沿いの道の駅おのこにも寄ってきます。出店の兄ちゃんに試食をすすめられ『馬肉の燻製』を買わされる。

「酒のつまみに最高」との売り文句でうまいにはうまいんだが、おれ夏から酒飲んでないんだよねー。禁酒しようと思ってやめてるわけではなく、酷暑の日に酒飲むと余計に体が暑くなるので自然と飲まなくなり、飲む習慣が途切れ現在に至るといった流れです。ちなみにタバコは4年位前に気合と根性でやめました。





f0300637_11461030.jpg


f0300637_11462919.jpg


そのあとR145に進み、道の駅あがつま峡へ。里芋が安かったので2袋購入。

そして上記写真の道の駅八ッ場ふるさと館へ。ここも人気で混雑気味でした。スタンプラリーのクーポンを使い、パンプキンのソフトクリームをいただきました。





f0300637_13530189.jpg


道の駅六合でお昼におそば。NC殿がくちにする「道の駅にうまいモノなし」というセリフはここでは当てはまらないな。
私はここのおそば大好き。注文してから出てくるのやたら早いけどね(笑)。






f0300637_17103359.jpg


そばを食べ終えた時点で時刻は午後2時近く。この時季は陽が傾くのが早まってる。少々ペースを上げなくては(汗)。

志賀草津道路は麓の木々が色づいておりました。湯釜のある白根山の周辺は火山規制で駐停車が禁止のため、山田峠まで一気に駆け上がってきました。




f0300637_17110498.jpg


おなじみ国道最高地点からの眺め。実際はもっと雄大!
石碑は大勢の人に囲まれて空く気配がなかったのであきらめて撮りませんでした。べつにいーもん (*´з`)


私のバヤイ、ルートや時間の都合により渋峠でUターンすることが多いのですが、今回は志賀高原側に足をのばしてからUターンしてみようと思います。
万座三叉路~殺生河原間が午後4時半以降は通行できなくなるので巻かなきゃだわ (;'∀')







f0300637_11474694.jpg


f0300637_11480402.jpg


標高が下がってきたら道沿いは鮮やかな装いに。
9月の日照不足などがたたり、今年の紅葉は期待薄でありましたが、どうしてどうして、さすがは信州、鮮やかな色彩でした。






f0300637_11482392.jpg


丸池の周辺が最も燃え盛っておりました。今年でこれほどなんだから例年ならどれほど!\(◎o◎)/





f0300637_11484683.jpg


道の駅北信州やまのうちまで行きたかったがタイムアップ。
ループ橋の先でUターン。ループ橋もフレームに収めたかったがドローンを用意しておかなくてはならなかった。






f0300637_14223616.jpg


たまには愛車のアップでも。





f0300637_11492385.jpg


なんとかゲートが閉まる前に通過することができ、草津の街をぬける。
高原ルートも復旧工事で何ケ所か片側交互通行だったが、道の駅草津運動茶屋公園のあたりも片側通行で進まなかった。
午後5時に飛び込むとギリギリでスタンプを押せた。



帰りはR406草津街道で高崎へ。途中、道の駅くらぶち小栗の里へ寄ったら、なんと営業中であった。スタンプ押せた!ラッキー!!





f0300637_11493919.jpg


高崎からR17中山道。藤岡から関越道へ。

高坂SAの売店をのぞくとどこかで聞いたことのあるポテトチップが陳列されていたので購入すた。
『菊水堂のポテトチップ』、マツコの番組で紹介され火が付き通販では2か月待ちだとか。話題の品らしい。

帰宅後、『しお』を食べてみたが、とても優しい素朴なお味 (*´▽`*) 気に入った!
でも2ケ月待たされ期待値が跳ね上がってから食べたら微妙だな。。。







[PR]
by birder-rider87 | 2016-10-23 17:03 | ツーリング | Comments(5)

快晴の瑞牆山ツー



日本100名山に数えられる山梨県北杜市の瑞牆山(みずがきやま)へ今年も紅葉ツーに行ってきました。
って言っても登山ではなく、みずがき山自然公園で山の写真を撮ってきただけなんですけどね。。。


ここしばらくは高速道路を使ってのツーリングが続いていたので、久しぶりに下道オンリーで走ってきました。




f0300637_23033135.jpg


高尾山からR20甲州街道ひた走り。勝沼バイパスをすぎても、抜け道とかを使わず正攻法で甲府バイパスを突き進む。
まあでもこの区間は混むね。韮崎市内で七里岩トンネルをくぐり県23増冨ラジウムラインを目指します。
道中で岸壁を見つけたので愛車とともにパチリ。さながらミニ七里岩といったところだろうか。






f0300637_23035035.jpg


県23増冨ラジウムラインにて。雲ひとつない見事なまでのドピーカンです。
少しくらい秋らしい雲があってもよさそうな気もするが贅沢いっちゃいかん。走っていて、とても気持ちがよかった。
バイクツーリングではやはり天気は大事なのだ。





f0300637_23041801.jpg
f0300637_23043289.jpg


みずがき湖ビジターセンターで小休止。
ここから見える橋を撮ると いつも感じるのは「水平づれてる?」
撮った写真を見ると なんか違和感があるんだけど、橋自体に勾配がついてるんで致し方ない。





f0300637_23044642.jpg


その橋の袂に来ました。眺めが良く気分高揚となったのも束の間、路面に刻まれた縦溝にトーンダウン (-_-)
気を取り直して、お昼を食べに とあるお店へ向かいます。






f0300637_23050875.jpg


そのお店は「森のラーメン高須」。とんでもないロケーションにあります。
乗用車がすれ違えないような舗装林道を登って行った山の中に現れます。

100歩譲ってソバ屋ならあってもおかしくはない感じですが、なんでこんな場所でラーメン?っていうのが率直な感想。
あやしさ満点なんですが、ブロ友さんが訪問してリサーチ済なので安心して入店できました。




f0300637_23052213.jpg


屋外席に座ります。石のテーブルに丸太の椅子。野趣あふれるといった表現があてはまるでしょう。ラーメン屋なのに(笑)
山菜塩ラーメンと山菜餃子を注文。餃子はこの状態で盛られてきます。このアバウトさがいい味出してます。
余談ですが、お店では甲斐犬を飼っていました。うちの方では目にする機会がないので見れてよかったな。






f0300637_23053876.jpg



ちなみに森のラーメンまでの道中はこんなとこを通っていく。(写真は帰り道)
こまめに案内看板が設置されてるので、このまま進んでいいの?といった不安感はやわらぎます。
最後の「もうちょい」の看板を見たときには安堵の到達感が芽生えました(笑)





f0300637_23072349.jpg


県道からみずがき山自然公園へ向かう林道にはいると山容が見えました。




f0300637_23091217.jpg


マンホールの左に描かれてるのも瑞牆山かな?






f0300637_23095343.jpg


f0300637_23101160.jpg


f0300637_23085679.jpg



みずがき山自然公園に到着しました。何度来ても素晴らしい眺めです。幸せな時間。





f0300637_23092641.jpg


例年林道沿いの撮影ポイントによってましたが、この日はカメラマンが多かったのでスルー。





f0300637_22232848.jpg



帰りはクリスタルラインを通って塩山まで抜けるルート。
全体的に紅葉は先日の木枯らしの影響か、この時期にしてはだいぶ散ってしまったようです。





f0300637_23103608.jpg
f0300637_23104921.jpg


クリスタルラインの荒川林道では展望の開けた区間が続きます。





f0300637_23111857.jpg
f0300637_23112936.jpg



鼓川温泉でツーリングの疲れを癒していきます。
このあとはR411大菩薩ラインで奥多摩湖経由で帰りました。柳沢峠付近では気温一桁で空気が冷たかったな。




[PR]
by birder-rider87 | 2015-10-27 22:46 | ツーリング | Comments(2)

チャツボミゴケ公園



関東地区もだいぶ秋めいてきましたね。例年この時節は紅葉前線を追いかけてツーのプランを立てています。
ピークはやや過ぎてしまった感じですが、興味深い穴場スポットの噂を聞きつけたので今回は草津方面へ出向きました。



f0300637_14002956.jpg

f0300637_14005690.jpg




関越・上信越道で松井田妙義ICまでひとっ飛び。
草津までは軽井沢経由の北上ルートでアクセスします。
旧道を通って、めがね橋を見ていこうと思いましたが、マラソン大会で通行止めとなっており碓氷バイパスへ迂回しました。






f0300637_14011696.jpg




R18碓氷バイパス→R146で北軽井沢へ。
コンビニのセーブオンで休憩。ここは駐車場が広く、まるで道の駅のよう。





f0300637_14015401.jpg




快走国道R146→R292で道の駅 草津運動茶屋公園へ。
道の両側に施設があり歩道橋で行き来できますが、登るのが面倒なので私含め皆さん道路を横切ります。
車の往来が途切れそうで途切れなく、横断はわりとヒヤヒヤしますた。




f0300637_14013922.jpg



道の駅の周囲の木々は鮮やかな色づきでした。





f0300637_14024955.jpg




いよいよお待ちかね♪絶景道で名をはせる志賀草津道路へ突入!
と言いたいところですが渋峠方面へは向かわずに今回は県55を右折します。すんずれーm(__)m




f0300637_14030826.jpg




上の写真の橋から見える風景。麓の紅葉はまだイケてますた。





f0300637_14034683.jpg




最初は広かった県道ですが途中から幅員減少。
路肩に落ち葉が積もり、パッと見で路面状況がつかめないので停車に気を使いますね(汗)




f0300637_14042300.jpg




気になる穴場スポットですが、そこは「チャツボミゴケ公園」という場所です。
チャツボミゴケ公園……、発声しにくい名称じゃないですか?私は繰り返して3回かまずに言うことができません。

要所に案内看板が立っており、迷うことなく入口に到着です。
軽く注意点ですがここから道は断続的にダートとなります。




f0300637_14045749.jpg
f0300637_14044131.jpg




すぐに公園事務所があり、受付をします。受付時間は9:00~15:30とのこと。
入園するのに保全協力金300円がかかります。

チャツボミゴケが群生する穴地獄の近くに駐車場があり、そこまでバイクで移動します。
ここからのダートはわりとボコボコでしたが、ところどころ舗装されてる部分もあります。距離は1キロあるかないかくらい。





f0300637_14053729.jpg




駐車場からは歩いて300メートルほど。





f0300637_14070566.jpg




どーーーん!穴地獄のチャツボミゴケ (∩´∀`)∩

穴地獄とはかつての鉄鉱石採鉱の露天掘り跡地。そこからは強酸性の泉が湧き、チャツボミゴケが好む環境となっているそうです。
本州で群生が見られるのはここだけで、またその規模は日本最大とのこと。たいへん貴重なんだとか。
珍しさはさておき、このコケの色がとても美しいと思いませんか!
聞いた話では、秋はコケの色がひときわ鮮やかになる時期だそうです。(初夏のレンゲツツジが咲く時期もいいようです)

以下写真を貼っていきます。




f0300637_14074922.jpg
f0300637_14100229.jpg
f0300637_14105953.jpg
f0300637_14130501.jpg
f0300637_14134228.jpg
f0300637_14144886.jpg




初めて目にする秘境オーラ漂う光景に感動を覚えますた。ツツジの季節にまた来てみたいすね。






f0300637_14254823.jpg
f0300637_14201491.jpg
f0300637_14194955.jpg




紅葉見物にもよい場所です。





f0300637_14265820.jpg
f0300637_14544705.jpg
f0300637_14552018.jpg


f0300637_14583641.jpg





f0300637_14591568.jpg



褐鉄鉱。露天掘りで採掘された鉄鉱石の一部だと案内看板に書かれています。






f0300637_14593657.jpg




駐車場の脇下には3本の滝。ちょっと下流のこのあたりはもうチャツボミゴケが生えていません。
酸性水がだいぶ薄まっているのかも?







f0300637_15002057.jpg
f0300637_15004286.jpg







チャツボミゴケ公園で2時間ほど過ごしたあと、県55を尻焼温泉方面へと走りました。
尻焼温泉は天然の河川の川底から湧くことで知られた混浴の温泉。入浴者がいたので撮影は遠慮しました。

写真は温泉地を過ぎたあたりです。






f0300637_15012796.jpg
f0300637_15020199.jpg
f0300637_15023328.jpg




R405に出て道の駅 六合(くに)へ。
きのこ汁そばをいただきました。つけ汁は温かいタイプ。
出来上がりを待ってる間に水で喉をうるおしたのですが、ここのお水は透き通った感じがする とてもおいしい水でした。
水のうまい店のそばは当然うまかったのでありました。道の駅あなどれない。





f0300637_15061070.jpg



お次はR145長野街道で我妻渓谷へ行ってみました。





f0300637_15075298.jpg




道の駅の少し先で一般車両通行止めとなっており、ここから歩いていかねばならないみたい。
警備員さんの話しでは 見せ場まで片道30分とのこと。んー時間的にちときびしい。
どうするか悩んでると「でも一番のおすすめはここの橋から見た景色だね」と言ってくれたので、キッパリあきらめられました(笑)




f0300637_15115100.jpg

f0300637_15122423.jpg




その景色はこんな景色。ちゃっちゃと撮影して移動。






f0300637_15135599.jpg




我妻渓谷で深入りせず次に向かったのは岩櫃山(いわびつやま)。
なかなか展望ポイントが見つけられずウロウロ。国道沿いのJR吾妻線郷原駅から山頂部分だけ見えました。
紅葉情報では見頃となってましたが、紅葉はまだ早い感じ。情報に振り回されることはありがちですな (*´з`)




f0300637_15143404.jpg



ホームに電車が入ってきました。クモハ115。




f0300637_15145579.jpg




地元の人に岩櫃山の下のほうまで見渡せるポイントを教わりました。郷原駅の近くです。
このあと県28で榛名山を越えて前橋市街へ走ります。榛名湖付近では気温一桁でした。






f0300637_15151035.jpg




前回の館山につづき、やってきましたバナナ専門店「ウメダのバナナ」。
日本に3軒しかないと言われるバナナ専門店の2軒目の訪問です。3軒目は熊本なので当分訪問する機会はないかと。。。
4本つきの房2組を購入し、前橋ICから関越道で帰路につきます。






f0300637_15154004.jpg
f0300637_15203173.jpg
f0300637_15194551.jpg




寄居PAで夕飯を兼ねて休憩ピットイン。なんかお洒落すぎやろ。かえって落ち着かない(笑)
っていうかここは日本初のテーマ型PA「寄居 星の王子さまPA」というらしい。
星の王子さまの著者サン=テグジュペリゆかりの地、南フランスプロヴァンス地方をイメージしている。
どおりでカツ丼とか売ってないわけだ(笑)




f0300637_15204658.jpg




なんと!バイクの駐輪スペースもお洒落にライトアップ!本気のヤル気を感じた! (; ・`д・´) 





f0300637_15200988.jpg




客集めて体操するミニイベント発生。なんか楽しそう。
最近のSAやPAはおもしろいな。下道ツーしかしてなかったら知らない世界だわ。


それでは今回はこのへんで。








[PR]
by birder-rider87 | 2015-10-26 21:09 | ツーリング | Comments(2)

照葉峡へ紅葉ツー



10月の3連休最終日、いつものNC殿の提案で群馬県水上は照葉峡へ今年初の紅葉狩りに行ってきますた。
関越道の赤城高原SAに10時半待ち合わせでしたが、渋滞もなくスイスイで1時間も早く着いてしもうた。
道が空いてたのにもかかわらず、途中の沼田ICでは降りる車が本線上まで行列をつくっていたのには驚いたな。みなどこへ行く?





f0300637_23184044.jpg
f0300637_23185423.jpg
f0300637_23190654.jpg



時間が余ったのでSA散策。からっ風ブー次郎。私は存じていませんが赤城高原SA下りのゆるキャラなんだとか。SA限定ってすごいな。しかも下りだけって。
建物の裏手には開放的な芝生広場があって、まったりと休憩できますね。






f0300637_23192496.jpg



時間ぴったしにNC殿がやってきますた。おまえはJRか!(笑)
1時間待ってたと話したら、自分のトイレや水分補給もせず、「じゃスグ行こうか」と言ってくれた。エライ!あんたはエライ!







f0300637_23193908.jpg


水上ICで降りて、R281へ。走っていると紅く染まった一の倉沢がとぎどき視界に入った。
一の倉沢は通行規制が入ってるので今回はパスします。県63で照葉峡方面へ向かいます。







f0300637_23195508.jpg
f0300637_23201173.jpg
f0300637_23202994.jpg




途中県道からそれ、プールのような大露天風呂で超有名な宝川温泉に寄り道していきます。
っていっても温泉にはつからず、どんなとこなのか様子を見にきただけ。日を改め、またいつか入りに来たいね。
草津の西の河原(男湯)のように湯船が外から見えるかもと期待したものの、まったく見えず。混浴のようだから当然といえば当然か。
あ、別にノゾキつうわけではなく、東日本の横綱と言われる大露天風呂がどんなもんか気になるもんで。。。ポリポリ







f0300637_23210043.jpg



宝川温泉から先の道はダートになってるのを確認したらUターンして県63に戻り、ひとまず奈良俣ダムを目指します。
走っているとダムが下から見える場所があったので停車してみましたが、木が邪魔でダムが抜けてる場所がない。
それでもカメラ片手に歩き回ってると後続車が次々と停まるんだわ(笑)。すぐにこの場所はダメだと気付いて先行っちゃっうけどね。
NC殿は下からダムが撮れないと落胆。あきらめて先に進むことにすた。






f0300637_23211854.jpg


ばーーーーーん!
さっきの場所から いくらも走らないうちにダム撮影ポイント出現。なんだよー、いいとこあったじゃん(笑)
ツーマップルには奈良俣ダムは「高さ158メートル日本最大級のロックフィルダム」とある。すんげー石垣!







f0300637_23222640.jpg
f0300637_23215229.jpg


ダムの上部へ行ってみる。トンネルをくぐる。






f0300637_23224492.jpg



すると出口がどんつき。どんつきを左。







f0300637_23232735.jpg


ダムの駐車場で行き止まり。






f0300637_23241875.jpg



f0300637_23235233.jpg
f0300637_23243471.jpg
f0300637_23245277.jpg


奈良俣ダムの記事で必ずお目にかかる巨大タイヤ。
ブリジストン製でサイズは27.00-49とあるが、これって49インチってことだよね (゜o ゜)!なんじゃそりゃ!
こんなのが転がってきたらひとたまりもないわい (;'∀')ヒキガエルの気持ちがワカル!?

ダムにはちょっとした食堂があり、ダムカレーを食べていこうと思ったが売り切れ。
っていうか、昼時で売り切れつうのはたぶんもうやってないような気がする。。。
混んでて並んでいたこともありここでの昼食はスルーする。




f0300637_23294308.jpg
f0300637_23302895.jpg
f0300637_23300055.jpg



県63に戻って走ってるとやがて道沿いの木々が色づきはじめ、なんとなく照葉峡のエリアに入った感じだ。







f0300637_23313772.jpg
f0300637_23310892.jpg
f0300637_23304670.jpg



道の所々に駐車帯が設けられているので そこにバイクを停め紅葉撮影しながら散策します。


ところで「照葉峡」ってなんと読むのだろうか?みなさんはすんなり読めますか?
道路標識には「Teruhakyou(テルハ峡)」と振り仮名がふってあったが、検索すると「テリハ峡」が正しいと主張する説もちらほら。
個人的にはどっちでもいいんじゃないって感じだけど、「てりやきバーガー」を「てるやきバーガー」と言われたらソレはかなりの違和感があるわなとも思う。

といいつつ、今回のツーの打ち合わせまでは「ショウヨウ峡」だと思っていてNC殿から失笑を買ったのは秘密である (*ノωノ)









f0300637_23332541.jpg
f0300637_23334752.jpg


そして照葉峡の紅葉だけど、見頃序盤という感じだろうか。
それでも緑が残っている状態の色のコントラストが好きなので時間をかけてパシャパシャ撮っていたが。。。







f0300637_23343160.jpg
f0300637_23345306.jpg
f0300637_23351746.jpg




峠に近づくにつれ木々の紅さが増してきたんす!







f0300637_23355902.jpg
f0300637_23361546.jpg
f0300637_23353842.jpg



奥利根水源の森の広い駐車場の先、こんろく峠までは見事なまでに橙一色。
関東の山って常緑樹がたくさん植えられてるので目を見張る紅葉ってのは実はあんまりなかったりするのだ。

今回の連休も天気が良ければ東北の栗駒山や鳥海山あたりの燃えるような紅葉を見に行きたかったんだけど。。。
照葉峡は紅葉情報で名所として紹介されているが正直そんなに期待してなかったのだが、おみそれいりやした。
誘ってくれたNC殿に感謝だす。当日ワガママ言い放題で停車しまくりだったのでゴマをすっておこっと。





f0300637_23363739.jpg
f0300637_23370103.jpg




いや~ それにしてもここまで すんばらすぃ~紅葉風景が広がってるとは思わなかったわ~。こんろく峠で撮影会終了。
下で時間使い過ぎてしまい、最も色づいていた肝心の本命区間を素通りするという段取りの悪さを露呈してしまったが(;^ω^)また来年来ようと誓った。


このあとダムで食いそびれたNC殿がそろそろ燃料切れとのことでR401へ抜け、R120日本ロマンチック街道へ足早に向かった。
R120合流後は激込みで進まず、なかなか食事処にたどり着けなかったが最後は焼肉丼にありつけたのであった。




帰りは薗原湖経由の県62→R122で大間々に出て解散。おたがい下道で帰路についた。






[PR]
by birder-rider87 | 2015-10-14 03:06 | ツーリング | Comments(0)

城峯公園の冬桜と鬼石ラーメン

今週も秋が深まり朝晩のライディングでは鼻水がツツーと垂れてくるほど冷え込みようになりました。
もう冬ジャケ&オーバーパンでの出撃となります。
日中は穏やかな陽気で下は脱いじゃいますけど、履いてかないと帰りの峠道が相当ツライのさ。
季節の変わり目は寒さに免疫がないので体に堪えますね~。



そんなふうに どんどん冷え込みがきびしくなるというのに見頃をむかえている花があるそうだ。
しかもそれは日本人がもっとも愛する桜だという。なんとも季節はずれな。
晩秋に咲く桜を愛でるちょっと珍しい花見へと出かけてきました。






f0300637_19404045.jpg





冬桜の咲く城峯公園(じょうみねこうえん)は群馬県との県境にある埼玉県神川町にあります。※ツーリングマップル関東甲信越 47B1


埼玉県道44 秩父児玉線でひとまず神流湖(かんなこ)方面をめざします。
道中の荒川にかかる青い橋。







f0300637_19411037.jpg





道の駅あしがくぼから秩父市街はいつにも増して渋滞でしたが、このあたりまでくると交通量は少なくなります。
順調に神流湖までスイ~とやってきました。






f0300637_19414370.jpg






下久保ダムそばの駐車場から。秋晴れです。








f0300637_19420394.jpg
f0300637_19421417.jpg





下久保ダムの堤体。







f0300637_19423426.jpg
f0300637_19425282.jpg




ダムの上をバイクや自動車で走り、湖の対岸へ渡れます。
たま~にこのタイプのダムに出くわすんですが、吾輩は好きですね! なんか妙にワクワクしませんか?







f0300637_19433623.jpg
f0300637_19434998.jpg




公園へむかう道を登り、高台から今来たダム道を振り返ってみる。
カクッと曲がってる部分が特徴的です。








f0300637_19431333.jpg





トレーラーは物理的にムリだろうな。カクッの所が曲がれないよ(;´∀`)






f0300637_21383932.jpg




大型バスは道幅一杯ピンポイントテクを駆使して曲がってた。バスの運ちゃんはすげーな。







f0300637_19442990.jpg







道を登り切ったところに公園がありました。








f0300637_19445285.jpg





駐車場は無料ですが入園の際に協力金をお願いされます。高校生以上1人200円 小中学生1人100円だそうです。
缶バッジがおまけでもらえます。



それでは園内へ。






f0300637_19450921.jpg




あっ!さっそく咲いてますね (^o^)丿
紅葉狩りの季節に桜はやっぱり不思議な感じがします。








f0300637_19454022.jpg
f0300637_19482768.jpg
f0300637_19493148.jpg




もちろん園内のモミジなどの木々は色づいておりまする。







f0300637_19455937.jpg



ということは…
紅葉と桜の摩訶不思議なコラボレーションが実現するわけで。


桜は春に咲くもの。長い冬を耐えたのち、開花が暖かい春の到来を告げる。
年度初め、新生活スタートの季節とも相まって 満開の桜は期待に満ちあふれる門出を祝う。


冬桜はソメイヨシノなどの春の桜とは あきらかに違う趣き。
次の春が来るまで長くきびしい冬を乗りきらねばならぬ。すごしやすい季節を名残惜しむかのような桜なのだろうか。






f0300637_22283636.jpg
f0300637_19503847.jpg
f0300637_19515797.jpg



冬桜は満開にはならないという。






f0300637_19583429.jpg






f0300637_19512263.jpg
f0300637_19514706.jpg
f0300637_19511285.jpg
f0300637_19521464.jpg




満開になってパーッと散る春の桜と異なり、少しづつ開花していくようだ。
そのため見頃は12月上旬までわりと長い期間つづくのだとか。







このあと、近隣にある冬桜の名所「桜山公園」にも行く予定であったが時間の都合でまたの機会にすることに。










f0300637_19531363.jpg




今回のもうひとつのお楽しみのため 道の駅上州おにし へ移動しました。
名物の旧譲原小学校の校舎。
平屋建ての校舎にはまったくなじみがないのに なぜか懐かしいw







f0300637_19534031.jpg
f0300637_19532998.jpg




校舎のとなりにある怪しげな建物の鉄扉を開けると そこには石器時代の住居遺跡。残念長良川演歌、ここでの焚き火厳禁よ (*´з`)








f0300637_19534930.jpg



惜しむらくは この建物。
竪穴式住居っぽく造ってくれれば もっと入ってみたい気になっただろうに…

この建物は入ったら最後で閉じ込められそうな雰囲気がただよってるよ (・_・;)




おっと! お楽しみはコレじゃない。








f0300637_19541128.jpg



お楽しみはコチラ。
またまたラーメン。だって好きなんだもん。
吾輩は3食麺類はもちろん、3食ラーメンでも へっちゃら。3食カレーもいける。
ただし2食うどん、2食焼きそば、2食スパゲティーはどういうわけか受け付けないのだ。理由はワカラナイ。
そばは2食までOK… ってどうでもいいね、そんなこたあ。







f0300637_19543075.jpg




注文すると まずトッピングの奥多野産からみ大根が出てきます。
すりすりしてラーメンの登場を待ちます。

ちなみに奥多産ではなく奥多産。
群馬県でナゼ(・・? 奥多摩?と思いきや。。
それなら奥多野ってドコ?という疑問は残りますね (;´∀`)









f0300637_19552983.jpg



鬼石ぎょうざ(三百五十円)が先に登場。
皮から手作りの道の駅らしからぬ?本格派。もちろん おいぴー。






f0300637_19554124.jpg



ほどなく鬼石ラーメン(八百円)お待ちどうさま。(^o^)丿
※あとから気づいたがラーメンは五百六十円ですね。違いは大根あるなし?(謎)






f0300637_19555571.jpg



大根おろしをのっけて いただきマンモス!(昭和アイドル用語)


鬼石ラーメン。はじめて食したときには 淡いスープ、柔らかい麺が現代感覚とはマッチしてないなーと感じた。
※ラーメンとは関係ないが マッチで~す!という昭和アイドル用語もかつてあった。


しかし何回か訪れ、食すうちにこの古き良きやさしき味わいに魅了されることに。
1年に1回は食べないと落ち着かなくなった。


独特の平打ち麺が吾輩には「ふやけたカップヌードル」のように思えてナイスなんす (*´ω`*)
ところでカップヌードルの麺って変わりましたよね?
以前のは平たかったような。。最近のは丸細麺だよねぇ?。。
個人的にはスナックっぽい昔のままがいいんだが。。




ちなみに からみ大根はさほど辛くなく、ラーメンにトッピングしても大きく味を変えるような感じではなく…
元々のラーメンの味をそこなわないので個人的には◎。









f0300637_19560819.jpg
f0300637_19561728.jpg




館内には メッサーシュミット KR200が展示されていました。












[PR]
by birder-rider87 | 2014-11-17 00:21 | ツーリング | Comments(2)

甲州街道の銀杏並木と八王子ラーメン

11月の暦が何枚かめくられた今日この頃、紅葉も徐々に標高を下げてきましたね。
今回は天気下り坂のどん曇り肌寒むで、雨こそ降らないまでも なんとなくバイクで出かける気分になら漬け電車でGOでした m(__)m





f0300637_17075911.jpg
f0300637_17110706.jpg




ピーカン(昭和用語)ならバイクでGOしたいコノ時期限定の絶景ロード「甲州街道」!
国鉄(昭和用語) 西八王子駅~高尾駅付近のの4.2キロにわたって続く銀杏ロードなのだ。

甲州街道は他の区間でも長い銀杏並木があるのだが、この高尾区間が一番の見どころではないかと。







f0300637_17114501.jpg





まっ黄々の絶頂期は来週のいちょう祭りあたりか?
西八王子駅付近はまだ青かったです。







f0300637_17120632.jpg
f0300637_17123452.jpg





🍒さくらんぼのような、うめぼしのような銀杏の実。








f0300637_17131058.jpg
f0300637_17133245.jpg





高尾に来たら何はともあれ名物の「とろろ蕎麦」といきたいところですが、この日はラーメン屋の暖簾をくぐります。


香味屋の ネギらぁめん 八〇〇円 + 一〇〇円(大盛)
通常の らぁめん は五〇〇円とお値ごろ。



八王子ラーメンといえば きざみ玉ねぎのトッピング。ねぎラーメンのねぎは一般的な白髪ねぎ。ややこしい。
玉ねぎは辛味なく甘い味が出るように工夫されているのが特色ですね。
コクのある醤油スープに細麺との相性が絶妙の一杯。

大盛は麺2玉な感じでボリューム満点満足。スープ量とのバランスでベストな状態の麺を味わいたいなら普通盛り選択か。

高尾駅から片側1車線になったR20甲州街道沿いで駐車場があるのでツーリングのさいにも安心して寄れます。





[PR]
by birder-rider87 | 2014-11-08 23:12 | Comments(0)

ニュータウン通りの銀杏並木

ツーリング先の紅葉スポットだけでなく幹線道路の紅葉もなかなかどうして!





f0300637_22464413.jpg
f0300637_22531430.jpg





中央分離帯と歩道の銀杏は品種が違うのか毎年色付きの時期が異なります。
中央が落葉すると歩道のが黄色くなります。

ツーリングマップル関東甲信越 26A3
わざわざ遠方からツーリングで来るような場所ではないんですが (^^;



[PR]
by birder-rider87 | 2014-11-06 23:07 | ツーリングのひとコマ | Comments(0)

紅葉の八ヶ岳高原ラインと瑞牆山

天高く馬肥ゆる秋
にくらしいほどに晴れ渡った平日。ぬけのがけして紅葉狩りm(__)m




目指すは八ヶ岳エリアなり~!




中央道で小淵沢ICまでワープ。元来下道派であったが1年前にVストに乗り換えてから高速利用が増えつつある…
サッと行ってしゃきーん!(2014.10現在オンエア中CMの少しくるしいパクリ)






f0300637_21443234.jpg





インター下りて右折すると道はそのまま八ヶ岳高原ラインへ。








f0300637_21432596.jpg




紅葉の季節は大渋滞必至なので、長らく敬遠していたこのエリア。平日だから来てみた。
平日でも交通量は多いかなと予想してたけどスイスイでした。思う存分走りを堪能できる状況だったけど撮影重視のため結果的にトロトロ走行。







f0300637_21422202.jpg
f0300637_21410398.jpg
f0300637_21391995.jpg




色彩豊かな八ヶ岳高原ライン。この時期限定。
いや~気持ちいいっすわ♪ さいこーだね。







f0300637_21324855.jpg



道を駆け上がると広い駐車場があったのでよってみた。
まきば公園だそうだ。







f0300637_21313537.jpg



高原牧場のながめ。








f0300637_21304129.jpg




遠方に富士山の姿も。








f0300637_21315363.jpg



レストランとおみやげ売り場。けっこうなにぎわい。







f0300637_20391160.jpg



店内をのぞいてみる。
すると発見! んが,またしても(汗)
こりは鳴子峡で見つけた「てるてる伊達政宗」と同じルイージと思われ…
みやげものやの片隅で人知れず展開される仁義なき戦いが垣間見られ…


上段左から「信州てるてる わさびちゃん」、「…ももちゃん」、「…ブルーベリーちゃん」
下段左から「…あんずちゃん」、「…かりんちゃん」、「…りんごちゃん」、……絶句(^▽^;)






f0300637_21290776.jpg




まきば公園を出て高原ラインを進むと橋を渡ったあとに またまた展望駐車場があったので立ちより。
あらー、ここは雑誌の紅葉特集とかでよく紹介される東沢大橋ではー。


写真だと壮大な橋に見えたけど実物はソコソコ?


観光バスが停まっていたのでツアー客の老婦人たちに「ココがアノ有名な場所?」とたずねると…
「写真がうますぎるのよ。あーはははっ」とのお答え(;^ω^)
えっ、もすかして がっかりんこスポット? ハズした?





f0300637_21274697.jpg




いやいやさすがの名所だけあって展望台から見る角度は すんばらしい眺めでした。







f0300637_20372483.jpg



マップルめくって次どこ行くべや~。
美しの森の先の「行き止まり」が気になったから行ってみる。絶景だったりして(^o^)丿やっほーい






f0300637_20370819.jpg



到着。。。(。´・ω・)?
なんじゃこりゃ!
終点にはストーンサークル。
ていうか簡易ロータリー。ここで転回して おかえりください(笑)



まいったなあ。ココそういや前にも来たよ(≧◇≦)
足を運んでから記憶がよみがえるの巻。しかも1回ではなく複数回w







f0300637_20364278.jpg




おいしいもの食べて気を取り直そうか。
やってきたのは、言わずと知れた甲州ほうとうの「小作」。

ずーーーーーーーーっと「おざく」だと勝手に思ってたがフツーに「こさく」だった。
中学の後輩で小作と書いて おざくくん がいたから… 青梅線の小作駅も おざくえき だし…





f0300637_20362179.jpg




茸(キノコ)ほうとう 一四〇〇円






f0300637_20354704.jpg


具のキノコと麺はこんな感じ。
普段あまりお目にかからないキノコがいろいろ。
写真では見えない汁のなかにもキノコいっぱい盛りだくさん。かぼちゃもデカイ。







f0300637_20324416.jpg




おなかを満たしたところでお次は瑞牆山(みずがきやま)へ向かいます。







f0300637_20351142.jpg



道すがら 滝の標柱が目に止まり緊急停車。車6台ほどの駐車場あり。
急な階段を下ります。







f0300637_20180515.jpg



階段の途中から段瀑が見えますが本命はもう少し下るようです。






f0300637_20173512.jpg





階段を最後まで下りると大滝が姿を見せてくれました。
ここまで徒歩4~5分でしょうか。
落差はそれほどでもありませんが、岩壁を直落下する流れが力強くて見応えありますなー。







f0300637_20122136.jpg
f0300637_20112233.jpg
f0300637_20050404.jpg





山間の田園地帯を走りぬけます。なぜか対向車で大型ダンプが来てギリギリすれ違ったり。







f0300637_19585609.jpg



クリスタルラインの高須林道(全舗装)へ突入。
ここは なにげにマップルおすすめルートになってますね。





f0300637_19580004.jpg
f0300637_19511622.jpg
f0300637_19470843.jpg




林道なので道幅は狭いですが紅葉はきれいな所で気持ちいいルートでした。
こんなマイナーな道をよく調べるわ。マップルえらいね。






f0300637_19390662.jpg



高須林道をぬけ県道を左折北上して本谷釜瀬林道(全舗装)→みずがき林道で瑞牆山方面へ。





f0300637_19170435.jpg
f0300637_19264376.jpg



水墨画に描かれそうな山容が出現。





f0300637_19013252.jpg



終点の駐車場にて。
いつ来ても すげーなあと思える場所です。






f0300637_19061905.jpg
f0300637_18511991.jpg



昨年よりも色付きが進んでいたし、夕日があたって美しさが際立ってました。
今年は別の場所にしようかと思ったけど、やっぱココにきてよかった。期待を裏切りません。






f0300637_18480450.jpg




日が暮れる前にクリスタルラインを抜けたかったので帰りは塩山まで一気走り。
R411に入ったとこの大菩薩の湯でツーリングの疲れを癒しました。












































[PR]
by birder-rider87 | 2014-11-02 00:44 | ツーリング | Comments(0)