ピースサイン~どこかの道で

タグ:群馬ツー ( 17 ) タグの人気記事

紅葉の妙義山



秋晴れの週末、群馬県の妙義山へ紅葉ツーリングに行ってきました。paece!(・∀・)v パえ~す!
このところ寒い日が続きましたが、ツー当日の気温は20℃近くまで上がり冬装備では日中汗ばむほどでやんした。





f0300637_21503254.jpg


R254姫街道(信州街道)を下仁田から佐久方面に走り、県51松井田下仁田線→県196上小阪四ツ塚妙義線とつなぎます。目の前に岩肌のゴツゴツした妙義山らしき山容が視界に入ってきました。ヒャッホー!






f0300637_21582023.jpg


群馬県なのに(?)リンゴの直売所が道端に何件かあったので、そのうちのひとつへ寄っていきました。大玉が7~8個入って1袋1000円。安~い (*´▽`*)

店の前のモミジがいい感じでした。









f0300637_21563746.jpg


そのあとクネクネが続くのですが、楽しい道ですな~!
上まであがると突然ドーンと妙義山が姿を見せました!!けっこうな迫力です。









f0300637_22012640.jpg




f0300637_22033016.jpg




f0300637_21595609.jpg


中之岳駐車場からはさらに山が近いです。









f0300637_22065953.jpg


あんなところに人の姿が! すー、スゴい~~~ \(◎〇◎)/!!











f0300637_22125622.jpg





f0300637_22095294.jpg





f0300637_22104112.jpg





f0300637_22120097.jpg




f0300637_22145381.jpg


景色ヨシ!走ってヨシ!のツーリングに最適の道だな~♪ 駐車場も広くて遠望の眺めいいし最高♪♪









f0300637_22160751.jpg





f0300637_22181538.jpg





f0300637_22185170.jpg


奇岩・巨岩の宝庫 (^ω^)










f0300637_00021654.jpg


紅葉だけでなく冬桜も咲いていました。








f0300637_22223169.jpg


近々(2016.11.14)超スーパームーンですね。スーパーに超が付いてます。またはウルトラスーパームーンと呼ばれる。68年ぶりの巨大満月だとか。今回の機会を逃すと次回は18年後と報道されてますが煽るよね~。










f0300637_22231477.jpg


下仁田リンゴ。下仁田ベスト3はコンニャク・下仁田ネギ・井森(笑)。リンゴも作っていたとは(゜o゜) へ~
そういや道の駅で売ってる下仁田納豆も最近のお気になのだ(´▽`) 








[PR]
by birder-rider87 | 2016-11-14 08:00 | ツーリング | Comments(4)

志賀草津道路を走ってきた プラス 2016紅葉



このところ『ビーナスライン』、『霧降高原道路』と定番の名道ツーリングをして、「やっぱり絶景道はいいね!」ということで今回は『志賀草津道路』へ 行ってきました!! paece!(・∀・)v パえ~~す


f0300637_13524658.jpg


関越道を渋川伊香保で降りて、インターから近い道の駅こもちで小休止。とても混雑してたが、スタンプラリーのために寄ってきました。

ここからは R353長野街道→R145長野街道→R292六合(くに)経由→志賀草津道路 というルートを予定。





f0300637_11455322.jpg


R353沿いの道の駅おのこにも寄ってきます。出店の兄ちゃんに試食をすすめられ『馬肉の燻製』を買わされる。

「酒のつまみに最高」との売り文句でうまいにはうまいんだが、おれ夏から酒飲んでないんだよねー。禁酒しようと思ってやめてるわけではなく、酷暑の日に酒飲むと余計に体が暑くなるので自然と飲まなくなり、飲む習慣が途切れ現在に至るといった流れです。ちなみにタバコは4年位前に気合と根性でやめました。





f0300637_11461030.jpg


f0300637_11462919.jpg


そのあとR145に進み、道の駅あがつま峡へ。里芋が安かったので2袋購入。

そして上記写真の道の駅八ッ場ふるさと館へ。ここも人気で混雑気味でした。スタンプラリーのクーポンを使い、パンプキンのソフトクリームをいただきました。





f0300637_13530189.jpg


道の駅六合でお昼におそば。NC殿がくちにする「道の駅にうまいモノなし」というセリフはここでは当てはまらないな。
私はここのおそば大好き。注文してから出てくるのやたら早いけどね(笑)。






f0300637_17103359.jpg


そばを食べ終えた時点で時刻は午後2時近く。この時季は陽が傾くのが早まってる。少々ペースを上げなくては(汗)。

志賀草津道路は麓の木々が色づいておりました。湯釜のある白根山の周辺は火山規制で駐停車が禁止のため、山田峠まで一気に駆け上がってきました。




f0300637_17110498.jpg


おなじみ国道最高地点からの眺め。実際はもっと雄大!
石碑は大勢の人に囲まれて空く気配がなかったのであきらめて撮りませんでした。べつにいーもん (*´з`)


私のバヤイ、ルートや時間の都合により渋峠でUターンすることが多いのですが、今回は志賀高原側に足をのばしてからUターンしてみようと思います。
万座三叉路~殺生河原間が午後4時半以降は通行できなくなるので巻かなきゃだわ (;'∀')







f0300637_11474694.jpg


f0300637_11480402.jpg


標高が下がってきたら道沿いは鮮やかな装いに。
9月の日照不足などがたたり、今年の紅葉は期待薄でありましたが、どうしてどうして、さすがは信州、鮮やかな色彩でした。






f0300637_11482392.jpg


丸池の周辺が最も燃え盛っておりました。今年でこれほどなんだから例年ならどれほど!\(◎o◎)/





f0300637_11484683.jpg


道の駅北信州やまのうちまで行きたかったがタイムアップ。
ループ橋の先でUターン。ループ橋もフレームに収めたかったがドローンを用意しておかなくてはならなかった。






f0300637_14223616.jpg


たまには愛車のアップでも。





f0300637_11492385.jpg


なんとかゲートが閉まる前に通過することができ、草津の街をぬける。
高原ルートも復旧工事で何ケ所か片側交互通行だったが、道の駅草津運動茶屋公園のあたりも片側通行で進まなかった。
午後5時に飛び込むとギリギリでスタンプを押せた。



帰りはR406草津街道で高崎へ。途中、道の駅くらぶち小栗の里へ寄ったら、なんと営業中であった。スタンプ押せた!ラッキー!!





f0300637_11493919.jpg


高崎からR17中山道。藤岡から関越道へ。

高坂SAの売店をのぞくとどこかで聞いたことのあるポテトチップが陳列されていたので購入すた。
『菊水堂のポテトチップ』、マツコの番組で紹介され火が付き通販では2か月待ちだとか。話題の品らしい。

帰宅後、『しお』を食べてみたが、とても優しい素朴なお味 (*´▽`*) 気に入った!
でも2ケ月待たされ期待値が跳ね上がってから食べたら微妙だな。。。







[PR]
by birder-rider87 | 2016-10-23 17:03 | ツーリング | Comments(5)

ツーリングがてら小幡の街並みを散策



10月に入ってもなぜかパッとしないお天気続きで、せっかくの3連休も関東では雨の心配がなかったのは最終日のみ。


道の駅あしがくぼ は走りたくて走りたくてウズウズしてる多くのバイクであふれかえっておりました。まあいつものことではあるが。。。
それを尻目にR299を流し、私はNC殿と待ち合わせした 道の駅みなの へと向かうのであった。


今回は我々が最近ご無沙汰だった峠道を走りに行こうというプラン。
その道は群馬県道46富岡神流線といい、塩沢峠を越えるルートである。
paece!(・∀・)v


かつて関東最長クラスのロングダートを誇っていた御荷鉾スーパー林道へのアクセス路のひとつで、オフ車時代は何度か通っていたような。


その頃の薄い記憶でこのルートは道幅が狭く険しめの区間があることと、下仁田側へ抜けるルートは県45下仁田上野線の湯の沢トンネルを使った方が楽チンであることが理由でオンロードになってからはご無沙汰だったというわけなんです。


道の駅みなの→県37の裏道(NC殿開拓)→県71高崎神流秩父線(土坂峠)→R462十石峠街道→県46とつないでアクセス。


乗れてるNC殿がいいペースで引っ張ってくれたのでついて行くのが精一杯。というのはお世辞入ってますが、あまりまわりの景色が見れなかった。そのため記憶があいまいですが、県46はダム湖くらいまではまあまあの快走路だった気がする。


峠付近の御荷鉾林道と交わるあたりの道幅は1.5車線のブラインド。1ケ所だけ平野部を見おろす眺望の良い区間があった。
さらに下っていくと軽自動車がギリギリ通れるぐらいの狭さになり緊張感が増し、肩に力が入ってしまうのであった。

それを知ってか知らずかNC殿は下りは私に先頭を走るように命じていたのだ。おいしいとこだけ持っていきやがって!心の叫びである(笑)。


麓まで降りるとふたたび道は広くなった。途中にものすごく怪しいお店?があったが足を踏み入れる勇気がわかなかった。






f0300637_20554456.jpg



やがて道路脇に趣のある民家の数が増え、石畳風の路面になった。
「小幡の街並み」と呼ばれるエリアに入ったようだ。


無料休憩所の駐車スペースにバイクを停め、お茶でおもてなしを受けたあと、軽く散策しました。





f0300637_20561489.jpg


小幡は鎌倉時代に栄え、その後、織田家が8代にわたって支配していた土地だそう。
武家屋敷の名残か、石垣が多く残っています。




f0300637_20562964.jpg


「喰い違い郭」という複雑な造りの石垣。防衛のため見通しを悪くしてあるらしい。また下級武士が上級武士に出会わないように隠れる場所でもあったとか。
現代では理解できない社会通念が存在していたのでしょう。





f0300637_20565858.jpg


端の部分が大きな石、中間は小さい石で組まれた石垣。




f0300637_20571948.jpg


マンホールを撮影していたら、老夫婦に「私らも旅先でマンホールをよく撮る」と話しかけられました。
デザインはキジのつがいと松と桜でしょうか。






f0300637_20573656.jpg


日本名水百選の雄川堰が流れる桜並木に建つ「信州屋」で休憩します。
喫茶メニューで飲み物とソフトクリームが用意されています。
ソフトクリームはさっぱりとした口当たりながらコクのある余韻。

無料の休憩所・観光案内所としても利用できるみたい。


ちなみに建物に面した道路は歩道に見えますが、意外や意外、車道で車が通ります。よく見ると写真の右隅に「止まれ」の標識があります。




f0300637_20575280.jpg


近辺で食事できるのは道の駅甘楽。ピザがおいしいと評判なんだとか。
混雑していたので、我々はあきらめました。




このほかにも小幡には見どころがあります。残念ながら今回はすべて見てまわることができませんでした。
桜の季節には「武者行列」というイベントが開催されるそう。







[PR]
by birder-rider87 | 2016-10-12 07:00 | ツーリング | Comments(2)

R462十石峠街道の道の駅をたどるツー



先週、NC殿がリヤタイヤの交換をしたそうな。「皮むきがてら神流湖からR462を流すのはどお?」と提案されたので、「それより行田の田んぼアートが見たい」と逆提案するもあえなく却下。まあ、道の駅スタンプ収集に精を出す我輩に気を使ってR462をチョイスしたようで道中に数か所の駅が点在するルートなので、今回のツールートは やっこさんにお任せすることにしましょう。



f0300637_22095131.jpg



待ち合わせはR254旧道沿いの道の駅おがわまち

写真を見て気づいてしまったが、自転車専用ってデカデカと書いてあるね ( ;∀;) 停まってたのはバイクの方が多かったけどね。。。
きっと自転車の頭に「バイク・」と書いてあったんだろうということにしておこう。








f0300637_22100448.jpg



NCのニューリヤタイヤは「ダンロップ ロードスマート2」なり~。ちなみにフロントはダンロップの別銘柄。

写真を撮らせてもらってた横でNC殿が釘を刺してきたんだわ。

『型落ちの値崩れタイヤ履いて大喜び~♪』なんてブログに書くなよ! (-"-)「そんなに喜んでねーから」

いやいや微塵もそんなこと思ってねえっす( ̄▽ ̄;) あっしが信じられんすか?
型落ちだって十分な性能を有してるわけだし、それが格安で履けたんだから賢い買い物だったじゃーん。

っていうか、我輩が到着するなり、新しいタイヤ見る?』って舞い上がってたよね?







f0300637_22102197.jpg

なんのかんのでツーのスタート。土地勘のあるNC殿に先導してもらい、最初の休憩ポイントの道の駅上州おにしへとおちゃこ。
腹時計が鳴り始めたので ここで昼めし。NC殿はダムカレー。下久保ダムの特徴的な直角の堤体を再現。カレーの湖にお魚が泳いでます。






f0300637_22103765.jpg


我輩は期間限定放流注意かどっこラーメン。さしずめダムカレーラーメンといったところか。ダムの部分はお豆腐でやんす。




f0300637_22115762.jpg

会計したらダムカードをくれました!ダムカードって青い縁取りのイメージですが、コレってゴールドカード?もしかしてレアもん?






f0300637_22110268.jpg
f0300637_22112264.jpg
f0300637_22114113.jpg


階段の踊り場にダムカレーマップが掲出されとった。全国で増殖中。バリエーション豊かですなー。







f0300637_22121784.jpg
f0300637_22124402.jpg




お次は道の駅万葉の里に各駅停車。でかいピーマンが安かったので買ってく。









f0300637_22131238.jpg
f0300637_22133756.jpg


R462は神流湖を抜けると神流川に沿いに延びるのだが、途中で巨大な岩が目にとまったので寄り道していきます。
NC殿によるとここには以前バイクや車を停めるスペースがなかったそう。今現在はちょっとした駐車帯が設けられております。







f0300637_22143045.jpg

やがて道はR299となり、ライダーにおなじみの道の駅上野まで来ました。お約束の十石みそソフトをペロリン。色は思ったより白く、ほのかに味噌味でした。






f0300637_22145230.jpg


スズキのスタンプラリー、めでたくゴールしました~(/・ω・)/ 達成感(笑)。








[PR]
by birder-rider87 | 2016-07-17 01:15 | ツーリング | Comments(4)

赤城南麓の道の駅をたどるツー




6月最後の日曜、関東は梅雨の中休み。雲の切れ目から青空がのぞく一日でした。

今回も道の駅スタンプラリーですが、行き先をどこにしようか悩みまくり。ソロで走るのが寂しかったのでNC殿にご同行願った。南房総ボーナスステージをまわれば終了予定でしたが房総はNC殿宅からは遠距離なので却下となりました ( ̄▽ ̄;)





f0300637_22021213.jpg



道の駅めぬまで待ち合わせ。埼玉県熊谷市R407妻沼バイパス沿いに位置する駅である。
無事に合流し出発したんですが。。。 この駅さ、出る時は上りの熊谷方面にしか行けないじゃん(・□・;)!!!
またこのパターンすか (;´∀`)yareyare
ジタバタして(笑)なんとか下りへ復帰し、NC殿に先導してもらい、ふたつめのチェックポイントである道の駅おおたへとおちゃこ~。







f0300637_22022736.jpg


がめつくスタンプ帳のクーポンを使ってご当地レトルトカレーを購入。100円引きと太っ腹でうれしい! 期限内になるたけクーポンを使いたいのココロ。

ところで本筋のスタンプですが、ここのスタンプは他所では見ない斬新なスタンプで軽く衝撃。なんか写真みたいなんですよ!ハイテクだぜ!!







f0300637_22025503.jpg

お次はNC殿お気に入りのR17上武道路を疾走して県道でつなぎ道の駅赤城の恵へやってきました。ここは温泉施設を併設してるからか駐車場がいっぱいです。バイクの人は我々以外は見当たりませんでした。






f0300637_22033537.jpg


f0300637_22035180.jpg


f0300637_22040885.jpg


併設の公園はアジサイが満開でした!







f0300637_22043128.jpg



そしてR17前橋渋川バイパスを通り、道の駅よしおか温泉へ来ました。主要国道ですが、このあたりは景観が良くてツーリングハイな気分です。







f0300637_22045215.jpg


レストランでお昼ごはんにします。生姜焼き定食850円。上級グレードで麦豚生姜焼き定食1000円もありましたが、そろいもそろってノーマルを注文。小せえな~~。








f0300637_22051921.jpg


f0300637_22053551.jpg


よしおか温泉のあと、NC殿がR17の 道の駅こもち に行こうか?と提案してくれましたが、この日の天気は山沿いで夕方傘マーク。協議の結果、欲張らずR353沿い赤城南麓の道の駅ふじみ道の駅ぐりーんふらわー牧場・大胡に寄りつつ帰りルートとしました。

写真は大胡です。この駅は赤城山のワインディングロードの近くなのでバイク多めでした。みなさんバイクがピッカピカ!

スタンプ帳のクーポンをNC殿に使ってもらいソフトクリーム休憩です。かーなーり濃厚でコーンも高級タイプを使用。コーンの下先っぽにシュガーフレークが仕込んであるというこだわりよう。さすが牧場でござる。



せっかくなんで赤城山のクネクネ道を走っていきたかったんですが、結局メインディッシュなしの前菜副菜ツーリングとなってしまいました。
ま予定通りか(;・∀・)
帰りはまたまた上武道路をビューン。利根川にかかる新上武大橋を渡ってNC殿が笑顔でひとこと「やっぱ上武道路だと早いねえ♪」
峠よりも特急バイパスにご機嫌でござんした。







f0300637_22055574.jpg


f0300637_22061214.jpg

解散後、ひとりで道の駅八王子滝山へ。こちらは東京都唯一の道の駅。東京らしく?9~21時と営業時間が長い。うれしいね。








f0300637_22063277.jpg


本日の収穫はスタンプ7個!完走までもうちょい。





[PR]
by birder-rider87 | 2016-06-27 00:14 | ツーリング | Comments(0)

桜山公園の冬桜



群馬県藤岡市で冬桜が見頃とのことでツーリングがてら見物に出かけてきました。
昨年も同時期に冬桜を見に行ったのですが、時間がなくて有名な桜山公園は回れませんでした。
なので今年は桜山公園をメインにツーの計画を立てました。というよりNC殿に立ててもらった。


毎度のNC殿と 道の駅 皆野 で待ち合わせ。ほとんど現地集合のようなもんですな。
会ってからよりも、お互い自宅から集合場所までの方がよっぽどツーリングみたいなね。。。(ーー;)


とりあえず桜見物の前にお昼をすまそうという流れに。
私は 道の駅 鬼石 で提供される『鬼石ラーメン』を非常にヒジョーーーーに楽しみにしていました。

私 「んじゃ、道の駅の鬼石へ行くべ」

N 「いいかげん飽きたんじゃなーい?」

私の心(あれー?NC殿は別のところに行きたいとか?まさか却下?今日の楽しみだったのにクソー…)
私 「そんなこと言ったって、あの辺あそこしか食べるとこねーだろ ( ゚皿゚)!」
  「ちっ、仕方ねーな。道の駅の向かいに蕎麦屋あるから、そこでどー?」

N  「了解(^^♪るんるーん」

私 「フン。いいかげんって1年ぶりだし、そもそもオタクさまはラーメンじゃなくて唐揚げ定食だったし(笑)」

N  「飽きたかどうか、聞いただけでしょ(*´з`)」

ま、言いたいこと言い合えるのは友ということで出発!



その蕎麦屋は観光バスの団体客がくるのでいつも混んでるイメージだったが、正午前の到着で空いてたのですんなり入れた。新蕎麦はうまかった。店内で桜山公園のパンフをもらい、食後に現場へ向かった。





f0300637_19175054.jpg


f0300637_19154697.jpg

桜山公園の駐車料金は二輪車100円だった。
NC殿は「500円だったら帰る」と言ってたのでセーフだった。

第1駐車場が入場待ち状態で、我々はだいぶ離れた第2駐車場にバイクを停めた。
園内に入る前に駐車場近くを散策。冬桜咲いてます。





f0300637_19181499.jpg


桜山はイチオウ「山」であるらしく山頂があった。▲591M。
ここまでの道のりに冬桜の姿はなく、ようやくここから見下ろした斜面に冬桜の木がたくさん植わっていたのだが、傾斜がきつく思ったほど見渡せなかった。別のポイントへ行ってみる。



f0300637_19184481.jpg

歩道の周辺にはあまり冬桜が植えられていなかった。ここだけポツンと1本。






f0300637_19193572.jpg

f0300637_19204527.jpg

しばらくすると密度の濃い場所に来たが、結果的に歩道沿いでは見るべきポイントはここだけだったあるよ(;'∀')




f0300637_19212620.jpg

f0300637_19354634.jpg


見晴らしがいいね。





f0300637_19361514.jpg
山を下るとザーっと水の音がして、庭園の滝が出現。
コレはNC殿が撮った写真に感動してパクった1枚 m(__)m




f0300637_19370250.jpg

f0300637_19414833.jpg

第1の広場(日本庭園)に到着。ここが公園の表玄関口です。第2駐車場からは山頂経由で3~40分でしょうか。
ここでも冬桜の存在感はほとんどなく、紅葉した樹木に完全に押されっぱなし。



f0300637_19454298.jpg


第1駐車場は満車。あとで気づいたが、奥の斜面一面に冬桜が咲いておるではないか!




f0300637_19465212.jpg


第1駐車場から第2駐車場まで車道を歩いて戻る。
ところで車道沿いの方が園内より明らかに密度濃いじゃん!どーゆーこと?

そういえば料金所から駐車場までの道も桜並木だったんだよね。
フツーは園内の方が充実してるもんでねーか?

パンフには7000本の冬桜とあるが、そのほとんどが人目につきにくい場所に植わっていたという、来て見なけりゃわからない事実。
園内の散策路をまわっただけでは物足りないのでご注意!





f0300637_19523479.jpg


午後3時で日が傾いています。日中の活動時間が短くなってきました。もうすぐ冬だなあ。




f0300637_19592736.jpg


花見を堪能した後は温泉です。
NC殿の提案で鮎川温泉 金井の湯へ来ました。
大人700円、年中無休9:00~23:00。わりと遅くまで営業してますね。
川沿いの露天風呂がよかったです。





f0300637_20055029.jpg


花園あたりで解散し、帰途につくが道を間違えてしまったあるよ。
地図で確認するためにバイクを停めたら目の前に『豚のみそ漬』のノボリ。
これは神のお告げと思い、おみやげに買って帰ったあるよ。(肉のみねぎし)








[PR]
by birder-rider87 | 2015-11-22 23:00 | ツーリング | Comments(0)

チャツボミゴケ公園



関東地区もだいぶ秋めいてきましたね。例年この時節は紅葉前線を追いかけてツーのプランを立てています。
ピークはやや過ぎてしまった感じですが、興味深い穴場スポットの噂を聞きつけたので今回は草津方面へ出向きました。



f0300637_14002956.jpg

f0300637_14005690.jpg




関越・上信越道で松井田妙義ICまでひとっ飛び。
草津までは軽井沢経由の北上ルートでアクセスします。
旧道を通って、めがね橋を見ていこうと思いましたが、マラソン大会で通行止めとなっており碓氷バイパスへ迂回しました。






f0300637_14011696.jpg




R18碓氷バイパス→R146で北軽井沢へ。
コンビニのセーブオンで休憩。ここは駐車場が広く、まるで道の駅のよう。





f0300637_14015401.jpg




快走国道R146→R292で道の駅 草津運動茶屋公園へ。
道の両側に施設があり歩道橋で行き来できますが、登るのが面倒なので私含め皆さん道路を横切ります。
車の往来が途切れそうで途切れなく、横断はわりとヒヤヒヤしますた。




f0300637_14013922.jpg



道の駅の周囲の木々は鮮やかな色づきでした。





f0300637_14024955.jpg




いよいよお待ちかね♪絶景道で名をはせる志賀草津道路へ突入!
と言いたいところですが渋峠方面へは向かわずに今回は県55を右折します。すんずれーm(__)m




f0300637_14030826.jpg




上の写真の橋から見える風景。麓の紅葉はまだイケてますた。





f0300637_14034683.jpg




最初は広かった県道ですが途中から幅員減少。
路肩に落ち葉が積もり、パッと見で路面状況がつかめないので停車に気を使いますね(汗)




f0300637_14042300.jpg




気になる穴場スポットですが、そこは「チャツボミゴケ公園」という場所です。
チャツボミゴケ公園……、発声しにくい名称じゃないですか?私は繰り返して3回かまずに言うことができません。

要所に案内看板が立っており、迷うことなく入口に到着です。
軽く注意点ですがここから道は断続的にダートとなります。




f0300637_14045749.jpg
f0300637_14044131.jpg




すぐに公園事務所があり、受付をします。受付時間は9:00~15:30とのこと。
入園するのに保全協力金300円がかかります。

チャツボミゴケが群生する穴地獄の近くに駐車場があり、そこまでバイクで移動します。
ここからのダートはわりとボコボコでしたが、ところどころ舗装されてる部分もあります。距離は1キロあるかないかくらい。





f0300637_14053729.jpg




駐車場からは歩いて300メートルほど。





f0300637_14070566.jpg




どーーーん!穴地獄のチャツボミゴケ (∩´∀`)∩

穴地獄とはかつての鉄鉱石採鉱の露天掘り跡地。そこからは強酸性の泉が湧き、チャツボミゴケが好む環境となっているそうです。
本州で群生が見られるのはここだけで、またその規模は日本最大とのこと。たいへん貴重なんだとか。
珍しさはさておき、このコケの色がとても美しいと思いませんか!
聞いた話では、秋はコケの色がひときわ鮮やかになる時期だそうです。(初夏のレンゲツツジが咲く時期もいいようです)

以下写真を貼っていきます。




f0300637_14074922.jpg
f0300637_14100229.jpg
f0300637_14105953.jpg
f0300637_14130501.jpg
f0300637_14134228.jpg
f0300637_14144886.jpg




初めて目にする秘境オーラ漂う光景に感動を覚えますた。ツツジの季節にまた来てみたいすね。






f0300637_14254823.jpg
f0300637_14201491.jpg
f0300637_14194955.jpg




紅葉見物にもよい場所です。





f0300637_14265820.jpg
f0300637_14544705.jpg
f0300637_14552018.jpg


f0300637_14583641.jpg





f0300637_14591568.jpg



褐鉄鉱。露天掘りで採掘された鉄鉱石の一部だと案内看板に書かれています。






f0300637_14593657.jpg




駐車場の脇下には3本の滝。ちょっと下流のこのあたりはもうチャツボミゴケが生えていません。
酸性水がだいぶ薄まっているのかも?







f0300637_15002057.jpg
f0300637_15004286.jpg







チャツボミゴケ公園で2時間ほど過ごしたあと、県55を尻焼温泉方面へと走りました。
尻焼温泉は天然の河川の川底から湧くことで知られた混浴の温泉。入浴者がいたので撮影は遠慮しました。

写真は温泉地を過ぎたあたりです。






f0300637_15012796.jpg
f0300637_15020199.jpg
f0300637_15023328.jpg




R405に出て道の駅 六合(くに)へ。
きのこ汁そばをいただきました。つけ汁は温かいタイプ。
出来上がりを待ってる間に水で喉をうるおしたのですが、ここのお水は透き通った感じがする とてもおいしい水でした。
水のうまい店のそばは当然うまかったのでありました。道の駅あなどれない。





f0300637_15061070.jpg



お次はR145長野街道で我妻渓谷へ行ってみました。





f0300637_15075298.jpg




道の駅の少し先で一般車両通行止めとなっており、ここから歩いていかねばならないみたい。
警備員さんの話しでは 見せ場まで片道30分とのこと。んー時間的にちときびしい。
どうするか悩んでると「でも一番のおすすめはここの橋から見た景色だね」と言ってくれたので、キッパリあきらめられました(笑)




f0300637_15115100.jpg

f0300637_15122423.jpg




その景色はこんな景色。ちゃっちゃと撮影して移動。






f0300637_15135599.jpg




我妻渓谷で深入りせず次に向かったのは岩櫃山(いわびつやま)。
なかなか展望ポイントが見つけられずウロウロ。国道沿いのJR吾妻線郷原駅から山頂部分だけ見えました。
紅葉情報では見頃となってましたが、紅葉はまだ早い感じ。情報に振り回されることはありがちですな (*´з`)




f0300637_15143404.jpg



ホームに電車が入ってきました。クモハ115。




f0300637_15145579.jpg




地元の人に岩櫃山の下のほうまで見渡せるポイントを教わりました。郷原駅の近くです。
このあと県28で榛名山を越えて前橋市街へ走ります。榛名湖付近では気温一桁でした。






f0300637_15151035.jpg




前回の館山につづき、やってきましたバナナ専門店「ウメダのバナナ」。
日本に3軒しかないと言われるバナナ専門店の2軒目の訪問です。3軒目は熊本なので当分訪問する機会はないかと。。。
4本つきの房2組を購入し、前橋ICから関越道で帰路につきます。






f0300637_15154004.jpg
f0300637_15203173.jpg
f0300637_15194551.jpg




寄居PAで夕飯を兼ねて休憩ピットイン。なんかお洒落すぎやろ。かえって落ち着かない(笑)
っていうかここは日本初のテーマ型PA「寄居 星の王子さまPA」というらしい。
星の王子さまの著者サン=テグジュペリゆかりの地、南フランスプロヴァンス地方をイメージしている。
どおりでカツ丼とか売ってないわけだ(笑)




f0300637_15204658.jpg




なんと!バイクの駐輪スペースもお洒落にライトアップ!本気のヤル気を感じた! (; ・`д・´) 





f0300637_15200988.jpg




客集めて体操するミニイベント発生。なんか楽しそう。
最近のSAやPAはおもしろいな。下道ツーしかしてなかったら知らない世界だわ。


それでは今回はこのへんで。








[PR]
by birder-rider87 | 2015-10-26 21:09 | ツーリング | Comments(2)

照葉峡へ紅葉ツー



10月の3連休最終日、いつものNC殿の提案で群馬県水上は照葉峡へ今年初の紅葉狩りに行ってきますた。
関越道の赤城高原SAに10時半待ち合わせでしたが、渋滞もなくスイスイで1時間も早く着いてしもうた。
道が空いてたのにもかかわらず、途中の沼田ICでは降りる車が本線上まで行列をつくっていたのには驚いたな。みなどこへ行く?





f0300637_23184044.jpg
f0300637_23185423.jpg
f0300637_23190654.jpg



時間が余ったのでSA散策。からっ風ブー次郎。私は存じていませんが赤城高原SA下りのゆるキャラなんだとか。SA限定ってすごいな。しかも下りだけって。
建物の裏手には開放的な芝生広場があって、まったりと休憩できますね。






f0300637_23192496.jpg



時間ぴったしにNC殿がやってきますた。おまえはJRか!(笑)
1時間待ってたと話したら、自分のトイレや水分補給もせず、「じゃスグ行こうか」と言ってくれた。エライ!あんたはエライ!







f0300637_23193908.jpg


水上ICで降りて、R281へ。走っていると紅く染まった一の倉沢がとぎどき視界に入った。
一の倉沢は通行規制が入ってるので今回はパスします。県63で照葉峡方面へ向かいます。







f0300637_23195508.jpg
f0300637_23201173.jpg
f0300637_23202994.jpg




途中県道からそれ、プールのような大露天風呂で超有名な宝川温泉に寄り道していきます。
っていっても温泉にはつからず、どんなとこなのか様子を見にきただけ。日を改め、またいつか入りに来たいね。
草津の西の河原(男湯)のように湯船が外から見えるかもと期待したものの、まったく見えず。混浴のようだから当然といえば当然か。
あ、別にノゾキつうわけではなく、東日本の横綱と言われる大露天風呂がどんなもんか気になるもんで。。。ポリポリ







f0300637_23210043.jpg



宝川温泉から先の道はダートになってるのを確認したらUターンして県63に戻り、ひとまず奈良俣ダムを目指します。
走っているとダムが下から見える場所があったので停車してみましたが、木が邪魔でダムが抜けてる場所がない。
それでもカメラ片手に歩き回ってると後続車が次々と停まるんだわ(笑)。すぐにこの場所はダメだと気付いて先行っちゃっうけどね。
NC殿は下からダムが撮れないと落胆。あきらめて先に進むことにすた。






f0300637_23211854.jpg


ばーーーーーん!
さっきの場所から いくらも走らないうちにダム撮影ポイント出現。なんだよー、いいとこあったじゃん(笑)
ツーマップルには奈良俣ダムは「高さ158メートル日本最大級のロックフィルダム」とある。すんげー石垣!







f0300637_23222640.jpg
f0300637_23215229.jpg


ダムの上部へ行ってみる。トンネルをくぐる。






f0300637_23224492.jpg



すると出口がどんつき。どんつきを左。







f0300637_23232735.jpg


ダムの駐車場で行き止まり。






f0300637_23241875.jpg



f0300637_23235233.jpg
f0300637_23243471.jpg
f0300637_23245277.jpg


奈良俣ダムの記事で必ずお目にかかる巨大タイヤ。
ブリジストン製でサイズは27.00-49とあるが、これって49インチってことだよね (゜o ゜)!なんじゃそりゃ!
こんなのが転がってきたらひとたまりもないわい (;'∀')ヒキガエルの気持ちがワカル!?

ダムにはちょっとした食堂があり、ダムカレーを食べていこうと思ったが売り切れ。
っていうか、昼時で売り切れつうのはたぶんもうやってないような気がする。。。
混んでて並んでいたこともありここでの昼食はスルーする。




f0300637_23294308.jpg
f0300637_23302895.jpg
f0300637_23300055.jpg



県63に戻って走ってるとやがて道沿いの木々が色づきはじめ、なんとなく照葉峡のエリアに入った感じだ。







f0300637_23313772.jpg
f0300637_23310892.jpg
f0300637_23304670.jpg



道の所々に駐車帯が設けられているので そこにバイクを停め紅葉撮影しながら散策します。


ところで「照葉峡」ってなんと読むのだろうか?みなさんはすんなり読めますか?
道路標識には「Teruhakyou(テルハ峡)」と振り仮名がふってあったが、検索すると「テリハ峡」が正しいと主張する説もちらほら。
個人的にはどっちでもいいんじゃないって感じだけど、「てりやきバーガー」を「てるやきバーガー」と言われたらソレはかなりの違和感があるわなとも思う。

といいつつ、今回のツーの打ち合わせまでは「ショウヨウ峡」だと思っていてNC殿から失笑を買ったのは秘密である (*ノωノ)









f0300637_23332541.jpg
f0300637_23334752.jpg


そして照葉峡の紅葉だけど、見頃序盤という感じだろうか。
それでも緑が残っている状態の色のコントラストが好きなので時間をかけてパシャパシャ撮っていたが。。。







f0300637_23343160.jpg
f0300637_23345306.jpg
f0300637_23351746.jpg




峠に近づくにつれ木々の紅さが増してきたんす!







f0300637_23355902.jpg
f0300637_23361546.jpg
f0300637_23353842.jpg



奥利根水源の森の広い駐車場の先、こんろく峠までは見事なまでに橙一色。
関東の山って常緑樹がたくさん植えられてるので目を見張る紅葉ってのは実はあんまりなかったりするのだ。

今回の連休も天気が良ければ東北の栗駒山や鳥海山あたりの燃えるような紅葉を見に行きたかったんだけど。。。
照葉峡は紅葉情報で名所として紹介されているが正直そんなに期待してなかったのだが、おみそれいりやした。
誘ってくれたNC殿に感謝だす。当日ワガママ言い放題で停車しまくりだったのでゴマをすっておこっと。





f0300637_23363739.jpg
f0300637_23370103.jpg




いや~ それにしてもここまで すんばらすぃ~紅葉風景が広がってるとは思わなかったわ~。こんろく峠で撮影会終了。
下で時間使い過ぎてしまい、最も色づいていた肝心の本命区間を素通りするという段取りの悪さを露呈してしまったが(;^ω^)また来年来ようと誓った。


このあとダムで食いそびれたNC殿がそろそろ燃料切れとのことでR401へ抜け、R120日本ロマンチック街道へ足早に向かった。
R120合流後は激込みで進まず、なかなか食事処にたどり着けなかったが最後は焼肉丼にありつけたのであった。




帰りは薗原湖経由の県62→R122で大間々に出て解散。おたがい下道で帰路についた。






[PR]
by birder-rider87 | 2015-10-14 03:06 | ツーリング | Comments(0)

嬬恋パノラマラインいってきますた



ご無沙汰しておりやす。
8月は前半が灼熱地獄で連続猛暑日の記録更新。後半は一転して冷夏で気温は下がったものの来る日も来る日も雨降りばっか。
日本の夏は以前のようにはもう戻らないのでしょうか?

本来なら夏は普段行けない場所に遠出ツーにおでかけしたいところですが、くじけました。。。
家で100年目の甲子園見てました。オコエ選手の1塁強襲2塁打にはオドロキましたね!魅せてくれます!
清宮選手はホームラン2本打ってくれました。もっとやってくれそうな気がする楽しみなバッターですね。
またしても東北勢の優勝はおあずけだったが、近い将来に白河の関を越える日がかならずや来るでしょう。


そんなこんなでバイクはお散歩程度に乗った程度で夏が終わってしもうた。
1年間で快適にバイク乗れる日ってホント少ないと実感。。。


んで今週は土曜がかろうじて晴れのち曇りでしたので、乗ってきましたよ。





f0300637_23015106.jpg
f0300637_23045230.jpg



上信越道の甘楽(かんら)PAでいつものNCと待ち合わせです。目的地は嬬恋パノラマライン。
日頃このブログでわたくしは下道派と申しておりますが、ツーの半分近くは高速乗ってる気がします (;^ω^) まあ、いい加減なやつです。






f0300637_23053338.jpg



NCと合流後、松井田妙義ICで下車。
R18をちょい戻ってひとまず県道33渋川松井田線で地蔵峠越え。
ところがR18と県33がまさかの立体交差だったため、いつのまにか通り過ぎてしまい軽く道に迷う。
なんとかコース復帰。この県道はあまり路面よくなかったです。
そして峠着。ダート林道の入口があるのだが現在は通行止め。
この日は奥にあるゲートが開いていたが、草刈りしてた地元のおじさんによると珍しいとのこと。我々はオフ車じゃないから当然パス。






f0300637_23061281.jpg
f0300637_23063379.jpg




県33からR406をかすめ県54長野原倉淵線で二度上峠へ来ました。涼しいというか少し肌寒かったかな。
天気が良ければ浅間山と榛名山が見えるようです。






f0300637_23071306.jpg



県54で峠から降りたところに滝があったので寄ってみることに。
浅間大滝。通りからダート150メートルほどで駐車場。そこから徒歩数分でした。





f0300637_23080809.jpg


もう1本、魚止の滝というのがあります。あまり見たことのない迫力ある段瀑でした。








f0300637_23083097.jpg



北軽井沢でお昼。テキトーに道沿いの店に入りました。古瀧庵。
高級リゾート地なのでややお高いものの森を目の前に食事ができるオープンデッキの席などがステキです。
「秩父ではまず味わえないロケーション」と二人の意見が一致。さすが軽井沢だ。
そばもうまい方かなと思ったけど、帰宅後食べログ見たら評価かなりキビシメでした(汗)






f0300637_23085263.jpg



店を出て、嬬恋パノラマラインへ向かいます。
南ルートから入る予定でしたが、アクセスの道を間違え県59草津嬬恋線経由で北ルートから進入することに。

前回の記事でわたくしナビはあまり使わないと書きましたが、迷った時にはグーグルマップで現在地の確認はしょっちゅうです。
今やツーでなくてはならない必需品です。場所の確認だけでも「ナビ使ってる」と言わなきゃダメすか?





f0300637_23090866.jpg
f0300637_23092235.jpg



見晴らしの良いところに見どころの案内板がありました。
車のCMや映画、ドラマのロケで使われた場所がけっこう多いんだね。







f0300637_23100817.jpg
f0300637_23102931.jpg



見渡すかぎりキャベツ畑。NCはキャベツくさいを連呼。







f0300637_23112859.jpg
f0300637_23132647.jpg



信号がなく中高速コーナーばかりで基本走りやすい道なんだけど、農道なんで路面にトラクターが落とした土が多かったです。
ドライでよかったよ。濡れてたらズルッと滑りそうだ。





f0300637_23141088.jpg
f0300637_23144042.jpg


愛妻の丘。どうしたわけか駐車場の路面が堆肥みたいにふかふかなんだけど(´・ω・`)
バイクは絶対ムリっしょ。サイドスタンドが全部めり込んでいきそう。。。
なのでしかたなく路肩に停める。







f0300637_23161382.jpg
f0300637_23164149.jpg
f0300637_23171376.jpg



旦那が日頃、口にできない妻への想いを叫ぶ場所。

「こづかい上げろー!」

え?違う?(; ・`д・´)







f0300637_23173632.jpg


…………だそうです。







f0300637_23180594.jpg




こりゃたまらんなー( ;∀;) 洗車しなくちゃだわ。





f0300637_23182343.jpg




オチがよくわからんのですが...
一応写真におさめておくか。


このあとノンストップで南ルートを駆け抜け帰路につきました。








[PR]
by birder-rider87 | 2015-09-06 02:56 | ツーリング | Comments(2)

国道299号の十石峠は酷道



ん~💦、なんか今月はスッキリしない日ばかりです。
久々に1日を通して晴天予報でしたので少し遠出してきました。


秩父エリアから国道299号をひた走り!


f0300637_17425403.jpg




埼玉から群馬県の上野村へ。
そして国道299号は群馬と長野の県境を越える十国十石峠区間へ。
ここまでくると快走路の国道から酷道へと様相が一変します。まるで舗装林道のようです。


ここ数年は一部通行止めの期間が長く、矢弓沢林道が迂回路でした。
久々に訪れたところ、めでたく通行解除されていました。
長野へ抜けるルートの選択肢が増えたのは喜ばしいことです。






f0300637_17432571.jpg
f0300637_17435941.jpg



交通量は少ないですが皆無ではなく ちょぼちょぼと乗用車が通過します。
ツーリングのバイクもちらほら。バイクの方がやや多い感じでした。





f0300637_17443083.jpg



道の脇に存在感のある木を発見。
サイドスタンドを立てたバイクの角度と一緒なのが面白い。




f0300637_17463790.jpg


おむすび🍙よりも多く立っている落石注意の標識。
この道が通る環境の険しさを物語っているかのようです。




f0300637_17494246.jpg




十国十石峠に到着。この区間で唯一の広めの駐車場。






f0300637_17502870.jpg


展望台を登ってみます。






f0300637_17505897.jpg



展望台からの眺望…。
こっちじゃないですね (^^;




f0300637_17511356.jpg



遠望はこんなふう。
山の春はもう少し先のようです。






f0300637_17513344.jpg



十国十石峠から長野側へ道を下っていきます。
途中で「乙女の滝」の案内看板が目にとまりましたので立ち寄ってみました。






f0300637_17515498.jpg



滝まで300mなので気軽に向かえます。






f0300637_17522409.jpg



ほどなく到着。
落差は控えめなものの巨岩に分け隔てられた2本の滝が印象的です。
上部にもう1本短い滝があります。





f0300637_17525522.jpg



滝へ近づこうとすると木道が崩れ落ちていました。
落ち葉で覆われて地面の状況が見た目だけで判断できません。
三脚の足をつつき足元を確認しながら慎重に渡りました。
(滝へのアクセスは橋右側の上部に道路からつながる階段もあり)





f0300637_17531827.jpg
f0300637_17534456.jpg



流れ落ちる滝を見てるとなぜか無心になれるんです。
日常生活でなかなかそのような境地になることはないので貴重な時間といえましょう。



滝見物の後は桜見物へと向かいます。
ツーリングは次回へつづきます。










[PR]
by birder-rider87 | 2015-04-19 22:11 | ツーリング | Comments(2)