ピースサイン~どこかの道で

タグ:茨城ツー ( 7 ) タグの人気記事

水郷潮来と日本一の駅へ


はっきりしない天気がつづいた6月。最後の週末も当然のように雨予報だったけど、日曜の朝に傘マークが消えました。最近このパターン多いなー。ふらぬなら お出かけしよう バイクツー。

各地のピンポイント予報をチェックしまくり行き先を検討。結局お天気よりも前々から行きたかった茨城県の潮来に決めました。降雨の危険性はあったけど、ちょうど潮来あやめ祭りの期間中だし。っていうか最終日なんです。この日を逃したら、また来年お会いましょう(ToT)/~~~なわけで。。。

例年あやめの見頃は6月10日前後とのこと。ならばもう花は終わってるだろう。
それでも なぜあやめ祭りへ行くのか? はい、それは名物の「嫁入り舟」を一度 見たいからなのですよ。




f0300637_23431117.jpg
f0300637_23462240.jpg


そうと決まれば即出発。AM8時半スタート。え、遅いって。いつもこんなもんス。
下道派の私ですが、都内横断がめんどいのでチバラキ方面はさすがに高速を利用します。
しかし正攻法で潮来ICまで行っても私的に退屈なので、別ルートで行くことにするだ。


常磐道柏ICで降りてR16を南下→市282→県59市川印西線で東へ。
青々とした田園がどこまでも広がってます。この解放感たまんない。





f0300637_23474291.jpg



走行中、電柱の看板がふと視界に入りドキリ!なんか心臓によくない感じがする。
帰宅後、検索したら「ほっさく」と読むそうな。
ホッとしたような、なんか残念なような。。。

ちなみに木下駅は「きおろしえき」と読むそうな。
きのした じゃないんだ。日本語は難しいねー。







f0300637_23484908.jpg


やがて道はR356利根水郷ラインへ。
利根川と並行して河口の銚子まで延びるリバーサイドライン。
信号の少ない道路で、いいペースで流れます。お気に入りに追加。





f0300637_23520717.jpg




土手沿いが長くつづく区間では飽きてきますが、ときたま利根川の雄大な流れが突如現れ単調なクルージングに刺激をあたえてくれます。

このあと神崎大橋で茨城県側へ渡り、県11を走行。




f0300637_23580628.jpg



思ってたよりも早く潮来市内に突入ですが、迷ってしまいました。
360°たんぼです。場所によっては地球がまるく見えるかも!?





f0300637_00011705.jpg


背高のっぽな橋が架かってました。
水路でつり人が何人かいたので、お決まりの「何つれるんですか?」と質問すると。。。
「長ぐつ」とお約束のご返答(笑)。「サイズどれぐらいですか?」「26.5。尺はいかない。」なんて会話がツーリングを彩る。






f0300637_00035530.jpg



ルート修正中にささやかなアジサイロードと遭遇。
適当に走ってたから二度と来れないかもしれないと思い、記念にパシャリ。






f0300637_00062442.jpg



無事に大通りへ復帰し、祭り会場へ行くも嫁入り舟が始まるのは2時間後。
だもんで もう1か所マップルで見つけておいた気になるスポットを先にまわることにします。


その前に 道の駅いたこ で食事しようと思ったけど食堂が大盛況で席ナシでした。
直売所で安くておいしそうな野菜類を買って道の駅をあとにしました。





f0300637_00080120.jpg


R51で北浦を渡りカシマスタジアムが見える市道を北進。

すると北海道ツーでおなじみセイコマが登場。このところ茨城県内で勢力拡大中なのでしょうか。
ここはラッキーなことにホットシェフ取扱店でした。

セイコマといえばホットシェフというフレーズをよく耳にします。
ホットシェフはコンビニでの店内調理の先駆けなんだそうです。
どさん子のソウルフードを茨城県で初挑戦!豚丼とカツ丼で悩みましたがカツ丼をチョイス。
とろとろ卵とやさしい味のたれがイケてます。お肉も予想より厚かった。
これはへたな店で食べるよりずっとおいしい!脱帽っす。写真撮っときゃ よかったな。






f0300637_00094887.jpg



気になるスポットへやってきました。鹿島臨海鉄道大洗鹿島線のとある駅です。






f0300637_00115277.jpg



『長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅』

やたら駅名が長いです。






f0300637_00131427.jpg


ちょうど汽車が来ました。1両編成。
けっこう本数が多いのかなと思いきや基本1時間に1本でした。
いや~今回はツイテル。きっと日頃のおこないがいいのでしょう (^。^)





f0300637_00153026.jpg


ひらがな表記だと長さがさらに際立ちますね。
表示がおどろきの二行です。こんなのはじめて。

ところで日本一長い駅名はいったいどこなんだろう? とまたまた検索すると。。。
長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅がヒット。なんだココが日本一なのか!
もっと文章みたいな長い駅名があったような記憶が。。。
するとやはりありました。

『南阿蘇水の生まれる里白水高原駅』
単に「白水高原駅」、もしくは「南阿蘇白水高原駅」でいいような気が。。。

こちらも日本一長い駅名とのこと。つまり同率1位なんですね。
なんかすっきりしねえw。。。





f0300637_00161038.jpg




日本一の称号を持つ駅ですが、意外や ひっそりしたとたいへん静かな無人駅でした。






f0300637_00185587.jpg



ビューンと潮来へ戻り、いよいよお目当ての嫁入り舟の観覧です。
結婚式は洋式が主流となって久しいですが、この光景を見たらやはり日本人なら和式かな。
とても素敵な文化なので、いつまでもつづいてもらいたいです。





f0300637_00204045.jpg
f0300637_00234782.jpg


花嫁を乗せた舟のあとをご親戚の舟と囃子太鼓の舟がつづきます。







f0300637_00245598.jpg



このあと水門をくぐり新郎の元へ向かいます。
そこは申し訳ないのですが省略で。なんか撮る気しなくて。。。
笑って許してくらはい(^◇^)










[PR]
by birder-rider87 | 2015-06-29 17:22 | ツーリング | Comments(2)

季節は春へ



f0300637_20000675.jpg



f0300637_20181088.jpg



いよいよ待ちに待った春、ツーリングシーズンの到来です。
茨城県坂東市にて 利根川の近くを走ってみる。
あちらこちらで土手沿いの道は菜の花ロード。
自然と心がはずんできます。


来週あたりに桜も咲き始めるかな。






[PR]
by birder-rider87 | 2015-03-23 20:25 | ツーリング | Comments(0)

新しい地図買いなよ

友人と茨城県の大洗までツーリングに行ってきました。
その前夜、待ち合わせ場所を「どこにすんべや?」と電話で話し合いました。


わたしは東京西部、彼は茨城西部在住。
わたしは高速利用、彼は下道。

ということで、常磐道千代田石岡ICを降りたあたりで待ち合わせようかと。

友人 「マップルの58ページ開いて」
私 「開いたよ」




f0300637_19111682.jpg



このとき二人が見てたマップルは2006年版。
ボロボロでお恥ずかしい。(^▽^;) 何度か雨の中で使用したため背表紙が外れてしまいました。
買い換えたマップルがタンクバックに入れてあるのですが、通話中に手元になく この古いマップルで対応。
やつも同じのだし、このときは別段問題ないかと…。






f0300637_18400629.jpg



道の駅があれば即決なんですが、見たとこ ないですな。


友人「(鉄道の)駅とかにする?」
私 「じゃあ、石岡どお?」
友人「そこは街中すぎるなあ。混みそうで やだなあ。」
私 「え? 田舎だから、そんな混まないでしょ?」
友人「地方都市をバカにしてもらってはこまるよぉ。」
私 「そうか。ロータリーでタクシーいっぱい待ってそうだしな。別のとこにすっか。」


友人「R355沿いに鉄道走ってるじゃん。それのどこかの駅にしようよ。」
私 「じゃあ、国道沿いにある『たまり駅』がわかりやすいんじゃ?」
友人「おっけい! じゃソコ忘れないようにマルしといてね。」
私「しねーよw (電話きってから)」


というわけで翌朝、赤矢印の『たまり駅』へ向けて出発しました。
高速道路はスイスイと順調に流れて千代田石岡ICに到着。
待ち合わせ場所の道順を確認すんべや とタンクバックからマップルを取り出してページを開いてみた。




f0300637_19113074.jpg


2012年版とわりかし最近のマップル。
前回ボロボロにした教訓を生かし、透明のブックカバーを着せました。






f0300637_18404635.jpg



(。´・ω・)? ん?


国道沿いの線路が消えてなくなっちょる! あらら~。まさかの廃線か (ーー;)
やつに電話したところで走行中でつながらんだろうから、とりあえず『たまり駅』があった場所に向かいました。




話が脱線しますが、古いマップルと比べ 新しいマップルではクチコミが増えています。
よく見ると増えているだけでなく、クチコミ内容が変わってますよ。


たとえば黄矢印の かつ蔵。
「しゃも肉で作るカツがうまい」から「つくば黒豚ロースカツが人気」へ。

これはある意味 残念な変更ですなー。どうしちゃったんだろう?
黒豚よりは しゃものほうが地域色が強いし、コメント的にもインパクト大。
しゃもカツ、一度食べてみたかったなあ。もはや幻の味…。



そして青矢印のR6水戸街道に関するコメント。
「沿道にはカンナの花 車はスムーズに流れる」から「交通量多くペース上がらない(中略)渋滞も」へ。

って何なんだろ、この180度転換の変更は。 ヒドイ!今まで だまされてた(笑)。
スムーズに流れると書いてあったのに、なんじゃこの渋滞はー (# ゚皿゚)!! 許すまじ!
と発行元にクレームでも殺到したのだろか?







f0300637_18410659.jpg



R355を走ってると、やはり道路わきに鉄道が通ってる気配はなし。
地図上の『たまり駅』ポイントへ到着。
ちょうど反対車線から友人もやってきて合流。
駅が見当たらなくてウロウロしていたらしい(笑)。



遺構の案内板が指す方へ行ってみました。駅舎でも残ってないかな。






f0300637_18412104.jpg



駅舎はもちろん線路も跡かたもありません。
跡地は舗装されて道路になっており、待合室のようなものが建ってました。





f0300637_18413349.jpg



おや。バス停ですか! かしてつバスとな。
鹿島鉄道跡地をそのままバス路線が運航してるようですな。
道路はバス専用で一般車の通行は禁止。なるほど考えましたな。


せっかくなんでバスが来たところを1枚撮ろうと思いましたが、次のバスまで20分以上あったのであきらめました。




f0300637_18415142.jpg



バス停に貼ってあった写真を見るかぎりは普通のバスですね。


ツーリングの帰りにも休憩で立ち寄ったら、たまたまバスが来たんですがあっという間に通過していきました。
ローカル線の鉄道は駅を通過するイメージがなかったので面食らいました。
でも普通に考えれば、停留所に乗降客がいなければバスは通過しますね。

………………………………………………………………

古い地図でやり取りをしたおかげで思わぬハプニングで幕開け。
しゃもカツ目当てで水戸街道が流れることを期待して大洗まで行かなくてヨカッタなと(汗)。

別れ際に友人に「新しい地図買いなよ!」と言ってやりました。
そしたら「圏央道がつながってから。あと消費税改定後の高速料金記載になってから。」とか ぬかしとった。
彼なりに買い換えのタイミングを計っているようです(笑)。





f0300637_18420638.jpg


おまけの大洗海岸。






f0300637_18421830.jpg
f0300637_18422779.jpg



浜乃納屋 ジャンボエビフライ定食千五百円と鉄火丼千二百円だったかな。
マスツーリングのバイクが駐車場に停まっていたので、それにひかれ入店。
料理はうまかったですが他メニューの価格がやや高い気がしました。
大海原が見渡せる座敷席は圧巻でした。ロケーション最高。





[PR]
by birder-rider87 | 2015-01-19 22:04 | ツーリング | Comments(2)

はじめての牛久沼


まだ初冬の12月だというのに早くも冬将軍の到来で関東でも最高気温が二ケタにとどかなかった週末。
もうね、いっきに真冬ですよ。







f0300637_16335470.jpg




寒さに負けず気合を入れて訪れたのは茨城県牛久沼。
やってきたけど、牛久沼ってツーリングで来る人はほとんどいないんじゃないかなあ? 釣り人しかいない。
茨城県民でジモやんの友人ですら「行ったことない」っていうくらいだもんな。


牛久沼にかかる茎崎橋(県道46野田牛久線)の付近は沼というより川というかんじ。




f0300637_16410268.jpg


コブハクチョウの姿が見られました。一家団欒なかよし家族。






f0300637_16413220.jpg





沼の下流(?)へ場所を移動。沼を周回する道路がないので、あてずっぽうに走ってると観光アヤメ園にでました。

時期的に花は咲いておらず園内の河童の銅像もさびしげ。
牛久沼では河童にまつわる伝説が語り継がれているようですね。
しかしなんでまたこの銅像の河童くんは『体育座り』なんでしょうか?
しかも うつむきかげんで(´・ω・`) ショボーン…

「おい元気だせよー」と肩をたたいて励ましてやりました。
元気をもらえるのではなく、元気を吸い取られる逆パワースポットですなーこりゃ!(^▽^;)




f0300637_16432199.jpg



ペンタックスQ-S1+01スタンダードプライム
新設のスマートエフェクト「フェードカラー」でパシャリ。「銀残し」に近い表現です。





f0300637_16423640.jpg


マンホールの河童は楽しそう。パワー回収w






f0300637_16435659.jpg
f0300637_16452881.jpg



ファミリーレストラン ニューたから オーブンスパゲティー 950円

ジモティー御用達感が強く漂うお店。入るのにやや勇気がいりましたw
ファミレスだけあり刺身定食、洋食、ラーメンなど幅広いラインナップ。
ゆっくり談話に適した雰囲気。利用客の喫煙率が高く愛煙家にはおすすめだが、そうでない方はちょっとツライかもね。





f0300637_16474331.jpg



中身はナポリタンの上にハンバーグがのっかてます。食いかけでm(__)m
鍋焼きうどんのスパゲティー版といったところか。アツアツで体の芯から暖まりました。







[PR]
by birder-rider87 | 2014-12-08 22:36 | ツーリング | Comments(2)

ひと文字地名の交差点

先週、筑波山方面へツーリングしてきました。






f0300637_14450927.jpg


真壁の街並みに向かう途中で通った交差点は「田」。田んぼの田。
読みは「た」でいいそうです。って、あまりにも当たり前(笑)。
ちなみに交差点のまわりはちゃ~んと田んぼで囲まれています。

どーでもいいことですが、田は一筆書きできないんだとか。







f0300637_15375283.jpg
f0300637_14470494.jpg



そんで真壁の街並み。

真壁伝承館の周辺に登録文化財の古い建造物が47棟あります。
ただし まとまって残っているわけではなく、わりと広範囲に散らばっています。

それと足場が組まれドカシーをかけた修復中の建物が多かったのであまり写真を撮れませんでした。
川越の小江戸にならって古い街並みを整備中なのかなと思ったら、とんでもありません。
町の職員によれば、東日本大震災の復旧工事が思うように進んでいないとのことでした。
一日も早く元の姿に戻られることを願います。







f0300637_15380846.jpg




北海道ツーリングでの強い味方。セイコーマート。
なぜか茨城県ではよく見かけるのだ。埼玉県にもわずかに存在するようです。
カツゲンなどの北海道限定商品はなかったですが、100円総菜やセイコマ商品は健在。
店舗のつくりも一緒で北の大地でのツーリングに思いがはせました。





[PR]
by birder-rider87 | 2014-11-29 17:13 | ツーリングのひとコマ | Comments(2)

行方バーガーとマンホール

相変わらず寒い日が続いており、オートバイで朝から出かけるには少々気合いが必要です。気合いを入れたものの、明確な目的もなく、なんとな~く霞ヶ浦を目指しました。
いつもは南側を走ることが多いんですが、今回は常磐道土浦北ICから対岸へアプローチ。R354で広大な蓮田の中を突っ切って走り抜けました。国道からそれて湖岸へ出ると、そこにも蓮田が広がってました。このあたりは日本有数(日本一?)のレンコン産地なんでしょうね。



f0300637_21141262.jpg

農作業に精を出しておられました。おいしいレンコンをつくるためには地道な仕事が必要なんですね。
デジカメ内臓のエフェクトを使って撮影してみました。ドラマチックアート。カメラはペンタックスQでレンズは01スタンダードプライムです。


f0300637_21144601.jpg

ハードモノクロームで撮ってみました。馬子にも衣裳、駄作にエフェクト。それなりに雰囲気のある写真が撮れますね。



f0300637_21475157.jpg

蓮田と愛車の撮影でアングルを探して道路を行ったり来たりしてたら、すてきな絵柄のマンホールのふたを見つけました。帆引き船にアジサイ、霞ヶ浦に筑波山かな。わずかなスペースに盛り込んでます。



f0300637_21543414.jpg

土手をのぼってみると、果てなくどこまでもつづく湖面。思わず笑っちゃうよ。 うわっ、広すぎ!



湖岸に沿って延びる県道を進むと、R354に戻ります。



f0300637_22013977.jpg


霞ヶ浦大橋。橋の向こうに見えるのは「バビルの塔」。…うそです、「虹の塔」。1970年代は子供向けアニメや特撮の名作が数多く生まれましたね。



f0300637_22173590.jpg
f0300637_22192526.jpg

道の駅たまつくり 観光物産館こいこい で休憩&昼食にします。雑誌等でご存知の方も多いかと思いますが、こちらの道の駅の名物といえば…



f0300637_22244105.jpg

ドドーン! はい 行方バーガー(なめがたバーガー)です。
なまず、こい、かも、ぶたの4種類あります。どれにしようか?ひじょうに悩みます(汗)
普通なら、ぶたパックンを注文したいところですが、それでは面白味に欠けます。
なまずは先週食べたし、ここは清水の舞台から飛び降りるつもりで「こいパックン」いきやしょう!男だね~。
子供の頃に食べた鯉がとてつもなく泥臭くて、正直いうと それ以来苦手になってしまったんだけど。食わず嫌い克服のためチャレンジ。


食券を買ってお店の美人スタッフに渡しました。


外のデッキで食事できそうですが、寒いので霞ヶ浦を見渡せる店内のカウンターで待ちます。



f0300637_22401300.jpg

「は~い、こいパックン、おまちどおさま!」
あ~、来ちゃったよー(笑)。 包み紙には こいパックン出没!! のシールが。。。 出没しちゃったかあ。。。 なんかこちらの心の内を見透かされてるような。。。
苦い粉薬を飲まされる幼児の気分だなあ。軽い緊張をともない、覚悟を決めて…… ガブリっ!!

ありゃ、甘い。そっかタレが甘いのか。心配してた泥臭さはまったく感じられず、何事もなく無事に完食。ホっとしたよ。安堵~。
野菜多めでタレの甘さが際立ってました。こいのフライはやや小さめで、こいを食べたという実感はあまりなかったかな。まー、これは販売者の親心と受け止めておきましょう。
食後は心なしか生命力が増したような気がした。



f0300637_22553868.jpg

元気回復したところで、また走り出しました。R355へ進路をとります。空いてる道を快走してると、上空に飛行物体発見。ノスリでした。


f0300637_23063337.jpg


このR355、走行中に路面をチラリとすると、いろいろな絵柄のマンホールがありました。
ここで突然ですが、2014霞ヶ浦マンホール・コレクション。



f0300637_23120222.jpg

やっぱり鯉ねー。ハンバーガーにしちゃうぐらいだもんねー。


f0300637_23165990.jpg
あやめ。そういえば、これも有名ですね。


 
f0300637_23204213.jpg

んー、これは? 渡し船と富士山でしょうか?  潮来の伊太郎~♪  カップのみそラーメン♪  懐かCMソング。



f0300637_23265985.jpg

こちらのはR355ではありません。菊と桜と… やべっ(;'∀') 野鳥の写真撮ってるのにワカラナイ。 えーとウグイス?




f0300637_23304526.jpg

マンホールの鳥はわかりませんでしたが、豪快な飛翔を見せてくれたのはミサゴ。捕まえた魚を縦につかんで飛び回ってました。食べちゃう前にせめて空の世界を体験させてるんかな?



f0300637_23361482.jpg

霞ヶ浦周辺は田んぼで囲まれており、そこではタゲリの姿が見られます。ヘアスタイルがバッチリ決まってます。不用意に近づくと、ミューーとか鳴いて飛んでっちゃいます。ねこに似たカワイイ声を出します。


f0300637_23411241.jpg
越冬中のエリマキシギ。夏羽はトランプの絵札みたいな容姿に変身するようですが、その頃は海外の繁殖地へ行ってしまいます。残念ながら、日本ではその姿は見られないようです。


f0300637_23450522.jpg
近くでタカブシギも採食中でした。シギの仲間は似たような模様ばかりで撮った写真と図鑑を照らし合わせても、よくわからないことが多いです。
越冬シギ、今いる可能性の高いシギということで判断しました。



f0300637_23524475.jpg

霞ヶ浦って、夕陽がきれいなんですね。そろそろ家路につこうか。





f0300637_23551173.jpg


言問橋からの東京スカイツリー
高速道路が渋滞のようでしたから、主にR6を使い、下道でのんびり帰ってきました。









[PR]
by birder-rider87 | 2014-01-21 00:26 | ツーリング | Comments(2)

霞ヶ浦、そこは関東で唯一の…

ツーリングへ出かけるのに「湖」を目的地に選ぶライダーは結構多いのではないかと思います。関東だと富士五湖や中禅寺湖は言うに及ばず、あまり有名でないダム湖までライダーは湖を目指して走ります。関西では免許を取ったらまず日本一の琵琶湖を一周するのが定番とTV番組で紹介されたことも。

それだけ人気の湖ですが、じゃあ日本で二番目の面積を誇る霞ヶ浦はどうなんだろう?観光地化されていないこともあり訪れたことのあるライダーは意外と少ないような気がします。今回はそんな霞ヶ浦へ、「関東でここだけ」を見るためツーリングしてきました。


f0300637_18533629.jpg
f0300637_18545864.jpg
まあとにかくデカイ!広い、だだっ広い!湖面全容は把握できません。湖というより海という感じ。走っても走っても水ばかり。

f0300637_18563328.jpg
麦芽…いや僕が現在使ってるツーリングマップルは2012年版なんですが、霞ヶ浦には「湖岸のフラットダートは舗装済み」と記載があります。このコメントだけ読むと、なんのこっちゃ?という感じですが、2006年版では「ダートをつないで湖畔を一周できる」とあります。まあ、コメントが更新されたということですね。情報通り舗装されていました。湖岸の道は河川敷のサイクリングロードっぽい造りでツーリングというよりサイクリングしてる雰囲気です。


f0300637_19173205.jpg
さて本日の目的「関東でここだけ」の場所に到着しました。それは…

f0300637_19252104.jpg
じゃ~ん、『稲波干拓のオオヒシクイ』です。※稲波(いなみ)
オオヒシクイはガンの仲間で、日本へは越冬のために渡ってくるそうです。関東では霞ヶ浦だけに大きな群れがくるんだとか。

f0300637_19464753.jpg
フィールドに地元の方々(江戸崎雁の郷友の会)がヒシクイの保護活動をする拠点として観察小屋が設置されています。観察に訪れたら一言あいさつをしておくとよいかと思います。

f0300637_19402936.jpg
ヒシクイを驚かさないように、観察や撮影は土手の上から行うという決まりになっています。鳥までの距離があるので観察には双眼鏡が必要でフィールドスコープ(地上望遠鏡)があればなお良いです。ヒシクイがどれくらい敏感かというと…

f0300637_19530177.jpg
みなさん、すやすやとおやすみ中ですが、土手の裏を流れる川でモーターボートが高速で通過すると…
f0300637_19594176.jpg
何羽か立ち上がり、警戒の声を発します。ア○ラッ~ク!とは言ってないと思います。
f0300637_19562399.jpg
すると一斉に立ち上がり、わらわらワラワラ…(笑)
危険がないと認識すると、またしゃがんでスヤスヤzzz


f0300637_20061544.jpg
ヒシクイが全員、昼寝してしまったので撮影を切り上げ、腹ごしらえすることに。
佐原まで足を延ばしました。

桶松(おけまつ) の かつ丼

食後に、親切なご主人から小江戸の街並みまでの道を教えていただいたので、散策しました。
f0300637_20171878.jpg
f0300637_20181123.jpg
いかだ焼き 正上(しょうじょう)で おみやげを購入。

日が暮れる前にもう一回霞ヶ浦へ戻ります。

f0300637_20421112.jpg
帆引き船が出航してました。霞ヶ浦独特の船のようですね。はじめて見ました。
f0300637_20484440.jpg
こちらは妙岐ノ鼻と呼ばれる場所です。

前回と今回 野鳥の紹介をさせてもらいましたが、この場所は僕が鳥見を始めるキカッケになった場所なんです。

ジェベルに乗ってる時はダートを求め、アチコチさまよってました。冬場はなかなかお山の林道へは行けないので「ダートをつないで一周できる」霞ヶ浦に目をつけ、いざやってきたものの、当時すでに舗装化がすすんでおりダートは壊滅状態。がっかりしつつ湖岸を走ってたら駐車場があったのでトイレ休憩で立ち寄ると、なにやら大勢の方が望遠カメラやスコープを並べてました。

何を見てるんですか~?とスコープの方に尋ねると、「チュウヒ」という鷹を待ってるとのこと。

「チュウヒ」という鳥の名前を僕は初めて聞きましたし、そもそも鷹とは山奥にしかいないものだと思ってましたので、すごく興味をひかれました。やがてその鳥が姿をあらわし、その方は親切に僕にもスコープをのぞかせてくれました。感激しましたねー!本当に鷹でした。

それから、チュウヒが遠くを飛ぶ姿を肉眼で見ましたが、カラスに似た印象でした。
バイクで走っていると飛ぶ鳥を見かけますが、それまではすべてカラスかハトかスズメだと決めつけてました。
「もしかして今まで気にしてなかったが、鷹とかいろんな鳥が飛んでるのを見落としてたのでは?」と感じ、なんだか損してきた気分になりました。損を取り返そうと僕も鳥見をすることにしました。

話が長くなりましたが、今回もそのチュウヒを見にきたわけです。何羽か飛んでるのを見れましたが、撮影できませんでした。

f0300637_21195917.jpg
なので観察舎にかかってた写真をパシャリ(汗)

以前これと同じ行為を鳴門の渦潮でやったのを思い出しました。現地に行ってから気づいたんですが、渦潮って年がら年中巻いてるわけではないんですよ。その日は絶不調で渦はほとんど巻かず、やっと見つけた渦は風呂の水を抜くときの渦。写真なんかとれませんよ。落胆してたら観察通路(渦の道)の壁に 洗濯機で脱水するかのごとく猛烈な渦巻きのお写真。断腸の思いでパシャリ(笑)。みなさん、鳴門の渦潮へ訪れる際は事前に潮目を確認することをおススメしますよ。

f0300637_21365651.jpg
話が脱線しましたが、チュウヒの撮影はまたチャレンジします。

f0300637_21385187.jpg
帰りに通った 東京ゲイトブリッジ。ライトアップがきれいですね。

今回のV-strom650ABSの実燃費は25.4キロでした。燃費計は26.6キロの表示でした。















[PR]
by birder-rider87 | 2013-11-17 22:46 | ツーリング | Comments(0)