ピースサイン~どこかの道で

タグ:長野ツー ( 5 ) タグの人気記事

秋のビーナスラインを走ってきた



猛暑の夏が早く終わらんかなーと思ってましたが、10月になっても関東の平野部はけっこう暑かったりしますね。

まだまだ夏気分が抜け切らないのですが、標高1000メートルオーバーの高原は一足早く秋めいていました。


みんな大好きビーナスライン!今季も走ってきました。
paece!(・∀・)v パエース!




f0300637_09355785.jpg

中央道の小淵沢ICで降り、県17茅野北杜韮崎線で原村方面へ走ります。
県17はエコーラインと比べると生活圏の道路といった風情ですね。

居住地を抜けたところでバイクを停め撮影しました。のどかです。





f0300637_09433625.jpg

f0300637_10260603.jpg

f0300637_10265527.jpg

県197払沢茅野線でR20甲州街道へ向かう道すがら、黄金色の輝きに胸が躍りました。




f0300637_10273971.jpg


久々のマンホール掲載。原村で発見したマンホールのふた。
デザインは亜高山帯に生息するミヤマシロチョウを描いたものだそう。

バイクに乗りながら真下のマンホールを探すのはやはり危ないよね。
というわけで最近はご無沙汰となっておりました。以前もたいした枚数をUPしてないけど(汗)。。。


ほどなく道はR20と交わり、諏訪方面へと進んでいきます。






f0300637_10304316.jpg

f0300637_10300129.jpg


f0300637_14563080.jpg


甲州街道や諏訪の市街地を流していると、カラフルなビニール紐の房で道の両側が飾られていまして、ちょっと気になったんですよね。
諏訪は混雑するイメージなので、とんとご無沙汰だったんですが、過去の来訪時にこのような景観の記憶がなかったものでして。

当初は素通りするつもりでしたが、あまりに街の至るところで見かけるので写真に収めました。

撮影中に地元の方にお話しを伺うと、「御柱祭り用で飾りのある場所を御柱が通った」とのこと。

あれ?でも祭りはもう終わったんじゃないですか?という疑問をぶつけてみたら、「祭りは一年を通して行われる」のだそうだ。
そうなんですか! TVのニュースだとあの勇ましいシーンしか放送しないからね。

なにはともあれ、このビニール紐の飾りつけも七年に一度しか見られないのか。不思議と安っぽい感じはしませんでした。








f0300637_10323284.jpg

ビーナスラインへとつながる県40諏訪白樺湖小諸線。
途中にある諏訪立石公園は諏訪湖全体が見渡せるビュースポット。




f0300637_10333785.jpg



f0300637_14564160.jpg


展望台の日時計。針はほぼ正確な時間を指していました。





f0300637_10523291.jpg

お待たせしました。ビーナスラインです。
霧の駅を通り越して、車山肩まで来ました。季節は確実に秋。





f0300637_10521394.jpg

富士見台の売店でおそばを食べました。思ってたよりもおいしかった。座席からの眺めもGOOD!

リラックスしすぎて、「ごちそうさまでした」とお代もせずに立ち去ろうとしてしまい赤面。いや~恥ずかった。(;´▽`A``




f0300637_10395860.jpg

霧の駅まで戻り、美ヶ原方面へ走り抜けます。
台風のつめ跡。何ケ所か片側通行でした。




f0300637_10502565.jpg

高原美術館の駐車場は曇っていて展望がイマイチでしたね。
以前あった1Fの食堂がなくなり、屋外のテラス席エリアが広がっていました。

おみやげはクーポンを使ってのレアチーズケーキと幸せの黄色いてるぼうのマグネット。

てるぼうをバイクのタンクにつけたかったんだが、磁力が非力で心もとない。磁力を回復させようとほかの磁石とくっつけておいたら、すべてのパワーを磁石に奪われ逆効果に。冷蔵庫にもくっつかなくなり、ストンと床に落ちるありさま(笑)



それではまた。paece!(・∀・)v



[PR]
by birder-rider87 | 2016-10-05 20:26 | ツーリング | Comments(0)

猛暑日のツーリングは高原へ




8月に入り日本列島は猛暑、猛暑、猛暑。
平地なんか いられんですよ。 (;´Д`)


というわけで比較的涼しいと思われる高原へ逃げてきました。今回は一度行ってみたかった開田高原方面へ。
目的地が遠方なので いつもより早い時間に出発。猛暑日予報であっても朝方はそこまで気温が上がらないので快適に走れますね。


首都圏からのアクセスだと開田高原は中央道をとばして伊那IC利用が一般的なんでしょうが、高速道路走行に飽きて小淵沢ICで降りてしまいました。


小淵沢からは R20甲州街道 → R152杖突街道 → R361権兵衛街道 → R19中山道 → R361木曽街道 (開田高原) という下道ルートです。







f0300637_10284534.jpg

高遠からR361をまっすぐ突き進むのですが、迷ってしまった場所が一か所ありました。
それはJR飯田線の踏切付近です。写真は迷ってルート確認をしているところ。






f0300637_10285895.jpg

ここが問題の場所。高遠から走って来てR153を通過して、天竜川にかかる橋を渡ると飯田線の踏切があり、それを渡ったところ。

---------------------------------------
手抜きで写真を撮ってませんが、この場所の手前の案内標識(青看板)には「R361」の記載が消え、直進路の行き先地名の記載がなく、右左折のいずれかを促すような表記。直進?それとも右、左どっちなの? 帰りに逆からたどってわかったのですが、答えはどのルートでもOKでした。しかし右左折するとR361に戻るのにどこかでまた曲がらなくてなりません。道なりで行けるルートは直進。写真をよく見るとR361の🍙標識もしっかり立ってますね。道幅が狭いようですがバイクなら問題ないでしょう。
---------------------------------------






f0300637_10291341.jpg


途中経過をだいぶ省略。国道重複区間のR19からR361木曽街道へ入ってしばらく走った地点にて。ツーリングのバイクが多いです。







f0300637_10292155.jpg


開田高原のエリアに入りましたが、予想に反して国道沿いはあまり観光地観光地してない場所でした。もっと賑わってるかと思ってた。
広い駐車場の蕎麦屋が一軒とアイスクリーム工房をうっかり通り過ぎてしまったら観光施設が見当たらず。。。
国道から それないといけなかったのかも。いや~下調べしてこなかったからな~。


バイクのツーリングなので 走って気持ち良ければすべて良し。観光は二の次ですよ。


ちなみにこの日の高原は涼しいというほどではなかったものの暑くもなく。。。下界は熱中症厳重注意の猛暑ですので。




f0300637_10293488.jpg

しばらく走ったところに お蕎麦屋さんがあったのでお昼にすることに。
あんまり おすすめできないかな? というわけで店名は伏せておきます (-。-)y-゜゜゜


バイクのツーリングなので 走って気持ち良ければすべて良し。グルメは二の次ですよ。





f0300637_10295125.jpg

f0300637_10300648.jpg


九蔵峠に来ました。小さな展望台があり、ここから御岳山がよく見えます。
2014年噴火の献花台が設けられていたので、お祈りをしました。






f0300637_10301611.jpg

九蔵峠から先のR361は道幅が狭くなったり、広くなったり。長峰峠を越えると岐阜県。







f0300637_10302885.jpg


高根湖にかかる橋を渡り、県39野麦街道へ。







f0300637_10304041.jpg


上の写真を撮った場所に廃トンネルがありました。







f0300637_10305347.jpg


野麦峠へ向かって駆け上がります。







f0300637_10322417.jpg

f0300637_10324637.jpg

公民館?の隣に木造校舎とおぼしき建築物が残っていました。






f0300637_10331327.jpg



野麦街道はほとんどの区間が狭くてペースが上がらず、峠まで少々時間がかかりました。
峠には広い駐車場と食事処、トイレ、資料館などがありました。





f0300637_10333013.jpg

f0300637_10334404.jpg

お助け小屋でアイスをいただきました。奥にテーブル席も用意されています。
壁には映画「あゝ野麦峠」のパネルが飾ってあります。






f0300637_10340178.jpg



峠を境に長野県に戻ります。道幅は岐阜側より若干広め。ここから帰りルート。







f0300637_10341546.jpg



県26奈川木祖線、R19中山道を経由して行きルートと同じR361権兵衛街道へ。
写真は長いトンネルの直前にある神谷ループ橋。なぜかループ橋を見かけると無性に撮影したくなります。

この先の長~い権兵衛トンネルはひんやりと涼しくて気持ちがいい。






f0300637_10343017.jpg


権兵衛トンネルを抜けてしばらくすると伊那の市街地が広がります。見渡す限りの直線区間はちょっぴり北海道気分に浸れます。





f0300637_10344278.jpg



上の写真を撮った場所の近くにあったパン屋さんでアイスコーヒーを買って、しばしの休憩。








f0300637_10350646.jpg

R152杖突街道のバス停兼農産物直売所にて。







f0300637_10352037.jpg

杖突峠の駐車場。ライダーの休憩スポットとしてわりかし有名なようです。






f0300637_10353364.jpg


訪問時は写真の展望台は閉鎖されていました。







f0300637_10354560.jpg

600キロ近い走行距離になりそうなので、温泉につかり疲れをいやしました。道の駅信州蔦木宿にある「つたの湯」。
体力復活したので帰りは高速つかわず ひたすら下道。さすがに尻が痛くなったけど、日が暮れるとだいぶ涼しくなりますね。真夏のツーリングは早朝出発、夜間帰宅に限る?!







[PR]
by birder-rider87 | 2016-08-08 20:00 | ツーリング | Comments(2)

キスゲ咲くビーナスライン



連休中に関東梅雨明けしたもよう。
と同時に猛暑復活。じっとしているだけでも汗が吹きだしてとまらんばい。
こりゃたまらんというわけで爽やかな高原へ避暑ツーへ出かけてきました。


3連休最終日とあってか行きの高速道路は順調。中央道小淵沢ICまでワープ。
富士見原茅野線→八ケ岳ズームライン→八ケ岳エコーラインでビーナスラインに向かいます。
昨年このあとのルートはR152大門街道を使ったのですが、今年は蓼科湖まわりの県192ルートにしました。一応この道もビーナスラインのようです。




f0300637_22210481.jpg


標高をあげると「女の神展望台」のパーキングがあったのでバイクを停めました。すると一気に車やバイクがいっぱいやってきて あっという間にすし詰め状態になってもうた。
車がどいた一瞬のすきをついて一発勝負の記念撮影。。。ちょっぴり必死だったり( ;一一)





f0300637_22311912.jpg
f0300637_22302079.jpg


撮影後、展望台から出て、いったん来た道を戻ります。
さっき通り越してしまった道路沿いの湧水ポイントにせっかくなので立ち寄ることに。
「女の神氷水」の標柱がたっています。
氷水というだけあり、かなりちべたくておいすぃ~。顔も洗って、ひんや~り。
次回はペットボトル持参しようと思いました。





そして白樺湖を走り抜けビーナスラインのメインステージである霧ヶ峰区間に突入です。
道路はそれほどでもなかったのですが、駐車場がどこも激混みでした。




f0300637_22123841.jpg



それでも富士見台の駐車場にはなんとか停められましたので、ニッコウキスゲが一面に咲く丘を登り散策しましょうか。






f0300637_22131711.jpg



ん~~どうなんでしょう?黄色いじゅうたんとまではいかず、例年より花が少ないのかな?
それでも広く群生しているので見応えはありました。





f0300637_22135168.jpg
f0300637_22140803.jpg


高原の夏を過ごすノビタキの姿も。





f0300637_22142849.jpg



向こうの丘では名物の連続ヘアピンをなぞって車両が行き交っています。


このあと車山肩でもニッコウキスゲを撮りたかったのですが、駐車場に停められませんでした。
バイクを停める隙間がなかったね。じつは車のスペースが目の前で空いたのですが、これだけ混雑していてバイク1台で占有するのが気が引けたので遠慮してしまいました。オレって いいひと(泣)





f0300637_22144252.jpg



車山肩はいったんあきらめ、あとで行けたら行こうかと。
3連休の威力爆発で霧の駅や農の駅ほか駐車場はどこもかしこも超満員御礼。
結局、高原美術館までノンストップで走ってきてしまった。
ここはキャパがデカイので助かりましたわ。

もちろんここもバイクがいっぱい。
ナンバーをみると関東圏よりも名古屋などの中京圏から来ている人が多かったのですが、この日は神戸ナンバーのバイクがやたら多かった。マスツーで来てんのかな?
昼過ぎなのにコレから神戸まで帰るのでしょうか?だとしたらちょっとオドロキだわ!
関西の人はパワフルだね!





f0300637_22145513.jpg



昼飯は味噌ラーメンです
下界より涼しいとはいえ、この暑い日にラーメンは正直あまり食べたくなかったんだが。。。
なのになぜラーメンかといえば、ほかの食事処は長蛇の列だったが、このラーメン屋のテナントには誰も並んでいなかったから。そりゃそうだろう(笑)
おかげで待たずに食えたからヨシとしよう。



駐車場にもどると、見知らぬライダーと気が合い、小一時間だべりんぐ。
彼は二十歳の若者でツーリングルートはグーグルマップのナビまかせなのだそうだ。

「ナビ使わないんですか?」と聞かれ、「ナビは使わないなあ。地図と経験だね」と答えたら、すごく不思議そうな顔をしていた。いまどきそんな人いるんだ!というより、よく地図だけでツーリングできますね!という感じだった。へ?

なるほろ。いま乗り始めた若者はまずナビありきなんだな。
目的地さえ設定すればナビが案内してくれる利便性を先に知ってしまったら、ただの地図なんて使いづらいんだろう。


しかし「ナビまかせだと道が覚えられない」とも言ってたので、それなら紙の地図買ってツーリングのとき使ってみれば?と話すと、リュックをがさごそして真新しいツーマップルを出してみせてくれた。昨日買ったんだとか。持ってんじゃねーかよ(笑)、買ったんなら使いましょう!

ナビは便利だけど電源落ちたらアウトだからね。紙の地図を活用できるようになっておいて損はないはず。両方を活用してツーリングを楽しんでほしい。
若い人がバイクに乗ってる姿を見るとおじさんはうれしく思う。
この先もながくバイクに乗り続けてね!




f0300637_22151209.jpg


SRくんと別れたあと、裏ビーナスまで足をのばしてみた。
美術館駐車場をでて ほどなく雰囲気の良い白樺の林間を通る道になったが、この区間は短かった。






f0300637_22155962.jpg
f0300637_22160939.jpg



裏ビーナスは幅が狭くうっそうとした道が長く続いたが、ふたたび標高が上がると景色が良くなった。






f0300637_22153260.jpg



すばらすぃ~~~~~\(◎o◎)/!
裏ビーナス、やるじゃん!!





f0300637_22162526.jpg


牛さんがいました。カンゲキ!







f0300637_22163988.jpg


裏ビーナス終点。自然保護センターと売店があります。








f0300637_22165401.jpg



道はダートになり続きますが、車両通行止め。この先は徒歩で進むのみ。
今回は割愛します<(_ _)>








f0300637_22170818.jpg




終点の駐車場からのながめ。








f0300637_22172416.jpg




R254まで下って帰路につく選択もありましたが、もう1回 車山肩に寄るために来た道をそのまま戻りました。
途中、霧の駅でソフトクリーム休憩。昼間の喧騒がうそのような静けさ。夕方5時まわってるからね。





f0300637_22173606.jpg


ついでにおみやげでもと店内をブラブラしてると、はちきれんばかりにパンパンに膨れたポテチの袋が並んでた。標高のなせる業ですなー(笑)
買っていて下界での状態をチェックしてもよかったんですが今回は気乗りせず。






f0300637_22204527.jpg


で、こちらを購入。
氷もちは見た目で綿菓子っぽい味を想像したんですが、ぜんぜん違った。
お湯と砂糖かけて、ふやかして食べるらしい。





f0300637_22174673.jpg


日が傾いてしまってましたが、せっかくなんで最後に車山肩へよって1枚撮りました。
天気も一期一会の出会いにも恵まれた楽しいツーリングでした。















[PR]
by birder-rider87 | 2015-07-23 01:57 | ツーリング | Comments(2)

日本にもうひとつの五稜郭


前回からのつづきです。

乙女の滝をあとにして もうしばらく狭い峠道を下ります。
麓まで降りると酷道299は道幅が広がり快走路の国道299へと戻りました。


そろそろ昼時でしたがメシは後回しにして、目的地へ足早に向かいます。




f0300637_17542708.jpg
f0300637_17545199.jpg
f0300637_17551190.jpg
f0300637_17553701.jpg


私の住んでる場所では桜は終わりましたが、ここではこれから見頃本番という感じです。
地元の人によればそれでも例年より早いんだとか。


今回の目的地、ここがどこかといいますと、なんと五稜郭です!
「五稜郭って函館でしょう?戊辰戦争の舞台となったあの超有名な場所」とお思いの方が多いかと。
ところが長野県の佐久にもうひとつの五稜郭があったのですよ。それがここ龍岡城五稜郭なのです。


そして五稜郭といえば またその独特な星形のお濠が魅力です。
地面レベルだと石垣の形状でなんとなく多角形のイメージは浮かぶのですが、やはり上からのぞかないことには星のカタチは確認することができません。




f0300637_17561140.jpg

五稜郭であいの館

昨夏の行き当たりばったりツーでたまたま訪れました。
その時こちらで裏山に展望台があり、そこから星が見られると教えていただいたのですが、当時は残念ながら訪問を断念。
桜の季節になったら再訪して、次こそ星を眺めようと目論んでおりましたん。
ようやくその時がきました。気合十分 v(^ω^)


早速、スタッフに行き方をたずねると。。。
「あまりおすすめしない」との予期せぬ返事。どうやら展望台までの道が険しいらしいのだ。
しかし私を見て「あんた頑丈そうだから いいか」と入口まで案内してくれました。

裏山は見たとこ たいして高くないので 内心おおげさだなあと。
しかし その道のりは。。。





f0300637_17563963.jpg


と、とんでもない!
あっと驚くタメゴロー ( ;∀;)/

『人が通った跡がある 』といった類のケモノ道。
しかもけっこう急峻な登りの連続で心臓破れるかと。
さらに足を滑らすと滑落の危険性大~!!!


にゃるほろ。こりは地元の人がすすめないわけだわ。
心細~。『勇気ある撤退』のテロップが頭をスクロールしましたが、星を拝みたい一心で息を整えながら登りつづけるのであった。




f0300637_17570498.jpg



登りきると未舗装の林道らしきところに出ました。

…って、ニャロメー!林道だとー!! (;・∀・)
こっちから登ってきたほうが はるかに楽なのでは? 勘弁してチョンマゲ。
まあ林道の入口がどこだか不明だし、今オフ車じゃないし、まいっか。。。




f0300637_17573310.jpg


展望台にようやく到着しました。時間にしたら登頂まで2~30分だったでしょうが長かった~。安堵 (*´з`)
で、どれどれ眺めは?




f0300637_17580285.jpg


おおぉ~~~~~! これが上から見た五稜郭かぁ!
濠の幅があまり広くないので少しわかりずらい気もしないではないが、ちゃんと星のカタチをしてる。
はじめて見る景観に感激どえす ヽ(^。^)ノ

ちなみに城址は小学校として活用されております。





f0300637_17582356.jpg


下山して、であいの館で ふるまわれたお茶をいただきました。
せんべいとタオルをおみやげとして購入。

龍岡城五稜郭では来週末に『さくら祭り』開催。満開の桜が期待できそうです。




f0300637_17584674.jpg



遅くなった昼飯を周辺のコンビニですませます。

新発売のフレーバーウォーター「ヨーグリーナ」がレジ前に大量に積まれておりました。

レモンジーナの販売開始翌日売り切れ騒動と同様にこちらも初期ロット完売だとか。
そんな販売戦略?に踊らされ「今逃したら当分飲めないかも」とついつい商品を手にw
そういやヨーグリーナってネーミングもレモンジーナに似てるわww

気になるお味はヤクルトを水で割ったような感じ。フレーバーほんのり。





f0300637_18073758.jpg
f0300637_18080451.jpg


戻りルートは県道下仁田臼田線で田口峠越えです。
雨川ダムのエメラルドな湖が美しい。




f0300637_15233051.jpg
f0300637_15234377.jpg



しばらく走行したのち途中で脇道にそれて、線ヶ滝へ寄り道です。
かなりの落差ですなぁ。筋の通った見ごたえある直瀑に満足。

らせん階段&はしごで滝壺のそばまで降りられそうでしたがコワイのでやめときました (*_*;




f0300637_18083843.jpg
f0300637_18090301.jpg



滝までの道、ここでも桜がたくさん咲いておりなかなか壮観でした。






f0300637_18093284.jpg


こちらは国道299上野村にて。こちらもナイス。


日頃の運動不足がたたり裏山登山がこたえました。
帰りは時々足がつりそうに(>_<) その都度緊急休憩。
ペースがあげられずのんびり帰途につきました。あいたた。。。




[PR]
by birder-rider87 | 2015-04-20 22:19 | ツーリング | Comments(2)

ビーナスラインへツーリング

6月になったばかりだというのに平地では軒並み気温30度越え。
暑さに弱いワタクシ、標高の高い地点へ避暑ツーリングへ出かけてきました。


今回は長野県の絶景道ビーナスラインを目指します。



中央道小淵沢ICを降り、県道484富士見原茅野線へ入ります。


f0300637_06442275.jpg
f0300637_21114756.jpg



道沿いには別荘や山荘が多いようですが、林の中に立ち入ったところにあるのか、走行中に建物はあまり目に入りません。






f0300637_21112181.jpg



八ヶ岳ズームラインからエコーラインへ抜けます。





f0300637_21105609.jpg


エコーラインに入ると景色が開け、開放感ある走りが楽しめます。






f0300637_21103790.jpg



雲ひとつない青空と新緑の山々。思わず「ヒャッホー!」と叫んでしまいました。




f0300637_21100544.jpg



R152大門街道で標高を上げると湖面が現れました。白樺湖です。
休憩がてら土産物屋を物色。ご当地てるぼうがないかと探したけどナシオ。
代わりに「ご当地ショボーン」なるものがありました。顔文字の(´・ω・`)のようなのをリンゴやザルソバにあしらった携帯ストラップ。
今回はもう一歩琴線に触れず購入見送りましたm(__)m





f0300637_21093057.jpg





そしてお待ちかねのビーナスラインへ突入!
なんかロードノイズがするなあと思ったら、メロディラインの区間だったっぽい。
あとで調べてみたら以前ダンロップタイヤのCMで使われた「スカボロフェアー」という曲が時速40キロ走行で聞こえるらしい。
まあ2輪車では聞こえなくただの雑音なんで関係のない話です。






f0300637_21091462.jpg




展望のきく駐車スペースからは先ほどの白樺湖のパノラマ。




f0300637_06532278.jpg





一度は走りたい憧れの絶景道ビーナスライン。ツーリングライダーがたくさん走ってます。




f0300637_21072285.jpg
f0300637_21082028.jpg


霧ヶ峰富士見台の駐車場。アルプスが一望。遠くに富士山も。
蓼科エリアに来ると普段目にしない名古屋圏ナンバーのバイクや車が多いですね。
これが清里・野辺山になると皆無なので名古屋圏の日帰りボーダーラインがこの辺りなんでしょうか。



f0300637_21080255.jpg




中央部に富士山が見えますか?ちょっと遠い感じかなー。





f0300637_21064363.jpg



車山肩の駐車スペース。チャプリンというレストランがあります。






f0300637_21060110.jpg




ここからはビーナスラインの見せ場ダブルヘアピンがよく見えます。ビーナスラインのなかでも特に印象深い地点ではないでしょうか。


いたるところが絶景で撮影スポットで走っては停まりの繰り返しで先に進まないので、ここから少し巻きます。







f0300637_21051975.jpg
f0300637_21042590.jpg
f0300637_21034886.jpg



八島ケ原湿原へ来ました。ちょっとバイクを降りて散策。
高原性の野鳥を期待したんですが、まだ草が生えておらず、ここではやや時期尚早だったかな。野草の花もまだな感じ。




f0300637_21031081.jpg



湿原散策を切り上げ、美ヶ原高原へバイクをはしらせます。

終点が近づくにつれ、コーナーの曲率がきつくなり路面のヒビが多くなります。
ヒビがゴムっぽい修復材で埋められてるんですが、バンク中にその上にのっかって不用意にスロットルを開けるとリヤタイヤが滑ることがあるので軽く要注意です。





f0300637_21023906.jpg




細かいクネクネを登りきると何やら公園の遊具のようなものがたくさん…







f0300637_21000193.jpg



美ヶ原高原美術館。一応道の駅です。1Fはおみやげ。2Fはレストラン。
美術館は屋外展示がメインなんかな。箱根の彫刻の森みたいなのかな。入館はしませんでした。





f0300637_21020867.jpg
f0300637_20591284.jpg


お土産を物色したあと自分のバイクが停めてある場所へ戻ると…


スズキはスズキを呼ぶ(笑)
お隣になんと旧車であり珍車でもあるGT750(1971年式)
ウォーターバッファロー(水牛)の異名を持つ水冷2スト3気筒738cc 最高出力67ps 最大トルク7.7kg 車重235kg


オーナーの方に簡単にお話をうかがうと、30年前に購入してコツコツとレストアを施し、ここ2~3年で乗れるようになったそうです。
ものすごく気の長い話だなあ。
初期型にこだわりがあるようで、フロントドラムブレーキは初期型の象徴だそうです。





f0300637_20562353.jpg
f0300637_20572417.jpg


美ヶ原高原から来た道を下ります。
途中で遅めの昼食。


和田峠 農の駅   ワサビ菜ざるそば 850円  きのこ汁 250円



ワサビ菜はつけ汁に漬けるとマイルドに。きのこ汁のきのこは都内のスーパーでは見かけないきのこばかり。なめこ系多し。





f0300637_20545363.jpg




行きで通過した霧ケ峰高原ドライブイン霧の駅で小休止。ソフトクリームあります。





f0300637_20540689.jpg



あちこちで撮影してたら(;'∀')思ったより時間をくってしまった。
ビーナスラインをあとにして、次に向かうはR299メルヘン街道。
キャブ車だとフケが悪くなる麦草峠付近でもインジェクション車のVストはスロットルのつきが安定していて少し感動。


お約束のメルヘン街道最高地点。標高2127m。標識とささやかな駐車スペースのみ。
志賀草津有料道路が無料開放によって一般国道になる前まではここが国道最高地点だったんじゃないかな。
現在は第2位であるが、景観も含めると志賀草津道路に大きく水を開けられたか。




f0300637_20521699.jpg
f0300637_20513892.jpg



麦草峠のそばに白駒の池駐車場(バイク100円)があり、バイクを停めて苔の道を散策。
今年の大雪を物語るのか未だ遊歩道にも雪塊が残り、上を通るときにヒンヤリ。





f0300637_20510384.jpg



徒歩10数分で白駒の池が出現。静かなたたずまい。
亜高山の野鳥を期待したものの、訪問時間が夕方遅めがいけなかったのかわからないが野鳥の声なし。





f0300637_20530606.jpg


駐車場に戻り、バイクを出そうとしたらフロントタイヤの先に高山植物?
隣り合ってるのになぜか白と紫の2色。





f0300637_20500590.jpg



ひさしぶりに400キロ越えの走行となりそうなので温泉につかり体力回復をはかります。

「灯明の湯」へ来ました。
ここはツーリングマップルにも出てるんですがR141からの入口がわかりずらい。その上、道が細い。

一応案内看板は出てるが地面低い場所に小さいんで見落としがち。
小海線の鉄橋がある水田地帯がランドマークか。


内湯はいい感じのあたたかいお湯。露天は源泉かけ流しだけどプールなみの水温。
当日は暑かったから入れたけど。でも温泉冷泉を繰り返したら疲れがとれた。





f0300637_20495179.jpg



帰りは高速を使わずに「ぶどう峠」越えで群馬県上野村経由してR299で秩父も抜けてくから夕飯を食べるスポットがしばらくない。
なので湯上り後こちらで済ますことに。

昼にそばだったけど、またそば。経費削減のためなのは内緒。

辛味大根おろし冷そば

写真は撮ってないんですが、おろしのだいこんが紫色なんですよ。薬味として絶妙な辛味!
番頭さんに尋ねると、元のだいこんを分けてくださることに(^o^)/


番頭さんによると、細かくおろさないと充分な辛味が出ないとのこと。
それと大根おろしは通常おろしてから6分でもっとも辛味が出るが、この大根は2分で辛くなるというアドバイスもいただきました。


※ぶどう峠の「ぶどう」はワタクシ巨峰などの「葡萄」と思ってたが、実は「武道」らしい。。。

今回のV-strom650ABSの実燃費は30.4キロでした。燃費計表示は28.4キロ。
実燃費で初めての30キロ越え。
渋滞が皆無だったこと、信号が極めて少ないルートだったことが好結果につながったんだろうね。



最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければこちらもどうぞ。











[PR]
by birder-rider87 | 2014-06-03 07:03 | ツーリング | Comments(0)