ピースサイン~どこかの道で

ビーナスラインへツーリング

6月になったばかりだというのに平地では軒並み気温30度越え。
暑さに弱いワタクシ、標高の高い地点へ避暑ツーリングへ出かけてきました。


今回は長野県の絶景道ビーナスラインを目指します。



中央道小淵沢ICを降り、県道484富士見原茅野線へ入ります。


f0300637_06442275.jpg
f0300637_21114756.jpg



道沿いには別荘や山荘が多いようですが、林の中に立ち入ったところにあるのか、走行中に建物はあまり目に入りません。






f0300637_21112181.jpg



八ヶ岳ズームラインからエコーラインへ抜けます。





f0300637_21105609.jpg


エコーラインに入ると景色が開け、開放感ある走りが楽しめます。






f0300637_21103790.jpg



雲ひとつない青空と新緑の山々。思わず「ヒャッホー!」と叫んでしまいました。




f0300637_21100544.jpg



R152大門街道で標高を上げると湖面が現れました。白樺湖です。
休憩がてら土産物屋を物色。ご当地てるぼうがないかと探したけどナシオ。
代わりに「ご当地ショボーン」なるものがありました。顔文字の(´・ω・`)のようなのをリンゴやザルソバにあしらった携帯ストラップ。
今回はもう一歩琴線に触れず購入見送りましたm(__)m





f0300637_21093057.jpg





そしてお待ちかねのビーナスラインへ突入!
なんかロードノイズがするなあと思ったら、メロディラインの区間だったっぽい。
あとで調べてみたら以前ダンロップタイヤのCMで使われた「スカボロフェアー」という曲が時速40キロ走行で聞こえるらしい。
まあ2輪車では聞こえなくただの雑音なんで関係のない話です。






f0300637_21091462.jpg




展望のきく駐車スペースからは先ほどの白樺湖のパノラマ。




f0300637_06532278.jpg





一度は走りたい憧れの絶景道ビーナスライン。ツーリングライダーがたくさん走ってます。




f0300637_21072285.jpg
f0300637_21082028.jpg


霧ヶ峰富士見台の駐車場。アルプスが一望。遠くに富士山も。
蓼科エリアに来ると普段目にしない名古屋圏ナンバーのバイクや車が多いですね。
これが清里・野辺山になると皆無なので名古屋圏の日帰りボーダーラインがこの辺りなんでしょうか。



f0300637_21080255.jpg




中央部に富士山が見えますか?ちょっと遠い感じかなー。





f0300637_21064363.jpg



車山肩の駐車スペース。チャプリンというレストランがあります。






f0300637_21060110.jpg




ここからはビーナスラインの見せ場ダブルヘアピンがよく見えます。ビーナスラインのなかでも特に印象深い地点ではないでしょうか。


いたるところが絶景で撮影スポットで走っては停まりの繰り返しで先に進まないので、ここから少し巻きます。







f0300637_21051975.jpg
f0300637_21042590.jpg
f0300637_21034886.jpg



八島ケ原湿原へ来ました。ちょっとバイクを降りて散策。
高原性の野鳥を期待したんですが、まだ草が生えておらず、ここではやや時期尚早だったかな。野草の花もまだな感じ。




f0300637_21031081.jpg



湿原散策を切り上げ、美ヶ原高原へバイクをはしらせます。

終点が近づくにつれ、コーナーの曲率がきつくなり路面のヒビが多くなります。
ヒビがゴムっぽい修復材で埋められてるんですが、バンク中にその上にのっかって不用意にスロットルを開けるとリヤタイヤが滑ることがあるので軽く要注意です。





f0300637_21023906.jpg




細かいクネクネを登りきると何やら公園の遊具のようなものがたくさん…







f0300637_21000193.jpg



美ヶ原高原美術館。一応道の駅です。1Fはおみやげ。2Fはレストラン。
美術館は屋外展示がメインなんかな。箱根の彫刻の森みたいなのかな。入館はしませんでした。





f0300637_21020867.jpg
f0300637_20591284.jpg


お土産を物色したあと自分のバイクが停めてある場所へ戻ると…


スズキはスズキを呼ぶ(笑)
お隣になんと旧車であり珍車でもあるGT750(1971年式)
ウォーターバッファロー(水牛)の異名を持つ水冷2スト3気筒738cc 最高出力67ps 最大トルク7.7kg 車重235kg


オーナーの方に簡単にお話をうかがうと、30年前に購入してコツコツとレストアを施し、ここ2~3年で乗れるようになったそうです。
ものすごく気の長い話だなあ。
初期型にこだわりがあるようで、フロントドラムブレーキは初期型の象徴だそうです。





f0300637_20562353.jpg
f0300637_20572417.jpg


美ヶ原高原から来た道を下ります。
途中で遅めの昼食。


和田峠 農の駅   ワサビ菜ざるそば 850円  きのこ汁 250円



ワサビ菜はつけ汁に漬けるとマイルドに。きのこ汁のきのこは都内のスーパーでは見かけないきのこばかり。なめこ系多し。





f0300637_20545363.jpg




行きで通過した霧ケ峰高原ドライブイン霧の駅で小休止。ソフトクリームあります。





f0300637_20540689.jpg



あちこちで撮影してたら(;'∀')思ったより時間をくってしまった。
ビーナスラインをあとにして、次に向かうはR299メルヘン街道。
キャブ車だとフケが悪くなる麦草峠付近でもインジェクション車のVストはスロットルのつきが安定していて少し感動。


お約束のメルヘン街道最高地点。標高2127m。標識とささやかな駐車スペースのみ。
志賀草津有料道路が無料開放によって一般国道になる前まではここが国道最高地点だったんじゃないかな。
現在は第2位であるが、景観も含めると志賀草津道路に大きく水を開けられたか。




f0300637_20521699.jpg
f0300637_20513892.jpg



麦草峠のそばに白駒の池駐車場(バイク100円)があり、バイクを停めて苔の道を散策。
今年の大雪を物語るのか未だ遊歩道にも雪塊が残り、上を通るときにヒンヤリ。





f0300637_20510384.jpg



徒歩10数分で白駒の池が出現。静かなたたずまい。
亜高山の野鳥を期待したものの、訪問時間が夕方遅めがいけなかったのかわからないが野鳥の声なし。





f0300637_20530606.jpg


駐車場に戻り、バイクを出そうとしたらフロントタイヤの先に高山植物?
隣り合ってるのになぜか白と紫の2色。





f0300637_20500590.jpg



ひさしぶりに400キロ越えの走行となりそうなので温泉につかり体力回復をはかります。

「灯明の湯」へ来ました。
ここはツーリングマップルにも出てるんですがR141からの入口がわかりずらい。その上、道が細い。

一応案内看板は出てるが地面低い場所に小さいんで見落としがち。
小海線の鉄橋がある水田地帯がランドマークか。


内湯はいい感じのあたたかいお湯。露天は源泉かけ流しだけどプールなみの水温。
当日は暑かったから入れたけど。でも温泉冷泉を繰り返したら疲れがとれた。





f0300637_20495179.jpg



帰りは高速を使わずに「ぶどう峠」越えで群馬県上野村経由してR299で秩父も抜けてくから夕飯を食べるスポットがしばらくない。
なので湯上り後こちらで済ますことに。

昼にそばだったけど、またそば。経費削減のためなのは内緒。

辛味大根おろし冷そば

写真は撮ってないんですが、おろしのだいこんが紫色なんですよ。薬味として絶妙な辛味!
番頭さんに尋ねると、元のだいこんを分けてくださることに(^o^)/


番頭さんによると、細かくおろさないと充分な辛味が出ないとのこと。
それと大根おろしは通常おろしてから6分でもっとも辛味が出るが、この大根は2分で辛くなるというアドバイスもいただきました。


※ぶどう峠の「ぶどう」はワタクシ巨峰などの「葡萄」と思ってたが、実は「武道」らしい。。。

今回のV-strom650ABSの実燃費は30.4キロでした。燃費計表示は28.4キロ。
実燃費で初めての30キロ越え。
渋滞が皆無だったこと、信号が極めて少ないルートだったことが好結果につながったんだろうね。



最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければこちらもどうぞ。











[PR]
by birder-rider87 | 2014-06-03 07:03 | ツーリング | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。