ピースサイン~どこかの道で

秋の毛無峠2014

前回のつづきです。

志賀草津道路は渋峠の先もまだまだ続いてますが、今回はここで折り返し毛無峠を目指します。
毛無峠へは万座温泉方面へ進み上信スカイライン経由でアクセス。






f0300637_20180021.jpg



上信スカイラインの木々もきれいに色づいてます。
高所なので他の場所よりも季節の移ろいが早いですねぇ。
道幅は広くありませんが穴場的ルートのせいか交通量は少なく気持ちよく走れました。




毛無峠への分岐は万座側からだと案内標識がありません。
しかも鋭角的な左折路となっており、気づかずに直進してしまわぬよう気をつけましょう。
もちろん吾輩はまっすぐ行ってしまい、だいぶ走ってから気づきました (*_*;
まあ迷うのもツーリングのうちだからさ。




f0300637_20161878.jpg




ほどなく毛無峠▲1823に着きました。
毛無の名のとおり高い木は生えておりませぬ。
吹きすさぶ風の音だけが耳に残る、荒々しい場所ですわ。







f0300637_20163288.jpg




かつての小串硫黄炭鉱の索道(リフト)の支柱が遺構として残っており、その寂れ具合がこの地の廃な寂寥感を増幅させております。
この景観はとても印象的で一度見たら忘れません。それほどまでに深く心に刻まれるのはナゼなんだろう?






f0300637_20164909.jpg




舗装は峠で途切れ、県境で通行止めとなり鎖が張ってありますが、ダートの道はもう少し先まで続いてます。








f0300637_20170373.jpg





九十九折れの道が延びてます。見えますか?






f0300637_20172200.jpg



見づらい写真で恐縮ですが、草の生えていないあの辺りがかつての小串炭鉱跡のようです。

昭和12年(1937)に245名以上の犠牲者を出す大規模な地滑り災害が発生。
当時小串炭鉱は もはやこれまでと報じられたが懸命の努力でこれを乗り越えた。
昭和4年(1929)操業から昭和46年(1971)の閉山で42年間の歴史に幕を下ろしたが、慰霊の施設は現在も管理維持されております。






f0300637_20173451.jpg



霧が濃くなり真っ白になってしまいおった。
気温も下がったようで体がぶるぶると震える。おそらく5℃程度しかなかったのではないか。下界の都市部では冬の温度だ。









f0300637_20155768.jpg



視界が確保されているうちに来た道を戻ろう (・_・;)
森林地帯に入ると美しい紅葉というか黄葉。
霧がかった曇りの天候でこれほどなんだから、晴天ならどれほどなんだろう!







f0300637_20154435.jpg
f0300637_20152807.jpg
f0300637_20134814.jpg



この時期初来訪であったが上信スカイラインは穴場の紅葉ロード!? 秋を先取り。





f0300637_20140915.jpg



下界に降りれば20℃以上はあるが、冷え切った体をリセットするために温泉へゴー。
そもそも草津に来たんだから温泉には入っておかないと というのもある。
温泉街はバイクを停める場所に気を使いそうだったので、志賀草津道路をおりてきたまんまの国道沿いにあったこちらへお邪魔。

草津温泉館 営業10:30~19:00(入館~18:00) 入浴料 大人800円
ここはツーリングで寄りやすい立地で駐車場も広いですが、温泉街という観光イメージからかけ離れて、建物の外観にまったく風情がないからか利用者は少なめ。

しかし お湯はまぎれもなく草津のお湯であちぃ~し、濃いぃ~よ!
都市部の日帰り温泉のノリで長時間入浴したら 湯あたりで💫クラクラしそうだ。

露天は木造の階段通路を下っていく。
湯舟は小振りながら雰囲気もわるくなく、小部屋風に仕切られた空間もあり湯ったりリラックス気分にひたれた。

入浴後には寝そべって休憩するスペースもちゃんとあった。

雰囲気は二の次で、とにかく空いてるとこがいいという人にはお勧めの穴場だろうか。





f0300637_20130618.jpg


今回も帰りは下道で帰ろうかと思ったが、照明灯も反射板もない白糸ハイランドウェイや軽井沢から下仁田に抜ける狭めの峠道でペースが上がらず断念。
下仁田から高速乗ってバビューンしますた。


普段は高速をあまり使わないし混んでるSAも寄らないので世間知らずでしたが、関越道の高坂SAでこんな自販機が!
闇夜に浮かぶウルトラマン。なぜウルトラマンかはこの際どうでもいいでしょう。
おっ!なにコレ!と利用客の気をひければいいんです。




f0300637_20124822.jpg



どんな音すんだか?試しに購入してみますた。
なるほどウルトラマンに関係した音でした。
「ライドュァー キーーック!」と言ってほしい気もしましたが間違っても そんなこと言いまへん (≧▽≦)

もしかしたら音は何種類かあるかもしれないので気になる方はご自身で確かめてください。シュワッ~チ!
※うそうそ(^ω^)吾輩のときは違う音だったよ













[PR]
by birder-rider87 | 2014-10-07 07:00 | ツーリング