ピースサイン~どこかの道で

SW東北ツー(6)…タイマグラキャンプ場・滝観洞



今回の東北ツーリングではSW通してだいたい日中24℃ほど、夜間は12℃ほどでした。
ツー出発前の準備段階では夜は寒い思いをするかなと思ってたが、フリース1枚着込む程度でしのげてしもた。
おかげで一度も焚き火をしないですんだ。というかチェックインが遅いこともあり薪を買えない状況だったのでホント助かったヨ。





f0300637_21131927.jpg


早朝のタイマグラキャンプ場。
この日は9時に管理人さんが来るまで待ってるので6時半の起床。
昨夜はわからんかったが、このキャンプ場もとても素晴らしいロケーションだ!




f0300637_21134194.jpg



私が設営した広場より一段下った渓流沿いのサイトの方が人気で、皆そちらにテントを張っていた。






f0300637_21141077.jpg



管理棟とトイレ。トイレは洋式ボットンであるがキチャなくはない。
管理人さんが15分早く来てくれたので1泊料金の500円を支払い、チェックアウトしました。






f0300637_21191651.jpg



昨夜は心細かった県25も日が昇れば爽やかな森林ロード。
R340で遠野方面へビューン走る。写真は遠野の市街地にさしかかったあたりかな。
たんぼの色が鮮やかだ!




遠野は素通りして大船渡まで一気に行く予定であった。
しかし途中の無料高速道路っぽい仙人峠道路の入り口で「滝観洞(ろうかんどう)」の看板を見つけてしまう。
ここはツーの計画段階で行きたいスポットだったが、当初はリアス式海岸を走るつもりでいたので却下となっていたのね。


でも昨日龍泉洞行ってるから、もう鍾乳洞はいいかなとそのままR340を進むことにすた。
しばらく行くとまた「滝観洞」の案内看板が出てきたので、やっぱ行っちゃうことにすた!
洞内滝日本一という売り文句にヤラレタ。県167でアクセス。






f0300637_21142852.jpg


滝観洞の入場券売場。大人1050円と意外にも龍泉洞よりも高かった。強気?
券をスタッフに手渡すとヘルメットを手渡される。へ?
ナニ?メットが必要な場所なんか?

随所にかがまないと通れない場所があり、頭を必ずぶつけるんだと。
完全になめてますた。メットは西湖のコウモリ穴以来。

さらに雨具まですすめてきよった。ライジャケは多少濡れても問題ないのでメットだけ借りますた。






f0300637_21144590.jpg



それではレッツラゴー♪
ちなみに写ってる人はスタッフではなくお客。不思議とみんなスタッフに見えてしまう(笑)






f0300637_21150317.jpg


のっけから低いんだけど。。。
いきなり空気イス歩き。。。





f0300637_21152058.jpg


龍泉洞と違いハードな予感。





f0300637_21153736.jpg


距離もわりとあるじゃないか。





f0300637_21155452.jpg


乳房というよりタ○キン。






f0300637_21161483.jpg
f0300637_21163253.jpg
f0300637_21164742.jpg
f0300637_21170362.jpg



これはもう探検だ!
おもしれー。







f0300637_21172546.jpg


目的の滝がコレだったら怒るよ(笑)




何ヶ所か低い場所があって、すでにガンガン頭ぶつけてんだけど、滝目前のポイントが特にキツイわ~~。






f0300637_21174332.jpg


最後の難関を越えると感動の光景!

「天の岩戸の滝」

いやはやこれはスゲーぞ!!
いままで見た滝のなかでナンバーワン(祝)!

轟音をとどろかせ落差29メートルのド迫力。洞窟の奥底で繰り広げられる自然の営み、神秘。
手持ちのレンズではその全容が収まりきらなかった。あ、縦でもね。
この写真に写ってるのは滝の下半分未満だす。




f0300637_21175844.jpg



非日常感に浸りきったあとは来た道を戻り、県180で近道をしてR107で盛へ。そこからはR45。
写真は大船渡市を通るR45。






f0300637_21182656.jpg


大船渡屋台村でお昼にしよう。
屋台村だから居酒屋が多いため、半数以上の店が閉まってる。




f0300637_21183703.jpg


「ささき」というお寿司屋さんは開いていた。だけど満席だわ。評判なんかな?
少し時間をおいてから再度行くと座れた。ランチの海鮮丼1500円。ネタ新鮮でした。




つぎは陸前高田に向かいます。


つづく






[PR]
by birder-rider87 | 2015-09-30 07:00 | ツーリング