ピースサイン~どこかの道で

高峰高原



関東地方も例年通り梅雨入りしましたが、予報では一日を通して安定した晴れ予報の日曜。
少し足を延ばして長野県小諸市の高峰高原(※61上田J6)へ行ってきました。※2017ツーリングマップル関東甲信越




f0300637_16250270.jpg


f0300637_16251469.jpg




関越道を碓氷軽井沢で降り、ツーリングマップルに出ている抜け道(※54軽井沢B3)を駆使してR18碓氷バイパスへと抜けます。R18を少し走り、次は県80浅間サンラインへ入りました。佐久平を見渡す爽快な道をしばらく流すとトンネルが現れ、手前に「高峰高原→」の小さな標識が指す側道にそれます。山を駆け上がる道はいつしかチェリーパークラインへと変わりました。かつての有料道路も無料化されて久しい感じです。木々に覆われたワインディングで上りはあまり景観は開けませんが、走って楽しい道ですね。右に左にいそがしいっす。paece!(・∀・)v

写真はほぼ上りきった辺りの駐車帯にて撮影。この日の軽井沢は16℃と肌寒いくらいでしたが、陽射しが強くなってきたおかげで▲2000の高峰高原のほうが快適でした。温度は意外や意外の12℃でしたが体感的には22℃くらい? 標高が高いと空気が澄んでててうまいですね。




f0300637_16253087.jpg



チェリーパークラインの終点は車坂峠で高峰高原ホテルとビジターセンターがあります。ビジターセンターの駐車場は砂利でした。停めてある車の数は多いのですがほぼ登山客なのか人影はまばらでまったりしてます。







f0300637_16255072.jpg


f0300637_16260378.jpg


f0300637_16262054.jpg




しばしのんびりした後、ビジターセンター裏から延びる湯の丸高峰林道へ入ります。4キロのダート区間が残っています。1.5~2車線と幅広く路面はフラットで走りやすく眺めも良好!とっても気持ちがいい道でした。バイクが汚れるのも厭わずNC殿も付き合ってくれました。
道中に ランプの宿 高峰温泉 があり、「雲上の露天風呂」の看板が気になりましたが、日帰り利用は内湯だけみたいです。※写真の建物ではありませんm(__)m







f0300637_16264029.jpg


f0300637_16265253.jpg




もっとダートが続くといいなと思い走っていましたが、道は舗装に切り替わりました。湯の丸高原 池の平湿原 へ出ました。

レンジャーにコマクサが咲いている場所を教えていただきましたが、片道30分かかるとのことで時間の都合もあり今回は諦めました。ちなみに咲き始めで見頃はこれからだとのこと。運が良ければカモシカも見られるそうですので、いつか再訪したいですね。


舗装区間の林道は県道94東御嬬恋線の地蔵峠につながって終点となります。レストハウスで遅い昼食を済ませて帰路につきました。



道路情報:R254 内山峠は現在通行止めです。






[PR]
by birder-rider87 | 2017-06-12 20:50 | 林道ツーリング | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。