ピースサイン~どこかの道で

<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ダメ押し (+o+)



道の駅みなの。ライン下りで有名な長瀞にほど近い。
2012年10月のオープンと比較的新しい駅ではあるが建物には少々の疲労感がただよっていた。
どうやら以前からあった農産物直売所が道の駅になったようですね。

直売所だけに野菜は新鮮で安いのがうれしいし、食事処もちゃんとある。
利用者も多くてにぎわいを見せているが、他にコレといった特徴はないんだよなあ。
まわりの景観がとぼしくて、旅情を求めるツーリングライダー目線だと道の駅としての魅力にはやや欠けますね。


そんな あと一歩の道の駅で筆者の目を引いた光景をご覧ください。





f0300637_20320197.jpg
f0300637_20321700.jpg


スタンプあるある光景。試し押しでペタペタ。


f0300637_20323262.jpg


ありゃりゃ! ところ構わずペタペタ。


f0300637_20324528.jpg


やっぱりこんな注意書きが。だよね~。

って、よく見るとペッタンのあと。

えっ!ココも!?
(# ゚皿゚;) キーッ!!
※感情を逆なでされたであろう道の駅スタッフの気持ちを代弁


いつだって人生思い通りに事は運びませんなぁ (-。-)y-゜゜゜

スタンプが置いてあれば、とりあえず押してみたくなるのが人情つうもんだよね 。

対策として、いっそ「台や壁などに押しまくってください。お願いします。」と開き直るとか。
部屋中スタンプだらけになり、やがて話題となり、TVで取り上げられる。
「わたしも押してみたい」という観光客が殺到… なんてね。あるわけない (-ω-)






[PR]
by birder-rider87 | 2014-11-20 07:30 | ツーリングのひとコマ

城峯公園の冬桜と鬼石ラーメン

今週も秋が深まり朝晩のライディングでは鼻水がツツーと垂れてくるほど冷え込みようになりました。
もう冬ジャケ&オーバーパンでの出撃となります。
日中は穏やかな陽気で下は脱いじゃいますけど、履いてかないと帰りの峠道が相当ツライのさ。
季節の変わり目は寒さに免疫がないので体に堪えますね~。



そんなふうに どんどん冷え込みがきびしくなるというのに見頃をむかえている花があるそうだ。
しかもそれは日本人がもっとも愛する桜だという。なんとも季節はずれな。
晩秋に咲く桜を愛でるちょっと珍しい花見へと出かけてきました。






f0300637_19404045.jpg





冬桜の咲く城峯公園(じょうみねこうえん)は群馬県との県境にある埼玉県神川町にあります。※ツーリングマップル関東甲信越 47B1


埼玉県道44 秩父児玉線でひとまず神流湖(かんなこ)方面をめざします。
道中の荒川にかかる青い橋。







f0300637_19411037.jpg





道の駅あしがくぼから秩父市街はいつにも増して渋滞でしたが、このあたりまでくると交通量は少なくなります。
順調に神流湖までスイ~とやってきました。






f0300637_19414370.jpg






下久保ダムそばの駐車場から。秋晴れです。








f0300637_19420394.jpg
f0300637_19421417.jpg





下久保ダムの堤体。







f0300637_19423426.jpg
f0300637_19425282.jpg




ダムの上をバイクや自動車で走り、湖の対岸へ渡れます。
たま~にこのタイプのダムに出くわすんですが、吾輩は好きですね! なんか妙にワクワクしませんか?







f0300637_19433623.jpg
f0300637_19434998.jpg




公園へむかう道を登り、高台から今来たダム道を振り返ってみる。
カクッと曲がってる部分が特徴的です。








f0300637_19431333.jpg





トレーラーは物理的にムリだろうな。カクッの所が曲がれないよ(;´∀`)






f0300637_21383932.jpg




大型バスは道幅一杯ピンポイントテクを駆使して曲がってた。バスの運ちゃんはすげーな。







f0300637_19442990.jpg







道を登り切ったところに公園がありました。








f0300637_19445285.jpg





駐車場は無料ですが入園の際に協力金をお願いされます。高校生以上1人200円 小中学生1人100円だそうです。
缶バッジがおまけでもらえます。



それでは園内へ。






f0300637_19450921.jpg




あっ!さっそく咲いてますね (^o^)丿
紅葉狩りの季節に桜はやっぱり不思議な感じがします。








f0300637_19454022.jpg
f0300637_19482768.jpg
f0300637_19493148.jpg




もちろん園内のモミジなどの木々は色づいておりまする。







f0300637_19455937.jpg



ということは…
紅葉と桜の摩訶不思議なコラボレーションが実現するわけで。


桜は春に咲くもの。長い冬を耐えたのち、開花が暖かい春の到来を告げる。
年度初め、新生活スタートの季節とも相まって 満開の桜は期待に満ちあふれる門出を祝う。


冬桜はソメイヨシノなどの春の桜とは あきらかに違う趣き。
次の春が来るまで長くきびしい冬を乗りきらねばならぬ。すごしやすい季節を名残惜しむかのような桜なのだろうか。






f0300637_22283636.jpg
f0300637_19503847.jpg
f0300637_19515797.jpg



冬桜は満開にはならないという。






f0300637_19583429.jpg






f0300637_19512263.jpg
f0300637_19514706.jpg
f0300637_19511285.jpg
f0300637_19521464.jpg




満開になってパーッと散る春の桜と異なり、少しづつ開花していくようだ。
そのため見頃は12月上旬までわりと長い期間つづくのだとか。







このあと、近隣にある冬桜の名所「桜山公園」にも行く予定であったが時間の都合でまたの機会にすることに。










f0300637_19531363.jpg




今回のもうひとつのお楽しみのため 道の駅上州おにし へ移動しました。
名物の旧譲原小学校の校舎。
平屋建ての校舎にはまったくなじみがないのに なぜか懐かしいw







f0300637_19534031.jpg
f0300637_19532998.jpg




校舎のとなりにある怪しげな建物の鉄扉を開けると そこには石器時代の住居遺跡。残念長良川演歌、ここでの焚き火厳禁よ (*´з`)








f0300637_19534930.jpg



惜しむらくは この建物。
竪穴式住居っぽく造ってくれれば もっと入ってみたい気になっただろうに…

この建物は入ったら最後で閉じ込められそうな雰囲気がただよってるよ (・_・;)




おっと! お楽しみはコレじゃない。








f0300637_19541128.jpg



お楽しみはコチラ。
またまたラーメン。だって好きなんだもん。
吾輩は3食麺類はもちろん、3食ラーメンでも へっちゃら。3食カレーもいける。
ただし2食うどん、2食焼きそば、2食スパゲティーはどういうわけか受け付けないのだ。理由はワカラナイ。
そばは2食までOK… ってどうでもいいね、そんなこたあ。







f0300637_19543075.jpg




注文すると まずトッピングの奥多野産からみ大根が出てきます。
すりすりしてラーメンの登場を待ちます。

ちなみに奥多産ではなく奥多産。
群馬県でナゼ(・・? 奥多摩?と思いきや。。
それなら奥多野ってドコ?という疑問は残りますね (;´∀`)









f0300637_19552983.jpg



鬼石ぎょうざ(三百五十円)が先に登場。
皮から手作りの道の駅らしからぬ?本格派。もちろん おいぴー。






f0300637_19554124.jpg



ほどなく鬼石ラーメン(八百円)お待ちどうさま。(^o^)丿
※あとから気づいたがラーメンは五百六十円ですね。違いは大根あるなし?(謎)






f0300637_19555571.jpg



大根おろしをのっけて いただきマンモス!(昭和アイドル用語)


鬼石ラーメン。はじめて食したときには 淡いスープ、柔らかい麺が現代感覚とはマッチしてないなーと感じた。
※ラーメンとは関係ないが マッチで~す!という昭和アイドル用語もかつてあった。


しかし何回か訪れ、食すうちにこの古き良きやさしき味わいに魅了されることに。
1年に1回は食べないと落ち着かなくなった。


独特の平打ち麺が吾輩には「ふやけたカップヌードル」のように思えてナイスなんす (*´ω`*)
ところでカップヌードルの麺って変わりましたよね?
以前のは平たかったような。。最近のは丸細麺だよねぇ?。。
個人的にはスナックっぽい昔のままがいいんだが。。




ちなみに からみ大根はさほど辛くなく、ラーメンにトッピングしても大きく味を変えるような感じではなく…
元々のラーメンの味をそこなわないので個人的には◎。









f0300637_19560819.jpg
f0300637_19561728.jpg




館内には メッサーシュミット KR200が展示されていました。












[PR]
by birder-rider87 | 2014-11-17 00:21 | ツーリング

甲州街道の銀杏並木と八王子ラーメン

11月の暦が何枚かめくられた今日この頃、紅葉も徐々に標高を下げてきましたね。
今回は天気下り坂のどん曇り肌寒むで、雨こそ降らないまでも なんとなくバイクで出かける気分になら漬け電車でGOでした m(__)m





f0300637_17075911.jpg
f0300637_17110706.jpg




ピーカン(昭和用語)ならバイクでGOしたいコノ時期限定の絶景ロード「甲州街道」!
国鉄(昭和用語) 西八王子駅~高尾駅付近のの4.2キロにわたって続く銀杏ロードなのだ。

甲州街道は他の区間でも長い銀杏並木があるのだが、この高尾区間が一番の見どころではないかと。







f0300637_17114501.jpg





まっ黄々の絶頂期は来週のいちょう祭りあたりか?
西八王子駅付近はまだ青かったです。







f0300637_17120632.jpg
f0300637_17123452.jpg





🍒さくらんぼのような、うめぼしのような銀杏の実。








f0300637_17131058.jpg
f0300637_17133245.jpg





高尾に来たら何はともあれ名物の「とろろ蕎麦」といきたいところですが、この日はラーメン屋の暖簾をくぐります。


香味屋の ネギらぁめん 八〇〇円 + 一〇〇円(大盛)
通常の らぁめん は五〇〇円とお値ごろ。



八王子ラーメンといえば きざみ玉ねぎのトッピング。ねぎラーメンのねぎは一般的な白髪ねぎ。ややこしい。
玉ねぎは辛味なく甘い味が出るように工夫されているのが特色ですね。
コクのある醤油スープに細麺との相性が絶妙の一杯。

大盛は麺2玉な感じでボリューム満点満足。スープ量とのバランスでベストな状態の麺を味わいたいなら普通盛り選択か。

高尾駅から片側1車線になったR20甲州街道沿いで駐車場があるのでツーリングのさいにも安心して寄れます。





[PR]
by birder-rider87 | 2014-11-08 23:12

西湖にて~秋の雲とこうもり穴

今年の文化の日は関東の週間予報では傘マークがついてました。
この祝日は毎年必ず晴れるもんだと信じてたけど雨もあるんだなと想定外の予報にかる~く驚き、なんの木、気になる木。
ばっと、フタを開けてみればなんてことはなく快晴も快晴のドピーカン。


※ところでこの「ピーカン」、最近会話では使うのもはずかしくなり、めっきり耳にしなくなった。もはや死語?と気になる木で調べてみると…
もともとは映画撮影からきた業界用語で語源は諸説あり明らかではないらしい。ハッキリしてるのは「昭和用語」だということ(笑)。
平成世代には通じない危険性大(;^ω^)いまどき晴天のことはナンて言うんだろか?




f0300637_16421680.jpg




ここんとこ贅沢をして高速利用がつづいたので今回はオール下道。
道志みちの紅葉が例年以上に色付きがよかったのですが、時間の都合上撮影停車を我慢。
河口湖畔の 道の駅かつやま までやってきました。





f0300637_16435273.jpg


広い芝生が気持ちいいですね。老若男女問わず人気のスポット。ちびっ子は特に大喜び 。






f0300637_16441148.jpg



こんなすばらしい景観のなかで過せば誰でもハッピー心まで晴れますね。







f0300637_16503875.jpg





河口湖畔から西湖へ向かう道の途中、駆け上がった坂を振り返りパシャリ。








f0300637_16511255.jpg




西湖南岸のルートをたどります。








f0300637_16514838.jpg




眺めのよい場所でバイクを停め撮影。
モニターで画像を確認して、んー(ーー)コレはちがうなあと何枚も撮り直してたら、上空の雲が大変なことになってました(@ ̄□ ̄@;)!!
これぞ一期一会のツーリングシーンではないかに!偶然の産物(^o^)丿







f0300637_16521561.jpg



洗濯板?例えが古いなあ。レジャーシート?いやちがうな。和紙のほうが近いかなあ。
みなさんはなにをイメージされるだろうか?
ちなみに分類上は波状雲と味気ない呼び名っぽい。






f0300637_16525626.jpg



道路工事現場でよく見かける微笑ましいキミたち。
初見のレア物?が並んでたのでキミらも思い出に。








f0300637_16531320.jpg




去年おととしより今年の紅葉は彩度が高いですね。






f0300637_16534149.jpg





西湖の湖畔ロードを堪能したあと こうもり穴へ行きました。







f0300637_16563440.jpg




駐車場近辺の紅葉もいい感じです。







f0300637_16571010.jpg




西湖こうもり穴 入洞料 大人300円 小人150円
入口でヘルメットを借り、チケットをゲートにピッとして入場します。
しばらくは原生林のなかをトレッキング。





f0300637_16573213.jpg





ほどなく こうもり穴の入口です。







f0300637_16574309.jpg



鍾乳洞みたいなもんですかね。厳密にいえば溶岩洞窟であって鍾乳洞とはその生い立ちが異なるようですが。








f0300637_16580070.jpg
f0300637_16581232.jpg





ここさあ、他の洞窟とちがって天井が低い。しゃがまないとだめ。
立ったまま進める迂回ルートもあるので腰痛持ちもひとまず安心です。





f0300637_16582514.jpg




天井はさらに低く、ナント地面に手すりが備え付けられております。
ただ延々とこの状態がつづくわけではなく、チョビッとこらえれば穴を抜けることができました。ちょっとした達成感が味わえてよかっただす。
ほどほどの探検気分がナイスだね。この洞窟、公開部分はたいして長くないんだけど楽しい度はけっこう高いかも。







f0300637_16584028.jpg






天井低い穴を抜け出たところ。一方通行なんすね。
左手に洞窟はつづいてますが木製の格子で遮られて進めません。
この奥はコウモリの保護区域のようです。あっ、コウモリ本当にいるんですね。
コウモリ絶滅の恐れがあり長らく入洞が制限されていたようで入口の鉄格子はそのためのもののようです。

今でも12月から3月はここで越冬するコウモリ保護のため閉鎖されるとのこと。







f0300637_16585354.jpg




このあたりの床は縄状溶岩と呼ばれる独特の景観。






f0300637_16590783.jpg




こうもりのマークがついたヘルメット。
最初は、えーコレかぶんの?面倒くさと思ったけど、洞窟内で頭ブツけること10数回。メットにぷち感謝。
メットかぶってるから全然イタクないのにブツけるたんびになぜか「イテっ!」と声が出るのは我ながらナニいってんだコイツだった。





f0300637_16595449.jpg
f0300637_17000482.jpg




戻り順路の途中で溶岩で形成されたブツ。







f0300637_16593579.jpg




こうもり穴から精進湖へ。R129富士パノラマライン。









f0300637_17020380.jpg



精進湖まで来て、この日はじめて富士山が顔を出してくれました。







f0300637_17010515.jpg





R358精進ブルーラインから県36芦川渓谷の道を流し、わりと長い若彦トンネルを抜けて河口湖へ戻ります。









f0300637_17012887.jpg




湖北ビューラインからの富士山。


大石公園付近の紅葉は七分といったところでしょうか。
多くの観光客でにぎわっていました。







f0300637_17023017.jpg




帰りがけの道志みちで夕食。
道志を走ったことのある人には見覚えのある看板ではないかと。







f0300637_17031086.jpg




道志のどこか懐かしいのどかな里山風景に突如あらわれる なんともお洒落な洋風レストラン。
男性同士ではなんだか入りづらい雰囲気の店だし、道志みちを走る時間帯がメシ時でないこともあり素通りのライダーが多いのではないかと。
店内もセンスある雑貨で飾られてますがヘンな緊張感は皆無で雰囲気はゆるめなんで、肩の力を抜いて入店できます。








f0300637_17024312.jpg


HoRo HoRoの コロッケ定食 一〇八〇円



数年前にはじめて来店したときにマスターにおすすめを聞いたら意表を突かれ「コロッケ定食」とのことだった。
吾輩にとってコロッケとは売店などで小腹がすいたときに食べるものであって夕飯のおかずではなかったんだが…。
しかしかなり自信ありげだったので、乗っかてみてコロッケ定食を注文。






f0300637_17025392.jpg




コロッケとしては大ぶりなものが出てきました。
大きいのはもちろんうれしいのですが、このコロッケの真髄は大きさではなかった。
一口でかじって食べるにはやや大きいので箸で割って口に運んでみた。

外側サクッには別段の驚きはないが…
なんだろ!この中身のタネのなめらかな食感は!
クリームのようでクリームでない、これまでに体験したことのない食感。
そのうえ牛肉のお味も染みわたっていて味わい深いのだ。
付け合わせのソースもオリジナルとのことでこのコロッケとの相性抜群。

この瞬間、吾輩のなかでコロッケのステイタスが急上昇したのはいうまでもなかった。


今回、久しぶりに来店したけど心なしかマスターが若干元気なさげだったのが気がかり。たまたま疲れてたのかな。
コロッケは相変わらずの絶品で安心したけど。






食の好みは人それぞれだし、ほめすぎるとそれだけ期待値があがってしまい、それほどでもないじゃんというのはありがち。
自分がおいしいと思ってすすめても他人にはたいしたことないよと言われてしまうと凹むわな。これは誰にでもある経験だろう。
なので本音は絶賛しないでサラッと紹介したいんだけどね。逆に評判になって混んじゃうのもイヤだけど場所柄それはないかと。




コロッケ以外もおおむね評判はよいので道志を訪れたさいに気が向いたらどうぞ。





[PR]
by birder-rider87 | 2014-11-05 00:15 | ツーリング

紅葉の八ヶ岳高原ラインと瑞牆山

天高く馬肥ゆる秋
にくらしいほどに晴れ渡った平日。ぬけのがけして紅葉狩りm(__)m




目指すは八ヶ岳エリアなり~!




中央道で小淵沢ICまでワープ。元来下道派であったが1年前にVストに乗り換えてから高速利用が増えつつある…
サッと行ってしゃきーん!(2014.10現在オンエア中CMの少しくるしいパクリ)






f0300637_21443234.jpg





インター下りて右折すると道はそのまま八ヶ岳高原ラインへ。








f0300637_21432596.jpg




紅葉の季節は大渋滞必至なので、長らく敬遠していたこのエリア。平日だから来てみた。
平日でも交通量は多いかなと予想してたけどスイスイでした。思う存分走りを堪能できる状況だったけど撮影重視のため結果的にトロトロ走行。







f0300637_21422202.jpg
f0300637_21410398.jpg
f0300637_21391995.jpg




色彩豊かな八ヶ岳高原ライン。この時期限定。
いや~気持ちいいっすわ♪ さいこーだね。







f0300637_21324855.jpg



道を駆け上がると広い駐車場があったのでよってみた。
まきば公園だそうだ。







f0300637_21313537.jpg



高原牧場のながめ。








f0300637_21304129.jpg




遠方に富士山の姿も。








f0300637_21315363.jpg



レストランとおみやげ売り場。けっこうなにぎわい。







f0300637_20391160.jpg



店内をのぞいてみる。
すると発見! んが,またしても(汗)
こりは鳴子峡で見つけた「てるてる伊達政宗」と同じルイージと思われ…
みやげものやの片隅で人知れず展開される仁義なき戦いが垣間見られ…


上段左から「信州てるてる わさびちゃん」、「…ももちゃん」、「…ブルーベリーちゃん」
下段左から「…あんずちゃん」、「…かりんちゃん」、「…りんごちゃん」、……絶句(^▽^;)






f0300637_21290776.jpg




まきば公園を出て高原ラインを進むと橋を渡ったあとに またまた展望駐車場があったので立ちより。
あらー、ここは雑誌の紅葉特集とかでよく紹介される東沢大橋ではー。


写真だと壮大な橋に見えたけど実物はソコソコ?


観光バスが停まっていたのでツアー客の老婦人たちに「ココがアノ有名な場所?」とたずねると…
「写真がうますぎるのよ。あーはははっ」とのお答え(;^ω^)
えっ、もすかして がっかりんこスポット? ハズした?





f0300637_21274697.jpg




いやいやさすがの名所だけあって展望台から見る角度は すんばらしい眺めでした。







f0300637_20372483.jpg



マップルめくって次どこ行くべや~。
美しの森の先の「行き止まり」が気になったから行ってみる。絶景だったりして(^o^)丿やっほーい






f0300637_20370819.jpg



到着。。。(。´・ω・)?
なんじゃこりゃ!
終点にはストーンサークル。
ていうか簡易ロータリー。ここで転回して おかえりください(笑)



まいったなあ。ココそういや前にも来たよ(≧◇≦)
足を運んでから記憶がよみがえるの巻。しかも1回ではなく複数回w







f0300637_20364278.jpg




おいしいもの食べて気を取り直そうか。
やってきたのは、言わずと知れた甲州ほうとうの「小作」。

ずーーーーーーーーっと「おざく」だと勝手に思ってたがフツーに「こさく」だった。
中学の後輩で小作と書いて おざくくん がいたから… 青梅線の小作駅も おざくえき だし…





f0300637_20362179.jpg




茸(キノコ)ほうとう 一四〇〇円






f0300637_20354704.jpg


具のキノコと麺はこんな感じ。
普段あまりお目にかからないキノコがいろいろ。
写真では見えない汁のなかにもキノコいっぱい盛りだくさん。かぼちゃもデカイ。







f0300637_20324416.jpg




おなかを満たしたところでお次は瑞牆山(みずがきやま)へ向かいます。







f0300637_20351142.jpg



道すがら 滝の標柱が目に止まり緊急停車。車6台ほどの駐車場あり。
急な階段を下ります。







f0300637_20180515.jpg



階段の途中から段瀑が見えますが本命はもう少し下るようです。






f0300637_20173512.jpg





階段を最後まで下りると大滝が姿を見せてくれました。
ここまで徒歩4~5分でしょうか。
落差はそれほどでもありませんが、岩壁を直落下する流れが力強くて見応えありますなー。







f0300637_20122136.jpg
f0300637_20112233.jpg
f0300637_20050404.jpg





山間の田園地帯を走りぬけます。なぜか対向車で大型ダンプが来てギリギリすれ違ったり。







f0300637_19585609.jpg



クリスタルラインの高須林道(全舗装)へ突入。
ここは なにげにマップルおすすめルートになってますね。





f0300637_19580004.jpg
f0300637_19511622.jpg
f0300637_19470843.jpg




林道なので道幅は狭いですが紅葉はきれいな所で気持ちいいルートでした。
こんなマイナーな道をよく調べるわ。マップルえらいね。






f0300637_19390662.jpg



高須林道をぬけ県道を左折北上して本谷釜瀬林道(全舗装)→みずがき林道で瑞牆山方面へ。





f0300637_19170435.jpg
f0300637_19264376.jpg



水墨画に描かれそうな山容が出現。





f0300637_19013252.jpg



終点の駐車場にて。
いつ来ても すげーなあと思える場所です。






f0300637_19061905.jpg
f0300637_18511991.jpg



昨年よりも色付きが進んでいたし、夕日があたって美しさが際立ってました。
今年は別の場所にしようかと思ったけど、やっぱココにきてよかった。期待を裏切りません。






f0300637_18480450.jpg




日が暮れる前にクリスタルラインを抜けたかったので帰りは塩山まで一気走り。
R411に入ったとこの大菩薩の湯でツーリングの疲れを癒しました。












































[PR]
by birder-rider87 | 2014-11-02 00:44 | ツーリング